高齢出産の産後は不調と苦労の連続!?出産前に準備しておきたいこと

高齢出産の産後は不調と苦労の連続!?出産前に準備しておきたいこと




今や4人に1人は高齢出産といわれる現在。女性の社会進出など理由はさまざまあるとはいえ、初めての出産が35歳以上というのも珍しくなくなりつつあります。

しかし、高齢出産にはリスクが付き物で、それは妊娠中だけでなく産後にもあり、悩むママも多いです。

出産はゴールではなく始まりという言い方もされますが、確かにママにとっては楽しいだけでなく苦労の連続です。

そこで今回は、

・高齢出産って何才から?
・高齢出産の大変なところを教えてほしい!
・高齢出産に向けて準備した方がいいものってある?

といった方に、高齢出産したママの、出産後の体調不良や苦労のあれこれ、産後の過ごし方など詳しくご説明します。

関連記事
>>高齢出産の意外なメリットとそのリスク
>>高齢出産において必要な覚悟とは?不安にならないための心構え

スポンサードリンク

高齢出産のおさらい

高齢出産のおさらい

高齢出産というと、35歳以上の出産を指しますが、定義としては初産の場合に限られ、35歳を迎える前に出産をしていれば、例え2人目以降が高齢出産に当てはまったとしても、高齢出産とはいいません。

また、初産でない場合はたとえ年齢的に高齢であったとしても出産を経験しているため、産道が柔らかいことから出産が楽という話もあります。

ただし、定義では高齢出産とはいわなくても、肉体的な年齢や卵子の老化を考えれば個人差があるとはいえ、リスクはあまり変わらないので注意が必要です。

産後に考えられる不調

>産後に考えられる不調

年齢に関係なく、出産後のママは女性ホルモンなどが妊娠前の状態に戻ろうとすることから、産後の体調に変化が出やすいです。

症状にもよりますが早くて半年から1年、遅ければ2年以上、身体の不調に悩まされることになります。

また、マタニティブルーをはじめとした精神的に不安定にもなりやすいです。これらの不調は高齢出産の場合、個人差があるとはいえさらに症状が酷くなることが考えられます。

考えられる症状はさまざまで、人によって変わりますが、参考までに挙げると以下のような不調があります。

抜け毛が酷い

先輩ママのコメントで多いのが、抜け毛です。

産後の抜け毛は、高齢出産でなくても産後のママが悩む症状の1つとして代表的ですが、20代の出産と30代後半の出産では症状に違いが見られ、やはり年齢が上がれば上がるほど抜け毛も酷くなることがわかっています。

基本的に産後の抜け毛の原因には、身体を元の状態に戻す上で発毛を促す女性ホルモン、エストロゲンが減少することが挙げられますが、女性ホルモンのバランスが戻ることで徐々に落ち着いて新しい毛も生えてくるのが普通です。

しかし、高齢出産になるとその年齢から回復力も弱まってきてしまうため、抜けた状態が長く続いたり、通常よりも抜け毛が酷くなります。

参考記事
>>産後の抜け毛はいつからいつまで?原因と効果的な対処法とは
>>産後の抜け毛対策!授乳中でも安全で効果的な育毛剤と育毛グッズ
>>産後の抜け毛が気になるときにオススメの髪型とスタイリング剤
>>産後の抜け毛に効果あり?美容室でヘッドスパを受けてみよう!

回復が遅い

出産するとママの身体は、少しずつではありますが元の状態へ戻ろうとします。

大きくなった子宮などを元に戻そうとするのですが、これを「産後の肥立ち」といって、個人差があるものの20代のママであれば、大体1ヶ月もあれば妊娠前の状態に身体は戻ります。

しかし、高齢出産となると産後の回復スピードにも変化が見られます。やはり、若いころに比べると体力が落ちているので、その分、回復も遅くなります。

関連記事>>産褥期に無理をしないで!産後の理想の過ごし方

産後うつになりやすい

気分が落ち込む、意味もない不安、不眠などの症状が産後の数週間から数カ月続くとされる産後うつは高齢出産の場合、発症しやすいとされています。

産後うつになりやすい性格として、真面目で責任感が強い、努力家のタイプなどが挙げられます。

高齢出産を経験するママは比較的、会社でも責任のある役職についているなど責任感が強く、うつ病を発症しやすい性格に共通する部分も多いです。

また、発症率から見ても年齢関係なく初産のママで19.1%、35歳以上のママで18.9%という高い結果が出ており、個人差があるとはいえ統計的に見ても、高齢出産と定義される35歳以上の初産のママは産後うつになりやすいです。

産後うつの対策については、出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

産後の苦労あれこれ

産後の苦労あれこれ

産後の心身の不調だけでなく、高齢出産ならではの苦労もあります。

赤ちゃんに会える日を待ち望んでいた妊娠中は、出産後の赤ちゃんとの楽しい新生活をあれこれ想像していたと思いますが、想像と現実のギャップはかなりあります。

もちろん、その苦労も慣れてくれば楽しいのですが、少なからずショックを受けるママも多いです。産後に考えられる苦労については以下の通りです。

ママによっては、苦労というほどのものでもないかもしれませんが、高齢出産その産後の現実を知っておきましょう。

体力がなく、育児についていけない

高齢出産は、体調管理や適度に運動を行うなどして、なるべく体力を作ることが大事です。なぜなら、妊娠、出産に体力を使うからです。

しかし、それは産後も変わりません、むしろ、育児が始まることで妊娠中よりも体力を使います

赤ちゃんが幼稚園に上がるまでの間は、家事と両立しながら育児を一緒に行うことになります。さらに、赤ちゃんが自由に動き回るようになれば、そのパワフルさに振り回されます。

何より高齢出産のママは年齢的に身体の無理が効かなくなり、消耗が激しく、また身体の回復が遅いとされており、産後は体力が続かず、育児についていけないママが多く見られます。

自分の体調管理が疎かに

妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんの心配や高齢出産という理由から、普段なら気にならない風邪などの小さな症状で不安になったり、何をするにも医師に相談する形でした。

しかし、産後は赤ちゃんにかかりっきりになるので、今までが嘘のように自分の体調管理が後回しになります。育児の合間に、と思っていても時間があまり取れなかったり、そんな時間があるならと睡眠に当てるママも多いです。

また、育児中心になって生活が不規則になるのも挙げられます。そういった理由から、産後のママは体調不良になってしまうことが多いです。

家族の高齢化

産後の育児は周りの協力なしには、ママの体力も限界になります。出産後で身体も本調子ではなく、ずっと赤ちゃんのお世話をしていると、ママもストレスが溜まってしまいます。

そのため、ママにも息抜きが求められるわけですが、高齢出産を終えた産後というのは、ママも高齢なら協力してくれる家族も高齢化しているので、サポートが得にくいとされています。

ママも体力的にきついですが、ママの親世代になると、赤ちゃん相手ではもっと体力に差が出てきてしまうからです。その結果、高齢出産の産後は、ママとパートナーで頑張るしかないことも多くなります。

産後の見た目が気になる!

高齢出産だと身体の回復が遅くなるのは先に触れた通りですが、そのせいか見た目にもあらわれます。しかし、きちんとお手入れをしておかないといけないと分かっていても、育児中心の生活では中々、自分のことに手が回りません。

そのため、産後は一気に老けてしまうこともあります。また、高齢出産の産後はママになるということもあって服装で悩む人も多いです。

今までは自分の好きな服を好きなように着てきたものの、ママになると考えると落ち着いた服装の方が良いのか、といった風に見た目を気にする機会も増えてきます。

産後の身だしなみで困ったときは、出産後の身だしなみって?ファッションで気を付けることは?の記事を参考にしてみて下さい。

2人目3人目はどうする?

初めての出産を終え、当分は育児に専念したくなるところですが高齢出産の場合、2人目3人目について早めに話し合う必要が出てきます。

個人差があるとはいえ、卵子の老化など、年齢が上がるごとに妊娠もしにくくなってくるからです。

最近では高齢出産の2人目3人目の妊娠・出産は珍しいことではありませんので、もしもう1人と思っている場合には産後、しばらくは育児といわずに、子作りの準備を始める夫婦も少なくありません。

ただし、赤ちゃんは義務感で作るものではありませんので、1人に愛情を注ぐ夫婦も多くいます。2人目以降を作るかは、夫婦でよく話し合って決めましょう。

産後の過ごし方

産後の過ごし方

更年期障害に直接関係はないとされていますが、産後の養生が悪いとホルモンバランスに影響が出るなど、後々ママの身体に悪影響が出やすくなります。

直接関係ないといわれているとはいえ、高齢出産のママは年齢的に更年期が迫ってきていますから、産後の過ごし方には十分注意したいところ。

産後の養生目安は基本的に、安静にした状態で1ヶ月程度とされ、理想としては2週間は安静、3週間前後で少しずつ家事を始めていき、1ヶ月程で妊娠前の生活に戻るのが理想です。

ただし、高齢出産の場合には体力回復が若い人よりも遅くなる傾向があるので、1ヶ月より少し長めにとると安心です。

産後の長すぎる養生は禁物

高齢出産の場合、1ヶ月よりも少し長めに養生すると良いとされていますが、長すぎるのは禁物です。その分、動かない時間も長くなるわけですから血の巡りが悪くなり、最悪の場合には血栓ができてしまう恐れがあります。

そのため、高齢出産の場合でも産後2~3週間を過ぎたあたりから少しずつ動くよう意識し、起き上がる時間を伸ばしていくことが大切です。

急に動かしてしまうと、慣れていないために身体が思うように動かず、トラブルが起きやすいとされているので、焦らずに少しずつを心掛けていきましょう。

産後を迎える前に準備しておきたいもの

産後を迎える前に準備しておきたいもの

高齢出産の産後は、不調や育児の苦労などを考えると個人差はあれ、妊娠出産以上に過酷なことが予想されます。

むしろ、前述にもあるように育児が始まるとママの体調管理が後回しになってしまうことも多いので、心身に不調があらわれる可能性が高いと思っておきましょう。

しかし、自分の体調がどうなるのか想像できないのが普通ですが、産後に必要なものを予め出産前から準備しておくことはできます。

産後までに準備しておきたいものは以下の通りです。早めに準備を始めて、産後の苦労やリスクを少しでも減らしていきましょう。

簡単に栄養が摂れるものを準備する

出産には出血が伴いますが、その影響からか産後に貧血になってしまうママもいます。また、身体の回復が遅いのも高齢出産の産後の特徴ですから、体調不良にもなりやすく、酷い場合には台所に立つのも難しくなります。

しかし、身体の回復には栄養摂取が必要不可欠。貧血気味であれば、ほうれん草など鉄分が多い食材を小まめに摂る必要もあります。

そんな時に、レトルトのスープや冷凍食品など簡単に作れて、しっかり栄養を摂れるものを出産前から準備しておくと、産後、食事を作れないことがあっても安心です。

また、食事だけでは栄養を十分に摂れない時のことを考えて、栄養剤などの補助食品もあると役に立ちます。

妊活から出産まで必要とされる葉酸は、産後の授乳中のも欠かせません。妊娠中に葉酸サプリを飲み続けていた方はそのまま産後も続けて摂取するのが理想です。

葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングにておすすめの葉酸サプリメントをご紹介していますので参考にしてください。

参考記事>>葉酸サプリはいつからいつまで必要?妊娠期毎の葉酸の役割

妊娠中から体力をつけておこう

産後までにしっかりと準備しておきたいのは、やはり体力です。体力があれば身体の回復も早く、育児をしていても体力のあるなしでは消耗具合もだいぶ変わります。妊娠中から体力作りは始めて欲しいところですが、無理は禁物です。

赤ちゃんのこともありますので、身体に負担がかからない程度にウォーキングや散歩、家で簡単に掃除をするのでも構いません、日常的に運動を取り入れるようにしましょう。

産後は、先に触れたように身体の回復を考えて養生をすることが大切です。体力回復のためにも、よく眠るようにしましょう。

意外と便利?宅配サービス

少し歩けばスーパーもあるし、と思うママもいるかもしれませんが、出産を迎える前に宅配サービスを申し込んでおくと便利です。

理由としては、産後1ヶ月ちょっとは家で安静にしておいた方が良いという理由と、育児に専念すると中々、外出をするのも難しくなるからです。

また、高齢出産の場合には家族の高齢化など、サポートが望めない可能性があります。また、パートナーが仕事で忙しかった場合、ママ1人で全てを行うのは無理があります。

産後は体調不良にもなりやすいので、家まで食材を宅配してくれるサービスに申し込んでおくと気持ち的にも楽になります。宅配サービスの他、産後1ヶ月位は、家事サービスの手配をしておくママもいます。

まとめ

まとめ

若いママの産後に比べて、育児の苦労や心身へのリスクが高くなってくるとされる産後ですが、あくまで統計的に見ての話であって、高齢出産のママの中には元気な赤ちゃんを産んで、産後もパワフルに活動する人もいます。

そのため、高齢出産を理由に過剰に不安になることもありません。不安や心配から考え過ぎてしまうことはストレスに繋がります。ストレスは身体にも心にも良くありませんので注意しましょう。

また、出産前に準備しておきたいものについては、ママによってさまざまです。人によって必要かどうかは変わってくるので参考程度に考えるようにしましょう。高齢出産を知って、自分の産後に備えたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる