産後の低血圧はツライ

産後の低血圧はツライ!低血圧の症状と原因・改善法について




産後のママの体は、出産によって受けたダメージを少しずつ回復させていきますが、ホルモンバランスや血圧の乱れ、そして慣れない子育てによる疲労などから、さまざまなトラブルに悩まされることがあります。

その中の一つに低血圧があります。産後のママは低血圧に悩まされ、体調不良から寝込んでしまうことがあります。また、低血圧になると貧血のリスクも高くなってしまいます。

そこで今回は、

・産後の低血圧はどんな症状?
・産後の低血圧になってしまう理由は?
・産後の低血圧が招く病気は?

といった方に、産後低血圧になってしまうのはどうしてなのか、低血圧の症状や原因・改善法などについて詳しくご説明します。

Kirala Kirala

産後の低血圧は症状が重くなりがち

症状が重くなりがち

産後のママが低血圧になると、妊娠期間中や産後ではない状態に比べ、さまざまな症状が重くでることが多いです。

産後のママは、出産でたくさんのエネルギーを使っており、とても疲れています。そのため低血圧の症状も拍車がかかってしまうのです。

つらい毎日を送らないためにも、血圧を維持していくための心掛けが大事です。産後の低血圧は、どのような症状が出てくるのでしょうか?

産後の低血圧の症状とは?

低血圧の症状

産後、自分が低血圧だと気がつかないまま過ごしているママは少なくありません。

そのため、低血圧の症状を知ることで、早い段階で低血圧を自覚し、改善に取り組むことができます。

立ちくらみ、めまい

血圧が下がってしまうことから、めまいや立ちくらみを覚えるママがとても多いです。血圧とは、体内でしっかりと血液を細部にまで送るための働きです。

低血圧になると、体内を流れる血液の量や勢いに変化がでて、立ちくらみやめまいを引き起こします。

低血圧がひどくなれば、このような症状も頻繁に起こり、日常生活を送る上でとても大きな支障となります。

吐き気、胃腸の調子が悪い

しっかりと血液の流れが安定しないため、胃腸の調子が悪くなったり、強い吐き気を覚えることがあります。

血液量そのものが安定しないわけではなく、低血圧の場合は体内を流れる血液の速度などに変化があらわれます。

そして、このような影響を受けて突然吐き気を感じることがあります。実際に嘔吐したり、吐き気だけを何度も覚えたり症状はさまざまです。

冷えで節々が痛む

ある程度の勢いを持って血液が流れている状態であれば、体内の機能も向上しており、体温も一定以上に保たれている状態が続きます。しかし、低血圧になるとこれらのバランスも崩してしまうのです。

そのため産後の低血圧からの冷えで、体の節々が痛むといった症状に悩まされるママもいます。

特に日頃から血液の流れが悪くなりがちな足元は強い冷えを覚え、足首や足の付け根、さらには膝などにも痛みを覚えてしまうケースがあります。

下腹部の痛み、腹痛

足元が低血圧によって冷えてしまうと、下腹部に痛みがでることもあります。また腰痛から直立することが難しくなるケースや、仰向けに寝たときにも腰の痛みが強くなることもあります。

低血圧ではなく姿勢の悪さが原因で腰痛がでることもありますが、この部分ばかりを意識していると、低血圧だということに気がつかないまま過ごしてしまうので、腰痛が続く場合には血圧を測ることも大切です。

便秘、下痢を繰り返す

低血圧の状態が続くと、内臓の働きが低下します。その結果として便秘や下痢を繰り返してしまうママもいます。

体や足元が温まると便秘が解消され下痢になり、再び冷えることによって腸の働きが低下し便秘の状態となってしまいます。

また、冷えてしまうことから下痢が続くママもいます。便秘を解消するためには、腸のぜん動運動が必要になりますが、このぜん動運動そのものが低血圧によって妨げられてしまうと、ひどい便秘に悩まされることになります。

怠さが強く動作がツライ

血液の流れが悪くなってしまうことで疲れを感じやすくなります。単純な疲れで見過ごせるようなものではなく、体全体がだるくて仕方がない、またはひとつひとつの動作をするにも負担が大きくて仕方がないと感じるママもいます。

特に朝の寝起きなどはつらいと感じることも強くなり、さらに体が重たく感じ、まるで高熱がでたときの倦怠感と間違えてしまうほどのだるさです。

抜け毛、肌荒れ

低血圧は、本来流れるべき部分に血液が流れなくなったり、血液の循環効率も低下してしまうことです。そのため血液から栄養素を供給している髪の毛やお肌にも、さまざまな症状がでてきます。

抜け毛が増えて薄毛に悩まされたり肌荒れが治らず、みるみると酷くなってしまうこともあります。

また顔色が悪くなり青白いといわれることや、色が白いといわれるようなことも増えます。

しかし、色が白いというのは美白で美しいという意味ではなく、低血圧によって色が白いといわれる場合には、血色が悪いということをあらわします。

産後は低血圧になりやすい?

低血圧になりやすい?

産後の低血圧はさまざまな症状がでるので、赤ちゃんのお世話をしながらの日々は本当に大変です。

では、なぜ産後のママは低血圧になってしまう可能性が高いのか見ていきましょう。

育児による寝不足

産後のママは赤ちゃんのお世話をしなくてはならず、寝不足になることが増えます。特に産後ニヶ月程度まではほとんど眠れない日が続きます。

里帰り出産やご家族に育児を手伝ってもらえるといった状況でなければ、ママは一人で頑張っていかなくてはなりません。その状況の中、寝不足が続いてしまい低血圧になってしまうのです。

寝不足が続くと体内の機能がどんどん低下して、臓器の働きが低下し、血流が悪くなることで結果的には低血圧を引き起こしてしまうのです。

運動不足による筋力低下

赤ちゃんのお世話をしながらの産後は、ママが自ら体を動かしてエクササイズをしたりストレッチをすることは難しく、意識していないとすぐに運動不足の状態となります。

運動不足の状態は、産後ダイエットの妨げになるといったイメージをお持ちのママも多いですが、それだけではありません。運動不足によってたくさんの筋肉を使わない時間が増えると筋力が低下します。

筋力は、血液を送る働きも持っているため、筋力が低下すると血液を送るためのポンプ機能が低下しますので、血管内を流れていく血液のスピードも遅くなります。

これが産後の低血圧の大きな原因にもなります。

さまざまなストレスからホルモンバランスが崩れる

産後のママは精神的にもピリピリしていることが多く、ストレスが溜まってしまいがちです。ママが自覚していなくても、ストレスが蓄積されていると体内ではホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れることで、血液の流れにも支障が出ます。産後にホルモンバランスが崩れるのは仕方がないことなのですが、ストレスによって極端にホルモンバランスが崩れると、低血圧を引き起こす可能性も高くなります。

ゆっくり入浴することが減る

産後のママは、赤ちゃんのお世話をしながら自分の入浴もしなければなりません。

そのためゆっくりと入浴する時間がなく、体をしっかり温める時間がどんどん減ってしまいます。これによって血流が悪くなり低血圧になるのです。

このように、産後のママは低血圧を引き起こす原因がたくさんあります。日頃から低血圧を測り予防するための生活は大事です。それでも気がつかないうちに低血圧となってしまったら、できるだけ早い段階で低血圧を改善していくための方法を取り入れましょう。

産後の低血圧を改善するには?

低血圧を改善

産後の低血圧に悩まされてしまった場合は、以下でご紹介する改善方法を取り入れていくことをおススメします。

浴槽にゆっくり浸かる

ゆっくりと入浴する時間がないママは血圧が下がってしまいます。そのため、浴槽にゆっくりと浸かり血流を促してあげましょう。

そうすることによって内臓や筋肉の働きが活発になり血圧も上昇します。

運動を取り入れて血流をアップさせる

毎日続けられる簡単なもので構いませんので、運動を取り入れながら代謝をアップさせるように心がけてみましょう。

産後のママは安静にしているという指導も近年では少なくなってきており、ある程度体を動かすことはとても大切です。

産後の低血圧を防ぐだけでなく、産後のママの子宮の回復なども促してくれるため、簡単な運動がおススメです。

その場で縄跳びを跳ぶように20回~30回程度飛び跳ねる方法や、好きな音楽に合わせて自由に体を動かすなどの方法で構いません。

少しずつでも体を動かし運動することで、血液の流れを助けることになります。

鉄分を中心に栄養面に気を配る

低血圧や貧血からめまいに悩まされたら、食生活も意識しなければなりません。特に鉄分や葉酸などが不足してしまうと、低血圧になる可能性も高いです。

一日の中で摂取するメニューもしっかり考えながら栄養面に気を配りましょう。

産後のママは産後ダイエットを意識するあまり、塩分などをほとんど摂らないで生活をしてしまうこともあります。

しかし産後の低血圧を予防していくため、そして改善していくためには多少の塩分も必要です。

高血圧の方は塩分控えめにと指導されますが、低血圧の方の場合は、ある程度の塩分を摂り入れることによって血圧が少しずつ改善します。

偏った食生活ではなく、バランスのとれた食生活を送る中で、スープやお味噌汁などから塩分も取り入れましょう。

一日の水分摂取量を意識する

赤ちゃんのお世話や家事をする中で、ママは自分の水分摂取を忘れてしまうことがあります。

水分が足りなくなると血液がドロドロになるので、血流にも支障がでるのは当然です。一日2リットルを目安に、こまめに水分を摂りましょう。

低血圧になってしまったママの改善方法として水分摂取は重要です。一日2リットル以上の水分摂取を心がけることによって、血液をサラサラにした上で流れを助けてくれるので低血圧を改善することにつながります。

ストレス解消に楽しみを見つける

ストレスが蓄積された状態が続くと、産後によってバランスを崩した体内は、いつまでも改善することがありません。

そのため、ストレスを解消するために、自分の中で楽しいことを見つけていきましょう。

赤ちゃんのお世話と家事で忙しい毎日になりますが、好きな時間でお掃除をする、スマートフォンのゲームをする、短時間のみSNSを楽しむなど、ストレス解消を取り入れることで血流を妨げる活性酸素の発生も抑えることができます。

産後の低血圧が招く病気について

低血圧が招く病気

産後の低血圧はさまざまな症状を引き起こします。ママにとっては、不快な症状だけではなく大きな病気につながることもあります。

どのような病気のリスクが高まるのかを知り、しっかりと低血圧の予防に取り組んでいきましょう。

血管壁の機能低下

血圧が下がってしまい、血液を送るために血管が常に力強く働かなくてはならない状態が続くと、必要以上の負荷がかかってしまいます。

そのため、血管壁がダメージを受けてしまうことがあります。

血管壁がダメージを受けると動脈硬化などにもつながるため、サラサラの血液を弱い力でしっかりと送ることができる状態をキープする必要があります。

低血圧は軽視していると動脈硬化のリスクが高くなり非常に危険です。

血栓

勢いよく血液が流れないことから老廃物がしっかりと排出されず、血栓ができることがあります。

血栓ができてしまう場所によっては命の危険が生じますので、やはり低血圧の予防や改善のために、サラサラの血液が流れる状態を維持しなければなりません。

腸閉塞

低血圧が続き血流が妨げられると、便秘が続き腸壁にも大きなダメージを与えることになります。老廃物がいつまでも腸壁に付着していると腸閉塞を引き起こします。

腸閉塞は癒着してしまうと命を脅かす怖い病気なので、低血圧そして便秘にも気を配る必要があります。低血圧で腸の働きが低下すればするほどに腸閉塞のリスクも高くなります。

粉瘤(アテローム)

老廃物をしっかりと排出することができない体は、自分の体の中に老廃物を溜め込んでしまうことになります。

そのため、産後のママが長期間にわたって低血圧の状態でいると、粉瘤(アテローム)というできものができてしまいます。

この粉瘤(アテローム)は、垢や皮脂などが詰まっている袋ですが、強い臭いを放ったり徐々に大きなできものになる場合があります。その後潰れて傷跡が長期間にわたって残ることもあります。

貧血での転倒による怪我

稀にですが、産後に低血圧と貧血を同時に発症する場合があります。貧血になるとその場で倒れることもあり、場所によっては怪我をする可能性もあります。

大怪我を避けるためにも、低血圧をしっかりと改善していきましょう。もちろん改善よりもまずは予防が大切になります。

また、水分摂取量の不足と寝不足などのストレスから、貧血や低血圧を引き起こすことがあります。疲れやすかったり、めまいなどの症状に加えむくみなども起こるので、水分摂取量や鉄分の摂取に気を付ける必要があります。

貧血症状も低血圧と似ていますが、爪の色が悪く、欠けやすかったりする場合や、下まぶたの裏側が白い場合は貧血です。他の病気が隠れている可能性もありますので、まずは病院で診てもらいましょう。

産後の低血圧には睡眠とストレッチが効果的

睡眠とストレッチ

産後の低血圧は適度なストレッチなどを行いながら予防していきましょう。それでも低血圧になってしまった場合には、先ほどご紹介したような改善法を取り入れていきましょう。

ゆっくりと睡眠がとれる時間を確保したり、寝る前にストレッチを行い、血流を促す生活を習慣づけていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

目次
をみる
関連記事
をみる