赤ちゃんの高熱が下がらないのはなぜ

赤ちゃんの高熱が下がらないのはなぜ?原因と対処法について




赤ちゃんが高熱を出すとママはとても心配になります。小さな赤ちゃんであればあるほど、さまざまなタイミングで高熱を出しますが、赤ちゃんは高熱を出すたびに免疫力をつけて体を強くするといわれます。

しかし、高い熱が出れば心配になるのは当然です。1日、2日ですぐに熱が下がればよいですが、3日以上も続いて高熱が下がらない場合にはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は、

・赤ちゃんの高熱が下がらないときは受診するべき?
・赤ちゃんの高熱が下がらない原因は?
・赤ちゃんの熱が続いているときのお風呂は?

といった方に、赤ちゃんの高熱が下がらない原因や対処法、受診するタイミングなどについて詳しくご説明します。

Kirala Kirala

赤ちゃんの高熱が下がらない原因は数え切れない

高熱が下がらない原因

赤ちゃんの高熱が下がらない原因というのは本当にたくさんあります。1つから2つだけではないので、細かな症状をチェックしなければ何が原因なのかを把握するのは難しいです。

高熱が下がらない状態が続き、原因を判断するのが難しい場合には受診するのが1番の方法です。

ただし熱が下がらない症状だけでなく、ほかの症状が重なってくると、ある程度はママが判断することもできます。

赤ちゃんの状態から受診するかどうかを決めるためにも、いくつかの原因・症状についても把握しておきましょう。

季節性の流行病

季節性の流行病

まずはじめに赤ちゃんの高熱が下がらない原因でもっとも多いのは、季節性の流行病になります。夏冬とそれぞれに流行病があり、このような流行病に罹患(りかん)してしまうと、なかなか熱が下がらないことが多いです。

冬のインフルエンザ

冬になるとインフルエンザが蔓延します。高熱が続く症状が有名ですが、赤ちゃんがインフルエンザに罹患した場合には、2日から3日ほどの潜伏期間を経て症状があらわれてきます。

高熱が3日以上続き、さらには赤ちゃんがぐったりとしていて食欲もない状況であれば、インフルエンザを疑いすぐに受診しましょう。

インフルエンザは専用のお薬があり、この薬を用いることによって症状がそれ以上ひどくならず、改善に向かっていくケースがほとんどです。

インフルエンザの場合には徐々に熱が上がるというケースはほとんどなく、一気に38度を超える高熱になりますので時期的にも気がつきやすいです。

夏のヘルパンギーナ

夏にはヘルパンギーナが大流行することも知られてきました。夏に流行する急性の咽頭炎で、子供がかかりやすいといわれている病気です。

ヘルパンギーナもウイルスによるものですが、5日以上も高熱が続くことがあります

特にヘルパンギーナは、2歳までのうちにほとんどの赤ちゃんが罹患するといわれており、近所の幼稚園などで流行し始めると、あっという間に広がってしまいます。

ヘルパンギーナは何度も罹患してしまう可能性があるので、毎年のように罹患してしまい徐々に免疫が付いて軽度の風邪のような症状となることもあります。

ただし赤ちゃんの場合には38度を超える高熱がでてしまい、なかなか下がらない状態になることが多いので気をつけなければなりません。

またヘルパンギーナの大きな特徴として、喉の奥をはじめ口の中に水疱瘡(みずぼうそう)と間違えやすい水疱(すいほう)ができます。

そのため食欲が低下したり、痛みで赤ちゃんが泣き続けてしまうこともあります。

プール熱

夏のプールで感染することが多いもののひとつに、アデノウイルス感染症があります。プール熱ともいわれ、扁桃腺を中心に喉の粘膜などが炎症を起こします

大きな特徴としては、38度から42度までの高熱が続き、目の充血やのどの痛みなどがあらわれます。

抗生物質がしっかりと効果を発揮してくれないため、熱が下がるまでの間は対処療法を用いることになります。

熱が下がらないその他の原因

その他の原因

上記のように季節性の流行病だけでも原因はさまざまですが、そのほかに熱が下がらない原因として考えられるものをご紹介しましょう。

肺炎

風邪がひどくなってしまうと肺炎を引き起こすことがあります。肺炎になると咳の止まらない状態が続き、赤ちゃんはとても苦しくなります。

また高熱に関しても3日以上続くことがあり、熱が下がらないばかりか体内の酸素量が少なくなるので、すぐにでも受診または入院などをする必要がでてきます。

ノロウイルス

ノロウイルスは季節性の胃腸炎ともいわれていますが、近年では冬場だけでなく流行することが増えてきました。ノロウイルスに罹患すると高熱が続く以外にも下痢や吐き気などの症状がみられ、ママとしても比較的気づきやすいです。

ですが、脱水症状を起こしやすいのでこまめな水分補給を行いながら、少しずつ栄養が取れるような工夫をしなければなりません。

突発性発疹

幼稚園にあがるまでの赤ちゃんや乳幼児が、ほぼ100%罹患するといわれているのが突発性発疹です。

突発性発疹は3日以上の高熱が続き、熱が下がらない状態となるため受診するママがほとんどです。

しかし、突発性発疹は熱が下がり始めてから発疹がでるので、熱が上がり始めてからピークの状態で診断することはできません。

「もしかしたら突発性発疹かもしれない」と言われることはありますが、熱が下がりはじめ、発疹があらわれたら発疹を掻き崩さないように、気をつけてあげる必要があります。

麻疹(はしか)

近年では早い段階で予防接種をすることで罹患する赤ちゃんは少なくなっていますが、高熱が下がらない原因のひとつとして、麻疹を意識することも大切です。

麻疹は感染力が非常に強いため、国内で1人2人と罹患者があらわれると、あっという間に全国的に広がります。

麻疹の特徴的な症状としては38度を超える高熱が続くことと、熱が下がったと思っても再び高熱がでることが多いということです。

また全身に強いかゆみを伴う発疹があわれるため、赤ちゃんはとても辛いです。麻疹に罹患してしまうと、初期の段階でたくさんの咳がでて鼻水や目やになどもでてくるので、肺炎やヘルパンギーナと間違えてしまうこともあります。

38度を超えるような高熱が3日から4日以上続く場合には、麻疹を疑い受診しましょう。

水疱瘡(みずぼうそう)

水疱瘡は感染力が強い流行病として知られています。水疱瘡に罹患した場合には、保育園や幼稚園等への登園はしっかりと治るまで禁止されています。

熱が下がらない症状以外にも頭が痛くなることもあり、さらに特徴的な症状として全身に水泡ができます。

水疱瘡は38度を超える高熱がでることは少なく、37度から38度の発熱が続きますが合併症のリスクもありますので、水疱があらわれたら必ず受診しましょう。

ヒトメタニューモウイルス

ヒトメタニューモウイルスは、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種です。

春から夏にかけて流行するケースが多く、38度を超える高熱が続きます。3日が経過しても熱が下がらなく心配して受診するママも多いです。

発熱以外には咳や鼻水の症状があり何度も罹患する場合もあります。ヒトメタニューモウイルスへの感染を繰り返すことで免疫力が高くなり、罹患するたびに症状が軽減していくとされています。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマは、肺炎の原因にもなるといわれている病原菌です。ウイルス性の感染症ではありませんので誤解のないようにしてください。

一年中いつでも罹患し、激しい咳や喉の痛みがでるなどの特徴があります。また発熱に関しては、37度から39度前後の状態が3日以上続く場合もあります。

溶連菌感染症

溶連菌は主にのどに感染する細菌です。赤ちゃんが罹患することは少ないといわれていますが、それでもまったく可能性がないわけではありません。

38度を超える発熱が続きなかなか熱が下がりません。

小さな発疹があらわれ嘔吐することもあり、さらには喉の痛みがあり、食欲が低下するなどさまざまな症状があります。

また熱が下がってくると手足の皮膚がポロポロと剥ける症状がでてくることもあります。

抗生物質を服用する必要がありますので、熱が下がらない時には受診して適切な診断を受けましょう。

おたふく風邪

おたふく風邪は耳の下あたりが腫れて痛くなる病気ですが、予防接種を受けることで、赤ちゃんの時に罹患する可能性は低いです。

しかし、兄弟がおたふく風邪になってしまうと、赤ちゃんもうつる可能性があります。おたふく風邪は38度を超える高熱が3日から4日以上続きます。

あまりにも熱が下がらないので、大変な病気ではないかと心配するママも多くいます。特に赤ちゃんは、あごの下のリンパ節の腫れに関しても気がつきにくいため、疑わしければ受診しましょう。

無菌性髄膜炎

無菌性髄膜炎は細菌が原因ではない髄膜炎のことをいい、40度前後の高熱が続きます。

吐き気や頭痛などを伴い、無菌性髄膜炎に罹患すると反応が鈍くなったり、首を前に曲げにくくなるといった特徴を持っています。予防接種の副反応で出てしまうこともあり注意が必要です。

アレルギー症状

食べ物などでアレルギー症状が起きた時にも、高熱が下がらないケースがあります。

3日程度で熱が下がってくることがほとんどですが、アナフィラキシーショックを起こし症状が悪くなる場合があります。アレルギー症状だと思われる時には速やかに受診しましょう。

赤ちゃんの熱が下がらない時は?

熱が下がらない時

赤ちゃんの熱が下がらない時にはママも心配で焦ってしまうものです。しかし、まずはママが冷静に赤ちゃんの様子を確認することが大切です。

熱が下がらない症状以外に、どんな症状があらわれているのかを確認してみましょう。

ほかの症状を確認する

熱が下がらない以外にどんな症状があるのかを確認できれば、すぐに受診が必要かどうかを判断するきっかけになります。

基本的に赤ちゃんの熱が下がらない時には、以下でご紹介するようなポイントに意識を向けてみましょう。

食欲のチェック

食欲がありしっかりとミルクを飲んでいる、または離乳食を食べている状態であれば、すぐにでも緊急を要するような状況ではありません。

熱があっても食欲があるということは、体内の機能が正常に働いていますのでしばらくは様子を見ても大丈夫です。

下痢の有無

下痢の有無に関しても非常に大切なポイントです。ひどい下痢を繰り返してしまい、水下痢となっているようであれば、脱水症状を起こすリスクがありますので受診しましょう。

元気の状態

いつもと変わらず元気があり、熱が下がらない状態でもご機嫌で遊んでいるようであれば、しばらくは様子を見ていても構いません。

しかし、元気がなくぐったりとしているようであれば、全身の倦怠感や頭痛などが起きている可能性があるため、できるだけ早く受診しましょう。

2日程度は様子を見てもよい

前述のように赤ちゃんの熱が下がらない状態のときでも、急を要するといった症状が出ていなければ2日程度は様子を見ていても大丈夫です。

それでも高熱が下がらない状態が続くのであれば、その段階で受診しましょう。

市販の解熱剤を使ってもいいの?

市販の解熱剤

赤ちゃんの高熱を下げるため、市販の解熱剤を使おうかと悩むママも多くいます。市販の解熱剤を使うことに不安を感じるのであれば受診することが大切です。

また、特に月齢の小さな赤ちゃんなどは市販の解熱剤が使えないこともあるので、受診することを優先しましょう。

まずは受診が先

市販されている解熱剤というのは熱を下げる役目を持っていますが、症状に対して効果を発揮してくれるものではありません。

明らかに風邪を引いていて熱が高いといった状態であれば、市販薬を用いることもひとつの選択肢になります。

ですが、そのほかの症状があり風邪以外の病気が疑われるときには、市販薬を使わず受診しましょう。

市販薬でこんな症状がでたら受診する

単なる風邪だと思っていて市販のかぜ薬や解熱剤などを使用した場合、特にその後赤ちゃんの様子に変化がなければ心配する必要はありません。しかし、以下のような症状が出る時には速やかに受診してください。

・熱が下がらない
・熱が下がりすぎる
・吐く、グッタリする

これは、お薬が合っていなかったという可能性や、極端に体内の熱が奪われて体力を消耗していることが考えられます。

熱が下がらない時のお風呂は?

お風呂は

赤ちゃんの熱が下がらない時にお風呂に入れていいのかという問題についてですが、基本的には避けることを意識しましょう。

基本的には避ける

大人でも同じですが高熱のある時にお風呂に入っても、本人は辛い思いをするだけで、これは赤ちゃんも同じです。

熱が高いときには寒気を感じている可能性もあり、お風呂に入れてしまうことで、温度差からさらに症状が悪化することがあります

そのため熱が高い間はお風呂に入れることは避け、汗ばんでいることも多いので、こまめに体を拭いてあげることが大切です。

熱が下がり始めたら大丈夫

熱が下がり始めたら、ここでようやくお風呂に入れてあげましょう。またお風呂に入れる時間はできるだけ短時間にして、脱衣所やお部屋、さらにはお風呂場の温度差がない環境を作ってください。

赤ちゃんの熱が続く場合の対処法

熱が続く場合の対処法

赤ちゃんの高熱が下がらない時には、以下の対処方法でケアをしてあげることも大切です。

もちろん受診することも重要になりますが、受診するまでの間や、受診した後の対処方法についてご紹介します。

クーリングをしてあげる

赤ちゃんの高熱を下げるためにはクーリングをするのが1番です。クーリングをするときは、一気に体を冷やしてしまうことを避けるため、タオルなどに包んだ保冷剤を使って膝の裏や脇の下などを冷やします

頭の後ろを冷やすと、首から脳に送られている血液の流れに大きな変化がでるため避けましょう。

おでこに冷たいタオルを当てたり、冷却シートを貼ると赤ちゃんがとても心地よいと感じるのでおすすめです。

ただし、タオルや冷却シートがずり落ちて赤ちゃんの鼻や口をふさがないように、必ず側で見守りましょう

水分の補給をする

高熱を出している時の赤ちゃんはたくさんの汗をかき、呼吸も乱れているので水分が不足します。

一度にたくさん飲ませる必要はありません、10mlから20mlのイオン飲料を少しずつ与え、こまめな水分補給をしましょう。

吐き戻してしまうときには無理にミルクを与える必要ありませんので、イオン飲料などを与えて水分の補給を重視してください。

衣類のこまめな着替え

お風呂と同じような内容ですが、たくさんの汗をかいて気分が悪くなることがあります。そのため、赤ちゃんの衣類はこまめに着替えさせてあげましょう。

布団で熱がこもらないように注意

赤ちゃんの熱が下がらない時には厚着をさせる、またはお布団をかけるといった方法でたくさんの汗をだせばよいと考えるママもいます。

しかし、赤ちゃんは大人のように自分の体からうまく熱を放出することができません。

そのため、厚着をさせてしまうことやお布団をかけすぎてしまうことは逆効果です。

足元などはできるだけ涼しい環境を作り、暑がるようであれば無理にお布団などをかける必要はありません。

熱性痙攣(ねっせいけいれん)

赤ちゃんによっては、熱が下がらない状況の中で熱性痙攣を起こしてしまうことがあります。とても高い熱が続いてしまうと熱性痙攣を起こすことがあるので焦らずに対処してください。

熱性痙攣が出たときは、体が硬直して名前を呼んでも反応がないといった症状があらわれます。ビックリしますが、このような症状は1分間から2分間程度で次第に治まっていきます。

慌てて大きな声で赤ちゃんに呼びかけてしまうと、脳が興奮して痙攣状態が長くなるので、口の中を噛んで傷つけないように、タオルなどで口の中を抑えてしばらく様子を見ましょう。

3分以上も痙攣が治まらない状態の時には救急車を要請してください。

焦らず冷静に赤ちゃんの様子を確認する

焦らず冷静に

赤ちゃんの高熱が下がらないときはとても心配ですが、ママは常に冷静でいてください。焦って病院に連れて行くと、途中での交通事故が心配です。

吐き気を催している赤ちゃんは、病院に向かうまでの間に吐いてしまうことが多いです。寝かせた状態ではなく、できるだけ座った状態を維持しましょう。

また、パパに運転してもらい、ママは後部座席で赤ちゃんの様子を見守るのが一番安全です。

ママが冷静に対処することで、受診したさいの診断がしやすくなることも覚えておきましょう。

発熱が始まった時間や、いつから高熱が下がらないのか、そのほかの症状などもドクターに詳しく伝えてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる