産後の乾燥肌

産後ダイエットで乾燥肌に!?美しく潤う肌になるために




出産を終えたにも関わらず、体重が思うように減らない、元に戻らないということに焦って、産後にダイエットする女性が増えています。

ママ芸能人などは産後すぐでも驚くほどのプロポーションを披露することが珍しくありませんので、それを目の当たりにした女性が焦り出すのも無理ありません。

がんばろうと張り切ってダイエットするのはよいですが、産後あまり急激にダイエットすると、肌がボロボロになったり乾燥肌になるという悩みを持つ人がいます。

そこで今回は、

・どうして産後ダイエットすると乾燥肌になるの?
・乾燥肌にならないためにはどうすればいいの?
・お肌のために産後ダイエットで気を付けることは?

といった方に、産後のダイエットを成功させても乾燥肌にはならず、つやつやに潤った美肌を手に入れるためには何に気をつけたらよいのか、詳しくご紹介します。

関連記事
>>妊娠中の肌トラブルどうやって解決するべき?各原因と対処法
>>産後の「肌のくすみ」あきらめないで!その原因と7つの対処法
>>自宅で簡単!様々な産後ダイエットの種類と成功の秘訣
>>産後ダイエットに「ヨガ」が効果的な訳と産後におすすめのポーズ
>>産後ピラティスで無理なく痩せよう!

スポンサードリンク

産後ダイエットすると

出産に向けて女性はおよそ10キロの体重が増えるとされています。赤ちゃんがお腹から出たり、胎盤、羊水がなくなっても、そのことで体重が減るのはせいぜい6キロほどです。

あと4~5キロほどは皮下脂肪や血液が増加したことで増えた体重ですので、出産しただけではすぐに減りません。これを減らそうとするのが産後ダイエットです。

産後ダイエットを特にしなくても、その後家事をしたり、育児をしたりして体力を使うことで1年ほどかけて元の体重に戻っていく人が多いです。母乳育児をする人などは母乳を赤ちゃんに飲ませることで簡単に痩せていきますし、中には妊娠前よりも数段痩せるという人もいます。

1年ほどの時間をかけてゆっくりと体重が減っていく場合は体にもあまり負担がかかりませんし、肌の調子も特に問題はありませんが、産後すぐから3~4ヶ月ほどで急激に体重を落とすような産後ダイエットを行うと体に負担がかかり、肌の調子にも影響してきます。

特に乾燥肌が悩みになったという人が多くなります。急激な産後ダイエットで偏った栄養しか摂らなかったり、カロリーを押さえた食事をしていると、母乳育児している人などは母乳が出なくなりますし、母乳の質が悪くなります。

また、ホルモンバランスが崩れ、妊娠前のようなバランスになかなか戻らないので生理がなかなか再開されないということにもなりかねません。

産後は乾燥肌になりやすい?

妊娠、出産の間に女性の体の中ではホルモンバランスが急激に変化します。妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが急激に増加しますが、出産することに
よってそれらのホルモンは急激に少なくなります。

このホルモンバランスの波が産後の肌荒れ、特に乾燥肌や肌荒れの原因になっているのです。産後3~4ヶ月ほどで生理が再開する人が多いですが、それまではホルモンバランスが不安定ですので肌荒れになりやすいと考えられます。

産後の肌荒れや乾燥肌には個人差が大きいのですが、妊娠前にもともと乾燥肌だったり、トラブルを抱えていた人は、妊娠、出産を機に肌の状態が悪い方向に変わりやすいとされています。特に産後の季節が冬の場合は、乾燥肌に陥りやすくなります。

関連記事>>妊娠中の肌トラブルどうやって解決するべき?各原因と対処法

乾燥肌の原因

乾燥肌というものは、肌の角質の細胞にある水分が徐々になくなったり、脂肪分が少なくなった状態の肌をいいます。

肌の細胞一つ一つに水分があり、潤っていれば肌がみずみずしくなり、弾力のある肌であるといえます。

逆に肌の細胞内に水分が不足してくると乾燥肌になります。乾燥肌にならない為には細胞内の水分を多く保持することが大切になってきます。

産後ダイエットと乾燥肌の関係

ただでさえ産後はホルモンバランスが崩れるので乾燥肌や肌トラブルになりやすくなります。しかし、産後に体重が戻らないことに焦って急激な産後ダイエットをする人がいますが、急激なダイエットは乾燥肌に拍車をかけますので気をつけなければいけません。

きちんと栄養をとって、適度な運動を織り交ぜたプログラムならよいのですが、偏った栄養の摂り方や、カロリー摂取を極力少なくするというダイエットは細胞に水分がいかず、潤いをなくしますので乾燥肌になります。

水分だけが乾燥肌の原因ではありません。例えば脂質は太るからと、ダイエットの時はできるだけ口にしたくない栄養素ですが、全く脂質を取らないというようなことをしていては逆に乾燥肌を招きますし、もっとひどい場合は、脂質を摂らないことで他の病気にもなりかねません。

産後太りを解消するために、無計画に体重ばかりを減らすことに目的を置いてダイエットしていると、体重は減るかもしれませんが、女性の美しい肌をボロボロにする可能性があります。

産後ダイエットをするには、長期間かけてゆっくり体重の管理をしながら肌や体へダメージが及ばないように注意する必要があります。

参考記事
>>自宅で簡単!様々な産後ダイエットの種類と成功の秘訣
>>産後ダイエットの食事メニューの決め方と食事のコツ

産後ダイエットをしながら、美しい潤いのある肌をつくる方法

お肌も体の調子もまだまだ不安定な産後ですが、ダイエットもしつつ、潤いのある肌をつくるにはどうすればいいのかご紹介します。

肌をしっかり保湿する

産後は育児や家事は忙しいのでなかなか自分の肌ケアまでできません。しかし、乾燥肌のケアは何はなくともまず「保湿!」が肝心です。

保湿なくしては乾燥肌は解消できないといえます。保湿の方法ですが、忙しいお母さんは色々なクリームを1日に何度も塗るということはできません。

そこで、どんなに忙しくても、余裕がなくても1日のうち、お風呂上り、洗顔直後には必ず、すぐに保湿することを心がけましょう

本来ならばお風呂から上がって体を拭いたら、下着を付けるまでに顔や体の保湿をすぐに始めて欲しいところです。そうすることで水分のある潤った肌に蓋をすることが可能になりますので一番効果的です。

お母さんが入浴している間、赤ちゃんをしっかり見てくれる人がいると保湿クリームを塗る時間もありますが、そうでない場合も多く考えられます。特に、赤ちゃんをお母さんが入浴する時に同時に入浴させるような場合の保湿は大変です。

まずは、赤ちゃんに風邪を引かせないように体を拭いて産着を着せることが優先されますが、その後なるべく早くお母さんは自分の体を拭いて保湿ケアをしましょう。赤ちゃんの入浴後の用意の横にお母さんの保湿グッズも並べておくとよいでしょう。

時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケアの記事でも、忙しい合間を縫って肌ケアする方法をご紹介していますので、参考にしてください。

早く保湿を完了させるために、保湿クリームは行程の少ないオールインワンタイプのものが便利です。オールインワンでも保湿性の高いクリームは比較的簡単に手に入ります。

また、妊娠前に使っていた保湿クリームでもよいのですが、妊娠や出産によって肌の質が変わってしまって、肌質に合わなくなってしまっているという場合もありますので、出産後再び使用する際は肌質と合うかどうかパッチテストをしましょう。

食事

産後に限らず、ダイエットに食事は重要なポイントです。しかし、通常のダイエットのように、極端に炭水化物をカットしたり、糖質制限をすると体力の回復にはつながりませんので、あまりカロリーなどを気にせずに3食きっちり決まった時間に食べるようにしましょう。

食べるものはなるべく和食にして、一汁三菜を目指します。いくら和食でも毎食お腹いっぱいに食べていては痩せることはできないので、ほんの少しだけ全体の食事量が減るようにしましょう。

それだけでも十分ダイエット効果があるのが産後です。ただし、産後で精神的にイライラしたり、育児でクヨクヨする気持ちを甘いものやスナック菓子で発散しては逆効果です。

甘いものや高カロリーの油モノをたくさん摂取することで血液がドロドロになり、母乳育児をしている人はおっぱいの味が落ちますし、乳腺が詰まってしまう乳腺炎になりやすくなります。

母乳不足に困った場合は母乳がでない!?今すぐ試せる母乳不足の解消法!の記事を参考にしてください。

そういう場合は、低カロリー高たんぱくな食事を摂るようにしましょう。また、肌を乾燥させないために水分をある程度積極的に摂りましょう。水で水分補給するのがいいです。ジュースやお酒では意味がなく、産後にアルコールはおすすめできません。

肌のツヤのために、ビタミンを摂ることも重要です。野菜や果物を食べますが、あまり食べられない場合は、サプリメントなどで補う方法もあります。

参考記事
>>産後ダイエットの食事メニューの決め方と食事のコツ
>>産後におすすめの酵素ダイエットの基礎知識とその効果

睡眠は肌にもダイエットにも大切

寝ることがダイエットにつながることをご存知でしょうか?ただ眠るだけで痩せるのですからこんなに簡単なことはありません。

良質な睡眠を7時間前後取ることができれば、それだけで300キロカロリーほどのカロリー消費ができますし、痩せるホルモンがたくさん分泌されます。

こんなに重要な睡眠でありながら、出産後のお母さんはなかなかまとまった良質の眠りが確保できません。赤ちゃんが夜泣きしたりするとどうしても夜中に何度も起きる必要があります。

潤いのある肌を作るためにも、夜の10時くらいから3時頃までの間はお肌のゴールデンタイムとされており、できるだけ眠ることが重要です。良く眠ってくれる赤ちゃんがいるお母さんはゆっくり眠れるので、ダイエットも美肌も手に入れることができます。

赤ちゃんは泣いて、おっぱいを飲むのが仕事ですので、それがないようにすることはなかなか難しいですが、お母さんが毎日睡眠不足で体調が悪いと、美肌効果以前に毎日の家族の生活も回らなくなります。

出産後のお母さんはなるべく睡眠を取るように、夜の授乳や夜泣きの場合は、たまには家族に赤ちゃんを預けて安心してゆっくり眠ることも大切です。

夜になかなか寝ない赤ちゃんの場合は、お母さんも赤ちゃんと一緒に長時間お昼寝をしましょう。睡眠不足でホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れるのはダイエットにも乾燥肌にもよくありません。

紫外線対策

乾燥肌に紫外線は大敵です。紫外線に当たると細胞が破壊されますので、細胞内の水分が不足して乾燥肌になります。

外出時は帽子や服装、日焼け止めなどを利用して紫外線に当たらない工夫をしましょう。生まれたばかりの赤ちゃんを連れてあまり外出する機会はさほどないと思いますが、一歳近くになって赤ちゃんが活発になってくると公園などに遊びに行くことが多くなります。

お母さんの紫外線対策だけでなく赤ちゃんの紫外線対策も必要ですが、日焼け止めクリームなどはお母さんと赤ちゃんのものを共同で使うとよいでしょう。赤ちゃんも産後のお母さんも敏感肌なので、赤ちゃん用の刺激の少ない日焼け止めクリームが適しています。

産後ダイエットには散歩程度の運動が適していますが、紫外線対策をしっかりして赤ちゃんをバギーに乗せて散歩するとダイエットにも乾燥肌にも良いです。

関連記事
>>産後の肌の急激老化と紫外線の関係とは?日焼け止めでケアして安心
>>赤ちゃんの紫外線対策|日焼け止めの選び方から落とし方まで

育児する部屋の湿度

生まれたての赤ちゃんがいると、どうしても家の中でお母さんと赤ちゃんが一日中家の中で二人きりで過ごすことになります。夏ならば、24時間エアコンで冷房していますし、冬ならば暖房器具で部屋をぽかぽかに温めている場合がほとんどです。

一人目のお母さんは、育児と家事でいっぱいいっぱいなので、お買い物さえ行かずに宅配で食材を配達してもらうというような人も珍しくありません。

1日中、室温が快適に整えられた部屋にいると麻痺してくるのですが、そういった場合、部屋の湿度がかなり低い状態になっていて、空気の乾燥した部屋に1日中いることになります。

乾燥部屋にいるとお母さんだけでなく赤ちゃんのほっぺたも乾燥してガサガサという場合があります。それだけ乾燥している部屋にこもっているのです。

暑い日もあれば、寒い日もあり、雨の日もあれば、雪の日もありますが、一日中家にいるならばせめて1日に何度かはエアコンを止め、外気を部屋の中に入れて空気の入れ替えをしましょう。

部屋の空気が乾燥していると病気にもなりやすいので、清潔で新鮮な空気を部屋に入れるだけでも効果的です。肌の乾燥を防ぐためには、温度だけでなく、湿度もきちんと管理しましょう

ダイエットをしているならば、1日数度は窓を開けて、体を動かすためにも、家の外に出て行ったり、軽い運動をベランダでしてみるのもよいでしょう。くれぐれも赤ちゃんの体温が急激に上がったり、下がったりすることのないように服装に気をつけましょう。

気持ちに余裕をもった育児をすると美容によい

産後は色々と気を使うことが多くあります。自分のことだけを考えていた人が、赤ちゃんの生活の世話を担当することになるのですから、不安や疑問がいっぱいあるのが普通です。

そんな状態の中で、美しさのためにダイエットしたり、潤いのある美肌を目指すということはなかなか大変です。インターネットなどでさまざまな情報を得られる時代ですし、自宅に居ながらにして世界中のモノを手に入れることができます。

産後であっても美しさを追いもとめることが可能な時代ですが、あまりに強く、理想像を追い求めると、自分が苦しくなる時もあります。

育児するお母さんがいつも笑顔で心が健康であることが何よりも大切です。極端なダイエットを目指すのではなく、無理のないダイエットが結果的に潤いのある美しい肌を保つ秘訣になるのではないでしょうか?

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる