medium_2765320815

通常分娩でこんなに変わる!産後の母体の変化と対策




通常分娩で出産し、母子ともに健康と判断された場合、通常1週間程度で退院となります。

ですが、おなかの中で赤ちゃんが成長するとともに少しずつ変化し続けた母体は、退院するまでにすべて元の状態に戻るわけではありません。

子宮が妊娠前の大きさに戻り、出産で受けたダメージが回復するまでには時間が必要です。

そこで今回は、

・出産直後の体はどのような変化があるの?
・出産後退院するまでの体の変化とは?
・産後の体の変化で気を付けることは?

といった方に、通常分娩での出産後の母体の変化についてみていきます。

関連記事
>>産褥期に無理をしないで!産後の理想の過ごし方
>>出産後のママによくみられる症状とケア

スポンサードリンク

産後の母体

出産は、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても大仕事です。自分ではなかなか自覚できませんが、体の中は大きく変化し、傷つき疲れているのです。

出産を終えたことで、ゆっくり時間をかけながら、体は自然に出産前の状態に戻ろうと回復していきますが、それに伴い産後の体にはいろいろな症状があらわれます。お母さんに起こる産後の体の変化を見ていきましょう。

後陣痛

お腹の中で赤ちゃんは大きく成長します。それと同時にお母さんの子宮も大きく成長します。出産を終えると子宮は妊娠前の元の状態に戻ろうとしますが、この時それに伴う痛みが生じます。

これを後陣痛といいます。この子宮収縮には3週間から4週間かかるといわれており、その間お母さんは安静を保つことが大切です。

痛みには個人差があり、軽い方では生理痛の痛み程度ですみますが、ひどい方となれば立ち上がることができないほど痛みを感じることがあります。

もちろん時間と共にこの痛みは引いてきます。早ければ、3日程度で落ち着いてきます。早い子宮回復のためには、母乳での授乳が一番といいます。

授乳することで子宮が刺激されるため、後陣痛の痛みも大きくなるといわれていますが、子宮が収縮する効果が高くなります。

悪露(おろ)

出産時に排出された、胎盤や子宮からの分泌物や血液などを悪露といいます。

生理ででる血液量よりもはるかに大量の血液や分泌物が排出されるため、通常のナプキンでは対応できないので、産後パッドや産褥(さんじょく)ナプキンを使います。

はじめの3日から4日は、悪露は赤く血液と同じ色をしていますが、やがて褐色がかってきて、最終的には透明色に変わります。

この色の変化は、子宮収縮の経過を知ることができるバローメーターになります。観察するとともに、悪露の出ている間は清潔に保つよう心がけましょう。

パットを頻繁に交換し、消毒綿などで丁寧に拭きましょう。やがて子宮収縮が進んで、後陣痛の痛みが軽減すると、悪露の量は減少してきます。

通常4週間から6週間排出され続けますが、排出量が減ってくれば、通常のナプキンでも間に合う量になってきます。

赤ちゃんと一緒に迎える1か月検診で、お母さんの悪露の状態や子宮の収縮具合も医師が確認してくれますが、悪露の量があまり減ってない場合や異常を感じた場合などは病院で相談してみましょう

産後うつ

産後に起こる精神の不安定を産後うつといいます。通常出産してから1か月までに起こるといわれていますが、原因は主にホルモンバランスの崩れです。

出産という一仕事を終え、やっと落ち着くことができた時期に、体の不調やハードな育児がのしかかり、体と精神のバランスが崩れがちなことも原因といわれています。

人によって症状はさまざまで、涙もろくなったり、イライラしたり、不安感が抜けなかったりと異なります。

産後うつについて詳しくは、出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策の記事でご説明しています。

産後うつ症状は気づかず放っておくと、その後、食欲の減退や不眠症などに発展する危険性もありますので、産院での受診や育児相談窓口などに問い合わせてみましょう。

乳房の変化

出産と同時に、お母さんの乳房も授乳のための準備に入ります。産後1日目から3日ごろに黄みを帯びた初乳というものが出始めます。

初乳は赤ちゃんのために必要な免疫抗体や栄養がたくさん詰まっていますので、必ず産院などでも飲ませるよう指導を受けます。

その後白色のお乳に変わってきますが、赤ちゃんにとって母乳は約6か月ほど病気から守ってくれる大切な栄養源です。

授乳は子宮が刺激されるために後陣痛を強めることもありますが、痛みはすぐに落ち着きますので、やめることなくできる限り母乳で育てていくよう心がけましょう。

関連記事>>新生児の母乳育児|授乳量の変化と母乳の過不足の見極め方

体重の変化

出産のために大きく突き出たお腹も、やがてともに戻ってきます。産後太りを気にする方も多いと思いますが、出産直後に減少する体重は、おおよそ5キロから6キロほどです。

その後、赤ちゃんを守るためについていた皮下脂肪が徐々に減少していきます。大体1か月から2か月程度で元の体重に戻ってきますので、特別心配する必要はありません。

赤ちゃんのためにとっていた栄養源なども必要なくなるため、自然と食事の量も調節でき、体重は減ることになります。

ですが、母乳で育児をおこなう場合には、食事内容に注意が必要です。赤ちゃん一人に母乳を与える場合、母乳として排出されるカロリーと授乳時に必要なカロリーあわせて約600キロカロリー消費するといわれていますので、過度な食事制限は良くありません。

「こちらの記事も参考にして下さい。母乳育児を始める前に知っておきたい注意点

授乳し続けることで体重もより減少しはじめますので、3食バランスのとれた食事をしっかりとるようにしましょう。

骨盤の変化

<妊娠中、赤ちゃんが成長するために骨盤は大きく広がります。出産のときにも骨盤はさらに広がることになります。 通常元の位置にきちんと戻ってくれるものですが、少しでも歪みやズレがあると腰痛や股間節の痛み、背中の痛みなどに悩まされることになりますので、正常の位置に戻るようサポートするグッズを使うと安心です。 産後ガードルはどう選ぶ?おすすめの産後ガードルについてでは、おすすめの産後ガードルをご紹介しています。

こうした痛みを抱えているお母さんも多いことから、産院などで指導をおこなっているところも増えています。産院などですすめているものもいろいろありますが、産後自然と戻る力を利用し、産褥ベルトや産褥ニッパーなどを用いて整える方法が一般的です。就寝中も使用するとより元の位置に定まりやすくなりますので、継続して使用するようにしましょう。

産褥期はしっかりと休息を

母体が妊娠前の状態に戻るまでの期間を産褥期といいます。通常ですと、6週間から8週間の期間が必要といわれています。

産後回復のための大切な期間ですが、育児におわれ、自分の体を気に掛ける暇もないほど忙しい日々が待っています。

2時間おきの授乳やおむつ替え、夜泣きなど、お母さんは赤ちゃんのためについつい無理をしてしまいがちですが、赤ちゃんにとって一番大切なのは、お母さんの健康です。

これから赤ちゃんが大きくなるまでの間、育児を頑張っていくためにも、産後はしっかりと休息をとるよう心がけましょう。

photo credit: Garden Hoe via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる