あせも予防 赤ちゃん

赤ちゃんのあせも予防とあせもができてしまった時の対処法




春から秋にかけて、汗をかく季節に多い赤ちゃんの「あせも」。見た目にもかゆそうなブツブツは、できるだけ大人の手で予防してあげたいものです。

パパやママの日々のケアで、赤ちゃんがあせもになる確率もグンと下がります。

そこで今回は、

・赤ちゃんをあせもから守ってあげたい!
・赤ちゃんにあせもになってしまって悩んでいる

といった方に、あせもの予防の方法や、できてしまった場合の対処法、あせも予防のグッズについてご紹介します。

あせもとは何?

あせもは汗疹(かんしん)と呼ばれ、たくさんの汗を掻いた時、汗の出る管が閉塞することで汗が皮膚表面に流出する機能が妨げられ、汗が皮膚内に貯まってしまい水疱となった皮膚病の一種です。

子供から大人まで誰もが発症する可能性がありますが、毎日のケアや温度調節で予防することも十分可能です。

あせもの種類

あせもは水泡になった部分によって、

・水晶様汗疹
・紅色汗疹
・深在性汗疹

の3種類に分けられます。それぞれみていきましょう。

一つ目が、白いあせもと呼ばれる水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

日焼けの後や病気で発熱した際に、汗の出口の浅い場所がふさがれてしまい角質の中に汗がたまってできるもので、見た目は透明で小さな水泡になります。治りも早く、多くは数日で完治します。

二つ目は、赤いあせもと呼ばれる紅色汗疹(こうしょくかんしん)です。

紅色汗疹は高温な気候のもとで発汗した場合、局所的に汗をかきつづけることで起きるあせもです。

額やうなじ、服の下などに多く出現し、大きなもので米粒大ほどの発疹が密集するように発生します。

皮膚の深い表皮内にある汗管が閉塞することで、汗が表皮の中に貯まってできたものです。かゆみや痛みを伴うのが特徴です。

三つ目の深在性汗疹(しんざいせいかんしん)は、熱帯気候や高温の環境で数ヶ月働き続けた人に起こる症状です。こちらはよく見られるものではありません。

赤ちゃんや子供があせもになりやすい理由

あせもは、汗をたくさんかいた時に汗が外に流れず、皮膚の中に溜まって汗管の周辺組織に汗がしみ出ることによって起こります。

赤ちゃんの場合、自分であせもを発見できないので、かゆみや炎症が出て泣き出してから初めてあせもと判断されるケースが多くなります。

あせもは大人よりも赤ちゃんや子供に多いといわれますが、そもそもなぜ赤ちゃんに多くあせもが出るのでしょうか。

体の汗腺の数は赤ちゃんも大人と同じだけ存在し、さらに赤ちゃんは成人と比べて単位面積あたりの汗腺数が多いので、密度が高いことからあせもが発症しやすくなります。

大人よりも体表面積が小さな赤ちゃんは、新生児で大人の12倍、1歳頃には8倍もの密度になります。

小さな体に大人と同じだけの汗腺があり、そこから汗が出ているとイメージしてみれば、大人よりもあせもになりやすいのも納得です。

また、小学生にもなれば子供でも自分で汗を拭いたり、シャワーを浴びるなどの対策を取れますが、赤ちゃんの段階ではまだ一人で汗を拭くことができません。

大人が意識的に皮膚を清潔にしてあげなければ、いつまでも汗を皮膚につけたまま、あせもなどの皮膚トラブルを発症しやすくなります。

あせもの対処法

あせもができたら、まずは患部を清潔に保つようにしましょう。かゆいからといって掻きこすると湿疹がさらにひどくなったり、とびひなどの二次感染が起きることもあります

皮膚を清潔に保つために、シャワーを浴びたり、赤ちゃんの肌にも使えるウェットティッシュや汗拭きシート、そのほか濡らしたタオルなどで汗をこまめに拭き取る他、外出先でもハンカチやタオルを携帯して汗を予防しましょう。

シャワーはぬるめに

夏場は室内も高温多湿になりますので、湯船に入って汗を掻くのはあせもにとって逆効果ですので注意しましょう

赤ちゃんをリラックスさせてあげようとして湯船に浸からせるのはNGです。あせもができている間はぬるめのシャワーなどに切り替えて対処しましょう。

ステロイド剤を使う

あせも部分にかゆみや炎症が起きた時は、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤が有効です。病院で処方してもらうこともできますし、ステロイド剤は薬局でも購入することができます。

効果の強さは製品によって異なるので、赤ちゃんの場合一番負担の少ない薬を選びましょう。薬局にもドラッグストアにも必ず薬剤師がいますので、赤ちゃんの肌につけても問題のない薬を選んでもらいましょう。

お子さんにステロイド剤を使うのはちょっと気が引けるという方も、正しく使用すれば基本的には問題はありません。

外用薬は1週間程度の使用にとどめ、余計な場所まで塗りすぎないように注意しましょう。使用に関して不安なことがあれば、小児科や皮膚科の先生に相談してください。

あせも部分が二次感染を起こした場合は、抗生剤等の使用が必要になります。皮膚科を受診して、感染症が起きていると判断された場合は医師に指示に従い、抗生剤を服用させます。

ステロイド剤を使わない場合

それでも、「小さな赤ちゃんにステロイドを使うのは心配」、「できるなら使いたくない」というママは、薬を使うことに比べると、時間も手間もかかりますが、無添加のものやオーガニック商品でケアしてあげましょう。

時間がかかる分、赤ちゃんにとってつらい場合もあることも考慮しながら、各家庭で柔軟なケアを行いましょう。

ドルチボーレベビーソープ

ドルチボーレベビーソープです。無添加にこだわって作られ、ただ、お肌に優しいボディーソープなだけでなく、潤いを残しながらもお肌の汚れをしっかり落としてくれるので、あせもができてしまった赤ちゃんでも安心して洗ってあげることができます。

成分にこだわって作られているだけに、お値段は多少張りますが、使ってみるとお値段以上の価値を感じられるはずです。

赤ちゃんの肌トラブルにお悩みのママは、一度、ドルチボーレベビーソープを試してみましょう。

・初回送料無料
・1本3,200円(300ml)

公式サイト>>ドルチボーレ ベビーソープ

フォーファムボディクリーム

7806-1463765390-3

赤ちゃんから大人まで家族全員で使えるボディクリームです。

森貴美子さん、藤本美貴さん、杉浦太陽さんといった小さなお子様がいるモデルさんや芸能人も愛用しているボディクリームです。

世界基準のオーガニック認証も受けているので、オーガニックにこだわるママも安心して利用できます。

5種類のセラミドなどを贅沢に配合し、低刺激で高保湿なので敏感肌や乾燥肌の赤ちゃんにもおすすめです。

・1本2,900円(300g)
・2本セット5,220円

公式サイト>>For fam(フォーファム)ボディークリーム

プルミーミルキーローション


乾燥肌の赤ちゃんのために作られた、完全天然成分のローションです。

ホホバ油、ヒマワリ油、コムギ胚芽油といった天然のオイルで保湿をし、ムクロジエキス、甘草エキスで、抗アレルギー作用、抗炎症作用といった肌を強くしてくれる効果も期待できるので、あせもができてしまった赤ちゃんにもおすすめです。

無添加にこだわった作りで、新生児からでも安心して使えます。

万一、使用後肌トラブルがあった場合は、返金保障もあるので安心です。

公式サイト>>プルミーミルキーローション

あせもの予防方法

あせもができないように予防する方法について、みていきましょう。

衣類に気を配る

衣服は汗を吸収する素材や、速乾性のある素材を選ぶようにしましょう。大人も同じですが、汗を吸収して皮膚を清潔に保つ綿などの素材は、春から秋頃までの暑い時期に最適です。

エアコンを使う

赤ちゃんは汗をかきやすいので、室内にいる時はエアコンの温度を調節し、汗をかきすぎない程度の温度に保ちましょう。温度と同時に湿度の調節もしてあげると、さらに効果的です。

赤ちゃんに最適な環境づくりは、赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方で詳しくご紹介しています。

汗をかいたまま放置しない

汗をかいた状態で放置しておくのは、あせもにとって逆効果です。汗をかいた場所はウェットティッシュ、濡らしたガーゼや綿タオル、ハンカチなどで拭い、通気性を良くして皮膚を清潔に保ちましょう。

汗をかいた場所を拭いてからすぐに服やおむつを着せると、湿疹やかぶれの原因にもなるので注意しましょう。

新生児からのおしりかぶれ対策では、おむつでおしりがかぶれてしまう赤ちゃんのための対策を紹介しています。

シャワーで流したり、清潔なタオルで汗を拭きとる

皮膚に汗をかいたら、かきっぱなしにしておかずに常に清潔に保ちましょう。

二次感染やとびひを防ぐためにも、汗をかいたらこまめにやさしく拭き取ったり、拭き取るのが難しい場所は通気性の良い素材の服や下着を身に付けさせます。

誰しも動いたり暑い場所に出れば汗をかくものですが、汗拭きシートや制汗剤などを活用して工夫することが大切です。

赤ちゃんと一緒に出掛ける時はハンカチやタオル、ウェットティッシュなどの汗拭きシートを持参して、外出先から帰宅したあとはシャワーを浴びさせてあげ、清潔を心がけましょう。

おむつ交換は忘れずに

赤ちゃんは自分の意思で着替えをすることができません。おむつの中は特に汗でムレたり、排泄物が溜まって皮膚に炎症が起きやすいため、一番に清潔を心がけたい場所です。

おむつの交換タイミングではなくても、暑い時期はこまめにおむつの中をチェックして、汗をかいている場合はおしりふきを使って清潔にしてあげましょう。

赤ちゃんのおしりに優しいおむつの選び方とおむつ交換では、おむつ交換のポイントについてもご紹介しています。

こまめに着替える

赤ちゃんも大人と同じく、全身に汗をかきます。汗をかいた服をそのまま着せていると、肌に汗がくっついたままあせもが酷くなりやすいのです。

外出した後などは服が確実に汗をかいていますから、自宅に帰ったあとは着替えさせ、清潔で乾燥した服を用意しましょう。

また、夏だけでなく冬も暖房で汗をかく場合があります。赤ちゃんは大人と比べて体温が高いですから、一年中汗をかくと考え、服は常に清潔なものを着せるようにしましょう。

あせも予防の対策グッズを上手に使おう

あかちゃんのあせも予防には、さまざまなグッズがありますが、そのアイテム選びのコツもあわせてご紹介します。

ベビーパウダー

あせも対策に良いアイテムとして、「ベビーパウダー」があります。ベビーパウダーは汗を吸着して肌を乾燥させ、清潔に保つ機能がありますが、あせもができている時は汗管を粉で塞いでしまうので逆効果の場合もあります。

あせもができている時はベビーパウダーの使用は控え、まだ湿疹ができていない場所に使うようにしましょう。

赤ちゃんにベビーパウダーを使う時は、粉を一度につけすぎないように前もって手ではたきおとしておいて、少なめの量をつけるようにしましょう。

保冷グッズ

近年では保冷グッズがたくさん販売されていますので、あせも予防策として使ってみましょう。

保冷グッズにはベビーカーやチャイルドシートの背もたれに使用するもの、ベッドの下に敷いて利用するもの、保冷剤を入れられるベストなどがあります。

背中汗取りパッド

外出時や寝ているときに、赤ちゃんがまとっている洋服の背中部分に入れて使用するアイテムです。

ベビーカーや抱っこひも、寝ている時など、赤ちゃんは背もたれに密着しているため、特に背中には大量の汗をかいています。

その度に洋服を交換するのは面倒ですし、外出中などはなかなか衣類の交換ができないことも少なくありません。

そんな時、このアイテムを洋服の下に入れておけば、パッドをスルッと抜き抜くだけで乾いた清潔な状態が保てます。

逆に汗をかいた時に入れても汗を吸い取ってくれ、あせも予防になります。

入浴剤

桃の葉やカミツレなど成分が配合された入浴剤は、まだ症状の軽いあせもや予防策として使ってみると効果が期待できます。

直接お風呂に入れるものですので、天然由来成分のものがおすすめです。

入浴後は洗い流さずに、タオルで軽く押さえるようにしましょう。同じ成分のローションなども販売されていますので、併せて使ってみるのもおススメです。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

目次
をみる
関連記事
をみる