出産の時にできたいぼ痔!いぼ痔の原因と悪化させない対処法

出産の時にできたいぼ痔!いぼ痔の原因と悪化させない対処法




ママの大半は、赤ちゃんを出産する時イキみます。そのため、出産後のママはイキみ過ぎて、顔の毛細血管が切れてしまうことも。

さらに、そんなイキみが原因で、出産後のママで悩む人が多いのがいぼ痔です。出産の時に発症してしまうママもいれば、出産前からいぼ痔に悩まされていたりと、発症する時期は人それぞれです。

どちらにせよ痔は辛いことに変わりはありません。また、痔は人にも相談しにくいので、病院へ行くのを躊躇してしまうママもいます。

そこで今回は、

・もしかして痔?肛門が痛い
・痔で病院に行くのは恥ずかしい・・・自分で治せる?
・痔にならないための方法ってある?

といった方に、出産前、産後を含め、辛いいぼ痔ができる原因と対処法を詳しくご説明します。

関連記事
>>出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策
>>産後に体質が変わる?産後の体質変化と出産の関係について
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖

スポンサードリンク

いぼ痔って何?

いぼ痔って何

いぼ痔とは、肛門や肛門周辺の病気である痔の1つで、出産時のイキみなどを原因に肛門周辺にできる、いぼ状の腫れができた状態を指します。

できた場所や症状によって種類を2つに分けることができ、肛門の外側にいぼ状の腫れがあり、排便時に痛みを伴い、大きく腫れてしまういぼ痔を外痔核

そして、反対に肛門の内側にできてしまい、痛みは比較的軽めながらも出血の症状を伴ういぼ痔を内痔核と呼びます。

内痔核に関しては、見た目でわかりにくい上に、痛みも外痔核ほど感じないため、発見が遅くなることがほとんどです。悪化すると少しのことで鋭い痛みを伴うため、早期発見が大事になります。

痔になる原因

個人差はあれ、産後のママの2人に1人は痔に悩まされています。その中でも特に多く見られる痔がいぼ痔、そして裂紅ともいわれる切れ痔です。

元々、妊娠する前から悩まされているママもいますが、今まで発症したことがないママでも、出産前後は痔になりやすく、酷い場合には悪化してしまう可能性も高いです。

出産前後はどうして、痔になりやすくなってしまうのでしょうか。考えられる原因は、次の通りになります。

分娩時のイキみ

前述にもあるように、分娩時にイキんでしまうことで肛門近くの血管を圧迫、血液が溜まってしまうことが原因に挙げられます。主にいぼ痔の原因とされ、産後のいぼ痔に悩むママの3割が、この原因に当てはまりす。

また、妊娠中は中期以降からお腹の中の赤ちゃんの成長と共に、子宮もどんどん大きくなっていくため、直腸の回りの血管を圧迫してしまい、血行が悪くなってしまいます。

それが原因で血管の一部がしこりになってしまい、いぼ痔になりやすいと考えられています。

便秘がちだった

妊娠中にしても産後にしても、女性ホルモンのバランスが崩れているため、便秘になりやすいです。また、産後になると赤ちゃんへの授乳が始まるので、ママが思っている以上に身体は水分を失っている状態です。

便秘になると、便が硬くなり肛門の出口付近を傷付けやすく、いぼ痔の原因、特に肛門が切れやすくなってることから切れ痔になりやすい状態です。

さらに、産後は出産時に腹筋が緩んでしまう影響で、排泄時に上手くイキめないというのも原因に挙げられます。

関連記事>>妊娠中の便秘対策と妊婦さんが便秘になりやすい理由

いぼ痔は自然に治るもの?

いぼ痔は自然に治るもの

出産した時にできてしまったいぼ痔。できるのであれば、病院に頼らずに治って欲しいところです。実際に、出産でできてしまった痔に自然治癒の可能性があるかといえば、ないとは言い切れません。

多少時間がかかってしまうとはいえ、出産前後にできてしまった痔は自然に治るともいわれています。

しかし、必ずしも全員が自然治癒するというわけではなく、元々、痔持ちだったママや妊娠中に痔になったママなど人によっては、悪化するケースもあります。

また、治癒するまでの間の痛みも相当なので、自然に任せるのではなく治療を選ぶママもいます。

病院だったら何科を受診するべき?

自然に治る見込みもあるとはいえ、あまりにも痛い場合には我慢せずに病院を受診するのが賢明です。

この際、何科を受診するべきか悩むところですが、妊娠中に痔が発症した場合には、かかりつけの婦人科へ相談、産後の場合には婦人科か肛門科を受診するようにしましょう。

妊娠中や出産後は、まだ女性ホルモンのバランスの関係で、身体は本調子ではありません。体質が妊娠前と変化してしまっている可能性もあるので、痔の専門である肛門科よりも婦人科を受診する方が良いです。

この際、通常であれば診断後に適切な治療、アドバイスを受けることになりますが、専門的な治療が必要と医師から診断されれば、肛門科の医師を紹介されます。

どんな治療をすることになるの?

妊娠中から産後のいぼ痔は治癒に時間がかかるとはいえ、絶対に治らないというわけではありません。ただ、悪化したり、痛みがどうしても我慢できない場合には、病院を受診しましょう。

しかし、病院での治療とはどんなことするのでしょうか。妊娠中はお腹に赤ちゃんがおり、出産後であれば授乳を始めているので赤ちゃんへの影響が心配になります。妊娠中、出産後に考えられる治療法は以下の通りです。

薬の処方

基本的な治療法として挙げられるのが、薬の処方です。治療薬としては、軟膏・座薬・注入軟膏が主に使用されることになります。

いぼ痔の薬はステロイドが含まれた物がほとんどですが、かかりつけの婦人科を受診すれば赤ちゃんに影響の少ない、妊娠中でも産後でも使用できる内容量の薬を処方してもらえるので安心です。

ただし、肛門科を受診する場合には、妊娠中であること、授乳中である旨をきちんと伝えることが大切です。

手術をする場合も

日常生活に支障が出てしまうほど、症状が酷かったりすると医師の判断によっては、手術を行うこともあります。

症状にもよりますが手術を行うタイミングは、産後1ヶ月を経過しているか、会陰切開を行ったママの場合には、その傷が完治してから行うことが多いです。

手術を行う際には日帰り手術、もしくは入院する場合もあり、また、麻酔薬や痛み止めを使用することになるので、術後3日間くらいは授乳できなくなります。

手術後も痛み止めを服用する場合には、服用が終わるまでは、やはり赤ちゃんに授乳できなくなります。

市販薬は使っても良い?

病院でも薬の処方で治療していくことを考えると、自分で市販薬を購入しても良いような気がしてきます。また、ママによっては出産後、育児で忙しく病院へ行く時間が取れないという人もいるでしょう。

しかし、先に触れたように痔の薬にはステロイドを使用したものが多いです。用法用量を守れば、ステロイドを使用しても赤ちゃんへの影響は少ないとはいえ、市販薬によっては、妊娠中・授乳中のママは使用を控えた方が良い薬もあります。

そのため、自己判断で市販薬は使用しない方が安全です。もし、購入を検討している場合には、医師へ確認を取りましょう。

関連記事>>妊娠中にステロイドを使っても大丈夫?ステロイドの基礎知識

出産前であれば、医師へ前もって伝えよう!

出産前であれば、医師へ前もって伝えよう

もし、出産する前からいぼ痔など痔が続いているならば、前もって医師に伝えることが大切です。

出産後だと、育児や家事の両立から時間の融通が利かないのはもちろんですが、出産前からの痔は出産する時に悪化してしまうケースが多いです。

医師に痔持ちであることを相談することで、早めに治療を始めることができます。出産時にイキむタイミングに合わせて助産師さんが肛門を抑えて、脱紅といった、いぼ痔のいぼが肛門の外に出ないように予防してくれます。

悪化を防ぐためにも、出産前からわかっているようであれば、恥ずかしがらずに伝えるようにしましょう。

いぼ痔を悪化させないために

いぼ痔を悪化させないために

出産時にイキまないママはいないので、どうしても痔を完全に予防することは難しいですが、これ以上、悪化させないように対処することはできます。

病院での治療で治すことができるとはいえ、赤ちゃんのこともあるので薬や手術に頼らずに治せるのなら、それが一番です。また、妊娠前から行っておくと産後の痔の予防策になるので、未然にいぼ痔を防げるようにしたいものです。

自宅でもできる、痔への対策は以下の通りになります。

長時間、同じ姿勢でいない

妊娠前から気を付けたいこととして、血行を悪くしてしまうことから長時間同じ姿勢でいないことも、いぼ痔など痔の対策の1つになります。

痔になる理由として、肛門周囲を圧迫してしまうことにより血液が溜まってしまうことが挙げられるのですが、同じ姿勢でいることは、その鬱血を招きます。

また、出産後に痔になった場合でも、同じ姿勢で長時間いないようにするだけで血行が良くなるので、痔の悪化を防ぐことにもなります。

また、姿勢を変えるだけでなく座る時に、ドーナツ型の座布団を使用すると、肛門付近の負担を軽減できるのでおススメです。

水分、食物繊維をこまめに摂取する

妊娠中や出産後は、女性ホルモンのバランスが崩れている関係で便秘になりやすいです。便秘もまた、いぼ痔や切れ痔の原因になるので、そうならないように水分をこまめに摂取し、食物繊維を摂ることも痔の対策になります。

特に出産後は、赤ちゃんに母乳をあげることから、母体が水分不足になりやすいので、毎日最低2リットルは飲むように心掛けましょう。

食物繊維に関しては、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1対2の割合で食べるようにすると良いです。水溶性であればバナナやリンゴといった果物やひじきを代表に挙げることができる海藻類などです。

不溶性であればパセリやトウモロコシなどの野菜、ひよこ豆といった豆類などが挙げられます。食物繊維はこの2つを同時に食べないと便秘になってしまう恐れもあるので、バランスよく食べるようにしたいものです。

また、便秘の解消にはオリゴ糖が効果的です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事も参考にしてみてください。

便意を我慢しない

水分や食物繊維を摂って便秘の予防をするだけでなく、便意を感じたら我慢しないでトイレへ行くのも便秘の予防になります。排便にはリズムがありタイミングを逃してしまうと、このリズムが崩れ便秘になるのです。

特に出産後は、赤ちゃんの相手をしていて手が離せなかったり、授乳中だったりと赤ちゃん中心の生活になり、便意を感じてもママは我慢してしまう傾向にあります。

いぼ痔など痔を予防、悪化を防ぐためにも、なるべく我慢しないようにしましょう。

身体を冷やさない生活習慣

同じ姿勢で長時間いないようにする対策と同様に、血行を良くする習慣を身に付けることも産後の痔の改善には良いとされています。

身体を温める方法としては、半身浴や足湯をするなどゆっくりお風呂に浸かる、産後は骨盤ベルトを身に付けるママも多いです。

さらに、そういった下着で身体を締めつけ過ぎないように気を付ける、授乳時やパソコンをいじっている時など同じ姿勢でいた前後にストレッチを行うなどの方法が挙げられます。

また、散歩など適度に運動をするのも良い方法です。身体を冷やさないようにすることで、血行不良の予防にもなり、自分のできる範囲からで構いませんので、是非、実践しましょう。

肛門に負担をかけない

血流が悪くなっているだけでなく、肛門に負担がかかっているのも痔の原因です。そのため、いぼ痔になっている場合には、辛い物など肛門に負担になる刺激物の飲食は控えることも、痔の対策になります。

また、負担をかけないという意味では、トイレの後、トイレットペーパーで肛門付近を強く拭かないようにしたり、勢いを弱めたウォシュレットで患部を清潔に保つことも大切です。

ただし、ウォシュレットに関しては勢いを調節しているとはいえ、水を直接患部に当てることになりますので、会陰切開の傷が治っていなかったり、いぼ痔など痔の症状が酷い場合には控えるようにして下さい。

まとめ

まとめ

いくつか対策を挙げてみましたが、効果には個人差があり実践をしたからといって、全てのママに効果があるわけではありません。

また、いぼ痔に関しては酷くなってしまうと、ちょっとの刺激で痛みを感じたりするなど症状が悪化してしまう可能性も高いので、痛みを我慢できない場合や不安がある場合には、病院を受診しましょう。

いぼ痔など痔は時間はかかりますが、治療や根本的な対策を行うことで治すことができます。痔であることを告げるのには勇気が必要ですが、早め早めに痔を解消して、楽しい産後を過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる