母乳育児に乳酸菌は必要

母乳育児に乳酸菌は必要?ママと赤ちゃんの腸内環境を整えよう!




母乳にはさまざまな栄養素が含まれていて、乳酸菌もその一つです。

普段からよく耳にする乳酸菌ですが、身体に良いことは知っているけれど、詳しい効果まではあまり知らない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

・乳酸菌ってどんな菌?
・乳酸菌はなぜ赤ちゃんにとって必要なの?
・乳酸菌を摂取することでどのような効果があるの?

といった方に、乳酸菌がなぜ赤ちゃんに必要なのか、乳酸菌が母乳に多く含まれている理由、乳酸菌の役割などについて詳しくご説明します。

Kirala Kirala

そもそも乳酸菌とはどんな菌?

乳酸菌とは

私たち人間や動物の腸の中には、腸の状態を整えて健康に有益な働きをする「善玉菌」と、免疫力を下げて老化や病気を引き起こす「悪玉菌」と、優勢になった方の菌と同じ働きをする「日和見菌(ひよりみきん)」という菌が存在しています。

善玉菌の方が悪玉菌より多い時は、日和見菌も良い菌となりお腹の調子が良いのですが、逆に悪玉菌の方が善玉菌より多いと、日和見菌も有害な菌となりお腹の調子が悪くなります。

善玉菌の代表格はビフィズス菌で、腸内に住む善玉菌の99.9%を占めています。

そしてこのビフィズス菌をサポートするのが「乳酸菌」です。

乳酸菌とビフィズス菌は同じものだと思っている方も多いかもしれませんが、乳酸菌はビフィズス菌が生息しやすい環境を作る働きをして、ビフィズス菌は腸内環境を整えて便秘や下痢を改善したり、免疫力アップやアレルギー抑制などの働きをします。

つまり、乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも善玉菌の仲間ではありますが、分類学上も性質も異なるまったく別の菌なのです。

そして、健康な身体を維持するために必要なビフィズス菌を増やすには、乳酸菌を積極的に摂取する必要があるのです。

整腸作用

乳酸菌の働きとして真っ先に思い浮かぶのは便秘の改善ですが、乳酸菌の整腸作用は下痢にも効果があるのです。

大腸の水分量は通常で約80%ほどですが、その水分調節が上手くできなくなることで便秘や下痢は起こります。

乳酸菌は腸壁を刺激して腸の動きを活発にしてくれるので、乳酸菌を摂ることで大腸の水分調節も上手くいくようになります。

適度な水分吸収で下痢は治まり、大腸のぜん動運動が活発になって便秘も改善されていきます。

免疫力アップ

乳酸菌は、免疫細胞そのものを増やして免疫細胞のバランスを整え、免疫力を上げる働きも持っています。

免疫細胞とは、侵入してきたウィルスや細菌などから身体の中を守り続ける細胞のことで、私たちの身体を循環する血液や、リンパ液の中に含まれる白血球のことです。

抗体を作る細胞に変化するB細胞や、ウイルスの感染を防いだりガン細胞を攻撃してくれるT細胞やNK細胞なども、白血球に含まれています。

そして免疫細胞は血液に運ばれて全身を巡るのですが、腸内には約60%の免疫細胞が集中しています。

食事などで身体の外から、食材と一緒にウィルスや細菌が入ってきてしまうので、病原菌の侵入を阻むために多くの免疫細胞が必要となるからです。

乳酸菌には免疫細胞を増やす働きもあり、腸内環境を整えることで免疫細胞も活性化され、免疫力アップにつながるのです。

アレルギー症状の予防

アレルギーとは、異物に対して免疫細胞が過剰に反応した時にあらわれる症状です。

たとえばスギ花粉が体内に入ったとします。すると、鼻や腸の粘膜で異物が侵入したことを認識します。

ここで本来なら、2種類の免疫細胞が機能してバランス良く攻撃するのですが、一方の免疫細胞が過剰に反応して攻撃すると、2種類の免疫細胞のバランスが崩れて抗体(体が作る免疫物質)を発生させてしまいます。

その状態で再び異物が侵入すると、異物を追い出すために「ヒスタミン」というアレルギー症状の素となる物質を、大量に分泌します。

すると、本来異物を追い出すための抗体であるヒスタミン自体が、知覚神経を刺激することで、くしゃみや鼻づまり、目の痒みなどのアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

乳酸菌には、ヒスタミンが分泌される原因となる、抗体の発生を抑える働きがあります。

そして、免疫細胞のバランスを整える働きもあるので、2種類の免疫細胞のうち片方が過剰反応すれば抑制して、もう片方の免疫細胞を増強してバランスを保ち、アレルギー症状を改善・予防してくれます。

お母さんから赤ちゃんに引き継がれる腸内環境

引き継がれる腸内環境

赤ちゃんは、産まれてくるまで羊水という無菌状態の中にいます。ですから腸内も無菌の状態です。

そしてお母さんが出産する時に赤ちゃんは産道を通るのですが、産道は腸内とよく似た細菌環境にあります。

産道を通る時に赤ちゃんの口から細菌が侵入して、そのまま赤ちゃんの腸内に常在菌として定着することで、腸内細菌群(腸内フローラ)ができると考えられています。

つまり、その時にお母さんの腸内環境がどのような状態だったかで、赤ちゃんの腸内環境もある程度決まってしまうのです。

そのため、お母さんは妊娠中から腸内環境を整えておかなければなりません。また、赤ちゃんが産まれるとすぐに、周囲のさまざまな環境からも細菌に感染します。

その細菌が腸まで到達して定着することでも腸内フローラはできます。腸内フローラにはそれぞれ個性があり、指紋と同じようにまったく同じ人はいないといわれています。

また、乳児期に形成された腸内フローラは一生変わることがないともいわれていることから、赤ちゃんの一生変わらない腸内フローラの個性が決まってしまうのは、出産からのわずかな期間、ということになります。

赤ちゃんに直接影響を与えるお母さんとしては責任重大ですが、「便秘気味だったから腸内環境には自信がない」というお母さんも大丈夫です。

2歳までは腸内環境は立て直せると考えられていますので、まずお母さん自身が乳酸菌をしっかり摂取しましょう。

そして乳酸菌たっぷりの母乳を飲ませてあげて、赤ちゃんの健康のために腸内環境を整えてあげましょう。

母乳は新生児を守ってくれる

産まれてすぐの赤ちゃんの腸内は、大腸菌やブドウ球菌が多い状態ですが、2日目以降には母乳を飲むにつれて、ビフィズス菌が爆発的に増えて約90%ほどまで増加していき、およそ3ヶ月目ぐらいまでは90%を維持します。

これは、新生児の時期は腸の免疫機能がとても弱いためで、免疫が弱い時期に病原菌に感染してしまうと重篤な事態になってしまう可能性もあるからです。

ビフィズス菌を優勢にしておくことで免疫力を上げて、新生児を病原菌から守っているのです。

さらに、母乳の中には色々な種類のオリゴ糖が豊富に含まれており、オリゴ糖成分が新生児の腸内に住み始めたビフィズス菌のエサとなることで、ビフィズス菌は大幅に増加していきます。

つまり、産まれてすぐの赤ちゃんが病原菌に感染しないうちに、出産後いかに早くビフィズス菌優勢な腸内になるかが大変重要なのです。

新生児が母乳を摂取することでビフィズス菌が約90%まで増えて、腸の免疫を調整して感染から赤ちゃんを守ってくれるのです。

授乳期の赤ちゃんの腸内環境

赤ちゃんも3ヶ月目を過ぎると、離乳食を始めることもあり、食事からの菌も身体に入って来るようになります。

環境によっての菌も体内に入るので、腸内細菌は多様化して悪玉菌も増えてきます。

ですが、母乳に含まれる乳酸菌やオリゴ糖が、善玉菌だけのエサとなって善玉菌が増え、大腸菌など悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

粉ミルクで育った赤ちゃんは、母乳で育った赤ちゃんより腸内の悪玉菌の量が10倍多いといわれています。

粉ミルクより母乳を推奨する理由は、この腸内環境の違いにもあるのです。

そのためには、まずお母さんの腸内環境が良い状態であることが大事で、乳酸菌をたっぷり含んだ母乳を作り出してあげることが重要です。

母乳に含まれるタンパク質と乳酸菌の関係

母乳には、赤ちゃんの身体を作って、腸内環境を正常化させるのに重要なタンパク質が多く含まれています。

タンパク質は、消化されるのが早い「ホエイ」と消化が遅い「カゼイン」という2つの成分から成っていますが、カゼインは乳酸菌の生成した乳酸により固まってできたものです。

また、10万種類あるといわれているタンパク質の中で、子どものアレルギー発症予防に効果的だと最近注目されているのが、免疫成分の1つである「TGF-β」です。

そして、お母さんが乳酸菌を積極的に摂取することで「TGF-β」の量が増えることも明らかになっています。

授乳中のお母さんが乳酸菌をたくさん摂って母乳で育てると、赤ちゃんの腸内環境は正常化されて、アレルギー発症の予防にもつながるのです。

乳酸菌の摂取量の目安

乳酸菌の摂取量

では、どの程度の乳酸菌を摂取すればいいのでしょう。摂取量の制限などは特に無く、過剰に摂取しても副作用はないといわれています。

ただし、ヨーグルトの食べ過ぎや牛乳の飲み過ぎなどで、お腹がゆるくなることはあり得ますので気を付けましょう。

推奨されている摂取量の目安としてはヨーグルトなら1日200gです。1回で食べきらず朝と夕の2回に分けて100gずつ食後に食べましょう。

国の規定によれば、「1ミリリットル当たり乳酸菌を100万個以上含む乳酸菌飲料、1ミリリットル当たり乳酸菌を1,000万個以上含む乳製品を摂取することが望ましい」となっていますので、「特定保健用食品マーク」が付けられた乳酸菌飲料や乳製品を選ぶのがおすすめです。

乳酸菌の含有量や質において信頼できる商品ですので、買う際にはチェックしてみましょう。

とはいえ、食品から摂取した乳酸菌は、便と一緒に排出されてしまうため腸内に長く留まっていることはほとんどありません。

食品以外からの摂取でも3日~1週間ほどしか生きられませんので、毎日摂取し続けることが必要となります。

乳酸菌が含まれる食品

乳酸菌が含まれる食品

乳酸菌は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類に分けられます。

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌とは、牛やヤギの生乳から作られる乳酸菌で、ヨーグルト ・チーズ ・発酵バター ・アンチョビ ・サラミ ・くさや ・ナンプラー・乳酸菌飲料などの乳製品に多く含まれます。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌とは、野菜など植物由来の発酵食品に含まれる乳酸菌で、味噌・醤油・ぬか漬け ・キムチ ・ピクルス・塩麹などがあります。

乳酸菌を増やす食品

納豆に含まれる納豆菌は、乳酸菌などの腸内に住む身体に有益な菌を10倍にも増殖させる働きがあります。

納豆キムチを食べれば、乳酸菌と納豆菌が一度にたっぷり摂れます。

乳酸菌の種類と特徴は?

乳酸菌の種類

乳酸菌の種類は200以上もあり効果もそれぞれ違うため、どれを選べばいいのか難しいところです。

そこで、注目を集めている乳酸菌とその効果をピックアップしてみました。

乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)

胃液や胆汁などの消化液に強い、生きたまま腸まで届く乳酸菌です。腸内のビフィズス菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境を整えて便秘や下痢も改善します。

LG21乳酸菌

他の乳酸菌より胃の中で生きる力が強いため、ピロリ菌の活動を抑える効果が期待されている乳酸菌です。

ラブレ菌

京都のすぐき漬けから発見された植物性の乳酸菌で、整腸作用と免疫力強化に効果があります。

フェカリス菌

免疫力の向上に効果があり、花粉症などのアレルギー症状に効果があると注目されている乳酸菌で、EC-12やFK-23などがあります。

L-92乳酸菌

便秘解消・免疫強化の他に、花粉症やアトピー症状の予防と緩和、インフルエンザ予防などの効果が期待されています。

R-1乳酸菌

白血球(免疫細胞)の働きを活発にして免疫力を高めます。NK細胞を増やすのでインフルエンザ対策にも効果アリです。

ガセリ菌SP株

生きたまま腸まで届く乳酸菌で、腸内に長く留まって腸内環境を改善します。

KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)

免疫細胞のバランスを整える働きが強く、アレルギー症状の改善や免疫力アップが期待されています。

まとめ

まとめ

母乳は、お母さんの血液が変換されて作り出されるものです。そして良質な母乳とは、サラサラしており赤ちゃんの成長に必要な栄養素がたっぷり含まれている母乳です。

つまり、お母さんの血液がサラサラしていて栄養素を豊富に含んでいなければ、赤ちゃんにとって良い母乳は作り出すことができません。

そのためには、まずお母さんの腸内環境を整えることから始めましょう。

腸内の善玉菌を増やすためには、乳酸菌をたくさん摂取することが大事ですが、毎日続けるのは自信がないという方にはサプリメントでの摂取という方法もあります。

赤ちゃんの一生に関わる腸内フローラを健康なものにしてあげるために、お母さんは愛情も乳酸菌もたっぷりの母乳を与えてあげてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

目次
をみる
関連記事
をみる