産後に悪化するアトピー!?肌をキレイにする方法ってある?

産後に悪化するアトピー!?肌をキレイにする方法ってある?




妊娠、出産という大仕事を終え、段々、赤ちゃんとの新生活にも慣れてきたと思っていたら、何だか、身体に痒みが出てきたというママは少なくありません。

妊娠中の身体の不調はつきものでしたが、出産が無事に終われば徐々に調子を取り戻してくるはず、と思っていたら大違い。産後も、心身の調子の悪さはしばらく続きます。

先に挙げた身体の痒みもその1つで、その正体は産後のアトピー。この他にも肌が炎症を起こしたり、身体の一部に異常な肌の乾燥や爛(ただ)れてしまうなどの症状が見られます。

そこで今回は、

・もしかして、アトピー?産後お肌が乾燥して痒い!
・ステロイド剤って余り良い噂を聞いたことがないけど使って大丈夫?
・アトピーを治す方法を知りたい!

といった方に、産後、急に悪化するケースの多いアトピーの原因や対策を詳しくご説明します。

関連記事
>>妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
>>急な肌トラブル!女性ホルモンと肌の関係~妊娠、産後編~
>>時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケア

スポンサードリンク

産後に悪化!アトピーの原因って何?

shutterstock_272975342

産後のアトピーは、元々アトピー持ちだった人から、今までなったことがない人まで、関係なく起こる症状です。

特に産後にアトピーが発症すると悪化しやすいといわれ、肌に赤みや爛れといった症状が、見た目にあらわれることからストレスを感じやすく、痒みもかなり辛いとされています。

何の前触れもなく発症することから、戸惑ってしまうママは多く、産後のアトピーが発症してしまう原因は、いくつかあります。

人によって原因は分かれるので絶対とはいえませんが、原因を知っておくと、アトピーになってもスムーズに対策を取りやすくなります。考えられる原因に関しては下記の通りです。

授乳による栄養不足

産後のママは、赤ちゃんに栄養を与えるために授乳が始まります。この時、身体は摂取した栄養を赤ちゃんへ優先するので、自然とママの身体に必要な栄養は後回しになります。

つまり、産後のママは妊娠前より栄養が不足しやすくなっています。栄養が不足すると身体も健康を害しやすく、それは産後のアトピーも同じです。

特に子育てに慣れないうちは、自分のことが疎かになって、食事や栄養バランスが不規則になりやすく、そこに授乳が加わって、必要な栄養が不足してしまいアトピーが悪化しやすいとされています。

女性ホルモンの変化

妊娠中も、女性ホルモンのバランスによる影響が、さまざまな症状の原因となっていましたが、産後のアトピーにも同じことがいえます。

妊娠中のホルモン変化は、身体が赤ちゃんを、育てやすい環境へ変化させる理由で起こるのに対して、出産後は妊娠前の身体に戻すためホルモンバランスに変化が起こります。

女性ホルモンは、身体に深く関わっているホルモンですから、このバランスが崩れてしまうと、精神的にイライラしてしまったり、身体が不調に陥るなど心身に影響が出ることがわかっています。

産後のアトピーも、このホルモンのバランスが大きく関わっています。

環境の変化などストレスによる影響

環境の変化というと、お引越しや新生活のスタートが挙げられますが、子育てもその中の1つです。

たとえ、子育てにストレスを感じていなくても、赤ちゃん中心の生活は食事や睡眠が不規則になるだけでなく、慣れないことも多いですから、ママ本人の知らないところで、精神的にストレスを感じていることもあります。

また、妊娠前と比べて自由にできる時間も少なくなり、我慢することも増えます。

ストレスは心身に悪いだけでなく、抗ストレスホルモンというコレチゾールが過剰分泌され、アレルギー性の疾患が悪化したり、発症する確率が高くなります。産後のアトピーの原因にもなるので、ストレスには注意が必要です。

アトピーの始まりは乾燥肌

気付いたら、アトピーが発症していたという話を聞きますが、実はアトピーが起きる前に、乾燥肌になっているママは多いです。

乾燥肌の原因は、先に挙げた女性ホルモンの変化などがありますが、肌が乾燥してしまっている状態は、肌の保護機能も低下して、普段なら気にもならない、ちょっとした刺激にも敏感に反応します。

そうして刺激を受け続けることで肌に大きな負担がかかり、アトピーを誘発してしまいます。

アトピーが良くなることもあるって本当?

産後のアトピーと聞くと、悪化してしまうイメージが強いですが、逆にアトピー持ちだったママや妊娠中、症状が酷かったママが良くなることがあります。

これは、前述にある女性ホルモンのバランスが関係しており、ホルモンバランスが変化すると同時に体質も変化することで起きます。

もちろん、人によって個人差がありますので全員が全員、アトピー症状が改善するわけではありませんが、他にも体質変化により良い方向へ向かった例も多く、産後の女性ホルモンの変化で起こる影響は悪いことばかりではありません。

ステロイドは使用しない方が良い?

病院を受診すると処方されるのが、ステロイドです。ステロイドはさまざまな炎症による腫れやかゆみ、痛みなどを抑えてくれる塗り薬で、アトピー以外でも皮膚の炎症などでよく使用される薬です。

ですが、一度使用すると止められなくなる、薬の成分が蓄積して身体に良くない、赤ちゃんに悪影響があるなどの副作用が騒がれてたこともあり、その理由からステロイドを産後、使用するか悩むママも多くいます。

しかし、実際のところは医師の処方をもとに用法用量を守って、正しく使えば産後でも問題ありません。ただし、産後のアトピーは、ストレスや授乳による栄養不足などが原因に挙げられるように、原因を解決しないと再発する可能性が高いです。

ステロイドだけで解消しようとせず、並行して原因も改善していくのが、産後のアトピーにはベストな方法です。

産後のアトピー対策

産後のアトピー対策

上記にある通り、産後のアトピーにはいくつかの原因が考えられるので、1つの対策を取ったからといって、必ず効果があるとは限りません。

産後のアトピーを治していくためには、女性ホルモンのバランスを整えたり、ストレスを解消するようにするなど、根本的な原因の改善が求められますが、痒みが酷かったり、悪化する一方であれば原因がわかっていても、病院へ相談することが大切です。

産後のアトピー改善に効果が期待できる対策は以下の通りになります。自分に合った対策を見つけて、アトピーを治していきましょう。

栄養をしっかり摂る

授乳による栄養不足が影響している産後のアトピーは、食生活を意識することが対策のポイントになってきます。食事をきちんと摂ることはもちろんのこと、授乳中に不足しがちな栄養素を知っておくことも大切です。

また、子育て中心の生活になると加工食品などに頼ってしまったりと、栄養バランスが乱れがちにならないように気を付けましょう。

特に食生活で意識したい点については以下の通りです。忙しい時は考えるのも面倒臭くなってしまいますが、なるべく食生活は疎かにならないようにしたいです。

一汁三菜を意識する

授乳中は、特にカルシウムなどミネラルが不足しがちです。カルシウムは体内で作ることができない栄養素ですから魚(母乳に影響のない白身魚)やヨーグルトなどから、カルシウムを小まめに補給することが大切です。

また、カルシウムだけでなく、栄養バランスを整えることも産後のアトピー、また授乳には重要です。凝った料理にする必要はありませんが、簡単に済ませてしまう場合でも主食、主菜に副菜、汁物と、一汁三菜は意識しましょう。

育児をしながら、毎日栄養バランスを考えるのは大変ですが、産後アトピー対策として心掛けておきたいです。

水分補給はしっかりと

栄養とは関係ないような気がしますが、食生活では水分補給も小まめに行っておいて欲しいです。というのも、授乳中はカルシウムと同様に水分も不足しやすく、肌の乾燥の原因の1つとも考えられています。

肌が乾燥してしまうと、乾燥肌だけでなくアトピーの原因にもなります。水分を摂る際には目安として、1日に2リットル飲むのが良いとされています。

ですが、正直2リットル飲むのは難しく、余分な水分として排出されてしまうので、間隔を開けて少しずつ飲むのがオススメです。水分を小まめに補給して、アトピーの原因になる肌の乾燥を予防しましょう。

肌ケアを行おう

水分補給でも少し触れましたが、産後のアトピーの原因には、肌の乾燥も関係しています。産後の肌は乾燥しやすいだけでなく、バリア機能も低下しており少しの刺激でも大ダメージを受けやすい状態です。

そのため、産後のアトピー対策としては、肌をきちんとケアして上げることが大切です。その方法については以下の通りです。

ただし、この方法の中にはケアをするためとはいえ、スキンケア用品を肌に直接塗る方法もあります。そのため、肌に異常を感じた場合には使用をすぐに中止し、病院を受診するようにして下さい。

保湿ケアをする

肌が乾燥しているわけですから、まず行いたいのが保湿です。ただし、乳液などを塗って肌をバリアするだけでは、乾燥してしまった肌を復活させることはできません。

肌に潤いを与えつつ、その潤いが逃げないようにしっかり保湿をすることで乾燥を防ぐことができるのです。また、保湿によるバリアが機能していることで、雑菌やウイルスなどの刺激から肌を守ることにも繋がります。

ただし、産後の肌は乾燥しているだけでなくデリケート状態であり、今まで使用していたスキンケア用品でも肌が荒れてしまうことがあります。

そのため、ケアを行う際には、アトピーケア用の化粧品やオーガニック化粧品など、肌に優しい化粧品を選ぶことも大切です。

妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とはの記事では、お肌にやさしいオールインワンゲルについて詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

保湿にはヒアルロン酸やセラミドなどの成分が良いとされていますが、使用前には必ずパッチテストを行い、肌に反応がないか確認してから使用するようにしましょう。

肌に良い食材を摂る

肌ケアは、自分に合ったスキンケア用品を小まめに活用するだけでなく、肌に良い食材を摂ることでもケアをすることができます。

肌に良いとされるビタミンCはミカンやれんこんなどから摂取することができます。さらに、保湿成分であるセラミドは生芋こんにゃくから摂取することが可能です。

ただし、スキンケア用品と異なり直接肌に成分を送れないので、その効果は化粧品などに比べて即効性はありません。個人差があるので食べたからといって絶対の効果を望むこともできません。

参考記事>>産後の肌荒れ対策にビタミンを!美肌に必要なビタミンと効果

しかし、身体にとって良いことに変わりはないので、身体を元気にしつつ、内部からも肌ケアをしていきましょう。

ストレスを溜めない

環境の変化と育児から、産後のママは意外とストレスが溜まります。また、育児だけでなく家事にも追われているので、慣れるまでリラックスできる時間が取れなかったり、ストレス解消が上手くできないと聞きます。

ストレスも、アトピーの原因の1つです。対策としては、一番はやはりストレスを溜めないこと。アロマテラピーや音楽鑑賞、外出するなど、ストレス発散できる時間を小まめに作ることも大事です。

パートナーに協力を仰ぐのも良いでしょう。1~2時間、パートナーに赤ちゃんを見てもらって、羽を伸ばすというのもストレス解消に効果的です。

参考記事>>産後はアロマで体も心もリラックス!アロマの使い方と注意点

生活リズムを整えよう

基本的に食事、睡眠、運動が生活習慣に数えられますが、その中でも睡眠時間が不規則になると、アトピーになりやすいとされています。特に睡眠不足は、肌にも悪影響を与え、乾燥しやすくなります。

また、睡眠をはじめ、運動不足になったり、食事の時間が不規則になるなど生活リズムが乱れてしまうと、自律神経にも影響が出てしまうため、女性ホルモンのバランスも崩れやすくなります。

ホルモンバランスの変化も産後のアトピーにとっては天敵ですから、ホルモンバランスを崩さないように、睡眠はしっかりとり生活リズムを整えることが大切です。

まとめ

まとめ

産後の不調は女性ホルモンの変化が原因であれば1~2年くらいで落ち着くとされています。ただし、産後アトピーの原因は女性ホルモンだけではありません。

個人によって当てはまる原因はさまざまです。そのため、自分に合った対策で、根気強く付き合って行くことが、大切になります。また、先に挙げたように生理的な原因も含まれるので、産後にアトピーが悪化してしまうのは自然なことです。

授乳の影響があるにしても、赤ちゃんに栄養がきちんと送られていると思って、神経質になり過ぎないこともストレスを溜めないポイントの1つです。

ただし、いつかは治るとはいえ我慢するのはよくありません。対策をとっても痒みが納まらない、症状に不安がある場合には病院を受診し、医師の処方を受けて下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる