産後の再就職は難しい!?ママの再就職事情と働き方について

産後の再就職は難しい!?ママの再就職事情と働き方について




産前産後の育児休暇を認める企業も増えてきたとはいえ、時間の融通が利かないなどの職場環境や育児に専念したいという理由から妊娠、出産を機に退職する女性はいまだ多いです。

しかし、一旦は退職して専業主婦になっても、経済的な理由や子供が幼稚園、小学校へ入学したら再就職したいと思っているママもいるはず。

ただ、妊娠・出産前までバリバリ働いていたママでも、再就職は難しいといわれているのが現状で、そのためか、妊娠したママの中には喜びもある反面、仕事のことで悩んでしまうケースもあります。

そこで今回は、

・産後の再就職は難しい?
・産後に再就職できたママの共通点は?
・産後に再就職しやすくするには?

といった方に、産後ママの再就職について詳しくご説明します。

関連記事
>>仕事と育児を両立する9つのコツ!産後の職場復帰もこれで安心
>>妊婦さんは仕事をいつまで続けるべき?産休と通院休暇について

スポンサードリンク

そもそも、何で妊娠を機に退職してしまうの?

そもそも、何で妊娠を機に退職してしまうの

妊娠・出産に際して、仕事を辞めてしまうママはあるアンケート調査で全体の43%もいたことがわかっています。

理由としては職場環境の育児に対する理解がない、時間の融通が利かないなど理由はさまざまですが、中には企業に産休制度があったにも関わらず退職してしまうママもいます。

再就職を考えるのであれば、そういった制度を利用すれば良いことのように思えますが、実はまだ産休制度が充実しているのは大企業の一部でしかありません。

また、産休制度があったとしても、職場的にその制度を使いにくかったり、使用できたとしても会社側の受け入れ態勢が十分に整っていないというのが現状で、結局、退職せざるを得ないというママが多いのです。

産後の再就職が難しい理由

産後の再就職が難しい理由

職場の理解が得られない、育児と両立できるかわからないなど退職する理由はさまざまですが、泣く泣く退職をしてしまったママほど、社会復帰への意欲は高いです。

ある程度時間に余裕が持てるようになったというのもあり、また、晩婚化の原因にも挙げられるように女性の社会進出が当たり前のようになってきていますから、再就職はしやすいようにも感じられます。

にも関わらず、産後の再就職が難しいのはどうしてなのでしょうか。

条件に合う保育園がない

ニュースで取り上げられるほどの社会問題となっている保育園の少なさ、そして保育園が近くにあったとしても倍率が高かったり、空きがないということから、働きたくても子供を預けられないことが、再就職の難しさの原因の1つに挙げられます。

やはり、働く時間が取れても、その間に子供の面倒をみてくれる人がいなければママも働くことはできません。

また、保育園が近くにあっても、場所によってはママの思う時間まで預かってもらえなかったり、場所が遠いなど、ママの条件に合う保育園が身近にないというのも理由です。

急な事態に対処できる人が身近にいない

たとえ保育園に入れて、子供を預かってもらえる時間ができたとしても、再就職への障害が消えたわけではありません。

子供が急に熱を出してしまうこともありますし、他の子供達と遊んでいてケガをしてしまうことも少なくありません。

そうなってしまうと、早退という形が取られる場合が多く、ママが働いている時間であったとしても呼び出しがあります。

万が一のことがあっては大変なので、ちょっと子供の体調が悪いだけでも連絡する保育園もあります。

保育園に預けるくらいですから、ほとんどのママはそんな時に代わりに迎えに来てもらえる人がいないことが多く、そのため、早退や欠勤をしなければならなくなってしまいます。急な事態に対処してくれる人が身近にいないこと、それもまた再就職を難しくしています。

産後は再就職できないと考えるべき?

産後は再就職できないと考えるべき

上記の理由や、育児中は子供中心の生活になるために、ママが体力的にキツイことなどを考えると、再就職は難しいどころか、できないような気がしてきてしまいますが、そんなことはありません。

実際、再就職を果たしているママは多く、その仕事形態はパートだけでなく正社員へ復帰して働いているママもいるのです。

また、私生活と両立しやすいという理由から派遣社員として働くママも増えてきています。出産をして子供ができると、妊娠前のようには上手くいかないことももちろんありますが、絶対再就職ができないというわけではありません。

再就職ができたママには共通点がある!?

再就職ができたママには共通点がある

産後に再就職は絶対できないというわけではありませんが、再就職がすぐにできたママとできないママに違いがあります。

実際に、産後に社会復帰ができたママには共通の特徴があるといわれています。その共通点は以下の通りです。

再就職できたママの特徴の中には、元々の仕事が関わっている点もありますので、全てを真似できるわけではありませんが、再就職が上手くいった共通点を参考に、今後の就職活動に役立てていきましょう。

離職期間が短い

産後のママの再就職率は、出産してから4年以内の再就職が全体の4割を占めています。

これだけ見ると、再就職できる可能性は高いように感じますが、残りの半数以上は再就職までに7年以上かかったというママが28%もいて、更に、離職期間が長ければ長くなる程に正社員としての再就職が難しくなり、パートとして働く人が全体の約9割を占めています。

つまり、離職期間はママが再就職するにあたって重要なポイントということになります。実際、再就職できたママの多くは離職期間が短いのが特徴で、社会復帰することができたママの65%が出産後、2年以内に再就職しているとされています。

子供の預かり先を確保できている

再就職が難しい理由にも挙げましたが、働いている間の子供の預け先をしっかり確保できているママも、再就職ができたママの特徴の1つです。

これは保育園だけでなく、幼稚園や学童、託児所も挙げられますし、子供に緊急事態があっても代わりに迎えにきてくれるといった家族の協力があることも当てはまります。

やはり、預け先を確保できているというのは、ママ自身も安心して仕事に取り組めるだけでなく、企業としても安心して仕事を任せられることになりますので、再就職において大きなポイントになります。

また、再就職を決めることができたママの中には、託児所が完備されている企業を再就職先に選んでいる場合もあります。

前職が専門職!

この共通点ばかりは妊娠前までママが勤めていた職種に左右されるので、参考にならないかもしれませんが、再就職に成功したママの特徴として、前職が歯科衛生士や介護師、IT系や看護師などの専門職に務めていたことも挙げられます。

特に、看護師やコンビニよりも歯科医院は増えていることから歯科衛生士の求人は多く、引く手あまたです。また、専門職ということで、離職期間が長かったとしても関係なく短期間で再就職できる可能性が高くなります。

以前と同等の待遇で働けることが多いのも専門職の強みです。

再就職先に高望みをしていない

働きたいという意欲もあるからこそ再就職を目指すわけですが、やはり早めに再就職できたママは高望みしていない人が多いです。

離職期間や専門職に務めていたかなどの個人が持つスキルによって分かれてくるとはいえ、一般的に再就職するにあたり妊娠前と同じような賃金、待遇で必ず働けるとは限りません。

特に大企業に務めていたりキャリアを持っているママに陥りがちなことですが、あまり前職の成績にこだわり過ぎてしまうと、離職期間も長くなるだけでなく、再就職もしにくくなってしまいます。

産後のママが再就職するにあたり、できる事はある?

産後のママが再就職するにあたり、できる事はある

産後のママでも、子供の預かり先が決まっているなど再就職できる環境さえ整っていれば、社会復帰をすることは可能です。

また、再就職できたママの共通点にもあるように、待遇や仕事に高望みをしなければもっと早く見つかる可能性だってあります。しかし、退職してから2年以上のブランクがあったり、手に職を持っていない場合、再就職は難しいような気がしてきてしまいます。

パートや派遣社員ではなく、今までのように正社員を目指していきたいと思っている場合、産後のママにできることはあるのでしょうか。

パート、契約社員から正社員を目指す

正社員に絞って就職口を探すのではなく、パートや契約社員から始めて正社員を目指す、正社員登用制度という方法があります。

この制度はすぐに正社員になれるわけではありませんが、個人の頑張りや努力次第でゆくゆくは正社員になることができるのです。

この制度を設けている企業は多く、離職してから時間が空いてしまったママでも、パートなどの非正規雇用から始められるので徐々に仕事に慣れていくことができます。

ただし、全ての企業がこの制度を導入しているわけではありませんし、最悪の場合、名ばかりの制度を謳っている企業もあるので、正社員登用実績を確認するなど注意が必要です。

公共職業訓練などでスキルアップ

公共職業紹介所であるハローワークに行く必要がありますが、公共職業訓練や求職者支援訓練を受講して、ママ自身がスキルアップするのも、再就職しやすくなるポイントです。

テキスト代など一部負担はあるものの、ほぼ無料で受講することができ、専門の資格を取得することもできます。

また、訓練を行う際には、職業能力開発センターもしくは国や都道府県が運営する職業訓練学校と呼ばれる職業能力開発校に行く必要があるのですが、一定の条件を満たしていれば給付金や通学費、失業手当などを受給しながら訓練することができます。

ただし、やみくもに活動を行っても意味はありませんし、申し込みには指定の書類などが必要になりますので、最寄りのハローワークに相談し、自分に合った訓練を受講して下さい。

資格の取得

先に触れたように、手に職を持っているのは産後のママが再就職するにあたって、大きな強みです。

専門職によっては、資格を持っているだけでなく経験がものをいう職業もありますが、社会復帰をするにあたり、看護師などの医療系、介護などの福祉系の資格を取っておくというのも、再就職しやすくなります。

今では、学校に通い直さなくても通信教育で取得できる資格もあり、前述にある訓練校に通って資格を取るというのもアリです。

就職活動を再開するまで、育児の合間に勉強をして資格を取っておくのも良い方法です。

紹介予定派遣の活用

紹介予定派遣とは、紹介予定派遣制度のことで一定期間派遣社員として働いて、その後、企業とママ自身がお互いに納得すれば正社員になれる制度です。

パートや契約社員と異なり、実際に働いてみてから入社するかを判断することができ、多くはありませんが大手の求人も出ているのが特徴です。

また、離職期間が長く、ブランクがあるママでも1年程度は様子を見ることになるので、慣れてから正社員になることができます。

ただし、その間に企業も正社員として相応しいかどうかチェックしているので、場合によっては正社員になれない可能性もあり、気持ちだけでなく働きぶりも大事になってきます。

子供は寂しくないの?

供は寂しくないの

ママの幸福度を調査したアンケートでは、働くママの幸福度は高い傾向にあり、逆に主婦に徹しているママの幸福度が一番低かったことが調査でわかっています。

働いているママは余裕がなくなってきそうに思いますが、日々が充実していれば自然と笑顔もこぼれてくるのです。ただ、再就職するにあたり、不安になってくるのが子供のこと。

それは預け先がどうというわけではなく、やはりママとしては子供が帰って来ても家にママがいないというのは可哀想なのではないかと思ってしまいます。

しかし、子供にとっての一番の幸せは、ママの笑顔。子供が可哀想だから働けないと思わずに、自分が充実感を持って生活できる方法を選びましょう。

続けられる仕事を選ぶのが大切

続けられる仕事を選ぶのが大切

産後のママが再就職したいと思ったら、やはり育児に理解がある職場や残業時間が少ない、通勤時間がかからないなど、育児と両立できるような職場を探すママが多いと思います。

また、就職できるなら高望みしない、というママもいるでしょう。しかし、仕事探しの最大のポイントは自分がその仕事を続けていくことができるかどうかです。

いくら、再就職をできたとしても継続できなければ意味がありません。もちろん、自分の中の条件を下げることも仕事探しのポイントではあるのですが、もし、好きなことや趣味があるのであれば、それを基準に職場探しをすることも大切です。

育児との両立をしながら働くのは大変ですが、好きなことであれば苦労もそれほど感じません。とはいえ、妊娠前と異なり、自分の趣味だけで選べないのが産後の再就職というものです。

しかし、だからといって就職できればどこでも良いと思うのではなく、自分に合った職場を良く調べて選ぶことが大切です。

産後の再就職は難しいイメージですが、絶対就職できないわけではありませんので、ハローワークなどを頼りながら自分のペースで職場探しをして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる