新生児のお腹の張り

新生児のお腹が張る原因と解消法




生まれたばかりの新生児は、まだまだ内臓器官ができておらず、消化システムが未熟な状態。腸の長さ自体も非常に短く、口にしたものはすぐに排泄されます。

しかし、ある日突然赤ちゃんのお腹が張っていて、その原因が分からない場合、お母さんにとっては非常に不安なものです。

赤ちゃんのお腹だけが不自然に張っていたら、どんな理由が考えられるのでしょうか?

そこで今回は、

・赤ちゃんのお腹がパンパンなのはどうして?
・赤ちゃんのお腹の張りを解消するには?

といった方に、新生児の赤ちゃんのお腹がパンパンに張る時の主な原因と、それぞれの原因ごとの対処法を詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

便秘によるお腹の張り

お腹の張りに気づいたら、誰もが便秘を疑うのではないでしょうか。便秘とは腸に便が滞り、排泄がうまくいっていない状態を指します。

お腹の張りの原因が便秘であれば、それほど心配の必要はありません。自然に解消されることも多いですので、まずは様子を見てみましょう。

便秘の場合、ひどいケースでは熱を伴うこともありますので、そうした場合には医師の診察を受けましょう。

新生児の便秘の解消法

お腹のマッサージや砂糖水を与えることで解消できます。医師を診察した場合でも浣腸などで対応してくれますので、簡単に解決することができます。

ガスが溜まりお腹が張る

お腹にガスが溜まってお腹がパンパンに張ってしまう赤ちゃんは、決して珍しくありません。これは、まだ赤ちゃんのお腹が未発達のために起こると考えられていますが、膨らんだお腹を見て慌てるお母さんも多くいます。

小児科等で診察を受けると分かりますが、お腹を叩くことで簡単に判断できます。

お腹にガスが溜まっている時の解消法

対策としては、沐浴時やおむつ替えの時の体操が良いとされています。足を上げたり、下げたり、自転車を漕ぐ要領で足を動かすことで、自然とガスが体の外に押し出されます。

他にも、お腹で円を描くようにマッサージするとガスが排出するのを促進させます。軽くマッサージするだけで十分効果は期待できますので、お腹の張りに気づいたら行ってみましょう。ただし、ミルクを飲んだ後の運動やマッサージは避けましょう。

げっぷが出なくてお腹が張る

まだ、小さな新生児はげっぷが下手で、お腹が張ることがあります。母乳の場合、げっぷをさせなくていいと教える病院もあるようですが、げっぷが溜まると赤ちゃんは苦しくなり、機嫌が悪くなります。

授乳後1時間程度でグズグズと言い出したら、げっぷがしたいサインだと思っていいでしょう。

赤ちゃんは大人と同じく、腸の動きにサイクルがあります。授乳後1時間から2時間程度で動きが活発になり、その時に腸の中で、飲み込んだ空気も動き始めるため、ゴロゴロと気持ち悪くなり、赤ちゃんは苦しさを感じることになるのです。

大人のように、おならとしてガスが排出されれば、この苦しさから解放されますが、本来はげっぷとして出してあげるのが一番です。

苦しいと感じることなく空気を出してあげるために、授乳後のげっぷは必ず行ってください。

ゲップがでない時の対処法

お腹が張らないために、げっぷをさせる必要があるのは、母乳の場合も人工乳の場合も同じです。

ミルクを飲みながら寝てしまう赤ちゃんも少なくありませんから、授乳の合間に背中を軽くたたいて一度げっぷをさせてあげるのも対処策と言えるでしょう。

授乳後眠ってしまっても、一度げっぷを出しておけば、お腹が張ることは少なくなります。

ミルクを飲んで起きていても、げっぷが上手くできない赤ちゃんには、少し時間をおいてから縦抱きにして、げっぷをさせてあげましょう。

時間をおくことでスムーズにげっぷが出ることがあり、赤ちゃんによっては時間をおいた方がげっぷが出やすい子もいます。

空気を飲み込む量を減らす工夫も効果的

また、お腹がすぐに張ってしまう赤ちゃんには、空気の飲み込む量を減らす工夫をしてあげましょう。

空気を減らしてあげるためには、一度にしっかり授乳してあげることが大切です。泣いてしまったから、お腹が減ったようだからとちょこちょこ授乳していては、その度に空気を飲んでしまうことになり、お腹がすぐに張ってしまいます。

2時間以上の間隔を守り、一回に十分量のミルクを与えてみましょう。そうすることで、またげっぷも出やすくなるのです。

授乳後のグズグズがおっぱいの不足ではと勘違いし、さらにミルクをあげるお母さんも少なくありません。ただでさえ空気でお腹が膨らみ苦しんでいる赤ちゃんに、またミルクと一緒に空気を飲ませてしまっては、可哀そうです。

グズグズが始まったら、すぐにミルクを飲ますのではなく、まずはげっぷが出るか背中を軽く叩いて、様子をみてあげましょう。

病気が原因によるお腹の張り

生まれたての新生児の中には、げっぷが出ない、お腹が張っている、いつも機嫌が悪く抱いていないといけない赤ちゃんがいます。そんな赤ちゃんの中には、病気が原因で、お腹の張りがみられる場合があるのです。

お腹の張りで疑われる病気には、その原因が胃にある場合と腸にある場合があります。胃が原因の病気は、胃軸捻転症(いじくねんてんしょう)と呼ばれていますが、あまり心配の必要がない病気です。

通常生後2か月から3か月で胃が固定されるため、成長に比例して自然治癒します。ですが、稀に空気で膨らんだ腸が胃を持ち上げ、さらにねじれを増してしまうケースがあります。

このケースでは、お腹の張りがさらに強くなり、ミルクの飲める量が極端に減ることになりますので、体重が思うように増えていない場合は胃軸捻転症の悪化を疑いましょう。胃軸捻転症についての対処法は後ほどご紹介します。

また、もう一つ、原因が腸にある場合には、ヒルシュスプルング氏病が疑われます。ヒルシュスプルング氏病は危険な病気といわれており、便もおならも出ないという症状がみられます。

病気の範囲により、浣腸などで回復できることもありますが、大抵の場合手術が必要となってきます。お腹の張りの他に、頑固な便秘が続いているという場合には、医師の診察を受けてみましょう。

胃軸捻転症と対処法

胃軸捻転症は一昔前まで夜泣き、疳(かん)むしなどと呼ばれていた胃がねじれる病気です。

げっぷの代わりに一日中おならをしているという特徴があり、お腹の張りの他にミルクを吐くことがあります。胃軸捻転症の赤ちゃんは上向きにすると胃のねじれが増し、抱くとねじれが戻ることが多くなっています。

胃軸捻転症の治療法は、横隔膜や胃に異常がない場合、体位の注意、小まめなげっぷ、食事の工夫等の観察治療のみとなっています。

特に、お腹に空気を溜めない、げっぷは有効といわれており、ミルクを与えている合間にげっぷをさせてあげると、なお効果的です。

うつ伏せ寝にするとねじれを起こすことなく、げっぷしやすくなるため、こうした指導もあります。ただし、うつ伏せ寝のまま赤ちゃんから目を離すことは危険ですのでやめましょう。

突然死を起こすこともあり、必ず病院などで勧める訳ではありませんが、お母さんが安全を見守っているところでならうつ伏せにして背中を叩き、げっぷさせてあげる方法も有効でしょう。

胃軸捻転症ですでにお腹が張っている場合には、浣腸でお腹の空気を出してあげる処置がとられます。ガスをすべて出すことで、ねじれが元に戻り、赤ちゃんは元気を取り戻します。

胃軸捻転症は急性的なものでない限り、治療が必要な病気ではないため、何処の小児科でも病名を告げられる病気ではありません。

胃軸捻転症の疑いがある場合には、経験豊富な小児科医のいる病院で一度受診してみるといいでしょう。

まとめ

お腹の張りのほとんどは、新生児の体が未発達であることが原因で起こります。

特に過度に心配が必要な原因は少ないですが、新生児にとってお腹の張りは深刻なものです。隠された病気によってお腹が張っているケースもあるため、色々な対処法を試してみたものの、あまりにも長い間張りが続くようであれば、一度小児科等で診察してもらうと安心です。

photo credit: nprkr via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる