赤ちゃん手足の冷え

新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法




赤ちゃんの手を触ると、自分の手よりも冷たくなっていて驚くことがあります。寝ている時でも、手足は冷たいままなのに背中には汗をかいていて、寒いのか暑いのかよく分からないことも多いのではないでしょうか。

このような場合、

・赤ちゃんは暑がっているのでしょうか?
・それとも寒いのでしょうか?

お父さんやお母さんは、赤ちゃんの体のことがとても心配になってしまいます。そこで今回は、新生児の手足が冷える理由と、その対処法や注意点、病気を疑うケースやよくある疑問についてご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃん(新生児)の手足が冷える理由

赤ちゃん(新生児)の手足が冷える理由

赤ちゃんは大人に比べて皮下脂肪が少なく、皮膚から熱が逃げていきやすい体質を持っています。太ってくると体温調節が上手くなっていきますが、基本的には暑さ、寒さに対して十分な温度調節ができません。

まだまだ体は未熟で未発達。そこで、体温をうまく調節するために手足を冷やし、体の末端の毛細血管を収縮させて体内に熱を集め、熱が逃げていかないようにしています。

簡単に言うならば、赤ちゃんは体全体を利用して、体温調節を行っているのです。

手足は洋服から出ている部分で、外にむき出しになっているため、外の気温に影響され冷たく感じます。赤ちゃんは体重あたりの母乳やミルクを飲む量が大人の食事摂取量より多いこともあり、身体が生産する熱の量が多くなり高体温気味になるのです。

手足が外気に触れることは決して悪いことではなく、衣服に覆われていないので直に外気に触れ、物にも触れることができるので脳への刺激となり、健全な成長を促します。

病気の疑いがあるケース

病気の疑いがあるケース

手足が冷たくなっていて、さらに体温も異常に高い(または低い)状態であれば、病気の疑いがあります。感染症にかかっている等です。

この場合、体温の異常の他にも機嫌や表情、食欲等に変化がみられるので、手足だけでなく全体的なチェックが必要です。

病気の場合、赤ちゃんはいつもよりも元気がなかったり、喚くような泣き方をすることがあります。手足の冷たさの他に、体温が全体的に下がっている(もしくは上がっている)と感じたら、体温調節機能に支障をきたす別の原因があるはずです。自分では対処しきれないと思ったら、すぐにかかりつけの病院を受診しましょう。

赤ちゃん(新生児)の手足が冷える場合の対処法

赤ちゃん(新生児)の手足が冷える場合の対処法

赤ちゃんの体温は大人より少し高めです。新生児の段階では、手足が冷たくなる他にも皮膚が紫色っぽく変化するチアノーゼが出る場合がありますが、元気に動いていて体温が一定に保てていれば、手足を必要以上に覆う必要もなく、そのまま様子を見ていて問題ありません。

チアノーゼを見ると病気かしら?と不安になってしまいますが、具合が悪い様子がなければ多少手足が紫色になっていても問題はないとされています。

室温に気を付ける

赤ちゃんの体温は基本的に周りの気温と一緒に上下するものです。したがって、室温が高かったり、防寒対策として衣類や寝具をかけすぎていると、熱が体内にこもって体温の上昇を招きます。また、寒さについても同じで極端な寒さは低体温症の危険があります。

手足が冷たくても、体幹がぽかぽかしていて、機嫌が良いようなら問題はありません。

真夏、真冬の室温には特に注意

人間の体温調節機能は、産まれてから大人になるまでに少しずつ備わるものです。新生児の段階ではまだ機能が十分ではなく、真夏や真冬の気温にさらされると、途端に調節機能が狂い、風邪をひいたり、免疫力が下がる原因になります。

夏場

夏場はエアコンでキンキンに室内を冷やしたくなりますが、赤ちゃんにとって冷房の利かせすぎはNGです。体温調節を妨げたり、低体温症になる原因になるので、赤ちゃんの体温が36度に保てるように室内温度を調節しましょう。

冬場

冬は逆に、ストーブや温風ヒーター、エアコン等で暖房をしますが、暖かい空気は室内の上部に集まってしまい、赤ちゃんの寝ているところには逆に冷気だけが残っている場合があります。大人にとっては暖かい部屋でも、赤ちゃんにとってはかなり寒い部屋と感じられる場合がありますので、室内温度は上部、下部ともに一定に保つよう工夫が必要です。

ただし床暖房をしている場合は逆に赤ちゃんには暑すぎてしまい、体温上昇の原因にもなるため、ベッドの上等暑すぎない場所に移してあげるか、床暖房の温度を調節しなければなりません。

睡眠中も暖めすぎないように

睡眠中、体温の低下を防止するためにタオルで足を覆い隠したくなりますが、その必要はありません。室内の温度が適切で、赤ちゃんの体温も36度台なら手足は出したままでOKです。

逆に温めすぎて寝汗をかき、体が冷えないように注意しましょう。体幹部分だけ、保温してあげましょう。

赤ちゃんに最適な寝具や室温管理については、赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方で詳しくご紹介しています。

手足が冷えているからと赤ちゃんを温めすぎると逆効果になることも

手足が冷えているからと赤ちゃんを温めすぎると逆効果になることも

赤ちゃんが本当に寒がっている時は、「寒い」と意思表示をするために泣き出したり、延々と泣き続けたりします。体を縮めるしぐさを見せたり、顔色が悪い、唇が青ざめている、あるいは手足の血色がそれ以外の部分に比べて悪い場合も「寒い」のサインと考え、室温を調節する等の対策が必要です。表情やしぐさ等も含めて判断するようにしてください。

行き過ぎた寒さ対策

大人から見て寒いだろうと思ってたくさん洋服を着せたり、毛布をかけてしまうと、手足は冷たいままで首から背中、額等が汗だくになってしまいます。

赤ちゃんは暑さにも弱く、体温調節が上手くいかないので、寒さ対策のしすぎは禁物です。お風呂上がりやミルクを飲んだ後等は体温が上がっているので、さらに温かくしようとすると熱が体内にこもり、38度あたりまで一気に上昇する危険があります。

靴下や手袋の注意点

同じく防寒対策として気を付けたいのが、靴下の履かせ方です。寒いからと言って厚手の靴下や何枚も靴下を履かせることは避けましょう。厚手の靴下で足先を温めると、末端の毛細血管が弛緩し、熱が逃げていってしまいます。

体温調節がさらに上手くいかなくなる可能性がありますから、寒そうだからといって何枚も靴下を履かせるのは避けましょう。布団等に寝ている場合には、靴下は必要ありません。毛布等で十分保温されていますから、寒いということはまずありませんので、寝ている時は必ず脱がせてあげましょう。

手足には刺激が必要

また、赤ちゃんは手や足で色々な物に触れ、脳細胞や感覚機能を発達させています。靴下や手袋等を常時履かせていると、素手や素足で受ける刺激を受けられなくなってしまいますので、手足はむき出しのままでOKです。ただし、外に出すのはあくまで足先や手先だけにしましょう。ふくらはぎ、二の腕等は冷たくならないようにしっかり防寒しましょう。

赤ちゃんの手足の冷えについて、お母さんの疑問に回答

赤ちゃんの手足の冷えについて、お母さんの疑問に回答

手足の冷えは問題ないと言っても、やはり心配してしまうのが親心です。お母さんから寄せられる手足の冷えにまつわる質問に回答しましょう。

手足が冷たくて風邪をひかないか心配です。

風邪はもともとウイルスが原因で引いてしまうものです。よく体を冷やすと体の中の免疫力が下がってしまうことから、風邪をひくことがありますが、体の冷え自体が風邪の直接的な原因ではありません。

新生児の手足が冷たい場合も同様、これが原因で風邪をひくことはありません。新生児のうちは、特に母乳を飲む赤ちゃんはお母さんの免疫を多くもらっていますので、心配の必要はないでしょう。

それよりも、家族で風邪のウイルスを持ち込まないよう気を付けてあげましょう。

冬、暖房器具を消して寝ているため、万歳している赤ちゃんの手が朝冷たいのですが…

今は住宅も気密性が高く、暖房器具を消して寝ても、部屋の温度がそれほど低くなりませんが、古い家屋等は隙間風が入ってくるといった心配をする方も多いようです。もちろん隙間風自体があたるような場所に赤ちゃんを寝かせることは良くありませんが、それが原因で部屋が寒い場合には、冬の間だけ夜間ミトンをさせて寝かせてあげてもいいでしょう。

しかし、一般的な住まいの場合には朝赤ちゃんの手が冷たくても、問題はありません。自分がこんなに手が冷たかったらと考えると心配なお母さんも多いと思いますが、基本手を布団に入れる、ミトンをかぶせる必要はありません。

しもやけ気味の場合は注意が必要

ですが、稀に皮膚自体が弱く、しもやけ気味に手がかさついてくる赤ちゃんもいます。そうした場合にはミトンをしてあげることで、保湿され、保温されますので改善が見られます。

赤ちゃんの手の皮膚の状態も、心配ならチェックしてあげましょう。冬の間しかも夜間だけ、ミトン等を取り入れ対策を取ってあげましょう。

ただし前にも述べた通り、発育に影響してきますので、朝には必ずミトンを外してあげましょう。

ミトンの豆知識

ミトンの豆知識

新生児用のミトンには、多くの種類があります。素材もそれぞれで、コットン製の物からメッシュ素材まで様々なものが売られています。用途によって選べるミトンも多く、防寒対策の物やひっかき防止の物、寝ている間手を動かしても外れにくいタイプ等が用意されています。

ミトン自体赤ちゃんに優しい素材やゴム圧等のかからない工夫がされていますが、赤ちゃんによっては使用感もまちまちなため、サイズや形を吟味してあげるとベストです。必要に応じて、上手に活用してみましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ

photo credit: Eli’s PeeYews! via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる