夜泣き

新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策




「夜泣き」は赤ちゃんが成長する過程で、朝晩の睡眠リズムが形成されていく際に起こる反応です。パパやママにとっては、この夜泣きは、なかなかつらいものです。

そこで今回は、

・どうして毎晩すこやかに眠ってくれないの?
・夜泣きはいつまでつづくのか?
・夜泣きの対策はないの?

といった方に、新生児〜赤ちゃんの夜泣きの期間や原因、さまざまな対策をご紹介します。

赤ちゃんによって夜泣きの原因もさまざまなので、たくさんの方法にチャレンジして、あなたのお子様にぴったりな夜泣き対策を見つけて下さい。

スポンサードリンク

夜泣きの期間と見分け方

夜泣きが始まるタイミングは生後3ヶ月くらいから、6ヶ月~1歳までがもっとも多いといわれています。

しかし1歳半になるとほとんどの子が夜泣きをしなくなり、中には一度も夜泣きをしない赤ちゃんもいます。

夜泣きの見分け方は、以下のようになります。

・スムーズに入眠したが、夜中に急に泣き出す
・機嫌が悪くなる原因がないのに泣いている
・夜中に泣き出す回数が一度きりではなく、何度も何日も続く

このような様子が見られた時、はじめて「夜泣き」をしていると判断できます。

とはいえお母さんやお父さんにとっては、夜泣きをされて起こされるのは非常に苦痛。次の日が仕事だったり、忙しい日の前日に起こされてしまうと、どうやって夜泣きを治せるのかと考えることでしょう。

しかし生後6ヶ月頃から1歳にかけて、赤ちゃんの夜泣きが段々と減っていくケースが一般的です。夜泣きに悩まされるのはごくわずかな期間と割り切ることも大切です。

夜泣きの原因

夜中に泣き出したからといって、必ずしも「夜泣き」とは限りません。ミルクが欲しくて泣いている、あるいはおむつが気持ち悪いから取り替えて欲しい、周囲の環境がうるさくて眠れない等、色々な訴えが隠されていることもあります。

暑さや寒さが赤ちゃんの気を損ねている時は、衣類や寝具を替える等して調節してあげましょう。泣いたら欠かさずおむつの状態もチェックして、少しでも濡れていたらかぶれを防止するためにも綺麗なものに替えてあげましょう。

体調不良や病気が原因の場合

赤ちゃんの夜泣きは、体調不良や病気が原因の場合もあります。風邪や中耳炎等の炎症、おむつ周辺の痒みやかぶれ、湿疹ができた場合も異常を訴えるために泣きます

病気や体調不良を見分ける方法としては、朝から夕方まで赤ちゃんが起きている時間帯に、機嫌や顔の表情をチェックするようにします。

少しでも違和感を泣き声であらわしているようなら、かかりつけの医師に相談しましょう。

赤ちゃんのストレスによる夜泣き

残念ながら、夜泣きの明確な原因は解明されていません。何をもって夜中に泣き出すのかははっきりしていませんが、一つ分かっていることは、夜泣きそのものが赤ちゃんの健康に悪い影響を与える心配はないということです。

ただし、以下のような原因から赤ちゃんのストレスが増大すると、夜泣きが起きやすくなるので注意が必要です。

生活リズムの変化

昼寝がいつもより長い、短すぎる、満足に昼寝ができない場合や食事の時間のズレなども、赤ちゃんにとってはストレスの元になってしまいます。

子供から大人まで、生活リズムの乱れは成長すれば誰しも我慢できるものですが、赤ちゃんに限ってはそうはいきません。

「今日はいつもと違う」と思っただけでも不愉快になり、それを言葉で表すことができないので、夜泣きとなってあらわれてしまいます。

なるべく生活リズムを乱さないように、決まった時間に授乳をして寝る習慣をつけてあげましょう。

環境の変化

大人以上に赤ちゃんは環境の変化に敏感です。外で一日中大きな音がしていたり、家の中がドタバタしていてうるさい、あるいは外に出た時に天気が悪かったり、やたらと寒い、暑い等といった極端な環境の変化が夜泣きの原因になることがあります。

引っ越しや、実家へ里帰り、旅行等自宅以外の環境の変化にも赤ちゃんは弱いです。日中に受けた環境からのストレスが、興奮材料となって夜中に思い出され、夜泣きをする赤ちゃんも少なくありません。

赤ちゃんが求めているものを理解し夜泣きをなくす

赤ちゃんによって求めるものは違います。言葉が出せないうちは、お母さんもお父さんもただ困惑してしまいますが、夜泣きをさせない方法にはたくさんの方法があります。

以下に紹介していますので、参考にしてみてください。

お昼にたくさん遊ぶ

赤ちゃんが起きている時間にたくさん遊べば、夜には自然と眠くなって寝つきが良くなります。赤ちゃんのうちはお父さんやお母さんと一緒に活動することになりますが、夜ではなく昼間に動くことで、赤ちゃんにとっては生活リズムを整える効果があります。

早寝早起きで昼と夜の区別を

赤ちゃんの夜泣きが続くと、ついつい時間が押してしまい、寝る時間や起きる時間が遅くなりがちです。

しかし、夜泣きを防止するためには何といっても赤ちゃんに昼と夜の区別を教えてあげることが大切です。そのために欠かすことができないのが早寝早起きです。

きちんと起きることができなくても、朝必ず時間になったらカーテンを開ける等、工夫してみる所から始めてみましょう。

抱かれたり、さわられたり、ゆらゆらも効果的

赤ちゃんはスキンシップを好み、不足しているとそれを言葉に出そうとして夜泣きをすることがあります。

夜は特に周囲が暗く、不安になりやすいので、夜泣きをしたら抱きしめてあげたり、静かに抱っこして揺らしたり、近くで添い寝、スリングで揺らしたり、マッサージや体を撫でてあげることも効果的です。

手や足を握ってあげるのも、赤ちゃんに「一人じゃないよ」と安心させる効果があります。

飲み物やお気に入りのアイテムを使う

お腹が減っていたらミルクを飲ませる、お腹が減っていなければおもちゃで遊んであげたり、赤ちゃんの精神状態が満足できるよう工夫してみましょう。

音楽や音を使う

赤ちゃんの前で歌う子守唄や音楽をかけること、オルゴールを流す、ぬいぐるみやおもちゃの音を出す等、赤ちゃんには音が効果的と言われています。

また赤ちゃんの耳元で「カワイイ」「ねんねだよ」「しーっ」等、言葉を話し続けるのも赤ちゃんにとってベストです。

グッズの中には、お母さんのお腹の中にいた時の心音に似せた音を流すものもありますので、活用してみるのもアイディアです。

気分転換をしてあげる

赤ちゃんは急激な環境の変化に弱いものですが、自宅の中ならある程度見知った場所なので気分転換もOKです。別の部屋に抱っこして連れていったり、外の空気に当ててあげるなど、小さな変化を与えてみましょう。

寝る前に同じことをする習慣をつける

寝る前の温浴、絵本を読んできかせたり、子守唄を歌う等、習慣付けるものがあれば、それが赤ちゃんのルーティーンとなり、寝つきがスムーズになります。

思い切った対策をしてみる

育児は試行錯誤の連続です。赤ちゃんに一番合った方法は何か、色々と試してみるのも効果的です。

夜泣きをしたら思い切って起こし、あやしてから寝かしつける、部屋の電気をつける、逆に周囲の環境を静かにする、照明に凝ってみる等、色々試してみましょう。

ママのイライラはNG

夜泣きが始まると放置するわけにもいかず、かといって落ち着いて眠れないのでお父さんやお母さんはイライラがつのります。しかし、イライラすればするほど、その気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまいます。

赤ちゃんの心は何も考えていないようで非常にデリケートです。大人の反応を見てさらに落ち着かなくなり、夜泣きがもっとひどくなることもあります。

夜泣きは1歳をすぎると自然に止んでいきますので、永遠に続くものではないと割り切る気持ちも大切です。

いろいろ試したけど夜泣きが治らない!

・ご紹介した方法を試してみたけど効果がなかった
・すぐに効果を実感したい

といった方は、カモミールのハーブティーにチャレンジしてみましょう。カモミールは、リラックス効果や深い睡眠へと導いてくれる効果が期待できます。

授乳中は、ママが飲んで母乳を通じて赤ちゃんへ、離乳食が食べられる子は3倍に薄めてから冷まして直接与えてみましょう。着色料や香料を用いておらず、品質管理が徹底しているものがおすすめです。

ただし、ブレンドされたハーブティーの場合、それぞれのハーブの効能を理解せずに、赤ちゃんに与えるのは危険なので気をつけましょう。

市販の商品では、該当するものが非常に少ないですが、以下の商品は品質管理も万全で、ブレンドされているハーブは母乳にも赤ちゃんにも安心です。

おすすめのハーブティー>>すやねむカモミール

夜泣きは成長過程と考えよう

夜泣きの原因は、お話した通り原因が解明されていません。しかし、赤ちゃんが空腹でもなく、おむつが濡れているわけでもなく、健康に異常も見当たらないのに泣くのはどうしてなのでしょうか。

赤ちゃんは昼夜関係なく寝る起きるを繰り返していますが、人間には本来睡眠のサイクルがあります。浅い眠りと深い眠り(レム・ノンレム)を繰り返しているのです。

しかし、新生児はこの睡眠サイクルさえも未発達段階。徐々に昼間起きる時間が長くなり、昼夜の区別がついてくると比例して、睡眠のサイクルも整ってくるといわれていますが、この眠りの浅い時間帯に目覚めることが考えらます。

大人でも寝ているときに起こされると機嫌が悪くなるように、赤ちゃんも起きてしまうと機嫌が悪く、泣いてしまいます。

決して自ら好きで起きてなくわけではないのです。夜泣きは、成長過程で欠かすことのできない行為です。誰でも少なからず通る成長の証。そう考えるだけでも、仕方ない、頑張ろうと思えるかもしれません。

赤ちゃんによって夜泣きはそれぞれ

赤ちゃんの夜泣きには、これがベストな対策!というものはありません。赤ちゃんそれぞれ夜泣きの傾向があり、日によって変化することも珍しくありません。

夜泣きする赤ちゃんの中には、夜中に5時間泣き続ける子もいますし、30分おきに起きる泣くを繰り返す子もいます。

また、寝る前にいつもと同じような環境に置いてあげないと夜泣きが出る子もいますし、逆に刺激を与えてあげることで夜泣きが治まる子もいます。十人十色その子の個性が出るのも夜泣きの特徴です。

夜泣きの対策の本などを参考にしてみるのもいいですが、すべてが教科書通りこのパターンに当てはまるわけではありません。色々な方法を試し、試行錯誤しながら夜泣きと付き合っていくことが大切です。

育児を経験されたお母さんの多くは、自分の子の夜泣き対策を自ら考案している方も多く、「ある日突然、これがうちの子には効く」と直感するようです。

夜泣きし続ける時間や夜泣きの間隔等を観察しながら、自分の赤ちゃんに一番合った防止策を焦らず見つけていきましょう。

夜泣きに疲れてしまったら

毎晩夜泣きを繰り返す赤ちゃんを抱えたお母さんやお父さんは、へとへとになるまで疲れてしまうことも少なくありません。

もちろん、赤ちゃんが眠ってくれている昼間に一緒に仮眠をとることも大切ですが、どうしても手におえないと感じた時は、気兼ねせずにまずは小児科医や保健所に相談してみましょう。

病気が原因かどうか調べてくれますし、また睡眠障害になっていないか診察してくれます。睡眠障害等と判断された場合には漢方薬の治療を行う場合もありますので、思いつめる前に相談してみることが大切です。

photo credit: “Put the camera away and pick me up instead!” via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる