22578788_s

産後の抜け毛が気になるときにオススメの髪型とスタイリング剤




産後三ヶ月ほど経った頃から、抜け毛が多くなってきたという事はないでしょうか?これは産後脱毛症もしくは分娩後脱毛症と呼ばれ、産後のママの約7割が悩まされる産後トラブルの1つです。

女性ホルモンのバランスが崩れるなどの原因から起こる脱毛症と言われていますが、ほとんどの場合は一時的なもので個人差はありますが、だいたい半年から1年くらいで抜け毛は落ち着いていきます。

円形脱毛症のように部分的に抜けるのではなく、全体的に抜けていく特徴のある産後脱毛症ですが、中には脱毛症になっていながら目立たなくて分からなかったという例もあります。

つまり髪型に気をつければ抜け毛を目立たなくする事もできるという事になるのですが、その反面、目立ってしまう髪型もあるという事になります。

今回は、産後の抜け毛が目立たない髪型に焦点をあててご紹介しています。

スポンサードリンク

産後の抜け毛はどんなときに気になる?

ほとんどのママが経験する抜け毛ですが、どんなときに気にしてしまうのでしょうか?意見をまとめてみると多かったのはお風呂の時です。

髪を洗い流すときに排水溝に詰まるくらい髪が抜けてしまったり、髪をタオルで拭いた時に付く髪の量、何より濡れたことで更にボリュームダウンし、地肌がうっすらと見えてしまう事などが気になるシーンで挙げられています。

髪が長いママになると、縛る時に量が少ないと実感してしまう事もあるようです。その他、櫛でとかしたらごっそり抜けてしまったなど、髪のお手入れや結んだりして髪を意識的に触る際に感じてしまうママがほとんどでした。

髪型関係なしに抜ける量やそれによって起こるボリュームの減り具合によって抜け毛を感じている事が分かります。

抜け毛が目立つ髪型と抜け毛を助長する原因

ホルモンバランスの乱れなどで抜け毛が起こるわけですが、思ってもみないところで抜け毛を助長している場合があります。

それは育児中心の生活を考えた上での髪型であったり、薄くなってしまった髪を目立たなくしようとした結果だったりするのですが、それが余計に気になる髪型にさせてしまうことになっているようです。

ロングヘア

ショートヘアの人に比べ、ロングヘアの人は髪の1本1本が長くなってくるわけですから、たとえ同じ量が抜けていたとしても、その長さの分だけ量が増えて見えてしまいます。

髪の量にもよりますが、床に落ちていれば嫌でも目立ちますし目にも入りやすいものです。また、長さの分だけ重力が頭皮に負荷となってかかるので抜けやすくなっているとも言えます。

育児中、簡単に結べて髪が邪魔にならないように、ロングヘアにするママが多いようですが抜け毛の時にたくさん髪が落ちているように見えるため、精神的にダメージが大きくなります。

掃除も大変になるので、産後の髪型としてロングヘアはあまりおすすめはできません。

ワックスなどのスタイリング剤の使用

髪が崩れないように固めてしまったり、ボリュームを出す為に、ヘアワックスを付けてまとめようとする場合が多々あることでしょう。しかし、スタイリング剤も抜け毛が気になるときに使用するのはあまり良くはありません。

お風呂で髪を流す時に固まってしまったスタイリング剤を綺麗に洗い流そうという気持ちから、力いっぱい髪をこするので頭皮に良くありませんし、弱っている髪にも悪影響です。

使用する際は、流しやすいスタイリング剤を選び、使用するにしても全体的に使うのではなくボリュームを出したい部分にピンポイントで利用する必要があります

同様の理由から、髪を染めるカラーリングも髪を痛めてしまうだけなので避けた方が良いでしょう。

抜け毛を気にしない髪型

では、抜け毛が気になってしまう時はどんな髪型にしたら良いのでしょうか?

ロングヘアにする理由は、確かに邪魔にならないことがありますが、それ以上に美容室に行く手間も省けると言った理由から多くのママに選ばれています。

頭皮に負担がかかると分かっていても、育児・家事で髪に構っている時間のない生活では、ロングヘアほど楽なものはありません。邪魔でもまとまりがなくても、縛ってしまえば終わりだからです。

また、バッサリ切ってイメージチェンジする勇気が出ないという事もあります。しかし、そんなロングヘアの利点を吹き飛ばしてしまうくらい、他の髪型をおすすめしたい理由があります。

ショートヘア

髪が短いと手入れ面倒かと思ってしまいますが、ショートヘアの良いところは何と言ってもボリュームのあるセットができる事です。また、ワックスなどをつけてふわっとさせるだけなので、スタイリングに時間をかけずに済むという利点もあります。

何か作業をするときでも、ロングヘアのようにいちいち結んだりする必要もなく、何よりドライヤーを使わなくても自然乾燥で早めに乾きますからお手入れも楽チンです。

ショートヘアも、ただ短くするだけでなくナチュラルショートヘアなどヘアスタイルも増えてきています。美容師さんに相談すれば抜け毛の気になるところをふんわりと仕上げてもらい、抜け毛をカバーした髪型にしてもらう事もできます。

普段ショートヘアにしない人も自分に合うショートヘアにしてもらうのも気分転換も兼ねて楽しいものです。

ボブスタイル

ショートだと、人によっては子供っぽく見えてしまったり、長かった髪を急に短くしてしまうのは抵抗があるという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがボブスタイル、またはミディアムショートヘアと呼ばれる髪型です。

ショートヘアに比べると首のあたりの長さなので結ぶこともできますし、バレッタなどのちょっとしたヘアアレンジも可能です。ロングヘアの人が最初に試すなら良い髪型かと思われます。

若干の髪の長さは否めませんが、後頭部それから前髪を上手くセットできれば抜け毛を誤魔化す事ができます。加えて、ロングに比べ洗髪がしやすい事から、時間が取れなくなる産後の生活でも美容室に行く頻度がショートヘアのときより少なく済みます。

初めて短くする人には挑戦しやすい髪型と言えます。

前髪を工夫する

抜け毛が増えると全体のボリュームもそうですが、それ以上に気になってしまうのが、前髪です。前髪が薄くなってきてしまうと自然とおでこも広くなってしまい目に入りやすくなります。

そんな前髪をカバーする工夫として前髪をなくすヘアスタイルというものがあります。前髪をなくしてしまう事ですっきりした顔立ちになるので、抜け毛が気にならなくなってきます。

あえて前髪をなくさずとも目立たせず、そして自然な髪型にする事はできます。それは、頭頂部の髪を前に流す事でカバーするやり方です。こうすると、前髪を厚くし目立たなくする事もできるのです。

また、前髪を作らないヘアスタイルの人でも、時には前髪のある髪型にしたくなる時もあるでしょう。そんな時は、分け目を頭頂部から斜めに7:3もしくは8:2と極端に流して前髪の代わりにするという事もできます。

そのときの自分の気分でヘアスタイルを楽しんでみると良いでしょう。

まとめ

ヘアスタイルを変える以外にも、育毛剤を使用したりする事で抜け毛対策を取る事もできます。しかし、育毛剤などはすぐに結果が出るというわけでもありませんから、その時にかかるコストを考えれば髪型を変えるのが一番挑戦しやすいのではないでしょうか

それに、髪型を変えるのもおしゃれの1つです。おしゃれも有効なストレス発散方法ですから、イメージチェンジをして抜け毛のストレスを発散してみるのは良い方法です。それと同時に、抜け毛へのリスクも低くなっていきます。ヘアスタイルを楽しみながら、抜け毛を気にしない生活を送りたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる