出産後どうしてイライラ?産後うつの原因と産後うつの予防策

出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策




待望の赤ちゃんとの感動の対面、産後に赤ちゃんとの生活を楽しみにしていた人は多いでしょう。

しかし、望んで妊娠・出産をしたのに、育児をしているとイライラしてしまうことがある、理由もなく気分が塞ぎがちになってしまう……そんな気持ちに心当たりのあるときは、もしかすると、産後うつの前触れかもしれません。

そこで今回は、

・待ちに待った出産なのに、毎日イライラしちゃう。
・産後うつの原因を知りたい!
・産後うつにならないための予防策はあるの?

といった方に、産後うつの原因から、産後うつにならないためにできること、産後うつになってしまった時の対策をご紹介します。

関連記事
>>出産後のママによくみられる症状とケア
>>マタニティブルーの予防や不安の解消法
>>産褥期に無理をしないで!産後の理想の過ごし方

スポンサードリンク

産後うつって何?

産後うつって何

産後に入った頃から意味もなくイライラしてしまったり、子育てから始まる将来に不安を感じるなど、産後2~3週間あたりからママもしくは、パートナーであるパパにうつ病に近い症状があらわれことがあります。

これは、うつ病の1つとして産後うつと呼ばれ、略称としてPPD(Post-partum Depression)ともいわれます。

データ上では出産後の女性のうち、およそ10~15%の方が発症します。

これまでは、産後の女性にかかりやすいとされてきましたが、男性の場合も同様におよそ10~15%の確率で発症します。

この病気は放っておくと危険です。産後うつの兆候がみられ重症度が高い場合には早急に病院を受診することが必要です。

マタニティブルー/パタニティ―ブルーと産後うつは違うの?

マタニティブルー/パタニティ―ブルーと産後うつは違うの

混同されてしまいがちですが、産後のマタニティブルー/パタニティブルーと産後うつは別物です。マタニティブルーもまた涙もろくなってしまったり、焦燥感や不安など精神的に不安定になります。

ですが、別名で「the 3rd day blue」とも呼ばれる通り、症状が出てしまったとしても軽度のうつ病のような症状で、産後の3~5日にピークを迎えて、10日もすれば自然に治まります。

そのため、マタニティブルーの場合、産後のママの約半数に起きるといわれているものの、治療もあまり行われないのが一般的です。一番の違いは産後うつが病気に括られるのに対して、マタニティブルーは病気扱いをされていないというところです。

ただし、別物とはいえマタニティブルーから産後うつに移行する例もあります。産後うつの前段階がマタニティブルーという考えが一般的なので、目安として産後3日から10日、2週間ほど様子を見ましょう。

関連記事>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

数週間~数カ月経っても症状が落ち着かない、もしくはうつ症状が出てくるような場合には産後うつを疑い、病院を受診することをオススメします。

産後うつの原因について

産後うつの原因について

赤ちゃんに会えるのを楽しみにしていたはずなのに、出産の後に産後うつが起きてしまうのはどうしてなのでしょうか。女性、男性ごとに考えられる原因として以下のようなことが挙げられます。

女性の産後うつの原因

女性はホルモンバランスの乱れやママになったことによる環境の変化がストレスとなり、産後うつを引き起こしてしまう場合があります。

ホルモンバランスの乱れ

ママが産後うつになってしまう主な原因として挙げられるのがホルモンバランスの乱れです。

ママの身体は出産後、妊娠前の身体に戻ろうとするため、妊娠中に分泌が活発だったプロゲステロンとエストロゲンの2つの女性ホルモンが激減します。

代わりに母乳を分泌するために必要なプロラクチンというホルモンが分泌されるようになるので、バランスは一気に乱れることになります。

またホルモンバランスの乱れは感情のコントロールなどを司る自律神経にも影響を与えてしまうので、うつ病のような精神的な症状が現れやすくなります。

育児などストレス

出産後は、育児が始まり妊娠前のような生活は難しくなります。よって、どうしても赤ちゃん中心の生活になってしまうので、慣れるまでは自分の時間を作ることができない場合も多くなります。

それに加えて、育児に答えはありません。思い通りにいかないことも多々あって、特に初めての出産の後は、育児が上手くいかないことに悩んでしまうママが多くなります。

そのことから、自分は親になる資格はあるのか?と1人で悩んでしまうケースや、今までできていたことが思い通りにできないことにストレスを感じてしまい、産後うつに繋がってしまうこともあります。

ですが、2人目を出産したママなら大丈夫というわけではなく、逆に最初の子の育児と比べてしまい上手くいかないことで産後うつになってしまう例もあります。

本人の性格

うつと同じことがいえますが、ママ本人の性格も産後うつの原因の1つに挙げることができます。

性格的に頑張り屋さんの人、責任感が強い、真面目、何事も完璧主義の人は特に注意が必要です。

1人で育児も家事も全て抱え込んでしまうことで育児に対して神経質になり、育児に自信がないと思いつめてしまったり、育児の責任やプレッシャーに押しつぶされてしまうことで、産後うつになってしまうとされています。

男性の産後うつの原因

女性と違って身体の変化による影響はなく、男性と産後うつは無関係と認識されがちですが、父親になることへの不安やママとのすれ違い、環境の変化により、男性も産後うつになることが明らかになっています。

精神的な負担

女性の産後うつの大きな原因としてホルモンバランスの乱れが挙げられますが、男性の場合には原因が女性のようにはっきりしていません。

考えられる原因の1つとして挙げられるのが父親になることへのプレッシャーや育児によるストレスなどの精神的な原因です。

女性も初めての育児に、精神的な意味でいっぱいいっぱいなことに変わりはないのですが、十月十日お腹の中で赤ちゃんを育てるため、ママになる準備を着々と出産まで整えられます。

それに対し、男性は女性よりもパパになったという自覚が芽生えるのが遅いケースが大半です。そのため、産後に始まる育児に気持ちも身体も慣れることができずストレスが溜まってしまいます。

一家の大黒柱、自分が家族を養っていくことにプレッシャーを感じてしまうことで、精神的に負担がかかってしまい、産後うつに繋がる傾向にあります。

赤ちゃんに嫉妬?

男性特有の原因になりますが、赤ちゃんへの嫉妬が産後うつに繋がる場合もあります。個人差があるとはいえ、男性は女性に比べて甘えたがりの傾向があります。

パパになったものの、今まで自分だけに向いていたママの愛情が赤ちゃんだけに向いてしまうことで、無意識のうちに競ってしまったりするなど、嫉妬心をこじらせて産後うつへ繋がるケースです。

また、ママも赤ちゃんの生活に慣れていない時だと夫婦の時間がゆっくり取れませんから、2人の時間が取れない寂しさや夫婦間のコミュニケーションが疎かになることも原因に挙げられます。

すれ違いによるストレス

育児が始まることで、夫婦にすれ違いが起きてしまうことは珍しくありません。ママにしてみれば育児に加えて、洗濯に掃除など今までしてきたことも行うわけですから、身体的にも精神的にも疲れてしまうことがほとんどです。

パートナーであるパパにまで目が向かないこともあるでしょう。むしろ、こんな時こそパパに頼りたいと思うかもしれません。しかし、育児に慣れないのはパパも同じ。

むしろ女性と異なり、何をすれば良いのかわからないという戸惑いがあります。ママにしてみれば「言う前に気付いてよ!」という気持ちになることも多く、それが原因で夫婦の気持ちがすれ違ってしまうことも出てきます。

すれ違いはパパを不安な気持ちにさせるだけでなく、疎外感も感じさせます。結果として自信の喪失やストレスになってしまうので、産後うつに繋がりやすくなります。

また、男女共に考えられる原因が環境です。出産を終えると赤ちゃんとの新生活が始まりますが、それも家族が増えるという意味での環境の変化といえます。

ママの場合には赤ちゃんに付きっきりになって外出や来客でもなければ半日以上、赤ちゃんと2人っきりになります。

その結果、仕事に出ているパパが楽しそうに見えてしまったり、自分だけが何もしていないような、社会から置いて行かれているような不安から孤立感を感じます。

男性はママに比べて育児をする時間は少ないですが、ママが赤ちゃん中心で片づけができてないとか食事の用意ができないなど、生活が妊娠前とは変わってきます。パパはその変化を敏感に感じ取るので戸惑います。

産後うつによる症状

産後うつによる症状

産後うつはほとんどの場合、出産後2~4週間ほどで発症し早くても3ヶ月、遅ければ1年以上続くことになります。ただし、期間は平均的なもので中には数年経ってから改善したという方もいます。

では、そんな産後うつにならないための対策、なってしまった後でもできる対応策をご紹介します。

産後うつにならないよう無理をしない

女性の原因でも触れましたが、産後うつは1人で頑張り過ぎてしまう人に起きやすいものです。そのため、産後うつにならない対策として1人で無理をしない、抱え込まないことが産後うつを防ぐことになります。

育児を始めると「全部自分でこなさなくてはいけないんだ」と思ってしまったり、家事も完璧にしなくてはと考えてしまうママもいるようですが育児は周囲の協力もあってこそ。

こんな時だからこそ、大変な時は育児の先輩であるご両親に手伝ってもらったり、パパにも助けを求めることが大切です。

家事も小まめにできなくなってしまうのは仕方のないことですから、洗濯ものは2日に1回、御飯を作るのが面倒くさい時はインスタントやお惣菜で済ます日を作るなど、完璧を求めないことも産後うつの対策になります。

夫婦の時間を作ってパパの産後うつを予防する

妊娠前のように、夫婦の時間を頻繁に作るのは難しいかもしれませんが、短くても構わないので夫婦だけの時間を1日に1回位作ることも産後うつの対策になります。

特に男性が産後うつになってしまうのは精神的な部分が大きいので、ママから仕事の話を聞いてあげたり、育児で助けて欲しいことを明確に伝えるのも男性の産後うつを防ぐことに繋がります。

ママも育児の負担が減ることになり、パパにしてみれば育児に対する自分の役割ができて、参加できることが自信になります。

また、何かをしてもらった時に感謝の言葉を伝えるのも夫婦間の大切なコミュニケーションです。育児で忙しくなってしまっても、お互いに「ありがとう」は忘れないように心掛けていきましょう。

産後うつ予防に時には1人の時間も大切

育児、コミュニケーション不足などなど原因はさまざまですが、ストレスは男女共に産後うつの原因です。

また、ストレスは精神的に悪影響を与えるだけでなく身体にも良くありませんから、なるべくストレスのない生活を心掛けたいところです。

産後は育児が加わった新生活に慣れるまで、忙しさのあまりお互いに心に余裕がなくなってしまいます。時にはどちらか一方に育児を任せ、1人の時間を交代で作ることも大切です。

赤ちゃんを実家に1日だけでも預けて、夫婦でのんびりする時間を作ってリフレッシュする時間を作ってもいいでしょう。

産後はアロマで体も心もリラックス!アロマの使い方と注意点でご紹介している、アロマを使ってリラックスするのも効果的です。

産後うつになってしまったら?

色々な対策や心配りをしていても、産後うつになってしまうこともあります。産後うつは誰にでもなる可能性があるので、自分を責めず、家族に相談したり、病院に行って治療をしていくことを頭に入れておきましょう。

家族やパートナーに相談する

産後うつになると、気分が落ち込んでしまったり、孤独感、食欲がわかない、眠れないなどの症状があらわれ、育児に関して悩むことも多くなります。

そんな時、「自分で何とかしなきゃ」と思わず、身近にいるパートナー、家族、先輩ママ達に相談をすることが大切です。気持ちを吐き出すことで解消され、気分転換にもなる場合もあります。

とにかく1人で悩まず、自分の思うことを相手へぶつけてみましょう。また、できる限り休養をとることも重要です。子育て支援イベントに参加してみたり、相談できるママ友を作っても良いかもしれません。

病院へ

周囲からの協力や休養、相談をしても症状が良くならないようであれば、迷わず病院を受診しましょう。重症化してしまうとうつ病へ移行してしまうこともあります。

最悪の場合、赤ちゃんに危害を加えてしまうケースもあります。病院を受診する場合には、直接、心療内科または精神科に行く、または産婦人科へ相談し、心療内科などを紹介してもらう方法があります。

もしくは市区町村に精神保健センター、子育て支援センターが設置されている場所もあるので、そちらを受診するのも1つの方法です。

周囲のフォロー

産後うつになってしまったら、周囲の協力が必要不可欠になります。

特に身近にいるパートナーが家事や育児の手伝いを進んで行うこと、赤ちゃんに付きっきりでパートナーに無関心になるのではなく、お互いに言葉掛けをしていくことも大切です。

自分は1人ではないこと、頼っても良いんだと思ってもらうことが重要になります。ただし、注意して欲しいのが「頑張れ」と言わないことです。

頑張っていたからこそ産後うつになってしまったのに、これ以上何を頑張れというのかという話で、この言葉は症状を悪化させてしまう原因になります。

パートナーや家族のサポートがあるとないとでは、女性の産後うつ発症率が5倍も変わるとされています。自分にできることでも構いませんので、上手くカバーをしていきましょう。

また、認知療法と呼ばれる考え方を変えていく治療法もあります。普段ならマイナスに考えてしまうことを、プラスの方向に持って行くというもので、悩んでしまう産後うつに良いとされています。

産後うつは、きちんと対処をすれば治らない病気ではありません。原因を知り、症状が出てしまっても1人で抱え込まないで周囲の協力を仰ぎながら、少しずつ治していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる