産後にアレルギー発症?金属アレルギーの原因と対処法について

産後にアレルギー発症?金属アレルギーの原因と対処法について




出産を終えてひと段落した産後は、赤ちゃんに会えた喜びや無事にお産を終えた安堵感を味わっている余裕もなく、毎日、育児や家事に追われ、何かと忙しい時期です。

また、体調も思わしくない時で、ホルモンバランスをもとに戻そうと、体調や体質が大きく変化する時期でもあります。

そのような産後の体調が変化する中で、妊娠するまではアレルギーと無縁だった人が、突然アレルギー体質になってしまうことがあります。

また、もともとアレルギー体質だった人が、出産してアレルギー症状が余計にひどくなったというケースも。

何の前触れもなく皮膚が腫れ上がったり、くしゃみや鼻水が止まらなくなったりと産後のアレルギーは突然起こります。

アレルギーは、女性が常日ごろ身に付けるアクセサリーで発症することもあり、出産後突然、金属アレルギーになってしまいビックリするママも少なくありません。

そこで今回は、

・出産後に痒くて結婚指輪ができなくなった!
・産後にアレルギーになった原因を知りたい!
・どうすれば産後アレルギーが発症しないようにできるか教えてほしい!

といった方に、産後の体質変化によるアレルギーについてや、金属アレルギーの原因とその対処法を詳しくご説明します。

関連記事
>>出産でアレルギー!?妊娠出産でおこる体質変化の原因と対策
>>産後に体質が変わる?産後の体質変化と出産の関係について

スポンサードリンク

なぜ産後にアレルギーが発症するの?

なぜ産後にアレルギーが発症するの

産後に体質変化が起こるのにはどんな原因があるのでしょう。女性の体は妊娠したときから徐々に変化していきますが、通常出産した後は、基本的に元の体型や体調に戻ろうと自然治癒力が働きます。

お産で開いてしまった骨盤など、矯正することで以前と同じ体に戻る部分もありますが、大抵は女性本来の体に戻るようになっています。

しかし、妊娠・出産という大仕事をこなしたことで、体質が変わることもあります。

産後にアレルギー体質に変化する主な原因ははっきりとしておらず、ホルモンや免疫に関係する他、精神的なことも作用しているため、原因を究明するのは難しいのが現状です。

一度アレルギーが発症しても、育児がひと段落して落ち着いたら、症状が改善したということもあります。また、病院でアレルギー検査をしても、原因が特定できない場合も少なくありません。

産後アレルギーの原因とされる主な要因

産後アレルギーの原因とされる主な要因

一般的にはこれから挙げる3つが、産後アレルギーの原因ではないかといわれています。その人の症状や環境、産後の体調によっても異なりますので、必ずしも当てはまるわけではありません。

ですが、体質変化を起こす要因とされているので、産後アレルギーを発症しないよう、事前に気をつけることはできます。また、要因を知っておけば、症状の悪化を防げるので参考にしてください。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠・出産で必ずといって良いほど、トラブルの原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れです。産後も例外ではありません。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが存在しますが、この2つのホルモンのバランスが崩れることでさまざまなトラブルが引き起こります。

特に出産後はエストロゲンの減少が激しく、分泌量が著しく減るため、肌の張りや保水力が失われるなど、肌表面がデリケートな状態です。

洋服のタグや肌が繊維に当たって起こるごく小規模な摩擦、ウエストなどゴムの圧迫によっても過敏に反応してしまい、蕁麻疹が出ることもあります。

この症状は、エストロゲンが増えたからといって、改善されるのではないのが難点です。

エストロゲンが過剰分泌されることで、蕁麻疹を引き起こす原因となる皮膚の肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれる)を刺激してしまいます。

さらに、痒みを引き起こす作用がある「ヒスタミン」という物質が放出されるので、結局、蕁麻疹の症状が出ることになり、悪循環となります。

参考記事
>>妊娠中・産後の敏感肌に注意して!控えたい化粧品の成分とは
>>急な肌トラブル!女性ホルモンと肌の関係~妊娠、産後編~

このような敏感肌の状態となっているところに、複合的な要素が加わり、アレルギー反応が出る原因となっている可能性があります。

免疫力の低下

トラブルの元となっている女性ホルモンのバランスが崩れると、同時に自律神経も乱れやすくなります。

自律神経は免疫力に深く関係していますので、異常が出ると免疫細胞に影響が及び、免疫力自体が低下します。

出産を終えた後は、なるべく早く体力を回復させるよう、安静と程度な運動を指示されるかと思いますが、免疫力が落ちている上に体の回復が遅くなることで、さらに外部からの影響を受けやすい状態となってしまいます。

また、元々アレルギー症状のあった方が、産後に症状がひどくなるのにも、この免疫が関係しています。アレルギー症状というのは、免疫の過剰反応によるものです。

妊娠中は、あえて免疫力を低下させることで、お腹の赤ちゃんを異物として攻撃しないようにしているので、産後、体力の回復と同時に免疫力が元に戻ったときに、元から持っているアレルギーに対する反応が強く出る場合があります。

結果的に、症状がひどくなったと感じ、元々アレルギーのなかった人も、これまで症状で反応が出なかっただけで、元来持っていたアレルギーが抑えられず、出産を機に強いアレルギー症状となって出てくる場合があります。

不規則な生活

生活面についても、妊娠期間中はよく注意されることですが、アレルギー症状については直接の原因になるわけではありません。

しかし、睡眠不足や栄養バランスの悪い食生活など不規則な生活をしていることで、ただでさえ回復しにくい産後の体に負荷をかけてしまい、さらに免疫力を低下させる要因となってしまいます。

他にも、家事や育児の疲れやストレスも、産後のアレルギー発症に関わってきます。赤ちゃんとの生活が始まり、新しい日常になかなか慣れないことも多いと思いますが、産後は体力の回復も重要な課題です。

ホルモンバランスを整えたり、免疫力を上げることで産後のアレルギーは防ぎやすくなります。

産後のアレルギーにはどんな特徴がある?

産後のアレルギーにはどんな特徴がある

産後のアレルギーは大きく2つの特徴のものに分かれます。

・ある特定の食品を摂取したり、薬を服用することで引き起こされるアレルギー性
・アレルギーの原因にもなっている不規則な生活や疲れ、ストレスによってアレルギー反応が出てしまう非アレルギー性

アレルギーの種類には、湿疹・蕁麻疹、鼻炎、アトピー、喘息などが挙げられます。また、産後に発症するアレルギーの場合、疲れなどによる非アレルギー性によって、アレルギー症状が出ることが多いです。

産後の体質変化によるアレルギーなのか、それとも別の原因でアレルギー症状を発症したのかは、はっきりと特定できないのが現状ですので、症状がひどい場合は、病院を受診しましょう。

産後アレルギーの場合は、病院でも原因が特定できないことはありますが、薬の処方などで症状を抑えることはできます。

ピアスや結婚指輪がつけられない金属アレルギー

ピアスや結婚指輪がつけられない金属アレルギー

金属アレルギーになると、ほとんどのアクセサリーが付けられません。

女性はアクセサリーをつける習慣や機会が多く、ネックレスやブレスレットなどの金属製のアクセサリーはもちろん、いつもつけているピアスがつけられなくなります。

さらに、結婚指輪に反応して皮膚が痒くなったり、普段付けているお気に入りのアクセサリーが使えなくなってしまいます。

しかも、症状がひどい場合には、身近な金属部品にもうかつ触れられない状況になってしまうので、重症化するのは防ぎたいアレルギーです。

金属アレルギーは、元々アレルギー要素を持っていた人だけではなく、妊娠・出産を機に誰にでも引き起こるものです。突然発症して、病院で調べてもらうと金属アレルギーだったということは少なくありません。

金属アレルギー反応が起こる原因は、汗などで溶け出した金属と、体内のタンパク質が結合してアレルギーの要因となる物質が作られ、アレルギーの元となる物質「アレルゲン」を、体が追い出そうとして過剰攻撃してしまうことにあります。

その結果、アレルギー反応として肌が痒くなったり蕁麻疹が出たり、腫れ上がってしまったりという症状が出ます。

出産後、もしかして金属アレルギーかもと感じても、症状がひどくない場合には受診は必要ないかもしれませんが、それ以上アレルギーを悪化させないよう、日々の生活の中で対策していくことが重要となります。 

金属アレルギーは重症化しないうちに

直接肌に触れる金属製のものは、アクセサリー以外にも多くあります。時計やベルトのバックルなど、場合によってはカバンの金具などが触れるだけでも、アレルギー症状を引き起こします。

そして盲点なのがメイク道具です。日常的に使用しているビューラーもニッケルが使われているため、まつげを上げる際に肌に触れてしまうとまぶたが腫れ上がってしまう、ということも実際に起こります。

化粧品にも、酸化鉄に含まれたコバルトなどが含まれていることがあり、そういったわずかな金属に反応してしまうほど、症状が重症化する危険性もあります。

そうなると、金属製品にはまったく触れられないことになるので、金属アレルギーを発症した時には、悪化しないための対策をきちんととることが重要です。

産後の金属アレルギーを防ぐポイント

産後の金属アレルギーを防ぐポイント

産後に金属アレルギーを防ぐためのポイントは3つあります。詳しく見てみましょう。

金属の素材を選ぶ

金属アレルギーでは、「この金属は大丈夫でこの金属はダメ」というような判断ができません。どの金属でアレルギー反応が出るかはその人の体質によるところが大きく、症状の出方についても個人差が大きいというのが現実です。

しかし、汗で溶けやすい金属は、金属アレルギーに対してリスクが高まることは知られています。一般的には、チタン・銀・プラチナ・金・亜鉛では、比較的金属アレルギーが出にくいとされています。

金属アレルギーに対応したアクセサリーは、チタンを使用しているものが多いです。ただし、チタンは汗で溶けにくいから「金属アレルギーを起こしにくい」だけで、チタンでアレルギーを起こす人もいるので、必ずしも大丈夫とはいえません。

現代ではアレルギー体質の人が多く、金属アレルギーを持つ人も少なくありません。そのため、金属アレルギーに対応したアクセサリーも手に入りやすくなっています。

どの金属でアレルギー反応がでるのかを知ることで、アクセサリーをつけることは可能です。まずは、反応する金属を病院で調べてもらいましょう。

長時間アクセサリーをつけない

アレルギー症状が軽い方であれば、短い時間でのアクセサリーなどの着用はできます。しかし、やはりアレルギー物質に長く触れてしまうと症状は悪化してしまいます。

それまで症状が軽かった人でも、長時間の使用によって、アレルギーがひどくなる可能性は十分にあります。

金属アレルギーは汗で溶け出した金属へ反応して起こるものなので、長い時間肌が金属に触れているということは、金属が汗に触れている時間も当然長くなります。

つまり、金属に触れている時間が長ければ長いほど、金属アレルギーを発症する確率が高いです。特にピアスや結婚指輪は、お風呂に入るときもつけている人もいるかもしれません。

しかし、特定のアクセサリーを付けていることが日常的になっている人は、産後は定期的に着用時間を短くするか、着用を一旦控えてみましょう。

肌の保護

私たちの生活は思った以上に金属製品に囲まれています。アレルギーを引き起こす元になるものは、なるべく避けたいですが、まったく金属に触れない生活を送るのは難しいです。

そこで、金属アレルギーの発症を予防するには、直接的に金属に触れないよう肌を保護することが大切です。

手や腕など、肌が直接金属製品に触れそうな体の部分に保護剤などを塗っておき、肌にバリアを作ります。そうすることで、肌が直接金属に触れずにすむため、金属アレルギーの症状を抑えることができます。

外出などでアクセサリーをつける際には、その部分に保護剤を付けてから着用することをおススメします。出かけている間は、症状が抑えられます。

金属を完全に遠ざけるのは難しい

金属を完全に遠ざけるのは難しい

金属アレルギーの発症を抑える対策としては、まずはアレルギー反応の原因となる金属製品の着用を控えることが重要です。

冠婚葬祭などの場面では、どうしても身に付ける必要も出てくるかもしれませんが、そのようなときには保護剤で肌を守るなど、直接皮膚に触れないように気をつけます。

そして、身につける金属にはアレルギーが出にくい素材選び、長時間の使用は控えることも大切です。産後の金属アレルギーでは、結婚指輪が痒くなりだしてアレルギー発症がわかったという場合も多くあります。

指輪をとっても症状が収まらない人は、指輪以外にも継続的に金属に触れている可能性があるため、毎日の生活の中での行動や着ている洋服、普段から使っているカバンや時計などを疑ってみましょう。

すべて確認したけどわからなかったという人が、高校生の頃からつけているピアスを、病院で指摘されてようやく気がついたという失敗談もあります。

気がついていませんが、私たちの生活の中には金属製品が非常に多く、日常的にアクセサリーを付けていない人でも金属に触れている機会がたくさんあるのです。

産後はアレルギーが発症しやすいということを知っているだけで、心構えが随分と違いますので、事前に防げるようにしておきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる