新生児に馬油がおすすめ

新生児に馬油がおすすめ!?効果や使うタイミングについて!




新生児はお肌の機能がまだまだ未発達なため、自分で自分の肌を守っていくという機能が充分に働いていません。

そのため、ママが新生児の肌におけるさまざまなトラブルから守ってあげる必要があります。

新生児は、大人のようにニキビができてしまうことや毛穴が詰まってしまうことはありませんが、その反面で皮脂バランスがしっかりと整っていないため、頻繁に乾燥してしまったり、乳児湿疹ができてしまうことなどがあります。

そういった場面で、新生児には馬油がいいといわれています。馬油とは書いて字のごとく馬の油です。

そこで今回は、

・新生児に馬油がおすすめのはなぜ?
・ワセリンよりも馬油の方がいいの?
・新生児に馬油を使う時の注意点は?

といった方に、新生児に馬油を使う際の効果や注意点などについて詳しくご紹介します。

Kirala Kirala

馬油は天然の保湿成分です

馬油は天然の保湿成分

馬油とは天然の保湿成分ともいわれており、新生児だけでなく大人でも長年にわたって愛用している方がいます。

馬のたてがみというのは、いつでも綺麗な状態をキープしており、バサバサと乾燥していたりまとまりがなく、もつれてしまっているようなことはありません。

また、馬の尻尾に関しても同じことがいえます。このように馬の毛ヅヤがよく、どんなときでも美しい毛並みが維持できるのは馬油のおかげなのです。

馬油は人間が分泌している皮脂の成分と非常によく似ているため、人間の肌には抵抗無く使用することができるといわれています。

特に新生児などはお肌の抵抗力も低いため、人工的な成分を使うより天然成分である馬油を使う方が安心だという意見もあります。

また、馬油は比較的リーズナブルですので、大切な新生児の肌を守っていくために頻繁に使うことを考えると、経済的にも助かるといったメリットがあります。

馬油は新生児にも安心です

馬油は天然の保湿成分として知られていますが、新生児に安心だといわれているのは馬油が持つ抗酸化力にも理由があります。

馬は自身の体内での抗酸化力が非常に強く、さまざまなウイルスや細菌などから皮膚や毛並みを守っています。それもすべては馬油のおかげ。

お肌にとって悪い成分などが含有されている心配がなく、新生児の肌にも安全に使うことができるのです。

また、馬油の融点は30度になっていますので、ワセリンやその他保湿クリームなどと比べて、低い温度でしっかり溶けて馴染んでくれます。

ですから、馬油は新生児の肌に塗ったときもするりと溶けて、サラサラの状態になりますので、お肌の上をベタベタと油分が覆ってしまうことがありません。

そういった部分からも、新生児の毛穴をふさいでしまうデメリットとなるリスクが無く、万が一新生児の口に誤って入るようなことがあっても大きな心配をする必要が少ないため、新生児の肌トラブルに馬油は人気を集めています。

馬油が持つ効果、作用とは?

馬油が持つ効果

続いて馬油が持つ効果や副作用について、詳しく一つずつご紹介していきましょう。

保湿効果

馬油は、保湿効果が非常に高いことで知られています。赤ちゃんは大人のようにたくさんの皮脂分泌を行っているわけではありません。

赤ちゃんの肌はトラブルが少なく、とてもきれいな状態の場合がほとんどですが、このようにキレイなお肌の状態がキープできるのは毛穴の詰まりがないからです。

たくさんの皮脂が分泌されてお肌を守っているわけではないのです。大人になるにしたがって誤った洗顔方法などにより、毛穴詰まりが発生してしまいますが、これは皮脂バランスを崩す原因や肌トラブルの原因になります。

赤ちゃんの場合には、このような毛穴詰まりがありませんので、その状態でバランスがしっかりと定まっていなければ乾燥してしまうのは当然です。

乾燥することによって、大人の3分の1程度しか厚みのない新生児のお肌はすぐに炎症を起こしてしまうことになります。

こういった乾燥による炎症から新生児の肌を守ってあげるために、馬油の持つ保湿効果はとても頼りになります。

肌のバリア効果

新生児の肌はトラブルこそ起きにくい状態ですが、バリア機能を考えてみれば、さほど高いものではありません。

お肌のバリア機能が弱ければ、さまざまな細菌などの影響によって、肌あれを起こしてしまうこともあります。着用する衣類の繊維でかぶれてしまうこともあります。

その他にはママが抱っこをした際に、ママのコスメが新生児の肌に付着してしまい、これでかぶれを起こしてしまう心配もあります。

このようにかぶれが起きてしまうことや、炎症を起こしてしまうことを防いでいくためにも馬油は効果的です。

お肌をしっかりと守ってくれる働きがありますので細菌やウイルス、ハウスダストなどに対してバリアを張ってデリケートな新生児のお肌を守ってくれます。

抗炎症作用

馬油には抗炎症作用もありますので、お肌のひどい炎症を防いでくれるといった働きにも効果期待が持てます。

例えば、あせもができてしまい、掻き過ぎたことによって炎症が起きてしまうケースや、寝具を洗濯した際の洗剤や柔軟剤の影響によって炎症を起こしてしまった際にも、馬油の持つ抗炎症作用がスピーディに炎症を取り除き、鎮静させてくれるのです。

またその他にも、虫に刺されてしまった時にジュクジュクとした状態を防ぎ、治りが早くなるといった効果もあります。

血行促進効果

馬油には不思議なことに血行促進効果もあります。馬油に含まれている成分の中に、血行を促進する働きをもつものがあり、これが肩こりや腰痛などにも良いとされています。

血行促進効果は、新生児にとって特に必要ないかと思われがちですが、実際のところ血行促進効果によって新生児の便秘を防ぐことやその他にも冷え対策になります。

新生児はミルクの量が少し変わるだけでも、便秘になってしまうことなどがあります。胃腸の働きもまだ安定していませんので、できるだけこの血行促進効果を利用して便秘を防いであげましょう。

冷えも防いでくれるので、足元から新生児の体が冷えてしまう、さらには冷えによって下痢を起こしてしまうようなことも予防できます。

スカルプケア

それ以外にも、スカルプケアに馬油を使用するケースがあります。新生児に限らずですが、頭皮に蓄積された汚れをしっかりと落としてくれることや、頭皮を保湿してくれるといった働きからスカルプケアに役立てられています。

新生児にはいつ使うのがいい?

新生児にはいつ使う

馬油が持っている効果や作用は本当に嬉しいものばかりです。上でお話した馬油の効果は、新生児だけでなく大人にも同じような働きをしてくれます。

良い働きばかりが目立つ馬油ですが、新生児に使うときにはどんなときが良いのでしょうか?

むやみやたらに毎日使ってしまうと、悪影響ではないかといった心配をするママさんのために、馬油を新生児に使うタイミングを紹介しましょう。

肌の乾燥が目立つとき

馬油は基本的に悪影響を与えるものではありません。そのため、毎日使っても問題ありませんが、特にお肌の乾燥が目立つときなどに使うといいです。

お肌の乾燥が目立つときには、ごく少量を薄く塗ってあげましょう。起きている時には、動いていて塗りにくいと感じることがあるので、眠っている時などに塗ってあげると良いです。

また、真冬などは特に乾燥がひどくなりますので、眠っている間でも何度か塗り直しをしてあげると効果が高くなります。

オムツかぶれを起こしたとき

オムツかぶれを起こした時にも、保湿効果と抗炎症作用によって、スピーディに治してくれる働きがあります。

新生児はお肌がデリケートですので、お顔だけでなく、お尻に関しても頻繁にオムツかぶれを起こしてしまうことがあります。

2時間から3時間程度オムツを替えなかっただけでお尻が真っ赤になって、とても痛そうな状況になることもあります。そんな場面でも馬油を塗ってあげると痛みが和らぎ、治るまでの時間も短縮されます。

また、オムツかぶれが起きている時にオムツをしていると、オムツとの摩擦によってさらに痛みが生じることがありますが、馬油を塗ってあげることでお肌を保護してくれるのでここでも痛みが和らぎます。

頭皮がぺりぺりと乾燥して気になるとき

新生児は沐浴をするたびに、頭皮がペリペリと剥けてきて気になることがあります。

頭皮が剥けるのは、乾燥しているからというのが大きな理由になりますが、それだけではなく、お腹の中にいる間に、胎児の体を保護していたさまざまな成分が剥がれ落ちてくることがあるのです。

これが気になって爪で引っ掻いてしまうと、頭皮に傷ができてしまうので、馬油でマッサージをしながら沐浴の際にシャンプーしてあげるといいでしょう。

馬油でゆっくりと頭皮をマッサージした上で、やさしくシャンプーをすると、めくれている頭皮のピリピリとした古い角質や垢、老廃物などを取り除くことができます。また、乾燥からも頭皮を守ってあげることができます。

虫に刺されたとき

新生児は頻繁に蚊に刺されてしまうようなこともあり、このような虫刺されが起きても自分で掻くことができません。

非常に強い痒みがあっても、自分で掻くこともできず痒いと泣くことしかできないのです。また、汗をかいたりすると、ジュクジュクしてしまうこともあります。

ひどい場合には化膿してしまいますので、新生児が蚊に刺されたときには馬油を塗ってあげましょう。

馬油は抗炎症作用を持ち、抗菌作用もありますので、虫刺されがひどい炎症を起こしたり、化膿してしまうことを防ぎます。

また痒みを抑えてくれる働きもありますので、痒みが強くなり、いつまでも激しく泣いてしまうようなことがなくなります。

痒み止めのクリームなどを塗ることもできますが、お薬として販売されているものや処方されているものはできるだけ新生児の肌には使いたくないもの。

馬油であれば天然成分ですので、安心して虫刺されにも使うことができます。

乳児湿疹ができたとき

新生児は乳児湿疹ができてしまうことがあります。乳児湿疹は主に乾燥が原因だといわれていますので、ここでも馬油が大活躍。

乳児湿疹ができはじめたら、早めに馬油を塗ってあげましょう。ひどくなる前に炎症を鎮めてキレイなお肌の状態へと戻してくれます。

万が一やけどをしてしまったとき

新生児がやけどをしてしまうことがほとんどありません。しかし何らかの形で、万が一にでもやけどをしてしまうようなことがあれば、すぐに馬油を塗ってあげましょう。

例えば、沐浴の際に熱いシャワーを出した蛇口に触れてしまったときなどは、水で冷やした後、馬油を塗ってあげると、やけどの痛みや炎症を鎮めてくれます。

また、やけどの傷痕が残らないためにも馬油は効果的です。

馬油はどれを選べばいいの?

どれを選べばいい

新生児のさまざまな肌トラブルに、馬油がおすすめな理由がお分かりいただけたでしょうか。

しかし、馬油といってもいろいろなものが販売されているので、どれを選べば良いのか分からないママもいます。

基本的には馬油として販売されているものであれば、どれを選んでも構いません。ただしその他の成分が含有されていると、赤ちゃんのお肌に悪影響となってしまうことがあります。

特に新生児はお肌がデリケートですので、不要な成分が含まれておらず、馬油のみで販売されている商品がおすすめです。

馬油を新生児に使うときの注意点は?

新生児に使うときの注意点

では、馬油を新生児に使うときには、どんな注意点があるのでしょうか?

肌に合わないケース

馬油は人間の皮脂と非常によく似た性質を持っています。そのため炎症が起きてしまうような心配は、ほぼありません。

ただし、まれに馬油に含まれているタンパク質がお肌に合わないことがあります。馬油を塗った部分が赤くなってしまったり、馬油を使っていても効果が見られない場合には、新生児の肌に合わないと考えて使用を中止しましょう。

塗りすぎによるベタつき

馬油は融点が30度ですので、新生児に使う場合には、すぐにサラサラとした状態になります。

しかし、あまりにも馬油を重ねて塗ってしまうと、どうしてもベタついてしまうことになります。

衣類などに馬油が付着してしまい、いつまでもベタつく状態が続くと不快感を覚えてぐずってしまうこともあります。

馬油を使用する際には、ごくわずかな量を薄く伸ばしてあげるように使いましょう。

目の周りや口の周りは避ける

馬油は万が一新生児の口に入ってしまっても、安心できる成分でできています。しかし、故意的に口に入れてしまうことや、目に入れてしまうことは絶対に避けましょう。

また、お顔に使用する場合であっても、目の周りや口の周りは避けるべきです。

体には害がなくても、目や口に馬油が入ってしまえば、新生児は不快な思いをすることになります。

馬油を塗った手で哺乳瓶などに触れない

馬油が口に入ることを可能な限り避けるためにも、馬油を触った手で哺乳瓶やおしゃぶりなどには触れないようにしましょう。

馬油はすぐにさらさらとした状態に変わるので、触ったことを忘れてしまうことがあります。

泣いている新生児に対し、馬油を塗った後すぐにミルクを作るときなどには一度手を洗って、哺乳瓶に触れてください。

哺乳瓶の乳首部分に馬油がついてしまうと、これが新生児の口にすべて入ってしまうことになります。

場合によってはミルクの味が変わってしまったり、口の中の感覚に違和感を覚えて嫌がってしまうこともあります。

新生児には天然の万能薬である馬油がおすすめ

新生児には天然の万能薬

新生児の肌を守ってあげるためには、天然成分が安心です。

人工的な成分が加わったものなど、これは使っても大丈夫だろうか?とその都度心配するよりも、馬油のように安全で安心できるものを使った方が、新生児にもママにもおすすめです。

いつでも使えるように一つ常備しておくと重宝しますよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる