自分に合ったおむつポーチの選び方!お世話グッズもおしゃれに

自分に合ったおむつポーチの選び方!お世話グッズもおしゃれに



☆ココマガだけのお得なキャンペーン開催中☆
cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

赤ちゃんが「おぎゃあ!」と産まれてから完全におむつとサヨナラするまでに何回オムツ替えをするか知っていますか?なんと約6000回だそうです。

ママの長い妊娠生活も赤ちゃんの出産とともに終わり、マタニティードレスともお別れですね。

大きなお腹ではなくなったママは、やっと妊娠前のようにおしゃれを楽しむことができます。そして赤ちゃんとママの1ヶ月検診が無事にすめば、いよいよ赤ちゃんとお出かけができるようになります。

しかし赤ちゃんと一緒にお出かけするには、お世話セットも持ち歩かなければなりません。とくにおむつは必須です。

しかもお出かけにかかる時間によって枚数を用意して、使用済みおむつのことも考える必要があります。

そこで今回は、

・産後で赤ちゃん連れでもおしゃれでいたい!
・おむつポーチって何?
・かわいくて使いやすいおむつポーチを教えて欲しい!

といった方に、実用性と機能性を兼ね備えた、しかもおしゃれなおむつポーチの選び方についてご紹介します。

お気に入りのおむつポーチを見つけて、赤ちゃんとのお出かけをより楽しいものにしましょう。最近のおむつポーチにはさまざまなデザインがあるので、その日の服や気分、出かける場所によって使い分けるのもいいですよ。

おむつポーチとはどんな物?

おむつポーチとはどんな物

おむつポーチとはそのものズバリ、赤ちゃんと出かけるときにおむつを入れて持ち運ぶための小さな専用バッグです。

赤ちゃんのお世話用品、おむつ・おしりふき・おむつ替え用マットなどを入れます。

普通のバッグと違うところは、使用後のおむつを入れてもバッグの臭いが外に漏れないよう消臭加工がしてある点です。

また、おむつの中の水分が濡れないように防水加工もしてあります。そしてほとんどのおむつポーチが、汚れてもすぐに洗えるようになっています。

おむつ交換に必要なアイテムをまとめて入れて持ち運べ、すぐに赤ちゃんのお尻をキレイにしてあげられる、ママにも嬉しい小さいバッグがおむつポーチなのです。

おむつポーチって本当に必要?

おむつポーチって本当に必要

おむつポーチの利点は、手早くおむつ交換ができるということです。

月齢がすすむと赤ちゃんも寝てばかりではありません。ハイハイするようになればじっとしていませんので、動き回る赤ちゃんを抑えながら素早くおむつを替える必要があります。

そんな時にバッグの中からおむつポーチをサッと取り出せば、赤ちゃんが動けなくてグズるヒマもなく交換することができます。

おむつポーチには色々な機能が備わっているものが多くあります。

ポーチから直接ウエットティッシュなどが1枚ずつ取り出せるもの、抗菌防臭機能があるもの、新しいおむつが片手で取り出せるもの、おしりふきなどを入れるポケットが付いているものなど、ママがより使いやすいように考え尽くされたものばかりです。

また、おむつポーチをバッグの中に入れるのがいやだというママには、取っ手が付いたタイプもたくさんあります。

短時間のお出かけなら、おむつポーチだけを手に持って行くのもいいです。

最近のおむつポーチはとてもおしゃれなデザインになっていますので、赤ちゃんがおむつを卒業してもママ用のポーチとして充分に使えます

おむつポーチは、やはり一つはあった方が便利ですし、いずれは他の使いみちもありますので決して無駄にはならないでしょう。

可愛いお気に入りのおむつポーチがあるとテンションもあがって、お出かけするのが楽しくなります。

おむつポーチがあるとどう便利なの?

おむつポーチがあるとどう便利なの

おむつポーチの大きな特徴は「おむつ専用のポーチである」ということです。

つまり、その中におむつ替えに必要なものを一揃え入れておけば、赤ちゃんのおむつを替えるときはそのポーチを出すだけで準備ができるということです。

バッグの中をゴソゴソとして、おむつやおしりふきやビニール袋を探す手間がかかりませんし、短い時間のお出かけならおむつポーチさえ持って出れば安心です。

もちろん家の中にいるときはおむつポーチの必要はありません。ですが、外出する場面の多いママにはやはり必要なものだといえます。

そして、哺乳瓶や離乳食といった赤ちゃんの口に入れるものと完全に別にすることが容易にできて衛生的です。

外出先でおむつ替えをしたあとに、使用済みのおむつを捨てる場所がないときもありますが、おむつポーチに入れておけば、消臭加工や防水加工がしてあるので、ポーチの外に漏れる心配もありません

バッグの中で、使用後のおむつと哺乳瓶が一緒に入っているのはいかにも不衛生な気がしますが、おむつポーチでガードすれば衛生面はクリアですし、気になるママはおむつポーチだけをバッグの中から出せばより衛生的です。

新しいおむつを入れるポーチと使用済みのおむつを入れるポーチ、それぞれ分けて持ち歩くママもいます。

おむつポーチは必要ないという意見も

おむつポーチは必要ないという意見も

おむつポーチなんか持っていません、というママも珍しくはありません。

理由としては、

・使ってないポーチを代用する
・そもそもおむつポーチ自体がかさばる
・密閉式のフリーザーバッグにおむつを入れて空気を抜けばもっとすっきり収納できる
・双子(年子)だからおむつポーチに入れられる枚数ではとても足りない
・おむつポーチがなくて不便を感じたことがない
・おむつのサイズが大きくなったら使えなくなった

などがあります。

もちろんおむつポーチに入れなくてもおむつの持ち運びはできますし、代わりになるものがあれば代用するのもアリです。

しかし、外出先で使用済みのおむつが捨てられないことも多々あるので、その場合は持ち帰らなければなりません。

そして使用後のおむつを持ち帰るには、消臭効果のあるビニール袋や、汚れてもすぐに洗える防水加工されたポーチで代用する必要があります。

そうしないと、自宅に着くまでの移動中で他の人に迷惑をかける恐れがあるからです。バスや電車などの公共の乗り物ならなおさら、使用済みおむつの臭いには気を配りましょう

おむつポーチのチェックポイント

おむつポーチのチェックポイント

おむつポーチを選ぶときは、収納力だけでなく機能性もチェックしましょう。

・片手でも簡単に開け閉めや出し入れができるもの
・おむつポーチ自体は軽くてかさばらず収納力があるもの
・おしりふきやゴミ袋なども入れられて出しやすいもの
・持ち手がついていてバッグとしても持ちやすいもの
・消臭機能があり臭いが気にならないもの

など、デザインも考えたうえで使いやすいおむつポーチを探しましょう。

おむつはたくさん入るけど出すのに手間取ったり、おしりふきやゴミ袋を入れられなくて不便だったり、使い勝手はいいのに大きくてかさばったりと、どこか気に入らない部分があるといつの間にか使わなくなってしまうこともあります。

せっかくなら、持っているだけでお出かけしたくなるようなお気に入りの一品を見つけましょう。

自分に合ったおむつポーチの選び方

自分に合ったおむつポーチの選び方

可愛いものやシンプルなデザインのもの、大きなものから小さめのものなど、おむつポーチにはたくさんの種類があります。

ママの好みや使うシーンによって、自分に合ったおむつポーチを選んでください。

おむつポーチの大きさ

おむつポーチは大きさや形はさまざまですので、どのくらいのおむつを収納できるかも変わってきます。

長時間のお出かけが多いママならおむつがたっぷり入る大容量タイプがおススメです。おむつのサイズが大きくなっても長く使えます。

長い時間の外出はそんなにしないしバッグがかさばるのはイヤ、というママには生地が薄くて小ぶりなおむつポーチがオススメです。

使用済みおむつを入れるなら

外出先で使用済みおむつを捨てる場所がないかも、と不安に思っているママは消臭加工してあるおむつポーチを選びましょう。

飛行機の中でおむつ替えをしたママが、バッグの中に入れていた使用済みおむつがかなり臭って肩身の狭い思いをしたそうです。

飛行機では途中で降りることもできませんので、空港に着くまでずっとまわりの人の目が痛かったとおっしゃっていました。

公共の乗り物に乗る場合はとくに、消臭加工や防水加工が施してあるおむつポーチを利用して、まわりの人に気を使わなくていいようにしてください。

おむつポーチとして使わなくなったら

優れた機能性を持つおむつポーチは、赤ちゃんがおむつを卒業したからといって処分してしまうはもったいないです。

ある先輩ママは、現在は一泊旅行の着替え用ポーチとして使っているそうです。タオルや制汗剤なども一緒に入れられてデザインもおしゃれだと、かなり重宝しているとのことです。

また、他の先輩ママは裁縫道具入れとして使用していらっしゃいます。一式すべてまとめて入れることができ、長い布切りバサミまでも中に収まっているのだとか。

いずれどんなものを入れて使うかを想定するのも、ポーチの機能やデザインを選ぶポイントになります。

最近のおむつポーチは機能性もデザインも充実している

最近のおむつポーチは機能性もデザインも充実している

わざわざおむつポーチを買わなくても他の物で代用できるし、という意見もありますが、とにかく最近のおむつポーチはスグレモノばかりです。

仕切りやポケットの位置も考え抜かれていますし、消臭効果は抜群で、防水加工の素材もかなり良いものです。

実際に子育てをしたママのアイデアが盛り込まれているおむつポーチも少なくありません。ですから、どうすれば使いやすいかという声を元に生まれた機能が満載です。

また、おむつポーチとはいえ、デザインと生地にも妥協はありません。今時のおしゃれなママたちにも喜ばれるようなデザイン、それでいて機能性・収納力ともに納得できるような、そんなおむつポーチは、新米ママへの出産祝いとしても重宝されて上位に入っています。

人気のおむつポーチ

人気のおむつポーチ

では、デザイン性や機能性に優れている、ママ達に人気のおむつポーチをいくつかご紹介します。

おむつポーチ選びにぜひ活用してみてください。

「ロンプベイビー(Rompbaby)」

「究極のオムツポーチ」といわれるロンプベイビーのおむつポーチは、2013年にグッドデザイン賞を受賞しています。

また、おむつポーチを開けずにおしりふきを片手で1枚ずつ取り出せるという画期的な構造で特許も取得しており、ママたちから絶大な信頼を得ています。

他にも、ベビーカーにも取り付けられるスナップつきのハンドル、使用済みおむつを入れられる背面ポケット、小物を収納できるメッシュポケットなど、ママが楽におむつ替えができるような工夫が満載です。

コンパクトな見た目に反して大容量の収納力もあり、ショルダーバッグのように肩からかけられるのも、ママにはうれしい機能があります。

「DORACO」

DORACOでのオススメおむつポーチは、雑誌でも人気のクラッチバックです。こちらのおむつポーチの特徴は、なんといってもおむつポーチには見えないおしゃれなデザインです。

中に仕切りポケットが一つあり、必要最低限のおむつ替えセットを収納できる、シンプルな設計になっています。

8号帆布でしっかりとした作りで、1点1点職人さんが手作りしています。軽量なのでおむつ期が過ぎてからもママのポーチとして長く使うことができます

おむつポーチも、おしゃれでスタイリッシュなデザインにこだわりたいママにぴったりのポーチです。

「ポーチェ(pouche)」

ドットストライプ柄の消臭ポーチには大きなマチがあり、テーブルや床などどこに置いても安定しやすくなっています。開け口が大きく開くので中身を取り出しやすいのも特徴です。

ユニチカが開発した、抗菌・防臭・消臭機能のあるバイオライナー生地を使用することで悪臭も除去してくれるため、使用済みおむつの臭いも気になりません。

使用前のおむつなら約4~7枚ほど収納することができ、おしりふきも余裕で入ります。

「ハンナフラ(Hanna Hula)」

ハンナフラが最初に商品として手がけたのがおむつポーチです。

デザインのバリエーションはじつに豊富で31種類から選べます。ママポーチとしても使えそうなものから、りんごの形をしたユニークなタイプまでと、一つだけ選ぶのが難しくなるほどどれも個性的で可愛いポーチです。

おむつポーチとしてはやや小さめではありますが、おしりふきやミニタオルが入る便利なポケットもついており、パンツタイプのLサイズおむつなら5枚ほど入る収納力です。

黙っていたらおむつポーチに見えないほどのデザイン性ですので、おしゃれ重視のママにはオススメです。

cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる