出産時の会陰切開と抜糸とはどんなもの?産後の痛みついて

出産時の会陰切開と抜糸とはどんなもの?産後の痛みついて




「長かった妊娠生活ともお別れ、やっと赤ちゃんを無事に産むことができた」まではいいのですが、ママの闘いはまだ終わったわけではありません。

長い期間をかけて大きくなった子宮は元に戻ろうと縮んでいき、その収縮にも痛みは伴います。そして、赤ちゃんを世に送り出すために切開をしなければならなかったママにも。

中には出産の痛みより抜糸するときの方が痛かった、と話す先輩ママもいるほどです。できれば会陰切開は避けたいところですが、やむなくそうなってしまうママはたくさんいます。

初めての出産では、陣痛の痛みや出産時の痛みだけでなく、切開するときの痛みや抜糸するときの痛みなど、未経験のことばかりで不安は膨らむ一方です。

そこで今回は、

・出産時に会陰切開をするのはなぜ?
・会陰切開はどのように行われるの?
・会陰切開をした後はどう過ごせばいい?

といった方に、会陰切開と抜糸について、会陰切開の必要性や抜糸をする時期、抜糸までの過ごし方など順を追って詳しくご紹介します。

関連記事
>>出産がどうしても怖い!恐怖の原因、克服する方法はあるの?
>>出産後の車の運転、いつから平気?ママの体験談を交えて解説!
>>産褥期に無理をしないで!産後の理想の過ごし方

会陰切開はなぜするの?

会陰切開はなぜするの

会陰(えいん)とは膣口と肛門の間の部分をいい、出産時に会陰部を切開して出口を広げてあげることで、出てこられなかった赤ちゃんを速やかに出してあげることができます。

この処置を会陰切開といい、医師の判断によって行われる医療的処置です。

ですから、会陰が充分に伸びて赤ちゃんが自然に出てこられるのであれば、この処置は行われません

会陰切開が行われるのは、会陰の皮膚が硬く伸びが悪い・会陰部が裂けないように・赤ちゃんを一刻も早く出す必要がある・お産が長引いている・鉗子などの器具を膣内に入れる必要がある場合などです。

会陰切開の流れは?

会陰切開の流れは

会陰切開の方法は3種類あります。

正中切開:膣口から肛門にかけて真っすぐ切開します。出血や痛みが少ないというメリットがありますが、重い裂傷につながるリスクもあります。
正中側切開:膣口から少し斜め(5時7時の角度)に切開します。もっともリスクが少ないとされており、一般的にはこの方法が主に用いられます。
側切開:正中側切開よりさらに外側に切開します。会陰が極端に狭い人、肛門や直腸が損傷する可能性が高い場合に選択されます。

どの方法でも、膣口から肛門に向けてハサミを入れて2~3cmほど切開することになります。

この時、麻酔を使用するかどうかは病院によりますが、麻酔をしない場合はそのまま切開します。

麻酔なしでの切開と聞いてしまうと恐怖を感じてしまいますが、赤ちゃんが出てくるときの圧力で、会陰や膣口周辺が麻痺していることが多くなります。

ですから、切開するときは全くわからなかった、ハサミで切る音はしたけど痛みはなかった、という人がほとんどです。

そして、会陰切開で切られた部分が元に戻るように縫合をする必要があります。この時にどんな糸で縫合するかによって、抜糸の必要があるかないかが違ってきます。

会陰切開の縫合に使われる糸

会陰切開の縫合に使われる糸

会陰切開の縫合には、溶けることがない絹糸と、体に吸収されて溶ける糸のどちらかが使用されます。

絹糸を使用した場合は、いずれ抜糸をしなければなりませんが、溶ける糸で縫合した場合は、糸は徐々に体内に吸収されていき、1ヶ月ほどでなくなります。

長くかかる人でも2ヶ月もすれば溶けてしまいます。1ヶ月後に受ける健康診断で異常なしと診断されれば安心して大丈夫です。

ただし、溶ける糸を使ったけど縫合した部分が突っ張って痛い、このまま溶けるのを待つのは辛い、というときは、溶ける前に抜糸してもらいましょう。

突っ張ったり痛みがある状態で溶けきるのを待つより、一時の痛みを我慢して抜糸した方が楽になることが多いからです。

入院中に違和感を覚えるようなら、我慢せずに退院する前に医師に相談してみましょう。

抜糸をするまでの痛みとは?

抜糸をするまでの痛みとは

会陰切開をして抜糸するまでの痛みにはかなり個人差があります。

そもそも、縫合した部分の皮膚が元の状態に戻ろうとするため、糸が引っ張られて痛みが出るのですが、座っていても歩いていても、寝ている時でさえ痛みを感じるので、思うように動けないのです。

「細い針を何本も局部に刺したままの状態で、歩いたり座ったりしているような感じ」と例えている先輩ママもいます。

どうしても動作はゆっくりになり、そ~っと歩いてそ~っと座るという生活になってしまいます。

産後のトイレを心配している方も多いことでしょう。排尿するときに滲みて痛いんじゃないか、排便するときに傷口が裂けるんじゃないかと、今から不安になっているのではありませんか。

ですが大丈夫です。尿が滲みて飛び上がるほど痛いこともありませんし、便を出すときに傷口が裂けてしまうこともありません。

むしろ、痛いんじゃないかと我慢してしまう方が良くないのです。排尿を我慢すると膀胱炎になってしまいますし、膀胱炎になるともっと滲みて痛い思いをします。排便を我慢すると便が固くなって便秘になってしまいます。

会陰切開をした傷の痛みは、だいたい2~3日ほど、長い人でも5日ほどで痛みは引いていきます。

糸が引っ張られる痛みも抜糸をすればなくなり、今までの違和感もウソのようになくなります。数日間の辛抱ですので、新米ママも頑張りましょう。

抜糸をするまでの過ごし方

抜糸をするまでの過ごし方

産後のママは、退院するまでは赤ちゃんのお世話以外はすることがありません。身体や傷が早く回復するように、とにかく安静にしていましょう。

立ったり座ったりするときは痛みやすいので、円形のドーナツ型クッションを使います。ドーナツ型クッションをお尻に敷いて、患部が当たらないようにすると痛みが軽減されます。

授乳するときなどは、膝の上にもクッションを置いて、赤ちゃんをその上に乗せて身体に負担がかからないようにしましょう。

会陰付近に圧力がかからない姿勢を探し出して、なるべくその姿勢でいるようにすると、かなり痛みを感じずにすみます。

もし痛みがひどいときは、医師に相談して痛み止めをもらうのもいいかもしれません。病院によっては痛み止めの座薬をもらえるところもありますので聞いてみましょう。

また、横になって安静にしていればそれほど傷口は痛まないものなのですが、それでも痛むようなら傷口が化膿していたり血腫ができていることも考えられます。これぐらいならと我慢せずに、すぐに看護師さんに伝えるようにしましょう。

抜糸をする時期は?

抜糸をする時期は

絹糸で縫合した場合は後日抜糸をしなければなりません。

会陰切開の痛みは産後3~4日がピークだといわれており、ほとんどの人が退院する頃には落ち着きます。

抜糸は、痛みが治まってきてしっかり回復したタイミングで行うので、退院する前日ぐらいが大半です。

病院によっては退院する日に抜糸するケースもありますが、いずれにしても、医師が会陰部分をチェックして抜糸しても問題ないと判断してから行われることになります。

抜糸にかかる時間は?

抜糸にかかる時間は

抜糸は麻酔をせずに行い、だいたい5~10分ほどで終わります。2~3cmほど縫合した糸を抜くのですからそれほど長い時間はかかりません。

ただ、切開した部分が広ければ縫い合わせた部分も多いということになりますので、抜く糸の量によってかかる時間も、多少ではありますが変わってきます。

また、会陰切開の場合はハサミでキレイに切ってありますので、縫合も複雑ではないためスムーズに終わります。

ですが、会陰裂傷で縫合した場合は、切ったというより裂けてギザギザになった傷口を縫い合わせていますので、縫合も複雑になり抜糸も簡単にはいかず、かかる時間も状態によってかなり違ってきます。

抜糸するときの痛みってどれくらい?

抜糸するときの痛みってどれくらい

抜糸のときの痛みはチクチク感じると表現されることが多く「まつ毛を抜いたときのような痛み」「髪の生え際を毛抜きで抜くような痛み」にたとえる人もいます。

我慢できないほどの激痛というわけではありませんが、抜糸するのはとても敏感な場所ですので、ついつい力が入ってしまうようです。

ですが実際には、それほど痛みを感じなかったという人がたくさんいます。というのも、抜糸より抜糸するまでの方が、突っ張って痛みを感じることがあるからです。

抜糸した後は痛みもとれて突っ張り感も消え、歩くことも座ることもスムーズにできるのでとても楽になります。

抜糸自体は時間もそれほどかかりませんので、あまり怖がらずにリラックスして受けてください。

会陰切開の傷跡は残る?

会陰切開の傷跡は残る

会陰切開は裂けないようにハサミでキレイに切るため、縫合もしやすく傷も残りません。しかし会陰裂傷で裂けてしまった場合は、傷口がギザギザになるので縫合しづらく傷跡が残らないとも限りません。

また、希にミミズ腫れのようになってしまうケースもあります。ただ産後1~2週間は腫れていても不思議ではありません。時間が経てば自然に治っていくこともありますのでしばらくは様子をみましょう。

会陰切開の傷は日にち薬で、時間とともに治っていきますので心配ありませんが、もともと隠すべき場所にある傷なので、痛みさえなければあまり不安を感じることもありません。

痛みや違和感が残っている人は、それこそ一日中傷のことが頭から離れないようですが、傷が癒えて痛みがなくなると傷跡も気にならなくなったという人がほとんどです。

会陰切開の傷、痛みはどのくらい続く?

会陰切開の傷、痛みはどのくらい続く

会陰切開の場合、傷口はだいたい3日ほどでふさがります。痛みのピークもその頃までです。1週間もすれば痛みも落ち着いてきますので、抜糸をするのもこの頃です。

抜糸をするまでは傷口が引っ張られるような痛みがありますが、抜糸をして糸がなくなれば一気に楽になります。

溶ける糸で縫合した人でも、痛みや違和感があれば抜糸することをオススメします。溶ける糸とは、実際に溶けるわけではなく身体に吸収されるものです。

身体からすれば異物になるため、場合によっては常に違和感や不快感を覚える人もいます。糸が溶けるのには約1ヶ月、長い人は2ヶ月ほどかかりますので、その間に違和感を覚えるようなら、いっそ抜糸をしてしまった方が痛みも早く消えて気が楽になります。

痛みの度合いは人それぞれで個人差が大きいのですが、軽い人で抜糸後1~2日ほどで痛みはなくなります。傷が大きかった人でも3~5日もすればそれほど痛まなくなります。

しかし抜糸したとはいえ、やはり切開して縫合した傷口には変わりないのですから、退院後も座るときや立ち上がるときなど、身体に負荷がかかったら痛むときもあります。

完全に痛みがなくなるには1ヶ月ほどはかかります。ドーナツ型クッションなどを利用して、身体に負担をかけないように心がけましょう。無理に動いて傷口が開くようなことだけはしないでください。

痒くなってきたら完治に近づいているサイン

痒くなってきたら完治に近づいているサイン

まったく気にならなくなるには約1ヶ月ほどかかりますが、痛みより痒みを感じてきたら完治しかけているサインだと思ってください。

腕や足などほかの部位でもそうですが、傷口が痒くなるというのは皮膚が再生してきている証拠です。

ただ、痒いからといって掻いてしまうと傷口によくありません。蒸れないようにナプキンをマメに取り替えて、通気性のある下着をはきましょう。たまには下着を脱いで風通しを良くするのもいい方法です。

どうしても我慢できないときは、痒みを抑える効果があるマヌカ蒸留水を患部に一吹きしましょう。くれぐれも痒さに負けて掻かないでください。

強い痒みや出血がある場合は?

強い痒みや出血がある場合は

痒みは皮膚が再生しているサインではありますが、あまりに強い痒みは注意が必要です。傷口だけでなく外性器全体に強い痒みがある場合は、カンジダ症になっているかもしれません。

カンジダ症を起こすカンジダ菌はカビの一種で、もともと人が体内に持っていることが多い菌です。

それが、産後の体調不良や慣れない子育てによる疲労などをきっかけとしてさまざまな症状を引き起こすのです。

また出血がみられた場合には、傷口が化膿していたり血腫ができているかもしれません。強い痒みや出血に限らず、何か異常があると感じた時には1ヶ月後の検診を待たずにすぐに診察してもらいましょう。

参考記事>>妊娠中期に気を付けたいカンジダ膣炎!赤ちゃんへの影響は?

会陰切開の傷や痛みを早く治すには

会陰切開の傷や痛みを早く治すには

1日でも早く完治するには、まず安静第一です。授乳や沐浴などで目が回るほど忙しいでしょうが、赤ちゃんが寝ているときは自分も寝るようにして、たとえ眠れなくても横になって安静にしておきましょう。

しっかり栄養を摂ることも大事です。タンパク質やビタミン類は傷の治りを早めてくれますので積極的に摂取してください。

また、患部が蒸れると化膿してしまうこともありますので、清潔に保つよう心がけましょう。傷口に刺激を与えないことも重要です。クッションなどを使って、患部が直接当たらないように工夫してください。

そして、痛みが強かったりいつまでも治まらないときには医師に相談しましょう。母乳をあげているママでも飲めるお薬もありますので処方してもらいましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

そんなときは、プロの転職エージェントに相談して、自分のキャリアへの不安、悩みを解決してみてるのがおすすめです。リクルートエージェントなら無料でプロに相談できます。

あなたにあった働き方を見つけよう→リクルートエージェント


関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる