産後もお寿司は食べたらダメ!?考えられる影響と食べる時の注意点

産後もお寿司は食べたらダメ!?考えられる影響と食べる時の注意点




食欲も徐々に戻ってくる産後は、食べたい物がたくさんあるのではないでしょうか?

妊娠中だと食べ物や飲み物に制限が出てしまったり、つわりの影響で食べたくても食べられなかったりしますから、食べたいと思う物を食べているママも多いかもしれません。

しかし、産後でも食べるのを控えた方が良い食べ物が存在します。その代表的な食べ物がお寿司です。

そこで今回は、

・産後にお寿司を食べてはいけないの?
・産後にお寿司を食べるときは何に注意したらいいの?

といった方に、産後にお寿司を食べるのを控えた方が良い理由や、お寿司を食べる際の注意点について詳しくご紹介します。

関連記事>>妊婦さんと生魚。妊娠中に寿司や刺身は食べても大丈夫?

スポンサードリンク

産後にお寿司って本当に食べちゃダメなの?

産後にお寿司って本当に食べちゃダメなの

正確には、出産後にお寿司を食べてはいけないわけではありません。病院やクリニックによっては出産祝いの食事としてお刺身が振る舞われたりしますので、産後にお寿司を食べたからといって何か問題が起きるわけではありません。

出産後のお寿司を含む生ものの扱いに関しては厚生労働省の注意事項にも記載されており、妊娠中は不安視されたマグロの水銀量なども、授乳になれば赤ちゃんへ移行する水銀量は低いと考えられており、対象外となっています。実際のところは食べたいと思えば、お寿司も食べても良いのです。

産後にお寿司を控えるべき、その意味は?

産後にお寿司を控えるべき、その意味は

しかし、食べる分には問題ないとされる割に産後について調べてみるとお寿司は控えた方が良い、食べない方が良いという注意をよく目にします。ママの中には「授乳中はお寿司を食べてはいけない」というのを聞いたことがあるママもいます。

産後のママの質問サイトを調べてみても、お寿司を食べるのが大丈夫といわれている反面、不安視しているママは多くいます。何故、お寿司はそういった注意喚起が多いのでしょうか。考えられる理由としては以下の通りです。

お寿司を食べると乳質が悪くなる

特にサバなどの青魚や脂肪分の多いアナゴ、トロなどの寿司ネタをママが食べることで母乳が魚臭くなったり、乳腺詰まりが起こるなど、母乳にトラブルが起こりやすい傾向にあります。

元々、母乳はママが食べたものによって味や質が変わるとされています。甘くなったり苦くなったり、サラサラなものやドロドロなものなど母乳の状態はさまざまで、ママが口にするものによっては母乳がまずくなることもあり、赤ちゃんが嫌がって飲まなくなってしまうこともあります。

そうした食材は「乳質を低下させる食べ物」とされるのですが、お寿司もその中の1つ。その魚臭い匂いはママでもわかるくらいなので、赤ちゃんのことを考えると控えた方が良いというのもわかります。

食中毒、ノロウィルスの危険性

食中毒にしてもノロウイルスにしても、その原因は細菌やウイルスです。お寿司を食べることで食中毒になってしまう確率は低いとされているとはいえ、絶対ないとは言い切れません。

食中毒による影響でママの体内に侵入した細菌などが、赤ちゃんに移行してしまう心配はありませんが、食中毒になるとママが大変です。嘔吐や下痢、高熱、脱水症状が出てしまうこともあるので、母乳を赤ちゃんにあげているどころではありません。

また、食中毒になってしまうと、ママは授乳中のため産後でも薬には使用制限があります。最悪の場合、赤ちゃんに断乳してもらうケースもあるようなので、その危険性があることも考え、お寿司は控えるようにいわれている部分があります。

お寿司を食べると身体を冷やす

母乳育児をしていく上で、冷えは是非とも避けたいところです。母乳は血液で作られているので身体を冷やしてしまうと血流が悪くなるだけでなく、母乳の出を悪くしてしまったり、母乳過多と呼ばれる、母乳が出過ぎてしまう状態を招くこともあります。

乳腺炎などのトラブルにも繋がりやすくなってしまいます。お寿司は生魚が含まれていますから、大半の寿司ネタはママの身体を冷やしてしまうことになります。

身体に影響が出てしまうほど、お寿司を食べてしまうママはあまりいませんが、母乳の質と量が左右されてしまうことを考えると、お寿司は控えた方が良いという話に繋がってくるのです。

赤ちゃんが魚アレルギーである可能性

お寿司だけでなく魚を使用している料理全てにいえることですが、魚の中にはアレルゲンになりやすい種類もあります。

お寿司に関しては加熱もせず生で魚を使用しているのも良くない原因の一つです。アレルギー反応を起こす原因となるアレルゲンは、母乳に移行しやすいとされており、特に食物アレルゲンが移行する時間は1~5時間ほどといわれています。

アレルギー体質は遺伝的要素が強いとされているので、お寿司を食べたからといって魚アレルギーになるというわけではありませんが、赤ちゃんがアレルギー体質を持っていた場合にアレルギー反応が出てしまう可能性は高くなります。

お寿司で使用される魚で注意をしたいのは、サーモンやまぐろ、サバなどになります。母乳に含まれるアレルゲンの量はわずかで、反応がないか軽い症状で終わる場合が多いとされていますが、赤ちゃんのことを考えると摂取には気を付けたいところです。

食べる時に注意したい寿司ネタ

食べる時に注意したい寿司ネタ

産後にお寿司を食べるのを控える意味がわかったところで、ここでいくつか授乳中は控えたい寿司ネタを紹介します。先にも触れたように断食する必要はありませんが、産後のママは母乳などの影響も考慮して、量や調理方法に注意して食べましょう。

カキはノロウイルスに注意

カキを食べる時に気になるのがノロウイルス。前述にもあるようにママが感染してしまったからといって母乳から赤ちゃんに移行する心配はありませんが、感染力がとても強いのでママの手など別の形で赤ちゃんへ移ってしまう可能性は否定できません。

そのため、感染してしまった際には手洗いや消毒を徹底する必要があります。また、生のカキを食べることで食あたりになってしまうケースもあります。

カキは海のミルクという別名があるほどビタミンや亜鉛、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれており、産後のママには母乳の分泌を促してくれる嬉しい食材なので、ぜひお寿司を食べる際には摂取して欲しいところですが、食べる時は生ではなく加熱調理されたネタを選ぶことが大切です。

うなぎは量に気を付けて

脂ののったウナギは好きな人も多いですが、産後のママには母乳に良くない食べ物として挙げられています。

アナゴと同様、脂肪分の多い魚に含まれるので、食べることで母乳が出にくくなったり、その母乳を飲んだ赤ちゃんに蕁麻疹や下痢などの症状が出てしまったりすることもあります。

ただし、ウナギに関しても食べたらいけないというわけではなく、食べ過ぎてしまうことで乳腺炎などの母乳トラブルが起きてしまうとされています。産後のママはお寿司でウナギを選ぶ時、食べる量に気を付けましょう。

関連記事>>妊娠中はうなぎはダメなの!?妊娠中のビタミンAの摂取法

マグロの脂肪分に注意

妊娠中であれば、マグロに多く含まれる水銀に注意が必要でしたが、産後であれば毎日の摂取、大量に食べることもなければ、赤ちゃんへの影響を心配する必要はないとされています。

ですが、注意して欲しいのがトロに挙げられる脂肪分で、ウナギと同様にマグロを食べることは母乳の質を下げてしまうだけでなく、乳児湿疹の原因になるとされています。

マグロはお寿司の定番ネタですし好きなママも多いはず。徹底的にマグロを避ける必要はないですが、食べるとしたら週に1回、お寿司で食べる場合には少量で抑えるようにしましょう。

サバはアレルギーに要注意

サバは魚に青と書くように、青魚の代表に挙げられる魚です。産後のママの体験談を調べてみても、サバを食べたことで母乳が魚臭くなったり、サバ独特の匂いを感じたというママは多くいます。

サバに関しては赤ちゃんだけでなく、ママがサバに反応してしまうサバアレルギーの心配もありますし、脂肪分もたくさん含まれていることから母乳トラブルが起きてしまうこともあります。

サバはお寿司でなくても、焼き魚や煮つけにするなど調理方法を変えても母乳が臭ってしまう魚とされています。赤ちゃんが母乳を飲むことを嫌がる素振りを見せなければそこまで心配しなくても良いですが、赤ちゃんがサバ臭くなってしまうこともあります。

避ける必要はありませんが、産後はママの免疫力も下がっている時期なのでアレルギーも起きやすいため、お寿司でサバを食べる場合には体調に注意し、量も控えることが大切です。

産後にお寿司を食べる時に意識すること

産後にお寿司を食べる時に意識すること

食べてはいけないわけではないけど、控えた方が良い理由をいくつか挙げることができるお寿司。赤ちゃんにも関わってくるとなると、食べ方には注意をしておきたいところですが、やはり食べたい時はあります。

逆に、魚類を全く食べないというのも栄養のバランスを考えると良くありません。では、お寿司を食べる場合にはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

お寿司のネタを選ぶ

母乳が魚臭くなってしまうなど乳質の変化に関しては、食べる寿司ネタを選ぶことでカバーすることができます。おススメなのは、タイや鮭、キス、スズキ、サヨリ、アジなどの白身魚

細菌などによる食中毒のことを不安に思うようであれば、煮もののタネと呼ばれる、すでに加熱調理されたりボイルされたタコやエビなどを選ぶようにしましょう。

お店によってはイカも生ではなく煮て出してくれるお店もあります。また、加熱調理が施された寿司ネタは白身魚と同様、母乳にあまり変化がないとされています。

魚介を使用していないお寿司を食べる

お寿司というと魚介類が定番のイメージが強いですが、最近のお寿司は魚介類以外のものも豊富に揃っています。そのため、産後のママがお寿司を食べる場合にはそうした魚を使用していないお寿司のネタを食べるのも1つの方法といえます。

「魚介以外のお寿司って美味しいの?」と疑問に思うかもしれませんが、今のお寿司は魚のネタを抑えて食べたくなるようなお寿司もたくさんあります。例えば、コーンマヨネーズ。ある寿司ネタランキングの調べでは堂々の3位にランクインしていますし、女性にも人気が高いアボカドも寿司ネタで食べる人が多くいます。

また、寿司ネタといえば巻きずし。納豆や梅、キュウリも乳質に大きく影響は与えないとされているので、選んで食べてみましょう。

お寿司を手作りしよう!

お寿司を手作りしよう

授乳中は赤ちゃんのことを考えると外食できないというママも多いはずです。出前でお寿司を注文するという方法もありますが、ネタを選ばなくてはいけないことを考えると何を注文すれま良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時におススメなのが、手作りで巻き寿司、ちらし寿司を作ってしまうこと。酢飯と海苔が準備できれば、後は乳質に影響の少ない材料を選ぶだけですから準備も簡単ですし、ちらし寿司であれば炊飯器に具材と調味料も全部入れて炊いてしまえばでき上がるという、産後のママに優しい、お手軽なちらし寿司レシピもあります。

特に巻き寿司は自分の好きな組み合わせを選んで作ることができるので、楽しく食べることができるのもポイントです。ただし、好きなだけ食べれてしまうので、食べる時はくれぐれも摂取量に注意して下さい。

気にし過ぎは禁物

気にし過ぎは禁物

赤ちゃんのことも考えると、お寿司を食べることに神経質になってしまうかもしれませんが、気にし過ぎは禁物です。

むしろ、食べるのを我慢してしまうことはストレスの原因になってしまい、それこそママにとっても赤ちゃんにとっても良くありませんし、そのストレスからドカ喰いの原因になってしまうこともあります。

食事制限と聞くと絶対食べてはいけないイメージがありますが、基本的には赤ちゃんに嫌がる様子がない、母乳の状態に問題もなければ食べることにそこまで神経質になる必要はありません。

食べる量に気を付けていればたまの時くらい、自分へのご褒美に好きな寿司ネタを食べる時があっても心配ありません。

お寿司は魚メインに、しかも生で使用されているので、免疫力が弱くなってしまっている産後のママの身体を考えるとサバを始めとする魚アレルギーの心配や、母乳トラブルなどを招いてしまうとされていますが、絶対に食べてはいけない食べ物ではありません。

ただし、母乳に関わってくるのは事実ですので、お寿司を食べる時は赤ちゃんの様子も気にしてあげることが大切です。

食べたことでママや赤ちゃんにアレルギーなどの症状が出てしまった場合には必ず医師に相談をして下さい。食べ方に気を付けて、産後も美味しくお寿司を頂きましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる