産後 乳首

産後の乳首の黒ずみを解消するには?その原因と対処法




妊娠によるホルモンの変化によって、バストが大きくなり、乳輪や乳首の色が少しずつ濃くなっていきます。あまり変化のない人もいますが、人によっては黒に近い色になってしまいます。

気になる乳首の黒ずみは、もう妊娠前のよう戻らないのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠して乳首が黒ずんでしまって困っている
・乳首の黒ずみをケアして戻せるなら、どうケアすればいいの?
・乳首の黒ずみのケアに摂りたい食品、サプリってあるの?

といった方に、産後の乳首の黒ずみの原因と対処法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

どうして乳首は黒くなるの?

妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが急増します。これらのホルモンが増えることによってメラニン色素が多くなるので妊娠するとシミができやすくなったり、乳首が黒ずんでしまうのです。

乳首や顔は本人が見てよくわかるので気になるのですが、わきや外陰部にも元々メラニン色素が多くあるために妊娠すると黒ずんできますが、本人からは見えにくい位置にあるためにわからない場合が多いです。

メラニン色素によって乳首が黒ずんだり、デリケートゾーンに色素が出やすいのであまり歓迎されるものではないですが、メラニン色素は外部の刺激から体を守る働きをしています。

出産後女性は赤ちゃんに授乳をします。赤ちゃんがおっぱいに吸い付く力は思ったより強いのです。乳首や乳輪、デリケートゾーンなどは本来非常に敏感で弱い皮膚です。

そのためにメラニン色素が多いのですが、妊娠でメラニン色素が活発になると色素沈着を起こしやすくなり黒ずみます。赤ちゃんがお母さんのおっぱいを吸う力は思った以上に強いので、授乳によって肌がダメージを受けないようにメラニン色素がバリアをしているとされています。

乳首が黒くなる原因とされていることに、赤ちゃんへの目印になっている説もあります。

生まれたての赤ちゃんの目は未熟でおっぱいの位置がわからないので、少しでも赤ちゃんがおっぱいを捜しやすいように乳首が黒くなっているわけです。

産後は乳首の黒ずみは治る?

出産によって、妊娠継続のために増加していたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが急激に減少し、体は元の妊娠前の状態に戻ろうとします。

産後、これらのホルモンのバランスが落ち着き、内分泌系が戻れば妊娠によって黒ずんでいた乳首などのデリケートゾーンの色素沈着は次第に薄くなっていきます。

しかし、完全にもとの状態に戻らずに妊娠前よりも色素が濃い感じに落ち着いてしまう人も多くいます。妊娠前のきれいなバストトップにしたい人は積極的にケアをする必要があります。

黒ずんだ乳首のケア

黒ずんだバストトップのケアは、どうすればよいのでしょうか?いろいろな側面からのアプローチをすることでバストのケアをしっかりとしましょう。

新陳代謝を上げる

乳首などの黒ずみを薄くするためには、肌のターンオーバーの活性化が大切です。肌の代謝、すなわちターンオーバーが活発にして、黒ずみの原因の古い角質をどんどん皮膚表面から剥がし、新しい細胞と入れ替わるようにすることが大切です。

睡眠時間をしっかりとる

乳首の黒ずみを薄くするには肌のターンオーバーが必要ですが、肌のターンオーバーには質のよい睡眠が必要です。産後はまとまった睡眠時間がとりにくいし、睡眠も浅くなるので新陳代謝が悪くなります。

生活リズムを整えるためにも決まった時間に就寝し、赤ちゃんと一緒に良く眠るようにするといいでしょう。

女性ホルモンの増加を抑える

出産するとメラニン色素を増加させる女性ホルモンの分泌が減ってきますので自然と黒ずみはなくなりますが、メラニン色素を増やさないためにも女性ホルモンの分泌を適度に抑えることが大切です。

大豆製品に多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンを助ける働きがありますので、意識して大豆製品を摂取して女性ホルモンの過剰分泌を抑えましょう。

活性酸素を抑える

活性酸素とは体をさびさせて、老化を招く悪役です。活性酸素を抑えることができるとメラニン色素ができないとされています。

活性酸素を抑制する食べ物にβカロチンを含む、にんじんやかぼちゃ、リコピンが多く取れるトマトなどがあります。また、旬の食材を積極的に摂るようにして人間本来のリズムを維持します。

食品添加物は化学物質であるために肝臓での分解が必要になります。肝臓で分解するときに多量の活性酸素が発生するので、できるだけ食品添加物の多い食品を摂取しないように注意しましょう。

ストレスを溜めない

ストレスと乳首の黒ずみは大いに関係があります。ストレスが溜まると交感神経が優位に働き常に体が緊張している状態になります。

心拍数が上がることによって体に大きな負担がかかり活性酸素が増えるとメラニン色素が増えるので黒ずみは解消されないのです。

育児期間中は悩むことや不安に思うことが多いですが、気持ちをリラックスさせてストレスを溜めないようにしましょう。

禁煙

妊娠前に喫煙していた人も、出産したので喫煙したくなるかもしれませんが、喫煙することによって活性酸素を多く生み出します。

タバコの煙は受動喫煙でも体に悪影響があります。自分が吸っていなくても家族の人からの受動喫煙によって赤ちゃんにも影響があります。

喫煙すると体の中にサビが溜まり、肌のターンオーバーを遅らせますので、できるだけタバコの煙を吸わないように注意しましょう。

アルコールを控える

妊娠中はアルコールを控えていた人も出産すると気がゆるんでアルコールを飲むこともあるかもしれませんが、アルコールを大量に取るとそれを分解するために肝臓に大きな負担がかかります。

その結果、活性酸素を多く生み出しますのでアルコールは極力控えましょう。また、授乳中にアルコールを飲むと母乳にアルコール成分が溶け出すので赤ちゃんの成長に悪影響をもたらしますので注意しましょう。

適度な運動

育児は重労働ですし、それにくわえて家事をこなすお母さんは極端な運動不足にはならないと思いますが、ストレッチや歩行などを加えた運動をすることで良い汗をかきましょう。

汗をかくと代謝が良くなるので皮膚のターンオーバーを活発にします。外出時はUV対策をしっかりしましょう。

食事に気をつける

体は内側からきれいにすることで外見に効果が表れます。そのためにも、黒ずみを解消する食事を摂るようにしましょう。育児に追われ忙しいので、出来合いのものや外食をしたくなりますが、よいものを体に取り込むには自炊が一番です。

外食をするとどうしても野菜不足になります。野菜には乳首の黒ずみを薄くする作用のあるビタミンを多く含んでいます。野菜で美白効果のあるビタミンBやビタミンCを積極的に摂るようにするとよいでしょう。

ビタミンBは野菜だけでなく、大豆製品果物類、かつおやぶりなどの魚類、ナッツ類、卵、ウナギなどからも多く摂取することができます。

ビタミンCを多く含む食品には、赤ピーマン、黄色ピーマン、ゆず、アセロラ、レモン、柿、キューイフルーツ、モロヘイヤ、イチゴ、ブロッコリー、カリフラワー、貝割れ大根などがあります。

忙しくてなかなか野菜料理を食べられない人はビタミンのサプリや葉酸のサプリを飲んだり、野菜ジュースや青汁などでビタミン類を摂取するとよいでしょう。

食事による効果が出るまでは始めてからしばらくかかるかも知れませんが、全く無害で安心ですし、体にとってよいことですので積極的に取り入れましょう。

美白クリーム

妊娠から産後にかけて乳首だけでなく体の色々な部分に色素沈着が治らない人に対して、黒ずみ対策専用の美白クリームもあります。美白クリームの多くのものが、肌の固く古くなった角質を取りのぞき、保湿する作用があります。

美白クリームは乳首に直接塗りこむものなので、赤ちゃんを母乳育児で育てている場合は基本的には使用を控えるようにしましょう。

卒乳後からでも遅くはないので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

>>乳首をピンクに♪『ホワイトラグジュアリープレミアム』

ボディソープ、きゅうりパック

美白クリームが心配な場合は、黒ずみ対策専用のボディーソープがあります。石鹸ですので、入浴時に使用して洗い流しますので、即効性は薄れますが、赤ちゃんの口に触れることはないので安心です。

美白クリームやボディソープ以外で、もっと自然のものでの対応では、きゅうりの美白パックはいかがでしょうか。顔などに施すきゅうりパックを乳首にするのですが、完全に天然素材なので安心です。

きゅうりを摩り下ろすか、輪切りにしたものを直接乳首に貼ってしばらく放置して洗い流します。

ヨーグルトパック

きゅうりパックと一緒で食べるものでの対策なので使用するに当たって安心感があるのがヨーグルトパックです。ヨーグルトの上積みの透明な液体をホエーといいますが、このホエーは乳酸菌発酵液で保湿、美白効果が高いです。

このホエーをコットンなどに含ませて乳首にあててラップして5分ほど置き、ふき取るか洗い流しましょう。早い人だと1週間ほどで効果があらわれます。

ブラジャーを変えてみる

乳首の黒ずみは外部からの物理的刺激も良くありません。できるだけハードなものは避けて、天然素材の柔らかいもの、乳首が擦れないように保護されているものがよいでしょう。

気になるからと触らない

乳首の黒ずみが気になるので自分でも触ってしまったり、美白クリームを塗る際に強く塗り込んだりして物理的な刺激を与えすぎるとメラニン色素は肌を防衛するためにより活発に働き黒ずみがひどくなります。

できるだけ気になっても乳首を触らないようにしましょう。美白のクリームや石鹸を使用する際にも、極力優しい力で塗って刺激を与えないようにしましょう。

紫外線を浴びすぎない

メラニン色素が増えている状態でその部分に紫外線を浴びせると色素が活発になり黒くなります。胸を紫外線に当てないように注意することによって、出産後乳首が黒くなるのを防ぎます。

授乳もしているのでUVケアは特にする必要はありませんが、窓からの紫外線などには気をつけましょう。

高齢出産の人は戻りにくい?

乳首に限らず、肌のターンオーバーさえ活発であれば産後にそれほど悩むことなく自然に放置していれば元の肌質、肌色に戻りますが、最近の妊婦さんは高齢出産の人も多いために、なかなか自然には乳首の色が戻らない人、いろいろな方法を試しているにも関わらず効果がでない人も多くいます。

これは出産だけが問題ではなくて高齢であることがそもそもの原因になっているので、体の中をアンチエイジングすることを第一に考えた方がよいでしょう。生活全般を見直して体そのものの若返りを促すようにしましょう。

授乳期間が終わったら皮膚科で治療する

皮膚科で乳首の黒ずみなどの治療があるのか疑問をもたれますが、美容皮膚科ではトレチノインハイドロキノン療法があります。

これはビタミンCや美白効果のあるアルブチンよりも、もっと効果のあるハイドロキノン配合の薬とそれを肌に浸透させるためのトレチノインと呼ばれる薬剤を黒ずんだ乳首に塗るものです。

この薬は妊娠中や授乳中の人には副作用の心配があることから使用できませんので、出産して授乳期間が終わったら皮膚科で処方してもらいましょう。

自分にあった濃度の薬を専門医が処方してくれますので短期間に効果がありますが、費用が10万円前後かかります。

黒ずみが気になっても授乳はしっかりと

乳首は外部から刺激されることによって黒ずむので、出産後も授乳しているひとは、どんどん乳首の黒ずみがひどくなるのではないかと気になります。

たしかに、赤ちゃんが乳首を吸う力はかなり強いですし、1日何度も、何時間も吸っている赤ちゃんもいますので、乳首の黒ずみが気になっているお母さんは気が気ではありません。

しかし、生まれた赤ちゃんは母乳によって栄養を摂ったり、体の免疫力を高めています。母乳には人口ミルクにはない大きな力があるといわれています。

わが子の成長や健康のために不可欠な母乳を自分の乳首の黒ずみは気になるからといって、与えないことのないようにしましょう。授乳できる期間は非常に限られています。授乳期間が終わってからでも充分乳首の黒ずみケアはできます。

親子の大切なコミュニケーションツールでもあるおっぱいを赤ちゃんの時代、思いっきり飲ませてあげることを第一に考えましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる