泣き止まない新生児の赤ちゃんの原因とその対処法とは?!

泣き止まない新生児の赤ちゃんの原因とその対処法とは?!




出生後、28日未満の赤ちゃんを母子保健法で、新生児と定義してます。この時期の生後20日を過ぎたあたりから、赤ちゃんは泣いて意思表示をすることが多くなってきます。

言葉を話すこともできなければ、身振り手振りで伝えることもできず、赤ちゃんは泣いてママに訴えますが、いつまでも泣いていると心配になります。

同時に「何で泣き止まないんだろう?」と余裕がなくなってしまうママも多いです。

そこで今回は、

・新生児の赤ちゃんが寝たくて泣くのはなぜ?
・暑くて泣く?新生児の快適な室温とは?
・どうやっても泣き止まない赤ちゃん、何が原因か分からない!

といった方に、泣き止まない新生児の赤ちゃんの原因と、泣き止まない時のための対処法について詳しくご説明します。

関連記事
>>新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策
>>新生児の寝ぐずりの原因と対策

Kirala Kirala

新生児の泣きは伝達手段

新生児の泣きは伝達手段

赤ちゃんは泣くのがお仕事、といわれるように個人差はあれ、基本的に赤ちゃんはよく泣きます。

先に触れたように、この時期の赤ちゃんは、言葉や態度でママに意思を伝えることができません。

そのため、自分がして欲しいことや不快に感じることなどを泣いて、ママに伝えるしかないのです。

ママにしてみると、泣いてしまうのは悲しかったり辛かったりする時というイメージがあり、何で泣いてばかりいるんだろうと思ってしまうかもしましません。

しかし、新生児の赤ちゃんはただママを困らせたいわけではありません。泣くという行為の中で、必死にママに何かを伝えようとしているのです。

泣き止まない原因

泣き止まない原因

新生児の赤ちゃんにとって、泣くという行為は唯一の伝達手段といっても過言ではないわけですから、言葉や態度などで伝えられるようになるまで赤ちゃんはとにかく泣きます。

夜泣きに始まり寝る前にもぐずり、明け方にも泣き、伝えたいことがあれば昼夜問わず泣くのです。

つまり、赤ちゃんを泣き止ませるためには、赤ちゃんのして欲しいこと、不快に思うことを汲み取り、解消するしかありません。

赤ちゃんが泣き止まない原因として考えられることは以下の通りです。原因が取り除かれるまで赤ちゃんは泣き止みません。泣き止まない原因を知って、対応に役立てましょう。

身体をチェック

新生児の赤ちゃんが泣き止まない原因の1つに挙げられるのが、身体のどこかに不快感を感じていることです。

目や耳がまだまだ発達途中の新生児期の赤ちゃんは、その代わりに触覚や嗅覚に敏感だとされています。

そのため、見た感じではわからない居心地であるとか、肌のかゆみ、鼻詰まりの苦しさに泣くこともあります。

最初のうちは手探りになりますが、泣き止まないようでしたら、身体に不快な部分がないか、確認してあげましょう。

オムツの汚れ

泣き止まない原因に必ず挙げられるのが、オムツが汚れていることです。最近のオムツは吸収率もアップして、蒸れないような工夫がされ、赤ちゃんのお尻がかぶれたりしないように改良がされています。

それでもオムツの中は湿気がこもりやすく、おしっこなどでオムツが汚れてしまうと、湿気がさらに増し、冷たさや気持ち悪さを赤ちゃんは感じます。

また、オムツが汚れていなくても、新生児を含め赤ちゃんは新陳代謝が良いので、汗をよくかきます。

汗は汚れと異なり、見た目はわかりにくいですが蒸れの原因にもなり、赤ちゃんも不快感を感じやすいです。

参考記事
>>赤ちゃんのおしりに優しいおむつの選び方とおむつ交換
>>新生児からのおしりかぶれ対策

お腹が空いている

オムツの汚れと共に、泣き止まない原因で挙げられるのがお腹が空いている場合です。新生児の赤ちゃんは空腹感を覚えた時も言葉で伝える代わりに泣きます。

基本的に新生児の赤ちゃんは、3時間おきの授乳が勧められているので、あまりお腹が空かないように感じますが、その時の赤ちゃんの機嫌や体調によって授乳サイクルは変化して、新生児の頃はまだ授乳が上手くできません。

そのため、ママとしては飲ませていたつもりでも、赤ちゃんにしてみれば空腹が満たされる量を飲めていない時もあります。

この空腹感が、新生児期の赤ちゃんには不快感に繋がり泣いてしまうのです。

上手く眠れない、眠い

泣くのが赤ちゃんのお仕事、というフレーズと同じくらいよく聞くのが、新生児期の赤ちゃんはよく寝ているという話です。しかし、実際には上手に眠れない赤ちゃんも多いです。

眠いんだけど眠れないという状況、眠気を感じている時は赤ちゃんだけでなく、大人だってイライラします。こんな時、大人であれば自分で眠気に対処するところですが新生児期を含め、赤ちゃんにはそれができません。

いわゆる、寝ぐずりと呼ばれるものなのですが、眠い時や上手く眠れない時も赤ちゃんは不快を感じ取り、泣くといわれています。眠れない不快感をママに訴えているわけです。

参考記事
>>赤ちゃんをスッと寝かしつける9つのコツ

環境に慣れない、暑い寒い

新生児の赤ちゃんは、ほんの少し前まではママのお腹の中にいたので、いってしまえば外の環境に慣れていません。

そのため、病院から自宅へ、里帰りをしてから自宅へと環境が変わる度に、その変化を敏感に感じ取って不安を覚え、泣くことも珍しくありません。

また、新生児の赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできないので、ちょっとした気温の変化にも敏感です。

大人が感じない暑さや寒さ、微妙に気温が変化するだけでも不快感を覚えそれが泣きに繋がります。

お腹の張り

授乳をした後、ママは赤ちゃんに必ずゲップをさせます。新生児の頃は体温調節だけでなく、オナラやゲップも上手くできないので、ママが意識的にゲップをさせてあげて、お腹にガスが溜まらないようにしています。

しかし、ゲップをさせていたつもりでも、上手く出せていないことはよくあり、この時期はまだ腸の動きも弱く、ガスがお腹に溜まりやすいです。

ガスが溜まるとお腹が張り、その気持ち悪さに赤ちゃんは泣くとされています。

参考記事
>>新生児のお腹が張る原因と解消法
>>赤ちゃんにげっぷが必要な理由とゲップを上手くさせるコツ

構って欲しい、ご機嫌が斜めな場合も

上記のような肉体的な不快だけでなく、赤ちゃんはママに構って欲しかったり、甘えたい場合にも泣くことがあります。

新生児の赤ちゃんの目と耳がまだ発達途中で、触覚などが敏感になっているのは先に話した通りです。

しかしそれはつまり、ママが赤ちゃんの近くにいて構っていたつもりでも、触れていなければ赤ちゃんは構ってもらっていないことと同じなのです。

そのため、ママとの触れ合いが少ないと、肉体的に不快感がなくても、甘えたい気持ちから泣き止まなくなります。

また、ご機嫌泣きというものがあり、大人と同様、イライラしていたり、気分転換がしたい時など気持ち的なものから泣き止まないこともあります。

どうやって対処していくべき?

どうやって対処していくべき

新生児が泣き止まない原因を見てわかるように、赤ちゃんは泣くことでさまざまなことをママに伝えようとします。

そのため、慣れないうちは大変かもしれませんが、原因は何か1つ1つ確認していくことが大切です。

まずは、よく様子を確認することから始めてみましょう。最初のうちはわからなくても、新生児の赤ちゃんはちょっとした仕草などで不快に思っていること、して欲しいことを伝えようとしていますので、見極めてあげることもポイントです。

赤ちゃんが、泣き止まない原因がわかった上で、できる対処法については以下の通りになります。

授乳をしよう

赤ちゃんが空腹を感じていることが泣き止まない原因であれば、授乳をしてあげることが対処法といえます。

見極め方としては、赤ちゃんの口元がもぐもぐとおっぱいを飲むように動いていたり、赤ちゃんの唇に指を当てた際に吸いついてきた場合。授乳を最後にした時間を覚えておくのも良いです。

この際、お腹が空いてしまうことで不快感を感じているわけですから、赤ちゃんが欲しがる分だけ飲ませてあげることが大切になります。

ただし、飲ませ過ぎてもお腹が張って、気持ち悪さから赤ちゃんが泣いてしまう可能性も高いので、上手く調節することが必要です。

母乳の代わりに粉ミルクを与えている場合には、月齢に応じた適量を飲ませてあげましょう。

関連記事>>赤ちゃんに粉ミルクを与えるときの注意点!月齢別の必要量

赤ちゃんが過ごしやすい環境を整える

ママの胸や布団に顔をこすりつける仕草を見せたら寝ぐずりや、暑い寒いといった環境的な不快感が原因の可能性があります。

その場合、新生児の赤ちゃんが過ごしやすいように環境を整えてあげることが大切です。

新生児期は少しの刺激に敏感ですから、上手く眠れるように照明を消してみたり、ゆったりとした音楽をかける、背中をトントンとしてあげるなどの方法も効果が期待できます。

また、室温を赤ちゃんが過ごしやすい温度と湿度にしてあげることも対処法の1つです。夏場であれば25~27℃前後、冬は22~25℃前後で湿度は50~60%位を目安にすると良いとされています。

ただし、適温には個人差がありますので、エアコンを上手に使おう!新生児の赤ちゃんが快適な室温は?を参考に、赤ちゃんの様子を見ながら微調整をしましょう。

お腹のマッサージ

お腹が張っている他、毎日同じ位の時間帯に泣く、もしくは15分位で急に泣き止んだなどの様子が赤ちゃんに見られれば、お腹が張っていることを知らせる合図かもしれません。

泣き止まない上に、両足が縮こまってしまう場合も同じことがいえます。お腹の張りに関しては、そうならないように事前に対処することが大切です。

授乳後は無理にとはいいませんが、なるべくゲップを出してあげるようにしたり、授乳前や入浴後に「の」の字をお腹に書くようにマッサージ、足の体操をしてあげるのも良いです。

それでもお腹が張ってしまった場合には、食後を避けてガス抜きのマッサージをしてあげましょう。

おむつの交換

思い出したように突然泣き始める仕草が見られるようなら、オムツを交換して欲しい赤ちゃんからの合図の可能性が高いです。

この場合には、すぐにオムツを交換したあげることが何よりの対策です。

最近のオムツは、長時間履いていても赤ちゃんがあまり泣かないといわれており、気付かないママも多いですが、おしっこなどには雑菌やアンモニアといった赤ちゃんの肌に良くないものが満載です。

蒸れを含めて肌への刺激から、痒みやかぶれがお尻にできてしまうと、オムツを替えても赤ちゃんが泣き止まないので、小まめに交換してあげるようにしましょう。

着替えも小まめにしよう

元々、新生児を含め新陳代謝が良い赤ちゃんは基本的に汗っかきです。そのため、オムツだけでなく着ている服が汗で蒸れてしまうことで不快感を感じて、泣くこともあります。

汗は汚れと異なり見えにくく、1度乾いてしまうとさらにわかりにくいですが、放置した汗は雑菌が湧きやすく、赤ちゃんの肌が荒れる原因になります。

また、汗はきちんと拭きとらないと肌の皮脂などと混ざって嫌な匂いを発するので、赤ちゃんが汗をかいていたら、服を小まめに取り替えてあげるのも対策になります。

病気が疑われることも

寝やすいように環境を整えたり、オムツも確認済み、お腹もいっぱいなのにも関わらず、それでも泣き止まないようであれば、赤ちゃんが身体の不調を訴えている可能性があります。

発熱や嘔吐などの症状、機嫌がずっと悪かったり激しく泣くなど様子がおかしければ、風邪など他の病気が疑われます。

病気だけでなく、身体の異常も考えられますので身体のどこかにケガや痣はないか赤ちゃんの状態を確認することも大切です。

目安として30分以上泣き止まない場合には病気、もしくは身体の異常を考えても良いですが、不安に感じたら早急に病院を受診しましょう。

参考記事
>>まずは冷静に。赤ちゃんが発熱したときの対処法
>>赤ちゃんの咳は風邪だけじゃない!乳児喘息(ぜんそく)の見分け方と対策

イライラしていませんか?

イライラしていませんか

不思議なもので赤ちゃんはママのメンタルにも敏感に反応します。ママが落ち着いていれば、赤ちゃんも、すぐに泣き止んだりするのです。

その反面、ママがイライラしていると赤ちゃんもそれを感じ取って、余計に泣き止まなくなるとされています。初産のママだと、最初のうちは何もかもが手探り状態です。

家事と両立しなくてはいけなく、赤ちゃんに付きっきりというわけにはいかないこともあります。

そんな時に赤ちゃんが泣き止まないとイライラしますが、先に触れたように赤ちゃんが泣き止まないのには、何か必ず理由があります。

イライラしそうになっても、深呼吸をするなど心を落ち着けて対応することが大切です。

ママの中には、赤ちゃんが泣き止まないあまり、放っておいて泣き止むのを待ていることもあります。確かに、個人差はあれ、5~30分あれば赤ちゃんも泣き疲れて泣き止みます。

しかし、放っておくことで必要な時に赤ちゃんが、泣かなくなる恐れがあります。新生児とはいえ赤ちゃんも放置されていること、泣いてもママに構ってもらえないことがわかるのです。

最悪の場合、ママに懐かない赤ちゃんになってしまいます。完璧な対応を赤ちゃんも求めているわけではありません。赤ちゃんの気持ちを汲み取って、ママにできる対応をしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる