出産後の身だしなみって?ファッションで気を付けることは?

出産後の身だしなみって?ファッションで気を付けることは?




女性ならたとえ出産した後でも、身だしなみはきちんとしたいですが、赤ちゃんとの育児であまり良くないとされていることや、産後の自分の体調に悪い影響があることなら、少し見直したいものです。

出産後の身だしなみはどれが正解なんでしょうか?靴下、化粧、コンタクト、アクセサリー、ファッションなどは、どうするべきなのでしょう。

そこで今回は、

・産後、時間がなくてきちんとした格好ができない!
・パパもいるし化粧はちゃんとしたいけど・・・
・産後は、赤ちゃんもいるから、アクセサリーは付けちゃいけないの?

といった方に、出産後の身だしなみについて、気を付けた方がいいことなど詳しくご説明します。

関連記事
>>出産後もオシャレにネイルしたい!ママネイルのポイントと種類
>>時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケア

スポンサードリンク

産後は身だしなみに無頓着になる?

産後は身だしなみに無頓着になる?

産後は体調も優れず、毎日慌ただしく育児に追われ、自分の身だしなみに気を遣う暇がない、という方は少なくありません。

赤ちゃんが小さいうちは、外出も頻繁にしないので、そんなに気にする必要はないと思う反面、きちんとした格好はしておきたいと、女性の心理も捨てきれません。

ですが、現実的にそんな時間がないのも事実です。実際に産後の半分以上の女性が赤ちゃんを産む前より、産んだ後のほうが身だしなみに無頓着になったとのアンケート結果があります。

きちんとした身だしなみは、家にこもりっきりのママと赤ちゃんには必要なくなってしまうのです。

しかし、時間の取れないママには、難しいかもしれませんが、赤ちゃんにとって良い身だしなみ、自分の体調にとって良い身だしなみは最低限気を配るようにしたいものです。

産後のさまざまな身だしなみについて、それぞれ詳しく見てみましょう。

産後の靴下は?

産後の靴下は

産後はママのホルモンバランスも正常な状態に戻っていません。そのため靴下の跡が残ってしまうなど、むくみを気にしている方も多いのではないでしょうか。

そんな症状が見られるときには靴下は履くべきなのでしょうか、それともはかない方が良いのでしょうか。

産後の冷えを予防するため靴下は必須

産後は、ホルモンのバランスが乱れていることもあり、血流が悪くなることも多くなります。また、妊娠中の筋力の低下により、足などにむくみを感じることも増えます。

ですが、こうした血流の悪化は、足先を冷やすことでも症状が進行します。頭寒足熱と昔からというだけあって、産後の体調の思わしくない時期には、特に冷えには気を付けなくてはなりません。

しかし、むくみを伴うと一日靴下を履き続けると、どうしても足首などに靴下の跡が残ります。結果、むくみのためにも靴下をはかない方が良いのではと考えるものです。

産後の冷えはおっぱいにとってもママの体調の回復にとっても良いことではありません。ですから靴下は、履いていた方が正解です。

最近は、むくみを気にする方用の、締め付けの少ない靴下も売られていますので、そうしたものを履くよう心がけ足を冷やさないようにしましょう。少し大きめの靴下を選んでみるもの良いです。

むくみがひどい場合には?

むくみがひどい場合には、着圧効果の付いた靴下がおススメです。膝ぐらいまであるものがより効果を実感できます。足首からふくらはぎ、膝へと血液を持ち上げてくれる効果があるため、足全体のむくみ解消ができます。

価格が高いものが良いわけではありませんが、構造上安いものは粗悪なものも多いため、長く使用できるものを選びましょう。

着圧ソックスで産後のむくみを解消!?正しい選び方と注意点の記事にて詳しくご紹介していますので着圧ソックス選びの参考にしてください。

産後の化粧は?

産後の化粧は

赤ちゃんと家にこもりっきりでも、旦那さんもいるので化粧はきちんとしたい方も多いです。化粧は産後のママにとって、また赤ちゃんにとってどうなのでしょうか。

肌荒れが目立つ場合には化粧はしない方がベスト

産後は、肌の調子もイマイチという方は多いです。妊娠前までは、普通に化粧をしていても大丈夫だったのに、産後は何となく荒れてしまう、乾燥が気になってうまく乗らない、今までの化粧品が合わないというママも少なくありません。

そんな肌トラブルを抱えているなら、もう少し体調が回復するまでの間は、化粧を控えましょう。生理が始まるころ体調が戻ってくるという方も少なりありません。

ですが、中には子供を出産したことで、体質が変わってしまったという方もいます。今まで使用していた化粧品が合わないという方も出てくるのです。

そういった場合には無添加やオーガニック製、アレルギー体質でも使える肌に優しい化粧品を使用するなどの対策が必要になってきます。

自分の体質に合う化粧品を見つけるまでは、化粧をしたくてもできないでしょう。その時は、焦らず体調が回復するころを目途にゆっくり探すことをおススメします。

ホルモンが整わず、吹き出物などが出ている場合にも、化粧はできるだけ控えるようにしましょう。

赤ちゃんにとって化粧品はあまり良くない

まだ免疫力が低く、色々な物質に過剰な反応を示してしまう、デリケートな赤ちゃんにとって、化粧品の成分が良くないことは知られています。

アレルギーなどは、赤ちゃんのうちに見つかるのではなく、もう少し成長してから発見できるものです。ママなら誰もが赤ちゃんを抱っこしますので、化粧をしていると赤ちゃんが直接化粧した顔と触れることはあります。

問題ない赤ちゃんもいますが、できるだけ赤ちゃんのアレルギーなどが判明するまでは、化粧した状態で毎日接するのは避けましょう。

また、化粧品には香料の強いものもありますので、そうした強烈な臭いは赤ちゃんも嫌がり、香りに対し鈍感になってしまいます。

赤ちゃんに優しいファンデーションの選び方の記事では、赤ちゃんが触れても安心なファンデーションについてご紹介しています。

赤ちゃんと触れ合う機会の多い、まだ小さなうちには化粧は外出時だけに限定してみましょう。赤ちゃんと化粧した顔で触れ合って、異変が見られる場合にはすぐに病院を受診しましょう。

クレンジングが面倒

化粧をした後は必ずクレンジングが必要となります。最近ではウェットティッシュで、クレンジングができるものもあります。

ですが、きちんと流したい方にとっては面倒な作業でもあります。特に赤ちゃんと一緒に入浴する方にとっては、このクレンジングの時間は、赤ちゃんに目を配れず面倒と感じます。

入浴とクレンジングを別にする方にとっても、面倒と感じます。旦那さんに沐浴してもらえるケースであれば別ですが、面倒ならば、外出するときのみに化粧をするのが一番です。

産後のコンタクトは?

産後のコンタクトは

目の悪い方で、妊娠前はコンタクトレンズを付けていたという方もいると思いますが、産後のコンタクトを付けることは問題ないのでしょうか。

産後はコンタクトORメガネ派?

妊娠前にコンタクトを愛用していたママはたくさんいますが、産後はメガネの方が多いです。コンタクトは洗浄や保存液など毎日のケアを必要とするため、その時間が面倒という方が多いからです。

また、赤ちゃんがいると夜中にも授乳などがあり、ミルクの量を見るにもメガネだと、簡単で便利という意見が多いです。ワンデイなど使い捨てタイプのコンタクトをしているという意見も多くありました。

落下したときの危険性

コンタクトはふとした瞬間に落ちることがあります。大抵はその場で見つけることができると思いますが、仮に赤ちゃんが口に入れてしまうと危険です。

そういった理由から、何でも口に入れてしまう間は、コンタクトレンズを使用しないママもいます。こうした誤飲の事故は、ふとした気のゆるみで起きてしまうので、完全に防ぐことは難しいです。

万全の安全を心がけるためにも、コンタクトの使用は控えた方が良いです。

産後のアクセサリーは?

産後のアクセサリーは

産後でも女性ならアクセサリーぐらい付けたいと考える方も多いと思いますが、アクセサリーを付けるときの注意点などをまとめています。

赤ちゃんを傷つけるアクセサリーには要注意

アクセサリーの中には、突起があったり、石を支える留め金があったりと赤ちゃんにとって危険なものも少なくありません。

毎日ママは赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりするので、そうしたアクセサリーで赤ちゃんを傷つけてしまう危険性は大いに考えられます。

シンプルな指輪などでしたら問題はありませんが、赤ちゃんを傷つけてしまう可能性のあるアクセサリーは、赤ちゃんが大きく成長するまでは付けるのを我慢しましょう。

赤ちゃんの誤飲事故に注意

アクセサリーの中には、小さなものも少なくありません。ふと外して置いておいたものを、赤ちゃんが誤飲する事故は案外多いです。

ピアスやピアスのキャッチ部分などはとても小さく、赤ちゃんが簡単に口に入れることができます。部品ができるだけ外れないものを使用して、片付ける場所にも十分気を付けましょう。

アクセサリーでママが危険な場合も

ネックレスや垂れさがるタイプのピアスなどは、赤ちゃんが引っ張る可能性があります。まだ小さいため、手から外してあげれば問題ないと思うかもしれませんが、無理に引っ張り返すと赤ちゃんの手を傷つけることもあります。

さらに、ママの体を傷つける可能性もあります。外出の時などアクセサリーを付けたいママも多いでしょうが、赤ちゃんが万が一つかむ可能性のあるアクセサリーは、しばらくは控えましょう。

産後の洋服は?

産後の洋服は

産後は今まで着られなかった洋服にもチャレンジできるほどお腹もすっきりしてきます。そのため、おしゃれして出かけたいという衝動に駆られます。

ですが、外出先でも授乳や抱っこ、おんぶ、おむつ替えなどありますので、洋服選びも迷います。どんなファッションを選ぶのが良いのでしょうか。

関連記事>>マタニティウェアはここで買おう!!人気の通販サイト5店

授乳しやすい服が基本

おっぱいをあげている場合には、授乳しやすい恰好が基本です。ワンピースなど授乳するためには衣服を脱がなくてはいけない格好は、適している洋服ではありません。

ぽろっとおっぱいを出せる服が理想です。上下セパレートのファッションを心がけ、できればおっぱいを出しても他の体の部分が他に見えることのない服を選びましょう。

産後、授乳中のママが着て便利な授乳服と呼ばれるものにも、最近ではシックでエレガントなデザインが多くあります。ワンピースなどもチョイスできますので、授乳に楽な授乳服を選んでみるのもおススメです。

体重が元に戻らなくても大丈夫

赤ちゃんのお世話に楽ちんなパンツスタイルですが、妊娠前のように体重は減りつつあっても、おなか周りのサイズがダウンしない方も多くいます。

そうした産後のママには、リブ付のパンツや紐やスライドでサイズの調節が利くパンツがおすすめです。外出時のおしゃれ着としても動きやすく、赤ちゃんのお世話をするときにも窮屈な思いをしなくて済みます。

また、みるみる変動するサイズに対応できるので、産後のファッションにぜひ取り入れてみましょう。

家にいる時には楽な服装を

家で赤ちゃんのお世話をするためには楽ちんな服が一番ですが、ずっとパジャマというわけにもいきませんが、素材や縫製など着心地の良いファッションを選んでみましょう。

また、授乳服なども外出用と部屋着で素材などを工夫できるとベストです。外出用には産後に見えない、きちんとした素材を、家にいるときは余裕ある着心地の良い素材を、と着分けられるといいでしょう。

まとめ

まとめ

すでに知っていたこともあると思いますが、案外気が付かなかったことも多かったのではないでしょうか。たかが身だしなみですが、赤ちゃんにとっても、ママにとっても気を配るべきことは意外と多いです。

身だしなみを整えておきたいと心がけるのと合わせて、赤ちゃんとママにも良い身だしなみを取り入れていけるのが理想です。赤ちゃんが大きくなるまでの期間、ママの体調が整うまでの期間はあっという間です。

今だけと我慢すべきことは我慢し、「出産したママ」「育児中のママ」らしい身だしなみをするようにしましょう。素敵なママを目指して頑張りたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる