新生児のおむつかぶれ

新生児からのおしりかぶれ対策




おしりかぶれは、ほとんどの赤ちゃんが経験する皮膚トラブルです。お母さん、お父さんにとっては「かぶれを起こさないように慎重にしているのにどうして?」と思うかもしれません。

そこで今回は、

・どうして赤ちゃんのおしりがかぶれるの?
・赤ちゃんのおしりかぶれを予防したい!
・赤ちゃんのおしりがかぶれたらどうすればいいの?

といった方に、おしりかぶれの症状と原因、その対処法についてご紹介します。

スポンサードリンク

おしりかぶれとは

おしりかぶれとは、おむつで覆われた部分が赤くなったり、ぽつぽつとした湿疹ができる症状をいいます。

かゆみや痛みを伴うもので、かぶれが悪化すると血がにじむこともあり注意が必要です。また、おむつの太もも部分やウエスト周りが擦れて起こる炎症も、おしりかぶれの一種です。

おしりかぶれのチェックポイント

おむつ部分に赤く湿疹ができる皮膚炎は、おしりかぶれだけではありません。汗やおむつの中のムレからできるあせもも、赤い湿疹ができ、かゆみを伴うため、勘違いしてしまうことが多々あります。

以下のチェック項目のような症状がある場合、おしりかぶれの可能性があります。

・おしり拭きでおしりを拭く時に痛がる
・広範囲に赤みが見られる
・盛り上がりのある湿疹が見られる
・おしりをかゆがるしぐさを見せる
・沐浴時におしりが水にぬれると痛がる、または泣き出す
・血がにじんでいるような赤みがある

このような症状が見られたら、おしりかぶれが疑われます。悪化する前にまずは医師の診察を受けましょう。

おしりかぶれの原因

おしりかぶれを起こす原因はさまざまで、赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、ちょっとした刺激でかぶれになってしまいます。

おしりが赤くなってきた時は状態をよく確認し、いつも使っているおしり拭きやおむつなどのアイテムを見直して、かぶれになっている原因を探しましょう。

また、おしりを拭いたあとよく乾燥させているか、拭き方が適当になっていないかについてもチェックします。

赤ちゃんの皮膚はデリケート

新生児の皮膚は非常に薄く、デリケートです。大人のように乾燥や刺激から守る角質層ができておらず、角質の厚さは大人の半分ほどといわれています。

皮膚全体の防御力が低いことに加え、大人に比べて肌の代謝が活発なので、皮膚トラブルにかかりやすいのです。

便やおしり拭きとの摩擦

毎日の排便の回数が多いのは健康の証拠です。排便の度におむつ交換をしなければなりませんが、ここで便とおしり、おしりとおしり拭きとの摩擦が何度も繰り返され、皮膚への刺激が重なっておしりかぶれが起こります。

排出物による刺激

おしっこや便がおむつに長い時間密着していると、排出物の中に含まれる酵素などの成分が肌に悪影響を及ぼします。

排出物による刺激を防ぐには、小まめにおむつを取り替え、きれいにしなければなりません。おしりは毎回きれいに拭き、排出物が残らないようにしましょう。

菌の寄生によるかぶれ

赤ちゃんの便は一見きれいに見えますが、中にはカンジダという真菌が棲息しています。

おむつ交換をせず放置していると、このカンジダ菌が皮膚に寄生して増殖し、カンジダ性皮膚炎という皮膚病にかかってしまいます。

おしりの一面が赤々と腫れ、膿を持った小さなできものができてくると、カンジダ性皮膚炎の可能性があります。かぶれがなかなか収まらない場合は早めに皮膚科や小児科を受診してください。

汗やムレ

赤ちゃんの汗腺は、大人と同じ数あるといわれています。そのため、どんなに通気性に優れたおむつであってもムレてしまい、おしりかぶれの原因となることがあります。

そこにおしっこやうんちが加われば、なおさらおむつの中はムンムン状態になってしまいます。ムレてふやけた赤ちゃんの肌は特に傷つきやすいため、注意が必要です。

下痢などの体調不良

新生児の便は比較的緩めですが、時にはウイルス感染等によって下痢の症状を起こしてしまうこともあります。

緩い便は多くの水分を含んでいるため、これまたおしりかぶれの原因となります。ウイルス感染した時には、免疫力も下がってしまいますので、かぶれを引き起こしやすくなるのです。

病気を改善させるよう努力すると同時に、小まめなおむつ替えも忘れずに行いましょう。また、おしりを清潔に保つようおしりを洗ってあげましょう。

おしりかぶれの予防法

赤ちゃんのおしりがかぶれるのは、おむつが触れている部分がほとんどです。おむつ替えや肌着などに注意して、おしりかぶれにならないよう予防しましょう。

市販のおしり拭きを使わない

赤ちゃんのデリケートな肌は刺激に弱いので、おしっこをする度にいちいち拭き取っているとかぶれが起きる恐れがあります。

そのため、おしっこは市販のおしり拭きで拭かず、おむつで押さえて吸収させましょう。市販の霧吹きにぬるま湯を入れたり、お肌に優しい赤ちゃん用の脱脂綿やガーゼにお湯を含ませるなどして拭き取りましょう。

おしりをよく乾かしてから新しいおむつに換える

おしりがおむつの中でムレている状態が長時間続かないように、おしりを拭き取った後は十分に乾かしてから新しいおむつに換えましょう。

布おむつや肌着の洗剤を変える

赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。

特に肌着や布おむつはダイレクトに赤ちゃんのお肌と触れ合うため、100%オーガニック素材にこだわったものを選ぶママも多いものです。

しかし、洗剤にまで気を使うママはそれほど多くありません。

市販の洗剤には、赤ちゃんのお肌に心配な界面活性剤が多く含まれているため、せっかくオーガニック素材の肌着や布おむつを利用していても、洗濯のたびにそれらに界面活性剤が付着することがあります。

結果、界面活性剤が付着した肌着や布おむつを着用した赤ちゃんが動き回ったり、寝返りをうったりするたびに、赤ちゃんの肌に界面活性剤を擦り付けることになってしまいます。

そういったことにならないためにも、界面活性剤のより少ない洗剤を選ぶというのも肌荒れやお尻かぶれの予防につながります。

お肌に優しい洗剤はこちら>>100%植物由来の洗浄成分!!湘南生まれの洗剤【All things in Nature】

赤ちゃんに合ったおむつを選ぶ

「外にモレなければ、おむつなんて何でも良いのでは?」と思われがちですが、大人でも人それぞれ肌のタイプが違うように、赤ちゃんにも肌タイプがあり、肌に合ったおむつがあります。

紙おむつは吸水性が良く風通しの良いものがたくさん販売されているので、かぶれを防止するのにも役立ちます。紙おむつの場合メーカーによって赤ちゃんの肌との相性があるので、色々なメーカーの製品を試してみて、肌に合ったおむつを見つけてあげましょう。

布おむつは何度も洗って使えるので経済的ですが、前の洗濯で洗い残した洗剤が刺激になって赤ちゃんの皮膚かぶれを起こす場合があります。

そのため、毎回の洗濯で洗剤がおむつの中に残らないようにしっかりとすすぐことが対処法となります。

紙にも布にもそれぞれメリットがありますが、表面が滑らかな製品はおしりかぶれが少ないといわれています。

逆に繊維がざらざらしていたり、赤ちゃんの肌を傷つけるような凹凸がある場合は知らないうちに肌を傷つけ、傷ついた部分に排出物が付着して、かぶれを起こしやすくなります。

一見気付かない部分ですが、おむつのフチ部分でもかぶれが起きる場合がありますので、サイズや肌触りなどをよく確認してから購入しましょう。

赤ちゃんは肌に傷がついても自分で対処することができません。そのため、少しでも使っていて快適と思えるおむつをお母さんが選んであげることが重要です。

おしりかぶれの一番の対策は、おしりを日々清潔に保つことです。紙でも布でも、通気性の良いものが赤ちゃんにとって一番快適です。

赤ちゃんのおしりに優しいおむつの選び方とおむつ交換でも、詳しくご紹介しています。

かぶれてきた時の対処法

おしりかぶれを起こしている時は、痛がっていなくても毎日のおむつ替えには注意が必要です。

すでに痛がって泣いている場合は、おしり拭きを温めるか、温かく湿らせたタオルで少し皮膚に当ててあげましょう。

排便の度にタオルを蒸すのは大変ですが、ぬるま湯につけたタオルを絞り、軽く皮膚に当てるだけでも痛みが和らぐ場合があります。蒸しタオル以外の対処法を以下に紹介します。

うんちはお風呂で流す

かぶれを起こしている場所は、力を入れて拭くとさらなる悪化の原因になります。

自宅でうんちをした時はお風呂のお湯で流し、おしりはタオルで押さえるようにしてしっかりと乾かしましょう。

ぬるま湯を霧吹きに入れ、おしりにかけながら拭いてあげる

シャワーなどが使えない時は霧吹きにぬるま湯を入れて、おしりにかけながら拭くようにします。

霧吹きをかけることで、おしりを拭かれる時の痛みが軽くなります。ただし水分はタオルなどを使って押さえ、しっかり乾かしてください。

ドライヤーの風を当てる

乾燥させる時に使うタオルの摩擦が強すぎて、赤ちゃんにはかなりの刺激になることもあります。その場合はドライヤーの温風を使って乾燥させると痛くありません。

おしりかぶれがひどい場合は病院へ

かぶれ対策を十分にしていても、赤ちゃんの体質によってはかぶれがさらに悪化することもあります。

患部の赤みが広がってきたり、さらにかぶれが悪化してしまったら、病院で診察を受けましょう。この場合小児科か皮膚科で迷いますが、皮膚のトラブルなのでどちらでも受診可能です。

病院で処方されるおしりかぶれ薬と注意点

おしりかぶれは、病院で出されるワセリンや亜鉛化軟膏を塗ることで意外と早く完治します。軟膏を付け始めて、2日から3日経過すれば、赤みは自然と引いていきます。

この軟膏は赤ちゃんが排便する度に塗布しますが、何度つけても安心な薬です。ただし、痛みが伴う赤ちゃんには塗り薬といっても、ゴシゴシ擦るように塗るのは避けましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、痛がる場合にはトントン叩くよう優しくつけてあげましょう。

また、おしりかぶれがひどい場合には、ステロイド入りの軟膏を処方されることがあります。ワセリン等と違い治りが早く、ひどいおしりかぶれでも数日塗るだけであっという間に赤みが和らぎます。

薬を塗る部分がおしりなので、あまり神経質になる必要はありませんが、作用の強い薬ですので1週間分と期限を設け処方されることがほとんどです。

処方された薬でかぶれの改善がみられない場合

一見おしりかぶれに見えても、実はそうではないケースも考えられます。ここでは、それらのケースについてご紹介します。

カンジダ

カンジダ(カビ)が原因のおしりかぶれの場合、ステロイドの含まれた軟膏で症状が悪化することがあります。

おしりの症状としては似ていますが、改善のために処方される薬は真逆です。以前処方された薬や市販の薬等を使用しても、おしりかぶれが、なかなか改善されない場合には、カンジタの疑いが考えられます。

自己判断せず、なるべく早めに一度病院を受診しましょう。

接触皮膚炎

カンジタ性皮膚炎の他にも、処方された薬で改善が見られないことがあります。正式名称は接触皮膚炎といいますが、皮膚に塗った薬が合わない、または薬にアレルギー反応を起こしたために生じる皮膚炎です。

おしりかぶれを治してあげようと湿布した薬でさらに炎症を起こすケースがあります。こうした反応は新生児では、決して珍しいことではありません。

薬を塗る経験すらまだあまりない新生児の赤ちゃんですから、医師にもらった薬だからと鵜呑みにせず、回復が見られない場合には再度病院で相談してみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる