産後ピラティス

産後ピラティスで無理なく痩せよう!




妊娠・出産に伴い、あらわれる体の変化は思っている以上に大きなものです。役割を終えた体の機能は緩み、中でも腹筋群や骨盤底筋群は、もっともわかりやすい変化といえるでしょう。

身体的なものだけではなく、精神的にも思うように動けない無気力や倦怠感といったものに襲われる日も多くありません。

しかし、ダイエットを「やらなきゃいけない」と思うときほどなかなか、動けないものです。

そこで今回は、

・ピラティスとはどのようなものかを知りたい
・産後ピラティスで期待できる効果を知りたい
・産後ピラティスのやり方を知りたい

といった方に、産後ピラティスについて詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ピラティスって何?

ダイエットや運動で体を動かそうと思っても、激しい運動は体にとってもこたえます。

さらに家事、育児まであるのですから、時間をやり繰りするのも難しいものです。そんなときに、おすすめなのがピラティスです。

ピラティスとは、気軽にできるエクササイズのようなものです。

もともと、ヨガを参考にしているので、近いものはありますがゆったりと呼吸をしながら、普段の生活では使われない筋肉を意識して強化する運動でもあります。

例えば「赤ちゃんを抱っこしたまま立ち上がる」などの行動で、使う筋力や体力などを向上させることもできます。

体のラインの矯正にも効果的

体を激しく動かすのではなく、ゆっくりと様々なポーズをとってインナーマッスルを強化するピラティスの歴史は長く、最初は第一次世界大戦で負傷したドイツ兵のためのリハビリ運動として考案されたものでした。

そのためか、リハビリだけでなく、ケガの防止や体のラインの矯正などさまざまな効果があるといわれています。

ピラティスはゆっくり動くので、激しい運動が苦手な方にも最適です。

産後ピラティスはどんなもの?

ピラティスと産後ピラティスとの違いはどんなものでしょう?

産後は、前よりも体重は重いので、動きにくいうえに体が硬いという不安もあると、1人ではできないように思えてきます。

どれくらいの頻度で行うのかという時間の問題もさることながら、産後の体でそういった運動をしていいのかも気になります。

産後の経過に合わせたプログラムを

ピラティスのような体を使った運動になってくると、簡単にできるのか不安になってくるものです。

産後ピラティスには、体力や筋力が弱くなった体、また帝王切開出産でもできるように配慮されたプログラムを用意している教室もあります。

個人の産後経過に合わせて、体の回復改善と、理想の体型などを作り上げていくことができるので、誰でも安心して行うことができます。

赤ちゃん連れでも通えるピラティス教室もある

骨盤の歪みや違和感、ウェストのたるみ、肩こりなど変化した体に対しての悩みは尽きないものです。これだけあると、取り組もうと思っていても何から手を付けたら良いかわからなくなります。

産後ピラティスには、そんな方のためにコンサルタントがきちんとサポートをしてくれる教室もあります。

そのときに必要なエクササイズプランを提案してくれますし、赤ちゃんを連れてでも参加できます。やりたいと思ったときから始められますし、自分の中のトラブルを徹底的に解消していけるのです。

興味がある方は、産後ピラティス教室へ問い合わせてみましょう。

産後ピラティスの効果

産後ピラティスを行うことによってどんな効果が出てくるのでしょうか。

低下した筋力や体力などの向上以外にも回復・解消できるものがあるなら、取り組み甲斐もあります。

体の外と中を同時に改善

産後ピラティスは、内側と外側の両方から筋力を回復させるトレーニングのようなもので、体のラインや姿勢を整えるエクササイズとして知られてきています。

つまり、出産で歪んでしまった骨盤を正しい形で引き締め直し、お腹周りや下半身でお肉が付いてしまった部分、ゆくゆくはO脚までも改善していくことができるのです。

産後ピラティスの効果により、日常生活を妊娠前よりも快適に過ごせる可能性もあります。

姿勢美人になれる!

ぽっこり出てしまったお腹など、見た目にはっきりとわかる悩みもそうですが、同様に腰痛や肩コリに悩まされる人も多いと思います。

その原因には、産後によってデリケートになってしまった骨格が深く関わっているのです。骨盤底筋群など、全身の関節が緩んでしまうのもそうですが、筋肉になってくると運動不足や授乳によって逆に凝り固まってきてしまいます。

産後ピラティスでは、そうした体の痛みや膝などの違和感を解消していく効果もあり、継続することによって正しい姿勢を手に入れ、姿勢美人に生まれ変われます。

自宅でできるピラティス

楽しくエクササイズができるピラティス。

通うことができるならいいのですが、どうしても時間を取れない日やまだ体調的にクラスに参加できない方もいることでしょう。

無理にするものではないとはいえ、姿勢などの矯正は日常生活に取り入れることが可能です。

少しの時間を使って、自宅でも実践してみましょう。

手と足をほぐす

簡単に取り組めるものとして挙げられるのが、手や足をグー・パーとほぐす方法です。寝ながらできるもので、産後ピラティスの第一歩としておすすめします。

他にも手首、足首を回す、肩まわしもしてみましょう。

単純に見えますが、これをするだけでも血液やリンパの流れが良くなります。これに腹式呼吸、もしくは深呼吸を加えてみましょう。

寝てばかりいると背中などが痛くなってきてしまう人は、タオルやクッションをひざ裏にセッティングしましょう。無理なくひざが曲がるだけでなく、お腹がゆるむので楽になります。

お尻をキュッと

下垂してしまった骨盤底筋群を直す動きです。

お尻の穴をきゅっと閉じることで、筋肉が連動した骨盤底筋群が刺激され、それによって、赤ちゃんが通った道も締まってきます。

呼吸を止めずに行うことがポイントで、寝ながらでも、椅子に座りながらでもどちらでも行うことができます。

つま先立ち

壁に手をかけて、足をつま先立ちにする方法です。バレエでいうポイントの足のようなものです。

ほかに方法として、本などしっかり支えてくれる物に乗って、かかとだけ上下に浮かせてアキレス健を伸ばしましょう。

つま先立ちのときもお尻の穴を意識すると骨盤底筋を締めることができます。呼吸は忘れないようにしましょう。

生活の動きがピラティスに

立ってピラティスができるようになってくると、おのずとバリエーションも多くなってきます。足の開閉がスムーズにできるようになるからです。

骨盤底筋群を意識して、腹圧をかける呼吸を意識していれば、生活の動きは全てエクササイズになるので、より行いやすさを感じるのではないでしょうか。姿勢を意識して過ごすのも大切です。

ずっと立っているのがキツイ場合の無理は禁物ですので、椅子に座って、左右に体をねじったり、肩を回すなどにシフトして自分のペースで行っていきましょう。

まとめ

高価なベルトやガードルで体を締めれば痩せられると思いがちですが、外を無理やり締めたことで起こるトラブルは数多くあります。

自分の筋肉をゆっくり整えていくことでしか、体を変えることはできないのです。

産後ピラティス教室では、体のメカニズムを分かりやすく説明してもらいながらできるので、初めての方でも安心して行うことができます。関節に負担をかけずに、柔軟性のある女性らしい体を手に入れましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる