産後のファンデーション選び

ファンデーションで産後の肌トラブル解消!ファンデの選び方




産後の女性はホルモンバランスの乱れ、育児ストレス、睡眠不足・・・と色々な問題から肌のトラブルを抱える人が増えます。

ゆっくり肌ケアしたり、リラックスしてぐっすり眠ることができれば肌のトラブルもあっという間に去っていくのですが、出産後のお母さんに自分の肌ケアをする時間などほぼありません。

でも出産したからといって、女性であることを忘れたくはないですよね?お母さんになっても、いつまでも女性として輝いていたいという気持ちがあるものです。

そこで今回は、

・産後の肌トラブルについて知りたい
・産後の肌にはどんなファンデーションを選べばいいのか?

といった方に、産後の肌トラブルやファンデーション選びに関して詳しくご紹介します。

産後の肌にトラブルを抱えていてもファンデーションの選び方1つで、悩みのない美肌になるかもしれませんよ。産後のファンデーション選びに注目してみましょう。

関連記事
>>産後の「肌のくすみ」あきらめないで!その原因と7つの対処法
>>アンチエイジングは妊娠中に始めよう!妊婦さんの美肌作り基本編
>>妊娠中の肌荒れの原因と妊娠中の洗顔で注意すべきこと
>>妊娠中に大人のニキビが増える4つの原因!その対策と予防法

スポンサードリンク

産後の肌のトラブル

妊娠、出産にともない女性のからだは短期間に大きく状態が変わります。そのため、今まで大きな肌トラブルになどなったことがないという人でも色々な肌トラブルを抱えてしまう場合が少なくありません。

肌荒れ

妊娠、出産することによって体内のホルモンバランスが乱れます。また、出産後は非常に急速に元の体に戻ろうとしますが、再び生理が来てホルモンのバランスが落ち着くまでに時間を要しますし、産後の育児ストレスや睡眠不足の為に肌荒れになりやすい肌質になります。

シミ、そばかす

妊娠中は女性ホルモンが急増し、メラニン色素生成が促進されるのでしっかり紫外線対策をしていないとシミやそばかすを増やしてしまいます。肌の代謝がよいなど、肌の再生がされるとできたシミも薄くなりますが、歳をとるにしたがって一度できたシミはなかなか薄くなりません。

また、妊娠出産を経験した女性にできやすい肝班(かんぱん)は、範囲の大きなシミである場合が多いので、女性としては非常に気になる肌トラブルです。産後に綺麗に消えたという人もいますが、その後も頬の上にしっかり肝班が残っている女性もたくさんいます。

乾燥肌、敏感肌

産後のストレスや疲労、睡眠不足によって免疫力が下がり、肌の水分量が少なくなって湿疹や蕁麻疹のように赤くなったり、はれたり、痒みを伴う炎症に発展する場合があります。痒みを伴い症状がどんどんひどくなる場合もあります。

ニキビ

妊娠することによってプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が多くなりますが、プロゲステロンが分泌することによって皮脂の分泌が盛んになりニキビができやすくなります。

厚塗りファンデーションは逆効果

出産後の女性の肌はまだまだ敏感で、トラブルが多発する時期です。肌荒れ、ニキビ、シミそばかす、乾燥肌・・と悩みは尽きませんが、産後は育児と家事に追われるのでお母さんは自分の肌のトラブルケアに時間を割くことがなかなかできません。

スキンケアをする時間もなかなかなく、日中でもほぼスッピンという人も珍しくありません。しかし、買い物に出るときくらいは化粧をしようと、肌のトラブルを短時間に解消するために、非常にカバー力の高いファンデーションを厚塗りして自分のトラブルを隠そうとする人がいます。

厚塗りすることによって赤味を消したり、シミや毛穴を隠そうとするのですが、顔が白浮きしてしまい、かえって隠そうとする欠点が目立ったり、たっぷり塗ったファンデーションが毛穴や皮膚表面に残りやすくなるので、さらに肌トラブルを招くことにもつながりかねません。

また、厚く塗ったファンデーションを取るためには、それなりに強力なクレンジング剤を使用してごしごし肌を擦ることになります。クレンジングの中には油脂のファンデーションをしっかり落とすために、界面活性剤など肌にとって非常に刺激の強い成分が入っているものもあります。

強い刺激のクレンジングを使ってメイクを取ることによって、肌へのダメージは大きくなり肌へのストレスがより一層大きくなります。

産後の肌トラブルを隠そうとしてカバー力の高いファンデーションを厚塗りすると、かえって肌トラブルを呼ぶことにつながる恐れがありますので注意しましょう。

どんなファンデーションタイプが肌にいい?

ファンデーションにも色々なタイプがあります。液体のリキッドファンデーションや粉タイプのルースファンデーション、固形のパウダーファンデーションなどが、主に流通しているファンデーションですが、この中でどのファンデーションが産後に適したファンデーションなのでしょうか。

リキッドタイプ

リキッドファンデーションは、開いた毛穴までしっかりふたをして肌を滑らかな状態に見せますので非常に優秀ですが、粒子が細かい上に肌にしっかりとつくタイプですので、肌をきれいにカバーするためには優秀ですが、そのファンデーションを取るときには、それなりに強いクレンジングが必要です。

また、毛穴の奥に詰まった汚れが最後まで落としきれずに肌に残留するという恐れがあるので産後の敏感肌にはおすすめできません。メイク汚れを完全に落とすことが出来ないとなると新たな肌トラブルの原因にもなります。

粉タイプ、固形タイプ

リキッドタイプよりカバー力は落ちますが、肌への負担が減ります。

しかし、粉タイプのファンデーションはつける時に粉が舞いやすいため、赤ちゃんが吸い込んでつまらせてしまうなどの危険性があります。

産後の女性にとっては、固形のパウダーファンデーションはパフに取ったファンデーションを軽く肌に置くようにしてつけるので、粉タイプのように周りに飛び散ることもあまりなく、赤ちゃんの口に入る心配も少なくなります。

シミやそばかすに対するカバー力を心配する場合は、ファンデーションとは別にコンシーラーをポイントポイントで使用してシミ、そばかすを目立たないようにするとよいでしょう。

赤ちゃんに無害なファンデーションはお母さんの肌にも優しい

ファンデーションは色々な物質からできています。中には人間にとって非常に有害な物質が含まれている場合があるので注意しなければいけません。

化粧品には約3000種類もの成分が使用されていますが、体に有害性が認められるものについては成分を表示するように義務付けされています。しかし、表示指定成分の他にも有害な化学物質が含まれています。

それらはすぐに体調に支障をきたすような成分ではありませんので表記義務がありませんが、長い目でみれば体にとって良いものではありません。ファンデーションは直接肌に触れるものですし、できるだけ肌に優しい無添加のものであるモノの方が肌トラブルも少ないので、成分表記を確認してファンデーションを選びましょう。

お母さんの肌に塗られているものですので、赤ちゃんの肌に触れたり、口に入ってしまう恐れもあります。赤ちゃんが万が一口に入れても特に問題がないという、オーガニックのファンデーションである方が望ましいでしょう。

化学物質を含んだファンデーションは敏感肌になっている人にとってみれば、ファンデーションを塗ることによって余計に肌の調子を悪くする原因にもなります。また、成分は動物性のものよりも植物由来の方が体に負担をかけにくくトラブルを生みにくいとされます。

赤ちゃんにも優しいファンデーションについては、
>>赤ちゃんに優しいファンデーションの選び方
の記事で詳しくご紹介しています。

赤ちゃんについても安心なファンデーションであることが逆にお母さんの肌にもやさしい、無害であることの証明になります。

クレンジング剤も非常に大切

ほとんどのファンデーションは塗って落とす時、洗顔とは別にクレンジング剤を利用してメイクを落とすことになります。クレンジングは肌の奥にまで入り込んでいるファンデーションの粒子をきれいに溶かし出すように作られています。

界面活性剤などの有害物資を含んだものが多く市販されていますが、ファンデーションで肌に優しいものを選んでいるにも関わらず、クレンジングを肌刺激の強いものにしていては意味がありません。

クレンジングは何でもいいというものではありません。ファンデーションもクレンジングも両方肌に優しいものであることが大切なのです。クレンジング成分に気を使わないと思わぬ肌トラブルになります。

しかし、産後の女性にはゆっくりお風呂に入って隅々までお手入れをする時間がありません。ファンデーションなど化粧残りは肌に良くないことから、なるべく短時間で強力に化粧を落とすことができるものを選んでしまいがちですが、それが落とし穴なのです。

短時間で強力に汚れを落とすということは、刺激が強いクレンジングである、ということを頭によくいれておき、クレンジングを選びましょう。

クレンジング不要なファンデーション

最近のファンデーションは非常に優秀で、薄付きでカバー力の高いものが多く販売されています。しかし、カバー力が高いということはポリマーやシリコンなどの化学物質も多く使われています。

ファンデーションに含まれるシリコンやポリマーなどの化学物質が、肌トラブルの原因になるのですから、肌トラブルを隠したくてそれらのファンデーションを使用している人は大きく矛盾しているのです。

これらを落とすために強力なクレンジング剤を使用する必要があるのですから、その悪循環を断ち切るために、クレンジングが不要で普通の石鹸でもじゅうぶんに落とすことができるファンデーションを使うという方法も有効です。

普通の石鹸で簡単に落ちるファンデーションなのですから、カバー力に関してはどうしても性能が落ちるという難点はありますが、肌トラブルで苦しんでいるならば、カバー力よりも肌に優しいことが大切です。

カバー力がないとシミやそばかす、傷跡が消えないというならば、その箇所だけピンポイントで自然派のコンシーラーを筆や指先で肌に軽く乗せるとよいでしょう。

簡単に落とせるファンデーションは肌に残留する危険が少ないので肌へのストレスは一気に減ります。

時短でも肌に優しいファンデーションを選ぼう

産後の女性にはとにかく時間がない、しかも、敏感肌という状態で悩みは尽きないのですが、やはりお手入れをする時間がない、化粧をする時間がない、クレンジングも念入りにできない人にこそ、オールインワンのファンデーションをおすすめします。

オールインワンですので、朝、顔を洗って化粧水と乳液をつけたら、下地も日焼け止めも塗らずに直接肌に乗せるタイプのものがおすすめです。最近のオールインワンのファンデーションには非常に優秀なものがあって、ファンデーションを塗るだけでUVケアができたり、美容液成分が入っているものがあります。

また、ある程度カバー力があるようにできていますし、産後の女性にも優しい、パラペンや合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、その他体に有害な線分を含まない、ノンケミカルなファンデーションもあります。

簡単につけられて、カバー力もあり、美容成分もあり、肌にも優しいとなるとまさに理想的なファンデーションといえるでしょう。ただし、オールインワンのファンデーションの中には紫外線カットの機能があっても、その効果が弱いものが多いため、5~8月の紫外線がきつい時期はファンデーションを塗る前に日焼け止めをプラスする方が効果的です。

外出しない時はメイクしない

肌にとって一番リラックスできるのは、強い紫外線に晒されることなく、ある程度の湿度を保ったフリーな状態です。どんなに優秀なファンデーションでも肌にとってみれば、塗らない方がストレスも低いのです。

潤いのあるスッピン状態を長い時間保つために、なるべくメイクしている時間を減らすことが大切です。買い物などで外出する時でも本当は紫外線対策をしっかりして、できるだけノーメイク、化粧をする場合もほんの少しファンデーションを塗るというぐらいが肌にとっては良いといえます。

そして外出から帰ってきたらなるべく早くメイクを落として保湿ケアをするというのが良いでしょう。既に肌トラブルを抱えている場合は、少しでも肌への負担を減らすことが重要です。

まとめ

産後の肌トラブルやファンデーション選びについてご紹介しましたが、肌に大敵なのは乾燥と紫外線、ストレス、食生活などです。早くトラブルを解決したいと思うならば、育児で忙しいですが、これらの原因をできるだけ取り除くことが肌トラブル改善の早道です。

先に肌トラブルをなくすということが大切ですし、トラブルがなくなっても肌に優しいファンデーション、肌に優しい化粧品を選ぶようにしましょう。隠すことでトラブルを回避するのではなく根本から原因を見直しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる