産後に痛みで歩けない!?恥骨結合離開の原因と対策を学ぼう

産後に痛みで歩けない!?恥骨結合離開の原因と対策を学ぼう




出産を終えて一安心、と思っていたのに足や腰が痛くて歩けなくなった!そんなママはいませんか?

実は、産後に足や腰の痛みがひどすぎて赤ちゃんのお世話どころか、歩くことさえままならないというママは、意外に多いのです。

そこで今回は、

・産後足腰が痛いのはどうして?
・恥骨結合離開(恥骨離開)ってどんな症状?
・出産すると骨盤が歪むの?

といった方に、どうすれば産後に普通に動けるようになるのか、何に気をつければこの先も痛みに悩まされない生活が送れるのか、詳しくご説明します。

関連記事
>>肩コリと腰痛に悩む子育てママへ!肩コリと腰痛の原因と対処法
>>産後の骨盤矯正は効果大!産後の骨盤矯正の始め方と基礎知識

スポンサードリンク

産後に歩けないほどの痛みがでる原因は?

shutterstock_376247467

腰からひざあたりまで伸びている長い神経を「坐骨神経」といいます。この坐骨神経が痛むのを「坐骨神経痛」というのですが、これは一つの症状であって病名ではありません。

そして、この坐骨神経痛には腰痛をともなう人も多くいます。しかし、坐骨神経痛とともに腰痛で苦しんでいる人のほとんどが原因がはっきりしていません。

病院にいっても原因不明のまま「安静にしてください」といわれ、保存療法となります。ですが産後のママは、妊娠前と出産後では明らかに体の状態が違います。

赤ちゃんを産むために、ママの体は劇的な変化をたどっています。それも1年近くにおよぶ長い期間にわたって、少しずつ少しずつ赤ちゃんを産むに相応しい体作りをしてきました。

そして出産すると、これまで作り上げてきた体は急激に元に戻ろうとしています。そのため産後の子宮が収縮することで痛んだり、悪露がたくさん出たり、ママの体の中は大忙しです。

骨盤も元の形に戻ろうとしますが、中にはなかなかうまくいかず歪んだままのママもいます。体の要である骨盤が歪んだままだと、体全体のバランスまで歪んでしまいます。

そして、バランスを崩した体は、体勢を維持するために筋肉によけいな負担をかけ、筋肉のこわばりが痛みを生みだすことになってしまうのです。

女性の骨盤のしくみ

私たち人間は二本足で歩きます。そのため、上半身の重みと足からの衝撃すべてを受け止める骨盤は体の要です。この体の要である骨盤がしっかりしていないと、全身のバランスが崩れてしまい体のあちこちに支障がでます

そして、女性の骨盤と男性の骨盤では造りも違います。男性の骨盤が深くて狭いバケツ型であるのに対し、女性の骨盤は浅くて広い洗面器のような形をしています。それは、妊娠や出産をするのために造られた自然の形です。

ママが妊娠して、お腹に赤ちゃんが宿ったときは、子宮を守れるように下から支えて安定させ、産まれるときには赤ちゃんが出やすいように骨盤は開きます。このように、女性の骨盤は必要に応じて開いたり閉じたりできるのです。

そして骨盤が開いたり閉じたりスムーズにできるのは、ゴムひも状の組織「じん帯」が骨盤の形を維持してくれるからです。このじん帯がしっかりとしていて丈夫であれば、骨盤もちゃんと元に戻ることができるということです。

骨盤の歪みやゆるみの原因は?

骨盤の歪みやゆるみの原因は

赤ちゃんがお腹にいるとき、骨盤は子宮が下に下がってしまわないようにしっかり閉じて支えます。しかし出産するときは赤ちゃんの頭が通れるほど広がらなければなりません。そのため骨盤は出産に向かって少しずつ広がっていきます。

それは「リラキシン」というホルモンが働いて、骨盤を維持しているじん帯をゆるませているからです。じん帯がゆるまないと骨盤は開くことができません。

さらに、じん帯をゆるませるホルモンは妊娠初期から分泌されて、徐々に徐々に出産への準備をすすめていきます。

ホルモンの関係?筋肉の衰え?

現代の生活は便利になりすぎて、昔のように生活しているうえで体を鍛えることがなくなっています。家事にしても、家電製品の進歩で体をつかう動きは減ってきました。つまり、昔ほどじん帯や筋肉は鍛えられていないのです。

もともとそれほど強くないじん帯は、「リラキシン」の働きでさらにゆるみます。ゆるみすぎたじん帯が元に戻るのはむずかしく、結果的に、ゆるんだままの状態になってしまいます。

骨盤の歪みやゆるみを改善するには?

骨盤の歪みやゆるみを改善するには

では、改善するに具体的にはどうすればいいのでしょうか。詳しく4つご紹介します。

生活する中での姿勢

ゆるんだじん帯は、しゃがむ・ジャンプする・立ち座りの動作を繰り返すことなど、足からの衝撃で強くすることができます。しかし産後まもないママが激しい運動をするわけにもいきません。

そこでまず、普段の生活からできることを見直してみましょう。それには正しい姿勢を保つことが大前提です。

次のような姿勢になっていないかチェックしてみましょう。

・椅子に座っているとき、足を組んだままにしている。
・猫背になっていたり、左右どちらかに傾いている状態で座っている。
・背もたれによりかかって浅く座っている。
・立っているとき、片方の足に全体重をのせたり、足が開いたままだったりしている。

どれも体を支えるには良くない姿勢です。体を支えるには「骨盤が立っている」状態でなければなりません。

骨盤が斜めになっていたり無理に押さえつけられていると、体はバランスをとるために筋肉に余分な負荷をかけます。負荷をかけられた筋肉は凝り固まってしまい、そこから痛みがでます。

骨盤を正しい位置において歪みを治すには、左右の親指だけがくっつくように真っ直ぐ立ち、両手を胸の前に伸ばして手のひらを上に向け、左右の手の外側がくっつくようにして、腕を伸ばしたまま頭の上まで上げます

そのとき、腕が曲がってしまわないよう注意してください。真上まで上げるのが理想ですが、無理ならば途中まででもOKです。

この動作を毎日、気がついたらすることで、骨盤はあるべき場所に戻って歪みも改善されます。

バランスボールを使う

バランスボールは体全体の歪みをなおして、腹筋や背筋も強くしてくれるスグレモノです。激しく動く必要もないので、産後すぐのママでも、歩けないほど痛みがあるママでもできます。

①まずバランスボールの上に座りましょう。安定させるために足は開いてください。

②次に背伸びするように両手をゆっくり上に向かって伸ばします。その時に深呼吸もしましょう。そしてゆっくりと両手を下ろしますが、肩の位置や背中はそのままの姿勢を保ってください。それが「骨盤が立っている」状態です。

③腰に手をあてて前後左右にユラユラと揺すってみましょう。ときどき両手を上に上げて深呼吸して、姿勢をキープするようにしてください。

背筋と腹筋を意識して揺すればなお効果的です。

ストレッチをする

少しぐらいなら動ける、歩けないほどの痛みじゃない、というママにはストレッチもオススメです。寝転んでできるので、眠る前に布団の上でやってみましょう。

①まず仰向けに寝転んで両膝を両手で抱えます。腰と背中が伸びますのでそのまま10秒ほどキープしてください。そしてゆっくりと元に戻します。これを5回ほど繰り返しましょう。

寝転んで両足を両手で抱えた状態のまま、前後にゴロゴロと体を揺するのもいいストレッチになります。子宮や腸を正しい位置に戻して背骨や骨盤の形も整えてくれます。

両足を両手でかかえるのが難しいときは、タオルを両足のひざの裏に通してから手にもって抱えましょう。

②次に、仰向けで寝転んで片足の膝を両手でかかえます。このとき、伸ばしている方の足がなるべく浮かないようにしてください。お尻が伸びているのを感じながら10秒ほどキープして、ゆっくり元に戻します。

この動作を両足で1セットとして5回ほど繰り返しましょう。

骨盤ベルトを巻く

骨盤を支えて正しい位置に留めておくには骨盤ベルトが便利です。ですが、せっかく骨盤ベルトを着けていても、多くの人が効果のある巻き方をしていません。

骨盤ベルトは、恥骨と大転子(大腿骨の外側の突起した出っ張り部分で、太ももの側面を膝から上に沿っていったときに股関節の横あたりにちょっと出ている骨が大転子の位置)を通るのが正しい巻き方です。

きつすぎたり隙間があいていたりしないよう、しっかりと装着しましょう。

関連記事
>>妊娠後期の骨盤サポート!トコちゃんベルトの効果、徹底解説
>>産後の骨盤矯正・エクササイズに使える6つのおすすめグッズ

恥骨が痛くて歩けない!恥骨結合離開(恥骨離開)かも?

恥骨が痛くて歩けない!恥骨結合離開(恥骨離開)かも

膀胱のちょうど真下に恥骨という部分がありますが、その真ん中に「恥骨結合」という左右の骨盤がつながっている箇所があります。

妊娠すると、ホルモンの関係でこの恥骨結合部が緩んで広がり、出産の準備をします。しかし中にはその恥骨結合部が広がりすぎて離開してしまうことがあります。それが「恥骨結合離開(恥骨離開)」です。

最近になって急激に増えている症状で、激痛を伴いまともに歩けなくなります。病院で診てもらってレントゲンを撮っても、これといって治療はなく安静にしているよういわれることが多いです。

完治するには長い期間を要する治りづらい症状です。

恥骨結合離開(恥骨離開)ってどんな症状?

妊娠中から恥骨部はもちろん、下腹部・太股・腰・会陰・足などに痛みがあり、その痛みは出産を終えておさまることもありますが、産後も激しい痛みに悩まされる人もいます。

その他にも、

・前に歩けない
・立ち上がり時や起き上がり時の動き始めに激痛が走る
・痛みで寝返りができない
・足が痛みで上がらないため階段や段差を越えられない
・足に少しでも触れられると激痛がはしる
・痛みで動けないためトイレに10分以上かかる

など、日常生活を送るにも困難な症状があります。

恥骨結合離開(恥骨離開)の原因

恥骨結合離開(恥骨離開)の原因

これが原因だと、はっきりとわかっていない現状ですが、西洋医学的には恥骨結合離開の基本的な原因は出産だとされています。

たとえば「リラキシン」というホルモンによって恥骨結合部が緩んでいるときに強い力が働く、または手術時に不手際があった・巨大児を分娩したため・もともと骨盤が狭い、などの理由です。

それに対して整体的には、出産前からの骨盤のゆがみやねじれで、筋肉や靭帯が複雑な壊れ方をしてしまっている・出産前から体の筋肉に左右で差があり、柔軟性が低下しているため、精神的ストレスや運動不足、日常的な癖などで筋肉が硬直しているため、との見解を示しています。

恥骨結合離開(恥骨離開)セルフチェック

では「恥骨が痛んで歩けない」という人のために、自分でチェックする方法をお教えします。

①まず恥骨を触ってみましょう。
②両足の付け根から左右の手でそれぞれ真ん中に向かって触ったまま動かします。
③ちょうど真ん中で左右の手がぶつかりました。そこを丁寧に探ってみてください。へこんでいませんか?

もし、指1本分以上へこんでいるような感触があったら、恥骨結合部が離れている恥骨結合離開の可能性があります

恥骨結合離開(恥骨離開)の治療法は?

恥骨結合離開(恥骨離開)の治療法は

まずは日常の癖を見直してみましょう。いつも同じ方の肩にバッグをかけたり、いつも同じ形で足組みをしたり、片足に全体重をかけて立っていたり、そういった癖は体の歪みにつながります。意識して直すようにしましょう。

また、体を動かして血流やリンパの流れをよくすることも大事です。といってもスポーツではなく、背伸びをして深呼吸などの簡単な動作で十分です。

しばらく同じ姿勢でいたら体を伸ばす、そうすれば歪みづらい体を作ることができます。痛みがはげしくて動けない人は、手首や足首をグルグル回すことから始めましょう。

足の指を、痛くない範囲で「グー・パー」とするのも効果的です。それだけでも血行やリンパの流れは見違えるほど良くなります。

恥骨結合離開の人は痛みのために同じ体勢でいることが多くなりますが、全身の循環を良くするためにも、痛みがない部分はなるべく動かす、痛みが薄れてきたら動く、ということはとても大事です。

恥骨結合離開(恥骨離開)の人が日常生活の中で気をつけることは?

まず、足腰に負担をかけないようにしましょう。そして、以下のことに気を付けて生活することが大事です。

・重いものは持たない
・長時間立ったり歩いたりしない
・無理に家事を頑張らない・赤ちゃんを長時間抱っこしない
・寝るときは膝を曲げて膝の間にクッションなどを挟むようにする

また、骨盤ベルトを利用するのもいい方法です。骨盤や恥骨の上を通るようにして締めると痛みが抑えられます。購入する際には、自分に合ったサイズを間違いなく選べるように、なるべく試着をしてみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる