赤ちゃんの名前

赤ちゃんの名前!漢字で縁起を担ぐ?名付けに良い漢字と悪い漢字




赤ちゃんの名前を考えるとき、響きだけで考える、もしくは見た目だけで考えるということは少ないものです。基本的には漢字が持っている字画や、その他にも縁起を担いでいるような名付け方をするのではないでしょうか。

名付け方にこだわらないというご家庭もあるようですが、赤ちゃんに名前を考えてあげるときには、やはりこれからの人生が明るくなるように縁起を担いだ方がよいとされています。

名前は人から呼ばれることが多く、実際に口に出して名前を呼ばれることによって言霊となります。

言霊は最終的に1人1人の人生を左右する存在ともいわれているため、名付け方を適当に考えてしまうのではなく重要性のあるものだと考えましょう。

そこで今回は、

・縁起の良い名付け方とは?
・縁起の悪い漢字を教えて欲しい!
・縁起の良い漢字が知りたい!

といった方に、縁起が良いとされている漢字、悪いとされている漢字、そしてそれぞれの意味についても詳しくご紹介します。

可能な限り縁起がよいとされている漢字を選んであげることで、赤ちゃんだけでなくご家族も幸せな気持ちになりますよ。

スポンサードリンク

縁起の良い名付け方とは?

縁起の良い名付け方
縁起の良い名付け方とは、今後赤ちゃんの人生ができるだけ明るく、さらにはよいものとなるように考えて名前を付けるということです。

そのため読んだときのイメージや漢字の見た目といったイメージだけでなく、漢字が持っている意味を確かめた上でしっかりと考えていくのが本当の名付け方となるのです。

一見すると縁起が良く思えるような漢字でも、字源がよくない意味を持っていることもありますので、それぞれの漢字について調べながら最終的な名前を決定することが重要です。

名付けの理由を子供に説明することを考える

子供に説明する
自分の名前がどのように付けられたのかは、誰でも一度は気にするものです。そのためどのように名付けたのかを聞かれた際、しっかりと子供に説明できるように考えて赤ちゃんの名付け方を検討していきましょう。

この時、あまりにも名付けの由来そのものが適当であったりすると、少なからず子供はショックを受けてしまうこともあります。

親がどれだけの気持ちを込めて名付けをしたのか、ということが子供に伝わるように、縁起のよい漢字を選んであげることも大切なのです。

字源を追ってみる

字源を追う
漢字というのは、もともと象形文字が現在のように変化したものとなっています。そのため、それぞれ象形文字としての意味を持っています。

この意味そのものが、それぞれの漢字における縁起といわれているもので、よいイメージを持つ漢字、悪いイメージを持つ漢字にわかれています。

例えばお金や富などをイメージさせる漢字や、反対に不吉をイメージさせる漢字などがありますが、全ては象形文字が字源となっているのです。そのため、名付け方で悩んだときには、それぞれの字源をしっかりと調べることも忘れずに行いましょう。

非常に良い意味を持つ漢字だと思っていたら、字源を調べたところす反対に不吉な意味を持っていたということになっても、すぐに名前を変えることはできません。

画数による縁起

画数による縁起
名付け方のひとつには画数による縁起を担ぐというものがあります。このように画数を意識するのは、やはりこの画数についても縁起が良い悪いをあらわしているからなのです。

後述していきますがよくない画数の漢字で名付けをしてしまうと、不運になってしまうことや、吉運そのものが離れていってしまうような意味を持つのです。ですから縁起の良い画数から漢字を選んでいくことも大切になるのです。

名頭が持つ意味

名頭というのは、名前の一番最初に来る漢字のことをいいます。この名頭がどのような画数であるかによって、縁起が良い悪いがわかれてくるのです。

特に名頭というのは名前全体ではなく、ニックネームで呼ばれる際にも使用されることが多く、多くの人々が口にして名前を呼ぶものです。

ここでの言霊が非常に大きなパワーとなりますので、縁起のよい名頭の漢字であれば、たくさんの縁やよいことを引き込んでくれます。反対に、悪い意味を持っている名頭の場合には不吉なことを招いてしまうといった云われがあります。

名頭の画数別漢字

さて、それでは実際に画数別の漢字をご紹介していきましょう。特に不吉だとされている名頭の漢字は3、5、9、13、15、19、23、となります。

これらの画数となる漢字は、親子の縁や良縁などがそれぞれ薄くなってしまうといわれていますので、できるだけ避けましょう。

過去の死亡事故などを検証した結果としてこのような統計が出ていますので、迷信だからと全く気にしないで名付けをするのは、いかがなものでしょうか。少なからずこのような名頭の画数を意識して漢字選びをする方がよい名付け方だといえます。

縁起が悪いとされる漢字

縁起が悪い
続いて縁起が悪いとされている漢字をいくつかご紹介していきましょう。それぞれどのような意味を持っているのかに関しても、詳しく解説していきます。

ワガママになりやすい漢字

王族が使用する漢字や、貴族が使用する漢字に関しては比較的にワガママな子供に育ちやすいといった意味を持ちます。

王、后、帝、妃、皇、貴などがありますが王族や貴族というのは、もともと自己主張が強く、非常に利己的な存在であったことから、これと同じような意味を持ってしまいます。

生命の終わりを意味する漢字

誰にでも寿命というものが存在していますが、特に生命の終わりなどをあらわしてしている漢字も存在します。このような漢字を選んだ名付け方は最も縁起が良くないとされていますので注意しましょう。

この漢字は貴族のお墓をあらわしている漢字となっています。見た目が不快といった意味や、その他にも吃りを意味することもあります。

こちらの漢字はカタカナのヒのような部分がありますが、これは亡くなった人が逆さに吊るされている姿をあらわしており、さまざまな災いの影響を受けて命を落としてしまったという意味を持ちます。

病気の人といった意味や障害などといった意味が強く、死を意味する漢字の中では非常に有名です。柩(ひつぎ)という文字にも使われています。

活力のない意味を持つ漢字

日頃から活力に欠けてやる気のある姿が少なかったり、ぼーっとしていることの多い子供になってしまうといった意味を持つ漢字をご紹介します。

ガラ空きとなっていて、周りには何もない状態を表します。

虚しさや空っぽという意味を持っています。

空っぽで周りには何もない空洞といった意味を持っています。

虚しいといった意味はもちろん、その他にも空っぽ、虚無感などをあらわします。

乱暴になる漢字

名付け方によっては乱暴になってしまう可能性が高いといわれている漢字をご紹介しましょう。基本的には戦闘をイメージさせるものや武器をイメージさせるものが挙げられます。

・戦闘のイメージを持つ漢字…軍、戦、闘、争、投、兵など
・武器のイメージを持つ漢字…刀、竿、射、剣、銃、刃、武など

不健康になる漢字

病気がちであったり、その他にも健康で過ごせるときが少なく、健康運に恵まれないといわれている漢字をご紹介しましょう。

透明感が無くドロドロとしたイメージを持ちます。

汚らしい水などの意味を持ちます。

定まることがなく、常に乱れているイメージを持ちます。

流れが無く止まっているようなイメージを持ちます。

名前負けするとされる漢字

名付け方として、素晴らしい子供に育って欲しいといった思いから素敵な漢字を選ぶケースも少なくありません。しかし、これが反対に名前負けをしてしまうこともあるのです。

名前負けをすることの多い漢字を選んだ名付け方は、不運になってしまうことや良い運が逃げてしまうといわれています。

あまりにも幸せそうに見える漢字やイメージの良い漢字というのは、逆に名前負けする可能性が高く、近年では避ける傾向にあります。

・幸運につながる漢字…縁、祐、満、吉、幸
・意味が大きすぎる漢字…空、天
・縁起が良いイメージが強い漢字…寿、宝、鳳、福、慶、恵、潤

子供に負担をかける漢字

親があまりにも期待をしすぎてしまい、子供にとってプレッシャーになってしまう漢字というものもあります。このような名付け方をすると、将来的に子どもが負担を感じることがあるようです。

・親の願いが強いイメージの漢字…叶、勝、志、華

激動の人生になる漢字

安定した人生ではなく、激動の人生になるといわれている漢字があります。このような漢字は自然界に存在するものが多くなっているのですが、一部をご紹介しましょう。

・動物にまつわる漢字…干支や蝶、鶴、雛など
・植物にまつわる漢字…花、草、梅、桃、桜、稲、梢、菜、樹など
・お天気にまつわる漢字…雪、晴、霞、霜、波、凪など

不運を招きやすい漢字

続いて不運を招きやすいとされている漢字をご紹介しましょう。見た目には非常に美しく見える漢字や、イメージそのものが素敵という漢字も含まれています。

しかし、実際には名付け方で選ぶ際にはよくないとされるものがあるのです。

夢だけで終わってしまうという意味が強く、叶わないといった意味を持ちます。

決まりや法律などを表現する際に使われる漢字ですが、上半分は害と同じ形になります。古い時代の処刑を連想させるといった意味を持ちます。

強制的な意味や束縛する意味を持っています。

希薄といった意味や極めて少ないといった意味を持っています。

1人だけ、1つだけなどの寂しい印象が強い漢字となっています。

古代中国において生首を表す漢字でした。そのためとても不吉な意味を持ちます。

縁起の良い漢字

縁起の良い漢字
上記のように縁起が悪いとされている漢字や、不吉な漢字というのはとてもたくさんあります。こういった漢字を避けながらよいイメージを持って、名付け方を考えていくのであれば、やはり縁起の良い漢字を見つける必要があります。

縁起のよい漢字にはどのようなものがあるのでしょうか。

美しさにつながる漢字

美しいというイメージにつながる漢字があります。このような漢字を名付け方に用いることによって、子供の将来は明るくなることや、その他にも素敵なイメージを持ってもらうといったメリットがあります。

整った顔立ちや顔の造りにおいて、黄金比をあらわす意味を持っており、美人やイケメンに育つ可能性が高くなるといわれる縁起の良い漢字です。

紀、麻、理、佳、由などです。

吉を招き縁や広がりを意味する漢字

良縁が広がり、たくさんの吉運を招いてくれるとされている漢字があります。このような漢字というのは、もともと神事にまつわる意味であることや、直接的に広がりや縁そのものをあらわしているといった意味を持ちます。

海、友、未、知、修、章、実、侑などです。

明るい未来を考えた名付け方が理想

明るい未来
いかがでしょうか。子供の名付け方を考える際には、字源そのものを意識することが非常に大切です。

前述したよいイメージを持つ漢字や、吉運に恵まれる漢字については有名人や著名人の方、さらにはアスリートの方などがこの漢字を使った名前であることも多いです。

あまりにも考え込んでしまうのは良くないといわれたり、できるだけスピーディーに名前を考えた方が良いといわれることもありますが、やはり縁起の良い漢字を選んであげることにより、これから先の子供の人生に影響を与えると思えば、真剣に考えなくてはならないことがわかります。

極端に縁起の悪いイメージや暗いイメージを持つ漢字を選ぶ名づけ方をしてしまうと、名前で子供が嫌な思いをすることもあります。

左右対象の漢字が良い

左右対称
名付け方を考える際に縁起の良い漢字を選んでいくのは重要ですが、縁起の良い漢字の大きな特徴として、左右対称であることが大きなポイントとなっています。

バランスのとれた人生が送れるといったイメージや、安定していて見た目にも美しく、煌びやかな人生が送れるといったイメージを持ちます。こういったことを踏まえながら上手な名付け方をしましょう。

それぞれの漢字が持つイメージとして、字源については名前を決定する前に調べましょう。

もちろん実際に名前を呼んだときの響きも重要になってくるため、漢字における意味は字画だけを意識するのではなく、実際に名前を呼んだとき、さらにはニックネームで呼ぶ際にはどのように呼ばれることが多いのかを想定しながら最終的な決断をしましょう。

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

実は、そんなあなたにピッタリなのが「リクナビNEXTグッドポイント診断

転職や仕事探しに成功した約8割もの人が利用する人気の求人サイトで、まずは、あなたの強みを把握しましょう!診断後にスカウト登録をしておくだけで、思いがけない企業からあなたにオファーが届くことも

多くの先輩ママが「リクナビNEXT」で理想の仕事探しに成功しています。あなたも一歩踏み出してみませんか?

あなたの強みを発見しよう!→リクナビNEXTグッドポイント診断

妊娠中でもOK!1日も早く仕事を見つけたいあなたは→リクルートエージェント

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる