妊娠出産アレルギー

出産でアレルギー!?妊娠出産でおこる体質変化の原因と対策




妊娠するまでアレルギーとは無縁だったのに、出産したらアレルギーが酷くなったという話が多くあります。

アレルギーというと身近なもので、花粉症や食物アレルギーなどがありますが、出産後は体質変化をしてしまったかのように、何でもアレルギー反応を起こしてしまい、薬などにお世話になるママが少なくありません。

何の前触れもなく瞼(まぶた)が真っ赤に腫れあがったり、くしゃみがとまらなくなったりする産後のアレルギー。

そこで今回は、

・今までなんでもなかったのに、子供を生んだら、急にアレルギーが出た!
・一度アレルギーになったら治らないの?
・アレルギーの種類ってどれくらいあるの?
・病院には行ったほうがいいの?

といった方に、産後のアレルギーについて詳しくご説明します。産後の急な体質変化に驚くと思いますが、アレルギーのことをよく知って、事前に対策をとれるようにしていきましょう。

関連記事>>産後に体質が変わる?産後の体質変化と出産の関係について

スポンサードリンク

体質変化が起こる原因

妊娠・出産という大仕事を体はこなすわけですから、体質が変わってあたり前といわれるように、体質変化の主な原因ははっきりしていません。

その原因の中には生理的な理由もある為、落ち着くのを待つしかない場合いもありますし、検査しても原因がわからない場合もあります。

その為、次に挙げる原因は一般的にいわれているだけであって、個人によっては当てはまらない場合もあります。

しかし、体質変化を起こすといわれる原因を知っておくことでアレルギーの悪化を防ぐことはできます。自分には当てはまらないと思っていても、頭の片隅に入れておきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

産後のマイナートラブルに必ず原因の1つに挙げられるホルモンバランスの乱れ。これは妊娠中から始まっており、産後も続きます。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンで成り立っているのですが、この2つのバランスが急激に崩れておこります。

産後は女性ホルモンの中でも美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が少なくなってしまう時期で、肌の保水力やハリが失われるなど、肌がデリケート状態になってしまっています。

その為、服に付いた小さいタグなどのちょっとした摩擦やゴムの圧迫などでも蕁麻疹のような反応が出てしまうことがあります。

しかし、だからといってエストロゲンを増やせば良いという単純な話ではなく、過剰分泌されると今度は蕁麻疹を引き起こす原因でもある皮膚の肥満細胞(マスト細胞)を刺激してしまい、痒みを引き起こすなどの作用があるヒスタミンという物質が放出されることで結局、蕁麻疹の症状が出てしまいます。

バランスが乱れている時点で、肌にとって良くないということになります。

免疫力の低下

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと同時に、ホルモンと深い関わりのある自律神経も乱れてしまうといわれています。自律神経に異常が出るとその影響で免疫力も低下してしまいます。

つまり、産後の体は少しずつ回復してきているとはいえ、不安定な状態なので、アレルギーが起きやすくなっているのです。

また、アレルギー反応が出てしまうのは免疫の過剰反応によるものといわれています。その為、妊娠中は免疫力を下げてお腹の中にいる赤ちゃんを異物として攻撃しないようにしています。

産後はこの免疫力も元の状態に戻るので、妊娠前からアレルギー症状があるママは妊娠前よりも強い反応が起きますし、元々症状がなかった人でも今までアレルギーにならなかっただけで抑えられていた物(持っていたアレルギー)が、産後を機に、強いアレルギー症状となって出てくる場合があります。

不規則な生活

直接的に原因になるわけではありませんが、不規則な生活を代表とする睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活を送ることで、ただでさえ回復がゆっくりな体の免疫力が低下して、アレルギー症状が起きやすくなるといわれます。

また、育児疲れやストレスも大きな原因の1つといわれています。

慣れない赤ちゃん中心の新生活に、頑張り過ぎてしまうママが多いようですが、産後は適度に体を休ませておかないと、ホルモンバランスや免疫力が回復できない為に、よりアレルギーが起きやすくなるようです。

アレルギーになったら治らない?

産後のアレルギー症状は、一時的なもので少しずつ改善していくといわれます。

個人差は大きいですが、原因の1つであるホルモンバランスが元の状態に戻るのに6ヶ月ほどなので、改善するまでには半年くらいという場合もありますし、1年以上と長い時間を必要とする場合もあります。

また、一般的には産後のアレルギー症状というのは、元々体が持っていたアレルギーが悪化すると考えられています。しかし、何度もいうようにアレルギー症状の回復には個人差があります。

中には、体質の変化により気長に付き合って行くしかないというケースもあり、絶対に回復すると断言できないのが現状です。

アレルギーの種類

産後のアレルギー症状には、大まかに2つに分けることができます。1つ目が一定の食物を摂取したり、薬を服用することで引き起こされるアレルギー性。

そして、アレルギーの原因にも挙げられている不規則な生活や疲れ、ストレスによりアレルギー症状が出てしまう非アレルギー性です。

産後のアレルギーには、湿疹や蕁麻疹、鼻炎、アトピー、喘息などが挙げられますが、産後にアレルギーを発症するママの多くは、疲れなどによる非アレルギー性に当てはまります。

とはいえ、個人によって当てはまるアレルギーは異なり、原因の数が多すぎてはっきりと特定できないのが現状です。考えられるアレルギーの種類をいくつか挙げてみましょう。

果物アレルギー

果物を食べたことで、口や耳の中が痒くなったりするアレルギー症状が見られます。

口腔アレルギー症候群とも呼ばれており、主な症状として15分以内に唇や舌、喉などがピリピリしたりイガイガとした痒みを伴います。全身にアレルギー症状が出ることは少ないようですが、産後は体が不安定な状態なので、口腔だけでなく先に触れた耳や鼻、目、皮膚といった部分に痒みが伴うこともあります。

どの果物でアレルギー症状が誘発されてしまうかは分かっておらず、リンゴや桃、キウイ、パイナップルなどさまざまな果物が当てはまります。

症状は比較的軽いレベルに入るものの油断は禁物です。酷くなってしまうと下痢など消化器官系に異常が生じ、アナフィラキシーショックに繋がってしまうこともあるので注意が必要になります。

対策

果物アレルギーになってしまう原因として、たんぱく質に反応していると考えられています。

原因の1つとしては花粉症が挙げられ、花粉症になることで、体が反応してしまう花粉ができますから、その花粉と似た構造のたんぱく質が含まれる果物を摂取することでアレルギー症状が出ると考えられています。

この場合には、花粉が飛散する春や秋に症状が酷くなる傾向にあるようです。また花粉に関係なく、たんぱく質という成分に反応してしまう場合もあります。

花粉症が原因であれば植物のグループから控えた方が良い果物もある程度わかるようですが、一番の対処法はアレルギー反応が出てしまった果物を摂取しないことです。

「無農薬フルーツだったら安全」と試すママもいるようですが、むしろアレルギーが酷くなることがわかっているので止めましょう。少しでも違和感を感じるようであれば、摂取は控えて下さい。

このアレルギーは、食べれない果物が1つどころかほぼ全部になってしまうというママ泣かせな一面も持っています。

辛いとは思いますが症状が軽い傾向にあるとはいえ、アレルギー反応には個人差があるので重症化しないように、ここは我慢して果物は体が完全回復してから楽しみましょう。

甲殻類アレルギー

甲殻類を食することでアレルギー症状を引き起こします。代表的な物でカニやエビが挙げられますが、イカやタコなどもこの中に含まれます。

食べるより可能性は低いといわれているものの、甲殻類に触れるだけでアレルギーを起こしたり、甲殻類を砕いた際にでた粉塵を吸い込むことで喘息などのアレルギー症状が出てしまう場合もあります。

症状としては、摂取後1時間以内に蕁麻疹や唇や喉、目や皮膚が腫れあがってしまうことが多く、酷い場合には呼吸器系に重い症状が出てしまったり、アナフィラキシーショック状態になる場合もあるようです。

対策

果物アレルギーと同様に、このアレルギーの原因は、甲殻類が持つ「トロポミオシン」とよばれるたんぱく質です。その為、トロポミオシンを持つ甲殻類全てに注意する必要があります。

甲殻類というとカニやエビが一般的ですが、軟体動物であるタコや貝類、それにゴキブリやダニ、クモなどの節足動物に含まれる昆虫も当てはまります。

特にダニやゴキブリはハウスダストとも関係するので、産後のアレルギーでくしゃみや喘息のような症状が出たら、甲殻類アレルギーの可能性がありますので、日常生活の中でも掃除をこまめにするなど対策をとる必要があります。

また、甲殻類アレルギーは他のアレルギーに比べて反応がとても強いです。

場合によっては少し食べただけでもアナフィラキシーショックを起こしてしまうことも考えられます。産後のママは体調が本調子ではないので、甲殻類はなるべく食さない触らないことが重要です。

代表的な食物アレルギーを2つ挙げましたが、食物に関しては何に反応するかは個人によって違います。小麦粉やそばの場合もありますし、卵などの乳製品などいくつでもあります。少しでも違和感を感じるようであれば、そういった食べ物は体が回復するまで避けるのがベストでしょう。

金属アレルギー

ネックレスや指輪、ブレスレットなど金属製のアクセサリーをお持ちのママは多いと思いますが、その金属製の素材を身に付けることでアレルギー症状が出てしまうというものです。

アクセサリーでなくても、肌に金属製が触れているとアレルギーを引き起こしてしまいます。

汗などで溶けた金属と、体にあるたんぱく質が結合することで、アレルギーの元になる物質が体内に作られ、同じ金属を身に付けた際にアレルギー反応が起きます。

主な症状としては、金属が触れている部分の痒みやかぶれ、湿疹などの症状が見られます。

結婚指輪がつけられなくなってしまうママもいます。重症化すると化粧品に含まれる酸化鉄に含まれたコバルトなどのわずかな金属反応してしまったり、金属に触れられないほどになってしまうといわれているので、きちんと対策をとることが必要です。

対策

金属アレルギーの対策としては、アレルギー反応が出てしまう金属製の物を身に付けることを控えることが大切です。

冠婚葬祭など、どうしても身に付ける必要がある場合には長い時間、肌に触れないように心掛けると良いでしょう。また、身に付ける金属の素材を選ぶことも大切です。

金属アレルギーは、汗で溶けた金属が肌に触れてしまうことで起こるので、チタンや金、銀、プラチナなど一般的に溶けにく金属を使うとリスクが低くなるとされています。

アレルギー対応のアクセサリーを選ぶようにするのも良いかもしれません。

ただし、どの金属に反応するかは個人によってまちまちなので、この金属なら絶対安心と言い切れません。人によっては、金でもダメという人もいるからです。

自分がどの金属なら大丈夫なのかは付けてみるまでわかりませんので、反応が出にくい金属でも様子を見るようにして下さい。今では肌を守る保護剤というものもあるようなので、活用してみてはいかがでしょうか。

化粧品アレルギー

スキンケアをするはずの化粧品の他、石鹸や洗顔料、日焼け止めクリームなどを使用することでアレルギー反応が出てしまう場合もあります。

「化粧品かぶれ」とも呼ばれているもので、化粧品などに含まれる何らかの成分に過剰反応してしまうことでアレルギー症状が起きます。

化粧品を塗った場所に赤みが出たり、腫れ、痒みなどの症状を引き起こすのです。

ただし、産後の肌は不安定な状態なので、アレルギー症状なのか化粧品の成分による刺激で肌が荒れてしまっているのか見極めが難しいアレルギー症状でもあります。

対策

化粧品アレルギーに関しては、化粧品などを使用して皮膚に赤み、発疹やむくんでしまうといったアレルギー症状が出たらすぐに病院を受診することをオススメします。

化粧品などは日常で頻繁に使う物ですので、重症化してしまう前に医師の指導、薬を処方してもらうことが大切です。

また、初めて使用する物があればパッチテストをして様子を見てから使用すると良いかもしれません。

例えば化粧水であれば、腕の内側、その柔らかい部分に直径2cmほどの大きさで間隔を空けて1日2回塗り、それを3日ほど繰り返して様子を見ると良いでしょう。

ただし、ここで異常が出なくても数日後、もしくは何カ月と時間が経ってからアレルギー反応が出てしまう場合もあるので、購入する前になるべく成分を確認しておくこともポイントです。

日光アレルギー

そんなアレルギーあるの?という感じですが、産後になって発症してしまうことのあるアレルギー症状の1つです。

紫外線アレルギー、光線過敏症と呼ばれることもあります。お日様の光を肌に浴びることで蕁麻疹やむくみ、痒みの症状や火傷のようになってしまうこともあるようです。

原因は、化粧品や日焼け止めなど肌に直接塗ったものに含まれる成分が、反応してアレルギーになるケースや内服薬の服用によるもの、または肌が焼ける時に皮膚が過剰反応をおこしてアレルギーが起こるとされています。

対策

紫外線が肌にあたってしまうことが良くないことに変わりはないので、できるだけ肌を日の光にさらさないことが対策といえます。外出する際には帽子や日傘、手袋などで肌を守るのも効果的です。

また、化粧品や内服薬の成分が過剰反応している可能性もあるので、原因だとわかる場合には使用の中止、もしくは、それらを持って医師に相談に行っても良いかもしれません。

関連記事>>産後の肌の急激老化と紫外線の関係とは?日焼け止めでケアして安心

まとめ

対策と共にいくつかアレルギーを紹介しましたが、産後に起きてしまうアレルギーはこれだけに留まりません。

アレルギー症状が出てしまった場合には軽い症状であっても、原因がわかっていれば食物アレルギーのように体の調子が戻るまで控えることが大切です。

また、対策をとれるとはいえ、自己判断で放っておいてはいけません。原因を避けていてもアレルギー症状が引かない場合には、迷わず病院を受診しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる