産後すぐにヘアカラーしてもOK?授乳中のヘアカラーは安全?

産後すぐにヘアカラーしてもOK?授乳中のヘアカラーは安全?




産後だっておしゃれをしたい。体重も元に戻して着たい服を着て、髪だって染めたい。そう思っている人は少なくないはずです。

産後は赤ちゃんにつきっきりで自分の時間をもてません。ところがふとした時に「これでいいのか」と思うこともしばしば。

美容院に行ってリフレッシュしようと思った矢先、疑問が出てくるのはヘアカラーについて。

ヘアカラーが肌に良くないのはご存知の方も多いですが、産後にカラーリングするのはいけないのでしょうか?

そこで今回は、

・授乳中にヘアカラーはだめなの?
・産後いつからヘアカラーをしてもいいの?
・産後ヘアカラーをするときに気を付けるポイントは?

といった方に、産後のヘアカラーは体に良くないのか、もしくは生まれてきた赤ちゃんにとって悪い影響を及ぼしてしまうのか、産後のヘアカラーについて詳しくご説明します。

関連記事
>>妊婦さんのヘアカラー|自宅での髪染めと美容院での注意点
>>産後の抜け毛が気になるときにオススメの髪型とスタイリング剤
>>出産後もオシャレにネイルしたい!ママネイルのポイントと種類

スポンサードリンク

ヘアカラーの母乳への影響

ヘアカラーの母乳への影響

まず一番気になるのはヘアカラーと母乳の関連性です。もしヘアカラーをすることによって母乳に悪影響が出てしまうということであれば、ヘアカラーは断念せざるをえません。

ですが安心してください。「ヘアカラーを行うことによって母乳に悪影響を及ぼすということはない」というのが現在の一般論です。

少なくともヘアカラーをすることによっ、て赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはないので、赤ちゃんとヘアカラーの関連性については安心してください。

ですが、妊娠中の使用を控えるよう促している市販のカラーリング剤があるのも事実です。

もちろんこれは何かあった時に、当社では保証ができませんといった意味合いが大半となっていますが、できれば産後のカラーリングは美容師に相談をしましょう。

それでも産後のヘアカラーを控えるよう促されることはあります。理由は「産後のホルモンバランスは通常とは異なっていて肌が敏感になっている」ためです。

つまり「産後の体は正常じゃないので、カラーリング剤を与えて頭皮に刺激を与えるのは避けた方がいい」ということです。

絶対体によくないというわけではなく、体の様子を見ながら使用するというのがベストです。

「赤ちゃん産んだばかりなのに、ヘアカラーなんかして赤ちゃんが具合悪くするでしょ」という意見は今の所、全く根拠のないことなので気にしなくて大丈夫です。

それよりも自分が「かゆい」、「違和感がある」と思った時には使用を控えることをお勧めします。

ヘアカラーで避けた方が良いものとは?

ヘアカラーで避けた方が良いものとは

産後のヘアカラーは美容院で行うほうが圧倒的にお勧めです。しかし「赤ちゃんを預けることができない」、「美容院に行く時間がとれない」というママさんは少なくありません。

そんな時便利なのが、自宅でのヘアカラーです。まず、産後であるなしにかかわらず、ヘアカラーにはリスクがつきものということを頭に入れておいてください。

そのうえで、産後はホルモンバランスの変化や頭皮の栄養が不足していることなどから、抜け毛が起こるということもあります。

それでもしたいことを全くできず、おしゃれもできずという状況では、逆にストレスが溜まって参ってしまうというママさんもいることでしょう。

それならば、せめてカラーリング剤は気を遣うようにしてください。カラーリング剤で避けておいた方がいいのは色番号があるものです。

例えば赤色3号や青色2号などです。これらには発がん性物質があると考えられていて好ましくありません。

パラフェニレンジアミン・アミノフェノール・レゾルシン・過酸化水素などの化学物質が大量に含まれていることも多いため、避けましょう。

自宅でヘアカラーするためのカラー剤を購入するときには、上記の成分の配合がより少ないものを選びましょう。

ブリーチはどう?

ブリーチはどう

ブリーチはどうなのか、という意見もよく耳にしますが、そもそもブリーチとヘアカラーの違いをご存知でしょうか。

ヘアカラーはその名の通り、ヘアを染めることです。要は髪自体に色を付けることです。

それに対してブリーチは、髪の毛の色を抜くことです。脱色効果で髪を明るく見せます。結果は同じでも工程は真逆です。

そしてこのブリーチですが、髪を痛めるという意味ではヘアカラーより好ましくありません。

特に妊娠中や出産後は体調の変化が大きく、ホルモンバランスが崩れているというケースも多いので、抜け毛やかゆみなどといった、髪に関するトラブルが続出することがあります。

今までブリーチやヘアカラーをしたけど、何の悪影響も起きなかったからという方もいらっしゃるでしょうが、妊娠・出産後は体質が変わる方も多く、アレルギーを発症することも多くなります。

そんな体調の変化をまだ把握できていない状況で、ブリーチ剤を使用してしまうと、頭皮に炎症を起こしてしまうことになったり、髪がバサバサしたりごわごわしたりしてしまうケースがあります。

ブリーチはヘアカラー以上に髪にタメージがあるためです。もし、「どうしてもブリーチがいい!」というのであれば自分では行わず、美容院で行いましょう。

そして、自分が出産直後であること、授乳中である場合は授乳中であることを伝えましょう。

そう伝えることで断られることは考えづらいですが、念のため話すことでアレルギーや体調の変化に配慮しながらブリーチを行ってもらうことができます。

予約の際に前もって出産直後であることなどを伝えておきましょう。

産後直後のヘアカラーは控えた方がいいけれど

産後直後のヘアカラーは控えた方がいいけれど

できれば産後のヘアカラーは控えたほうがいいですが、産後のママは大変。お酒もダメ、ジャンクフードも控えなくてはいけませんし、着る服も制限されます。

あれもダメ、これもダメという制約されきった空間で、赤ちゃんの泣き声が鳴り響けばストレスが溜まってどうにかなってしまいます。

「いろいろ我慢しているのだから、ヘアカラーはどうしてもしたい!」そんなママさんもいます。ならばせめて染める方法を少々工夫してみましょう。

まず、ヘアカラーの仕方ですが、大きく分けて美容院でヘアカラーしてもらう方法と、自分で市販のカラーリング剤を購入し、自分で行うという2つの方法があります。

オススメなのは断然前者の美容院で行う方法です。なぜなら市販のカラーリング剤の方が頭皮への刺激が強いためです。

産後の普段より頭皮も敏感になっている状態ですから、カラーリング剤でのリスクを考えておくことは大切です。

リスクを避けたいのであれば、やはりプロに行ってもらうのが安全です。またカラーリングをするタイミングというのにも気をつけましょう。

なるべく体調のいい時に行いましょう。産後は体調が思わしくないことが多いというママさんも少なくありません。

一人目を産んだ時はそうでもなかったのに、二人目を産んだ時は全然違うという方もいます。つまりどうなるかは予測不能です。

美容院の予約を取ってしまったし、スケジュールを変更したら、次はいつ時間が取れるか分からないからといって、体調が悪い時に無理にカラーリングを行うと、皮膚のかぶれを起こしたり、最悪抜け毛が起こる状態を進行させてしまう可能性もあります。

無理をせず安全を重視していきましょう。また、もしカラーリングをしたら、絶対に赤ちゃんに髪の毛が触れないようにしてください。

母乳からの影響は発見されていませんが、カラーリング剤が全く無害というわけではありません。

特に市販のカラーリング剤には、アナフィラキシーを招く毒性の強い物質が含まれている可能性が多く、万が一赤ちゃんが誤飲してしまうと、最悪死亡してしまう可能性もあります。自宅でカラーリングするのはお手軽でいいですが、万全を期して行うようにしてください。

いつ頃からならヘアカラーしても平気?

産後、いつならカラーリングをしてもいいのでしょうか。一般的に、出産してから体調が元通りになるのに、半年程度かかるとされています。

もしそれまで待てるというのであれば、産後の体調が完全に元通りになってからカラーリングするようにしてください。

そのとき気をつけなければいけないのは赤ちゃんに触れさせない、特に口に入れさせないということです。

赤ちゃんは、すぐ手を口に持っていってしまうので、ママの髪の毛を触った直後に口に手を運ぶことはよくあります。

そこにカラーリング剤があったら、一大事になる可能性も考えられます。赤ちゃんの肌に触れさせないのはもちろんですが、万が一触れてしまった場合はすぐに洗い落とすようにしてください。

産後直後はカラーに頼らないヘアスタイルで工夫を

髪でおしゃれをするのなら、ヘアカラーばかりでなく、ヘアスタイルを工夫してみましょう。色を染めることや、抜くことだけがおしゃれではありません。

自分のこと、赤ちゃんのことを考えるとヘアカラーにはリスクがあります。産後のお母さんにとっては抜け毛の増えてしまう原因にもなってしまいます。

ですから、ヘアスタイルの工夫で満足がいくのであればそれに越したことはありません。ヘアスタイルを工夫することでおしゃれも十分にできます。

赤ちゃんへのリスクも考えなくていいのでお母さんには安心です。

関連記事>>産後の抜け毛が気になるときにオススメの髪型とスタイリング剤

ヘアカラーの仕方について

ヘアカラーの仕方について

ヘアカラーの仕方に対しても気をつけなければいけない点が多々あります。まず自分でカラーリングする際にもっとも気をつけなければいけないことは、頭皮に直接カラーリングがつかないようにすることです。

頭皮にダメージを与えることは、抜け毛を誘発させてしまう原因になる可能性も出てきます。ヘアカラーをしたいのであれば少しでもリスクを減らすように努力する必要があります。

また、美容院でカラーリングをする際も、授乳中であることを伝えておきましょう。そう伝えることによってカラーリング剤を変えることはそこまで考えられませんが、より神経を使ってくれます。

カラーリング剤が自宅にあるというだけでもリスクは考えられます。より安全な方法を選択したいのであれば、やはり美容院をオススメします。

ちなみに美容院でのカラーリングは2時間3時間かかります。赤ちゃんは美容院に連れていけないため、その間の授乳についても計算しないといけません。

中には赤ちゃん連れでも大丈夫な所もあるので、そうした美容室を探してみるのも方法です。

さらに産後は、美容院の匂いですら受け付けないということもあるので、マスクを持って行くと安心です。

参考記事>>産後の抜け毛が気になるときにオススメの髪型とスタイリング剤

植物由来や海藻由来のヘアカラーを選んでみよう

ヘアカラーをしたい。だけど肌にリスクを与えたくない、という人にオススメなのは植物由来のヘアカラーを使うこと、もしくは海藻由来のヘアカラーを使うことです。

特に植物性のヘアカラーでオススメの素材はヘナです。ヘナは亜熱帯気候の地域に生息するミソハギ科の植物です。

このヘナは、ヘアカラーの素材としても知られていますが、インドでは髪を健康にしてくれるハーブとしても重宝されています。

ヘアカラーをする成分にヘアトリートメント効果があるのはありがたいです。しかし、デメリットもあります。それは、発色性に乏しいという点です。

ヘアカラーはその名の通り、色付けすることが目的です。妥協点は必要ですが、満足できないのであれば、ヘナが使用されたヘアカラーを使用する必要性も無くなってしまいます。

海藻のヘアカラーも、肌に対しての影響に対しては定評があります。しかしこちらもカラーリングをするという面では強い色を出すのには不向きです。

軽くカラーリングをしたい、とりあえず産後間もないのでカラーリングはあまり重要視せず、肌に悪影響を及ぼさないヘアカラーを選びたい、という人にとって、植物由来もしくは海藻由来のヘアカラーは適しています。

これらはヘアカラートリートメントと呼ばれていることが多く、カラーリングより、肌に影響を及ぼさないというのを重要視しているものといえます。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる