産後のボディケア

産後の簡単ボディケア!忙しいママも続けられるボディケア術




産後の忙しさにも、慣れてきましたか?赤ちゃんの毎日のお世話は本当に大変です。まして初めての出産ともなれば、戸惑うことや分からないこともあることでしょう。

しかし、赤ちゃんを産んだお母さん皆が同じ経験をしています。日々赤ちゃんと奮闘している事で徐々に手馴れてくるものですので、頑張りましょう。

そうした忙しい日々を送っていると、つい自分の事は何かと後回しになるものです。食事やファッション、お化粧や肌のお手入れも手を抜くこともあるでしょう。

しかし、ママとして頑張っている時期でも顔や体のお手入れはしっかりしておくことが大切です。妊娠と出産で体が疲れ切っている状態でもあるため、気づいたら肌がぼろぼろになっていたなんてことは避けたいですよね。

そこで今回は、

・忙しくてもできるボディケア方法を知りたい
・簡単にできるボディケア方法が知りたい
・産後の自分のボディの悩みに合ったケア方法を知りたい

といった方に、産後のボディの悩みを持つ忙しいお母さんでも簡単にできるボディケアをご紹介します。是非、毎日のお手入れの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

産後のボディトラブル

出産後のお母さんの中には、体の悩みを抱えている方も多くいます。体質が変わってしまったということもあり、妊娠前と違った悩みが出てきます。

ボディ全体が乾燥気味になっていたり、二の腕や背中にぶつぶつができたという肌トラブルも多く、また、お腹やお尻、足に妊娠線ができてしまった、下っ腹に贅肉が付いた、足や腕の脂肪が気になる、かかとの乾燥が気になり始めたなど、悩みは尽きません。

そこで、ボディのさまざまな悩みに応じた簡単ケアを見ていきましょう。

産後のボディの乾燥ケア

一般的に、体全体のケアはお風呂上りにする方が多いですが、赤ちゃんと一緒に入浴することの多いお母さんは、どうしてもお風呂上りに時間を取れないことも多いのではないでしょうか。

入浴しながら行えるボディケアなら、簡単で余計な時間を取る必要がありません。入浴中でもできる乾燥対策はあります。

入浴剤を一工夫

肌の乾燥を防ぐ目的の入浴剤は多く販売されています。そうした入浴剤を入れてお風呂につかることで乾燥を和らげることができます。

赤ちゃんが安心して使うことの出できる入浴剤もたくさん売られていますので、ボディケアの1つとして活用してみると良いでしょう。また、自宅にあるものでも乾燥対策できるものがあります。

オリーブオイルや柑橘系の皮等から出る油分も乾燥したボディにはおすすめです。ゆず湯等は肌がしっとりすると良く知られています。それと同様の効果を得ることができます。赤ちゃんも安心して利用できるのでぜひお風呂に入れて試してみると良いでしょう。

ただし、おむつかぶれなどをするような赤ちゃんや、アレルギーやアトピーの体質の場合は肌への刺激が強くヒリヒリすることがありますので注意しましょう。

ベビーオイルを濡れた肌に

赤ちゃんのケアでも必要なベビーオイルは、お母さんの乾燥肌対策にも有効に利用できます。お風呂から出る時に、濡れた体にさっと塗るだけですので簡単です。

翌朝になっても肌がしっとりしていて、おすすめです。赤ちゃんの乾燥したお肌にも塗ってあげることができますので、親子でケアしてみると良いでしょう。

ガチガチのかかとケア

妊娠中はどうしても体重が増えることもあり、かかとの皮膚が厚くなります。また、水分が赤ちゃんに奪われることで、末端部分であるかかとまで、水分が十分にいきわたってくれません。

そんな理由もあり、産後かかとのガサガサや乾燥、ひび割れが気になるお母さんは多くなっています。では、簡単に行えるかかとケアを紹介していきましょう。

削り過ぎてはいけない

かかとがガサガサしてくると、やすりなどを使って削りたくなる方も多いですが、かかとを削り過ぎると皮膚が傷つけられることで、皮膚は過剰反応し、より守ろうと皮膚が厚くなってしまいます。

ある程度削って、除去できなかった部分を取り除くことは大切ですが、削り過ぎてかかとの皮膚を刺激することは避けましょう。

保湿する

かかとのケアに適しているのは何といっても保湿です。前述したように、ベビーオイルをお風呂で付けるのもかかとのケアには向いていますが、オイル類は転倒の危険性もあるので注意が必要です。

クリームなども同様に滑りやすいので、十分な保湿をした後に、靴下やかかと専用の(シリコン製やポリエチレン製)のケア靴下等を履くと滑ることもなくなりますし、水分が逃げませんのでおすすめです。

ない場合にはサランラップをでも代用できます。かかとを包み込むように足の甲部分から巻きつけるだけですので、簡単です。その上に靴下をはくと温められ、体から蒸発される水分で保湿ケアすることができます。

お風呂上りにクリームなどの保湿をしなくてもサランラップするだけで、かかとが柔らかくなってきますので産後の忙しいお母さんでも簡単にケアできます。つるつるのかかとを目指しましょう。

産後の肌トラブルケア

二の腕や背中などにブツブツができてしまったというお母さんは少なくありません。妊娠中は汗もかきやすく、手の行き届かない部分にニキビの様なブツブツができることがあります。産後にケアすることで綺麗になりますので、つるつるお肌にしてしまいましょう。

関連記事
>>時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケア

ブツブツお肌のケアは?

二の腕などのブツブツはピーリング剤でケアしたり、医薬品を使う治し方もありますが、もっと簡単なケア法があります。これも入浴中にできるケアですが、硫黄系の湯の花(温泉の成分)でケアする方法です。

皮膚科では治療法の一つとして、硫黄の付け薬が処方されることがあります。硫黄には、高い殺菌効果があり、ニキビ部分を乾燥させてゆっくり自然にピーリングしてくれる効果があります。

しかも温泉成分の湯の花を使えば、同時に肌全体の保湿効果と保温効果、新陳代謝促進効果などが期待できますので、まさしく理想的です。入浴する際に湯船に入れても良いですし、湯の花を溶かしたぬるま湯でぶブツブツの気になる部分を洗い流してあげても良いでしょう。

ただし赤ちゃんと一緒に入浴する場合は気を付ける必要があります。肌の弱い赤ちゃんの場合、刺激の強い硫黄系の湯の花は合わないことがあります。家族に赤ちゃんの入浴を手伝っていただけるときに、湯船に湯の花を入れ、温泉気分を楽しみましょう。

産後の妊娠線ケア

できる前に予防するのが一番といえる妊娠線ケアですが、予防しきれずに妊娠線ができてしまったという方もいるでしょう。体質的にできやすい方もいますので、ケアしていてもダメだったという方は少なくありません。

しかし、大丈夫です。完全に妊娠線を消すことは難しいですが、目立たなくすることは可能ですので、産後間もないうちにしっかりケアしていきましょう。

妊娠線ケアにはどんなものがある?

できてしまった妊娠線のケアにはいくつかのケアがあります。まずは保湿です。保湿力を高める事で肌の再生が促され、妊娠線が目立たなく、薄くなっていきます。

二つ目は、新陳代謝を高める方法です。規則正しい食生活を心がけたり、体を温める、良質な睡眠を取る、運動をするなどして新陳代謝を高め、妊娠線を薄くなるよう促しましょう。

三つ目はレーザー治療です。妊娠線に直接レーザーを照射することで、できてしまった妊娠線を消していきます。高い治療費がかかってきますが、確実に妊娠線を薄くする方法の一つといえます。

詳しくは、妊娠線って絶対消えないの!産後に妊娠線を消す3つの方法でご紹介しています。

自宅で簡単にできる妊娠線ケアとは?

やはり、簡単にできるのは保湿ケアです。専用の妊娠線ケアクリームでもいいですし、保湿効果の高いオイルやクリームを使ってケアするのも、簡単で効果的といえるでしょう。

ホホバオイルは妊娠線ケアにおすすめのオイルです。赤ちゃんのケアにも安心して使えるオイルですので、選んでみてはいかがでしょうか。

こちらの、妊娠線予防におすすめのクリームと市販のボディクリームとの違いでもおすすめのクリームをご紹介しています。

産後の贅肉のケア

妊娠中、増えてしまった体重が産後も思うように減ってくれないなら、ボディマッサージで脂肪燃焼を助けてあげるケアが効果的です。

育児におわれて、ジムやエステに通うことができなくても、自宅で簡単にケアできますので、ぜひ試してみましょう。

関連記事
>>産後ダイエットにインスパイリングエクササイズを取り入れよう!
>>産後ダイエットに「ヨガ」が効果的な訳と産後におすすめのポーズ
>>自宅で簡単!様々な産後ダイエットの種類と成功の秘訣

ボディマッサージの効果は?

「体をマッサージすることで、本当にダイエットすることができるの?」と思う方もいると思いますが、妊娠中は運動量も急激に減少してしまいます。蓄積された脂肪は、燃焼しにくく、塊になってしまっているのです。

そのため、脂肪の燃焼を助けるボディマッサージは産後のダイエットに大変効果があります。ついでに顔のケアも行えば、産後むくんでしまったフェイスラインもすっきりします。

ダイエットマッサージは、体中に溜まった老廃物を取り除いてくれますので、便秘などのトラブルも解消されていきます。また、マッサージによってリンパの流れも良くなりますので、新陳代謝も上がり、むくみ等も解消でき、結果ダイエット効果に繋がります。

すべてが、良いこと尽くめのマッサージボディケアを早速始めてみましょう。

用意するもの

用意するものは、マッサージオイルまたはマッサージクリームのみです。特別なものを用意しなくてもベビーオイルや油分の多いクリームで代用できますので、使い古しのものがあれば、マッサージで使い切ってしまいましょう。

クリームは、ニベア等のハンドクリーム系、または化粧落としに使うクリームなどでも代用できますので、試してみてくださいね。マッサージは手で施すのが一番といわれていますが、100円ショップなどで売られているマッサージローラー等を購入してみても良いでしょう。

力を使わず簡単にマッサージをすることができますので、育児におわれているお母さんにとっては疲れ知らずの良いアイテムです。自分のお気に入りを探してみるのも楽しいですよ。

強くつまむ必要はなし

早く脂肪を燃焼させようと脂肪を強くつまんでマッサージする方もいますが、強い力でマッサージしたからといって高い効果が得られるわけではありません。気持ちいいなと感じる程度の力加減で、毎回、数分程度で構いませんので、刺激してあげましょう。

マッサージに最適な時間は?

マッサージに最適なのは、やはり入浴後の体が温まっている状態の時ですが、入浴後すぐに行うと心臓に負担をかけてしまうため、30分程度経過してからマッサージするのが理想です。

赤ちゃんと一緒に入浴していると、出てすぐは洋服を着せたり、湯冷ましをあげたりと何かと忙しいですから、それが完了した頃である30分後が最適なのは実に嬉しいものです。

オイルやクリームを使うので、湯上りの保湿も兼ねて行えます。次に、部位ごとのマッサージ方法を見ていくことにしましょう。

上半身のケア方法

まず、マッサージしたい部分に、オイルまたはクリームを広げていきます。体の両サイドから体の中心部へ向かって、円を描くようにマッサージしていきます。

リンパの流れを意識して行うとより高い効果を得ることができます。産後気になるお腹や下っ腹など特に気になる部分には、念入りに行ってください。

ウエスト部分は、前から後ろへ、後ろから前へと交互に行うと、確実に刺激を与えることができ、効率よく脂肪を揉みほぐすことができます。

太もも、ふくらはぎのケア方法

お腹周りに次いで、2番目に気になるのが足周りの脂肪ではないでしょうか。特に太もも周りは脂肪が付きやすいですが、マッサージの効果があらわれやすい所でもありますので、しっかりケアしていきましょう。

方法としては足首を中心に、縦方向に上へ上へとマッサージしていきます。足の場合は円を描く必要はありません。指の腹部分を使って、下から上に脂肪を持ち上げるようにマッサージしていきましょう。

太ももやふくらはぎでは後ろ側に贅肉が多く付きやすいですが、後ろばかりでなく両サイド部分もしっかりマッサージしてあげましょう。

お尻のケア方法

お尻も円を描くようにマッサージしていきましょう。方向としては、下から上に、外から内側にが基本となります。脂肪の多い部分でもありますので、ある程度の力を入れてマッサージしてもかまいません。

顔のマッサージ

ついでに顔のマッサージも行うのがおすすめです。おでこから首に向かって下方向にマッサージを行いましょう。顔も足と同じく円を描かずに、指の腹部分を使ってマッサージしていきましょう。

最後にの両サイドをなぞるように下方向に数回マッサージし、むくみなどの原因となっている老廃物をリンパに沿って流してしまいましょう。

まとめ

以上、色々なボディケアを紹介しましたが、いかがでしたか?どれも簡単なものばかりですので、育児中のママでも苦にならないはずです。産後のボディケアを欠かさず行って、素敵で綺麗なママを目指しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる