時短スキンケア

産後の時短スキンケア!ママに嬉しいオールインワン化粧品




出産してホッと一息つきたいところですが、出産後は想像していたよりもずっと忙しいので、自分の時間もありません。体力的にもかなりキツイので、美容のことなんてとうてい考えられない!というママたちが大勢います。

赤ちゃんのお世話にいっぱいいっぱいで自分のお肌のケアができないでいたり、もっと簡単にスキンケアをしたいと思っているママは少なくありません。

しかし、子供を産んでも自分らしく、女性らしくきれいでいたいという人がほとんどです。

そこで今回は、

・出産したら思った以上に肌ケアする時間がない!
・簡単で素早くできる化粧品を教えてほしい!
・オールインワン化粧品てどんなもの?

といった方に、産後でもきれいなママでいるために、忙しい時間を上手に使って、オールインワン化粧品のメリット・デメリットなども含め詳しくご紹介します。

関連記事
>>産後の「肌のくすみ」あきらめないで!その原因と7つの対処法
>>時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケア
>>産後の肌荒れ対策にビタミンを!美肌に必要なビタミンと効果
>>産後ダイエットで乾燥肌に!?美しく潤う肌になるために

産後にスキンケアをさぼると・・・

出産すると今まで妊娠によって大量に出ていた女性ホルモンが一気に減少します。急激にホルモンバランスが変化する産後数ヶ月のケアをしっかりしておかないと、その後の肌質にも影響してきます

産後の肌トラブルとしては、乾燥肌、シミ、そばかす、ニキビ、肌荒れなどがあります。特に妊娠中にしっかり肌ケアをしていなかったという人は、産後のこの時期に一気にトラブルが発生します。

出産後非常に忙しいとは思いますが、ある程度自分の肌にも関心をもって対処する必要があります。

産後の肌トラブルの原因

妊娠中に増加していたエストロゲンという女性ホルモンは美肌ホルモンとも呼ばれるもので、女性の美しさには欠かせないものです。

エストロゲンが増加することにより、肌の色つや、張りを支えているコラーゲンを保ち、活性酸素を抑えるのですが、このホルモンが一気に減ってしまうことが、産後の肌トラブルの最大の原因です。

また、肌の免疫力が下がるので外的な刺激の影響も受けやすくなります。紫外線や乾燥の影響を受けやすくなるので肌のトラブルを起こしやすくなります。

特に肌の乾燥は全ての肌トラブルの原因になりますので、肌が乾燥しないように充分にケアしていく必要があります。

妊娠前の化粧品が使えない!

妊娠前に色々な肌ケアアイテムをそろえていたという人でも、いざ出産後にもう一度その化粧品を使ってみると、肌質が変わっていてなかなかもとの化粧品に戻れないということがあります。

妊娠前から敏感肌の人はもちろん、妊娠前は特に肌のトラブルのない健康肌だったという人までもが、全く以前の化粧品に戻れないという悩みを抱える可能性があります。

女性にとって、自分にしっくり馴染む化粧品をさがすということは非常に手間のかかる作業で以外と手間がかかります。

特に、肌の弱い人は、サンプルで試して、トラブルが出ないかという反応をみるところから始まりますので時間がかかります。産後のただでさえ忙しい時期に化粧品を探す時間がある人はなかなかいません。

しかし、自分に適していない化粧品を使い続けることで肌質が悪くなったり、炎症を起こしたりしますので、ヒリヒリするといった状態を感じた人は、今まで使っていた化粧品でも直ちに変える必要があります。

時短のためにアイテムを減らす

たった一人の赤ちゃんに周りの大人が面白いほどに振り回されて、疲れきって1日があっという間に過ぎ去っていきます。

夜中でさえ、夜泣きやオムツ換えで何度も起きるのですから、まさに365日24時間営業をしているようなものです。

食事もまともに座って食べられないという人も多い中、スキンケアにゆったりとした時間をかけられる人がどのくらいいるのでしょうか?

おそらく自分のほかに赤ちゃんをある程度の時間面倒を見てくれる人でもいない限り、そんな時間があるという人は少ないと思われます。

しかし、産後だからといって、スキンケアしないとどんどん肌は衰えていってしまいます。できるだけ時間のかからないスキンケアが産後のママには必要ということです。

出産までは、鏡の前でゆっくり化粧水を浸透させて、乳液を塗って、美容液入りのマッサージクリームでマッサージ・・・というような丁寧なスキンケアをしていた人は時間短縮のために、まずその色々なアイテムを一気に減らす必要があります。

そのためには、化粧水から乳液、美容液などが全て一緒になっているオールインワン化粧品を上手に使うことが大切なのです。

オールインワン化粧品とは

最近は、忙しい女性が増えているからでしょうか、オールインワンタイプの化粧品の種類が本当に増えました。

オールインワン化粧品というのは、1つの化粧品の中に、色々な機能を持った成分が複数入れられていることによって、たった1つの化粧品を使うことで色々な機能をカバーするという非常に便利な化粧品です。

オールインワン化粧品にも、色々ありますので、自分の目的や肌ケアができる時間を良く考えて購入しましょう。

よくあるタイプのオールインワン化粧品は、洗顔後の化粧水、乳液、美容液が一緒になったゲル状のタイプのものです。こういったものは、夜入浴後につけることを目的としています。

また、朝の洗顔後につけるタイプのものもあります。夜つけるオールインワンタイプのものが化粧水、乳液、美容液が一緒になったものならば、プラスして、ファンデーションの下地になる成分や、日焼け止めの成分が入っているものがあります。

ここまで1つの化粧品で補ってくれると後はファンデーションをつけるだけですので、非常に時間短縮になり、忙しい育児中のママには最適のアイテムといえます。

ファンデーションも、最近はBBクリームというオールインワン化粧品を代用している人が多いです。

BBクリームは、美容クリーム、ファンデーションの下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラの機能が1つになっているという優れもので、時間のない人やメイクにあまり深くこだわらないという人には非常に指示されています。

ファンデーションの色も、美容成分も充実したものが多いですし、色々な化粧品を揃えるよりもコストもかからないというところも指示されている理由ではないでしょうか?このように色々なオールインワン化粧品があります。

できるだけアイテムを減らして化粧時間を短縮したい人には優れた化粧品です。自分がこだわる成分、機能などを総合的に判断してオールンインワン化粧品を上手く組み合わせると簡単に充実した肌ケアができます。

産後に使うオールインワン化粧品のメリット

産後の忙しい時期にオールインワン化粧品を使うメリットはやはりなんといっても、肌ケアや化粧に欠ける時間が短縮できるということです。

いくら産後でも家にいるときは基礎化粧品や日焼け止めはきちんとつけたいですし、ちょっと近所にお買い物に出かける時も全く化粧をしないで出かける人はあまりいないでしょうから、簡単にBBクリームなどで化粧をすませることができるので本当に便利です。

1つのアイテムで複数の機能があるので多くのアイテムをそろえる必要がありませんし、使わずに無駄にすることがまずありません。

また、最近のオールインワン化粧品は価格的にも求めやすいものが多くなりましたので、家計的にも助かります。

オールインワン化粧品もドラッグストアやスーパーでも簡単に手に入る商品が増えましたので、自分に適した成分のものを選ぶことができます。

産後に使うオールインワン化粧品のデメリット

多機能の優れアイテムとして人気のオールインワン化粧品ですが、本当に最高の肌ケアを考えている人にとってみては、実は実力不足な面があります。

やはり、化粧水、乳液、美容液、下地、日焼け止めがそれぞれ単体で存在するということは、それぞれのアイテムでそれなりのこだわりがある、機能に違いがあるということです。

ですから、本当に根本から肌ケアをして美肌を目指したいという人であれば、産後で時間がない時であれ、化粧品のアイテムを減らすことなく、複数のその機能に特化した選りすぐりの化粧品を1つずつ丁寧に使う方が効果があります。

オールインワン化粧品は、それぞれの機能の上澄みを取ってきて、寄せ集めた商品なので全てにまんべんなく機能しますが、1つ1つを取って比較すると効果があまり期待できないと考えておきましょう。

オールインワン化粧品の中でも、特に保湿に特化した商品や、美白に特化した商品はありますが、単体で存在している化粧品と比較すると機能面では負けるということです。

しかし、時間のない産後のママにとっては、限りある時間の中で最大の効果を出すオールインワン化粧品はメリットが大きいと考えられます。

ただし、注意しておく必要があるのは成分です。1つのアイテムに複数の働きを含ませる商品ですので、色々な成分が入っています。

色々な成分が入っているということは、肌がもともと弱いという人や、トラブルがあるという人にとってみては、刺激が強い商品が多いので、オールインワン化粧品を使うことによって肌トラブルが悪化する恐れがあるということです。

敏感肌の人や肌が弱いという人は、産後時間がない場合でもオールインワン化粧品を使う場合は、その成分に気をつけて、トラブルが悪化しないことを確かめてから使うようにしましょう。

オールインワン化粧品でもオーガニックのものがある

妊娠中に肌につけるものや食べるものに気を使っていたという人も、出産してしまうとあまり気にしなくなった、妊娠前の状態に戻ったという人は多いものです。

しかし、出産して赤ちゃんが体外に出たことに安心して、ママの身の回りのものに気を使わなくなってよいのでしょうか?これは大きな誤解です。

産後になると食べるものや肌につけるものに気をつかわないと母乳の質が悪くなりますし、赤ちゃんの肌に直接悪いものを付着させる時もあります。

産後であっても、ママは赤ちゃんの身体の周りのモノに気をつけるように、自分や家族の身の周りのモノや食べ物にも注意する必要があるのです。

ママの肌に有害な化学物質や刺激の強い物質が付いていると、赤ちゃんが触ってしまったり、舐めて口に入ってしまうことも考えられます。

食べるものはもちろん、肌につけるものや着る物、洗剤などは間違って赤ちゃんの口に入るというリスクも考えて、できるだけ身体に優しい、口にしても害のないようなモノにしたいものです。

化粧品でも、赤ちゃんがママの肌を舐めるときもありますし、誤って化粧品を口にすることもあります。

オールインワン化粧品は多機能化粧品ですので、他の化粧品よりも強い刺激があるものも多く存在します。時短ができるオールインワン化粧品でも有害であれば産後のママにとってみれば排除すべき商品です。

そこでオールインワン化粧品を選ぶ時は、できるだけ自然素材に近い成分であるオーガニックのものを選ぶようにしましょう。

オーガニックのものは多少普通の商品よりも値段が高い場合がありますが、長い目で見た場合、多少の値段の違いがあっても体に優しいものを選ぶ方が安心できます。

ドラッグストアなどでは、なかなかこだわりのオーガニック化粧品は購入できないかもしれませんが、インターネット上ではオーガニックに主眼を置いたオールインワン化粧品も多く流通しています。そのようなものを積極的に利用するのもよいのではないでしょうか。

オールインワン化粧品をより効果的に使おう

化粧水はお風呂から上がったら、下着を付けるよりも前につける方が保湿には効果的であるということがよくいわれます。

しかし、赤ちゃんとお風呂に入っているママが、自分の下着をつける前に化粧水をつけるということは事実上無理があります。

何よりも先に赤ちゃんの身体を拭いてオムツをして産着を着せてから自分の身支度をするという人がほとんどです。

しかし、単体の化粧水よりも効果が期待できないオールインワン化粧品をより効果的に使うには、できるだけ保湿効果の高いお風呂上りに早めに付けたいものです。

そのためには、お風呂に入る前に、赤ちゃんの入浴後の身支度道具のそばに自分のオールインワン化粧品を置いておくと赤ちゃんの世話をしながら自分のケアができます。

お風呂に入る前にきちんとシュミレーションしてケア道具を赤ちゃんグッズと並べておくとより時短で効果が得られるオールインワン化粧品になります。

うまくタイミングが合わずに塗るタイミングがなくなってしまった場合、家族が帰宅してからゆっくりもう一度お湯につかってから化粧品を使うのもよいでしょう。

同じ化粧品を使っても肌が乾燥してしまってからつけるよりも、代謝があがって潤いのあるうちに付ける方がより効果が期待できます。多機能化粧品だからこそ、最大の効果が得られるタイミングで効果的に使っていきましょう。

おすすめのオールインワン化粧品

ここでは、お肌のトラブルに悩むママや、肌をお手入れする時間も惜しい産後ママにおすすめのオールインワン化粧品をご紹介します。

3年連続金賞受賞!メディプラスゲル

  • No,1
  • |初回お試し 2,996円

ホワイトニングリフトケアジェル

  • No,2
  • |定期購入 3,795円(初回)

one オールインワンクリーム

  • No,3
  • |定期購入 1,950円(初回)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる