産後の頻尿に悩んでいませんか?原因と対策を知っておこう!

産後の頻尿に悩んでいませんか?原因と対策を知っておこう!




妊娠中に赤ちゃんにおなかを蹴飛ばされて、尿意を覚えるという方もいますが、産後にも頻尿に悩まされる方はたくさんいます。

産後の頻尿は、他にも尿漏れや夜間に尿意を覚える、尿意切迫感、切迫性尿失禁など症状も人によってさまざまな症状があります。

産後の頻尿は長い期間続くこともあり、お母さんにとって大きな悩みです。

そこで今回は、

・産後にどうして頻尿になってしまうの?
・産後の頻尿は自然に治るものなの?
・産後の頻尿対策を知りたい!

といった方に、産後に起こる頻尿の原因や対策について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊娠初期症状にみられる「頻尿」の原因や改善策と膀胱炎との違い
>>出産後のママによくみられる症状とケア

スポンサードリンク

産後の頻尿の原因は?

産後の頻尿の原因は

まずは、どうして産後に頻尿になってしまうのか、その原因についてみていきましょう。

骨盤の筋肉のゆるみ

産後特有の頻尿を引き起こしてしまう原因として、骨盤の底の部分を支える筋肉が緩んでしまうことが考えられます。

妊娠や出産を経験すると、この骨盤の底にある骨盤底筋という部分に大きな負担がかかります。それはこの骨盤底筋が子宮を支える筋肉でもあるためです。

骨盤底筋が子宮で育っている胎児を常に支えてきたため、想像以上のダメージを受けているのです。この骨盤底筋は子宮の他に膀胱を支える筋肉でもあるため、この筋肉がダメージを受けたことで、膀胱を支える力もなくなってしまうのです。

骨盤底筋が正常に働いているときは、おなかに刺激を受けたりしても、尿意を感じることはありません。尿道間の出口をしっかり締めているため尿漏れも起こらないのです。

ですが、筋肉が衰えていると、少しの刺激で膀胱が大きく揺らされるため、尿意を感じてしまうことになります。

靭帯が伸びてしまう

出産時はおなかの大きな痛みを感じ、力んだり、休んだりを繰り返しながら出産しますが、この子宮を支える腹部(腰部)には骨盤周りの筋肉の他に靭帯があります。

おなかの中には子宮や膀胱、直腸があり、筋肉とこれらの靭帯で正常な位置を保っています。しかし、出産に時間がかかったり、難産だったりすると靭帯は大きく伸びてしまうことがあります。

赤ちゃんが出てこようとして、長時間靭帯を押している状態が続いてしまうと、靭帯は伸びきってしまい、元の状態に戻ることが難しくなってしまいます。

もちろん、すんなり出産できたという方であれば靭帯が伸びきる寸前に出産が終了するため、産後もとに戻りますが、初産の場合は特に出産まで多くの時間を要しますので、靭帯が伸びてしまうというお母さんも多くいます。

また、3500グラムを超える大きな赤ちゃんを出産した場合にも、こうした靭帯の伸びが見られます。これが原因となり、きちんと膀胱の位置が保たれない状態に陥ると、ふとしたことで尿意を覚えたり、少しの刺激で尿が出てしまったりという症状となってしまいます。

ひどいケースでは、子宮下垂(子宮が膣の中に垂れ下がってしまう症状)や子宮脱(子宮が膣から飛び出してしまう症状)に陥ることもあり、こうした症状が見られる場合にもひどい頻尿、尿漏れを伴います。

産後の頻尿はいつまで続くの?

産後の頻尿はいつまで続くの

頻尿の原因を見てもわかるように、頻尿の症状が治まるためには、骨盤の底の筋肉と靭帯の損傷を回復させる必要があります。

ある程度の期間が経過して、自然に回復してくると頻尿を覚える感覚は少なくなり、尿漏れなどの心配もなくなります。ですが、この筋肉や靭帯が元の状態になるのには個人差があります。

すぐに筋力がアップし、靭帯も元の状態に戻り頻尿が治るという方がいる一方、何年たっても、頻尿が治らないという方もいるのです。

そのため、このぐらいの期間があれば、頻尿が治るというはっきりとした答えはありません。もともとの骨盤の筋肉量や靭帯の状態なども大きく関係してくるため、一概にどのくらいとはわからないのが正直なところです。

産後の頻尿は我慢するしかないの?

産後の頻尿は我慢するしかないの

筋肉量や靭帯の状態が産前のように回復しなくては頻尿が治らないというのなら、「時間が経過し、自然と治るまで我慢しなくてはならないの?」と思った方もいることでしょう。

確かに産後の頻尿はその根本原因を治さない限り、薬などで改善できるものではありません。男性の前立せん肥大や膀胱の筋肉収縮が原因で起こる頻尿は、治療薬もありますが、産後の頻尿は筋力の衰えなどが原因のため、また赤ちゃんに授乳をしなくてはならないため、薬などでの治療は行われていません。

「やっぱり我慢するしかないのか?」と思った方も多いと思いますが、いいえ違います。すぐに治療する方法はありませんが、産後の頻尿は改善することができます。

つまり、原因となっている筋肉を鍛え、靭帯のゆるみを改善させることで頻尿を改善していくことができます。次からは頻尿の時の付き合い方、対策と、頻尿改善法を見ていくことにしましょう。

産後の頻尿との付き合い方と対策

産後の頻尿との付き合い方と対策

頻尿は改善できるものですが、やはりある程度の期間は頻尿と付き合っていく必要があります。

外出する際にも「もしトイレが近くになかったら?」「尿漏れしてしまったら?」など心配ですが、どのように付き合っていくのが一番なのかご紹介します。

体を冷やさない

頻尿でないときも、体が寒気を感じてしまうと尿意を覚えることは良くあることです。頻尿の場合でも、寒さを感じてしまうと余計に尿意を感じてしまう原因となってしまいます。

産後は体を冷やすことは良くありません。おっぱいの出をよくするためにも体の冷えは天敵です。頻尿でも同じことです。

産後の頻尿を覚えているうちはできるだけ体を冷やさないよう心がけましょう。おなかや腰にカイロを使うことで冷え対策となりますので、活用してみましょう。

水分量は減らしてはいけない

頻尿で尿意を頻繁に感じているからといって、よくありがちなのが「水分を取らないようにすればいいのでは?」というお母さんです。

ですが、産後は体調を整えるためにも、また母乳育児を心がけるためにも水分の補給は大切です。頻尿を感じたからといって安易に水分量を控えてはいけません。

家にいる間であれば、何度もトイレに行けばいいだけのことですので、水分量を控えるといった間違った対策はしないようにしましょう。

腹圧を欠けない

おなかに力をかけてしまうと、尿意を覚えることになります。また、おなかに力をかけすぎると子宮下垂などになりやすくなりますので、頻尿を覚えている間は、できるだけおなかに力のかかる作業などは控えるようにしましょう。

重いものなどを持つ行為は避け、赤ちゃんを抱く際にも座って行うなど工夫してみましょう。また、強めの補正下着などもおなかに大きな圧がかかりますので、もう少し待ってから使用するようにしましょう。

とにかく産後は大切な時期でもありますので、しっかり休んで体を回復させることを優先に考えましょう。

便秘をしないよう心がける

便秘になり腸に便が溜まると、どうしても膀胱が圧迫されるため、頻尿や尿漏れの症状が頻繁にみられるようになってしまいます。

また、骨盤底筋にも負担がかかってくるため、症状がひどくなる傾向があります。消化の良い食べ物を心がけたり、快便につながる食べ物をメニューに取り入れるなどして便秘にならない工夫をしましょう。

ただし、便秘を改善するために、便秘薬などを使うとおなかに余計な圧がかかってしまいますので、食べ物から便秘にならないよう気を付けるようにしましょう。

また、便秘解消のために腸内環境を改善するのに、オリゴ糖が有効です。オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事では、授乳中のママでも安心なオリゴ糖についてご紹介していますので、参考にしてください。

脂肪酸の多い食事は控える

脂肪の多い食べ物であるファーストフード(ハンバーガー、ポテト、ピザなど)や甘いもの(ケーキ、ドーナッツ、チョコレートなど)はトランス脂肪酸を多く含む食べ物です。

そうした食べ物はおなかを刺激することが多く、消化も悪いため頻尿にとってよくない食べ物です。便秘にもつながる食べ物ですので、控えるよう心がけましょう。

尿漏れパットの使用も考えよう

頻尿で一番心配なのが、うっかり尿が出てしまうことです。女性として恥ずかしいことですので、いくら産後の頻尿だからとはいえ、避けたいとこでもあります。

ですが、頻尿を覚えている時期は、外出中などトイレが近くにない場合や、くしゃみなどでおなかに圧がかかってしまった時に尿漏れすることもあります。

そういったときに役立つのが市販で売られている尿漏れパットです。尿をしっかり吸収してくれるだけでなく、尿の出す嫌なにおいを消臭してくれる作用もあるため、外出時のうっかりにも安心です。

外出する際には対策の一つとして活用してみるのも方法です。サイズも色々ありますので、自分の症状に合わせて選んでみましょう。

産後の頻尿改善

産後の頻尿改善

頻尿は何もしなくても自然に改善されていくこともありますが、お母さんにとって長い間苦しませられることの多い症状でもあります。

また、できるだけ早く完治したい症状でもあります。ここからは、少しでも自身の努力で改善していけるよう、頻尿を改善していくために必要な方法をご紹介します。

ダイエット

産後妊娠中に増えてしまった体重がなかなか減らないという方も多くいますが、おなか周りの脂肪は特に膀胱や腰回りの靭帯、骨盤底筋に負担となりますので、できる限り減らすよう努力しましょう。

ヘルシーな食事に切り替えたり、質の良いダイエット食にして体重を早く元の状態に戻す努力をしてみましょう。そうすることで頻尿の改善につながります。

参考記事
>>授乳中の「酵素ダイエット」の始め方とおすすめの酵素ドリンク
>>産後におすすめの酵素ダイエットの基礎知識と酵素の選び方
>>産後ダイエットの食事メニューの決め方と食事のコツ

骨盤底筋を鍛える運動

骨盤周りの靭帯や筋肉を鍛えることで頻尿は必ず改善されていきますので、運動をしてましょう。筋力を鍛えるのは、「難しいのでは?」「筋トレが必要なの?」と思う方もいますが、そう難しい運動ではありません。

尿道、膣、こう門をしめる運動を毎日の生活に取り入れるだけです。

例えば、料理をしていたり、掃除をしながらお尻をしめる、緩める動作を数回毎日繰り返してみましょう。わずか10回だけでも骨盤底筋が鍛えられ、靭帯も回復していきます。

また、排尿の際に、おしっこを止めたり、出したりと何度か繰り返すことでこれらの筋肉を鍛えることができます。毎日繰り返し、筋力アップを図ることが大切です。

なかなか時間がなく続けることが難しいという方は、赤ちゃんに授乳しているときに軽くおなかを動かしてみるだけでも効果が期待できます。

大変な運動は一つもありませんので、毎日の生活の中に運動を取り入れてみましょう。ぜひ、少しずつ続けてみてください。

時間が取れるようであれば

時間が取れるようであれば次のような運動をしてみましょう。また、子宮下垂、子宮脱などのひどい症状を伴う場合にも次のような運動をしてみると効果的です。

1.仰向けに横になり、肩幅に足を広げ膝をたてます。
2.お尻の穴をしめるように、息を吸いながらそのまま腰を上に持ち上げ、10秒から30秒キープ。
(できる範囲で徐々に秒数を長くしていきましょう。)
3.息を吐きながら、ゆっくり元の状態に戻していきます。

これを一日3回、2セット行いましょう。他の運動と並行して実践することで徐々に症状の改善が見られます。軽い頻尿などであれば1か月~2か月で改善が見られてきますので、あきらめずに続けてみましょう。

膀胱炎に注意

膀胱炎に注意

産後の頻尿だからと、尿意の異変を安易に考えていると膀胱炎だったというケースもありますので、注意が必要です。

膀胱炎はトイレに行って排尿したのに残尿感があったり、尿の終わりに痛みを伴うことがあります。これは産後の頻尿では見られない症状でもありますので、もしこのような症状がある時には、専門の医師に相談してみましょう。

頻繁に尿意を覚える症状が産後の頻尿と似ているため、誤解しやすいですが、原因や治療法も異なります

膀胱炎の場合きちんと治療することですぐに改善が見られますので、残尿感や痛みを感じる場合には念のため医師の診察を受けてみましょう。

まとめ

まとめ

どうでしたか、頻尿について少しは理解できたのではないでしょうか。産後の頻尿は出産を経験した女性の4割から5割が経験する症状です。

頻繁にトイレに行きたくなったり、時には尿漏れしてしまったりと大変ですが、多くのお母さんたちが経験している症状でもありますので、気長に付き合っていきましょう。

骨盤底筋や靭帯をいち早く元の状態に戻し、改善していけるといいですね。毎日少しずつでいいので、改善法を続け、頻尿の症状を治していけるよう頑張ってみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる