赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方




赤ちゃんの肌を触ってみると、すべすべしていてぷよぷよと弾力があって、まさに理想的な肌質をしています。

何もしなくても自然に綺麗な肌をしていて羨ましいと思う方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの中には突然乾燥してカサカサになってしまう子がいるのです。

赤ちゃんが乾燥肌になったら、お母さんにとってはショックですよね。

そこで今回は、

・赤ちゃんはなぜ乾燥肌になってしまうの?
・赤ちゃんのお肌のお手入れ方法が知りたい!

といった方に、赤ちゃんのカサカサ対策に効果的な正しいスキンケア方法と、その注意点について詳しくご紹介します。

カサカサの原因

たまご肌とよばれる、ツルツルで弾力のある、もっちりとしたイメージの赤ちゃんのお肌ですが、デリケートで乾燥しやすく、カサカサになってしまう場合も多々あります。

赤ちゃんのお肌がなぜカサカサになってしまうのか見ていきましょう。

赤ちゃんの肌は大人とは違う!

赤ちゃんの肌は根本的に大人の肌よりデリケートで弱いものです。そもそも人間は、肌の一番表面に外からのほこりや乾燥をバリアする表皮が備わっています。

ラップ1枚分の厚さともいわれていますが、赤ちゃんの場合その半分の薄さしかなく、外からのちょっとした気温や湿度の変化に影響されやすいのです。

生後3か月頃までは、ママの女性ホルモンの影響により皮脂の分泌は非常に活発ですが、次第に分泌量は減り、赤ちゃんのお肌の皮脂量は大人の半分以下、角質層にある水分量は大人の3分の2程になります。。

外が極端に乾燥していると、赤ちゃんの肌のバリア機能は弱いので、すぐに皮膚から水分が蒸発してしまいます。

角質層に保持されている水分量も少ないですから、大人より乾燥しやすいのはいうまでもありません。まだ肌の機能が発達していないので、あっという間に乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌の注意点

乾燥肌が続くと、見た目がカサつくだけでなく、かゆみを伴った湿疹ができる場合があります。

湿疹ができると、清潔にしようとして患部を強く拭いたり、徹底的に洗浄したくなるものですが、皮脂を落とすとさらに状態が悪化するため注意が必要です。

湿疹ができてしまった場合、清潔さを保とうと湿疹をゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これは絶対NG。

皮脂を取り除きすぎないようにやさしく洗って、その後はしっかりと保湿をしましょう。

患部の赤みやかゆみ、湿疹などは塗り薬で治るので、皮膚科を受診するようにしましょう。

カサカサ対策にはスキンケア

赤ちゃんの肌の乾燥対策は、何よりも毎日のスキンケアが大切です。方法は大人のケアと同じで、洗顔後や肌が乾燥している時に保湿用ローションやオイルを塗ってあげます。

地道な作業ですが、毎日のスキンケアで赤ちゃんの肌はだんだんと改善していきますから、諦めずにケアを続けるようにしましょう。

3歳までにしっかりスキンケアすることで、きれいな肌をキープする力がつき、将来の美肌にもつながります。

洗顔で皮膚を清潔に保つ

乾燥肌の赤ちゃんに洗顔料を使って洗顔をさせるのは、さらに肌の乾燥がひどくなるのではと心配になるかもしれません。

しかし皮膚についた汚れなどはバリア機能の低い赤ちゃん肌には脅威となります。汚れをしっかり落とし、保湿してこそのスキンケアなのです。

ただし、洗顔時はやさしく洗うことが鉄則。いくらやさしく洗ったつもりでも、大人の力は赤ちゃんにとって強すぎる場合もあります。

ごしごし洗うのではなく、あくまで泡の力で落とすことをイメージしましょう。

洗顔料は低刺激や無添加の石けんを選びます。大人用のボディソープなどは無添加のものであっても刺激が強く出るおそれがありNGです。

赤ちゃん用のボディソープや石けんがありますので、そちらを使うようにします。

敏感肌のママや赤ちゃんに使える優しさいっぱいのソープハーブの記事にて、赤ちゃんにも優しい石けんをご紹介していますので参考にしてみましょう。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚みしかないため、ちょっとしたことで傷つきやすいのも特徴です。

ナイロンタオルやスポンジを使ってゴシゴシ洗うと、肌がきれいになるどころか逆に刺激となり、荒れてしまう可能性があります。

低刺激の洗顔料をよく泡立てたら、それらの泡を手に取って包み込むようにして洗いましょう。

すすぎのポイントとして、洗顔後は、洗顔料がお肌に残らないように、念入りに行いましょう。すすぎ忘れがあると肌荒れを起こしたり、そこだけカサつく原因にもなります。

やさしく包み込み洗いをしたら、皮膚の上に洗顔料が残らないようぬるま湯などできれいにすすぎ落します。

お湯の温度は36度~38度の間を目安にしてください。40度を超えると皮脂がたくさん落ちてしまい、かゆみを感じることがあります。

しっかり保湿する

赤ちゃんの肌をきれいにした後は、一番水分を必要としている状態です。洗顔の後は必ずスキンケアをしてあげましょう。

水分量が多いローションやジェル、油分量の多いクリームやオイル、水分と油分の両方を含む乳液などさまざまな製品があります。

こぼれず全身にムラなくのばしやすいことから、乳液タイプは特に人気があります。

赤ちゃんの肌は水分も油分も少ないので、乳液を使うことで両方を補うことができます。乳液タイプのローションなど使いやすい製品も出ていますので、一番使いやすく効率的に保湿できるアイテムを選びましょう。

ローションやクリームなどは馴染みがありますが、オイルの使い方はあまり一般的ではないかもしれません。ベビーオイルは保湿効果と、摩擦から肌を守る効果があります。

普段衣服がこすれて肌荒れを起こしやすい赤ちゃんには、摩擦が起きる部分にあらかじめオイルを塗っておくことで肌荒れを防止することができます。

また、夏場の肌を快適に保つベビーパウダーは、保湿というよりもムレからくるあせもや湿疹の予防に効果的なアイテムです。たくさん肌に塗り過ぎると汗腺を塞いでしまい、湿疹の原因になるためつけすぎに注意しましょう。

お風呂上がりの保湿を素早くする

お風呂から上がったらタオルで肌を拭き、その後はすぐに保湿をします。乾燥肌を起こしている時は、入浴後の肌の水分量が低下しやすいという特徴があります。

肌に水分が残っているうちにしっかり保湿することで、水分を肌の中にキープしておけるのです。

入浴後、5分以内にベビー用のローションやクリームを塗ります。顔から始まり、耳の裏側や首まわり、腕や足のしわなども伸ばしてムラなく塗りましょう。

大人と比べてそれほど乾燥していないようにも見えるのですが、一度乾燥すると全身に肌トラブルを引き起こす可能性もありますので、くまなく塗布することが大事です。

脇の下や指の間など細かい部分は見落としやすいのですが、こちらも忘れずにケアをします。

あまりにもカサカサがひどい場合は、より保湿力の高いクリームやオイルをローションなどの上に重ね塗りすると良いでしょう。

ただしローションやクリームは肌の状態やタイプによって、赤ちゃんにも合う・合わないがあります。いろいろな製品を試してみて、一番合うと思ったものを使うと良いでしょう。

スキンケア製品を選ぶのが難しい場合は、後ほどご紹介するおすすめ商品を試してみましょう。

外出時もスキンケア製品を携帯する

屋外は室内よりも乾燥しやすい環境です。ベビー用アイテムを常に携帯しているお母さんでも忘れがちなのが、スキンケア用のローションやオイルなどです。

毎日ケアアイテムを携帯しておけば、赤ちゃんの肌が乾燥しそうになったら、さっと取り出して使えるので安心です。

肌が乾く前にローションやクリームで水分と油分を補い、乾燥しやすい顔や外気があたる部分には、肌の調子をチェックしながらその都度保湿を行います。

乾いてきたなと思ったら、一度塗った場所に重ね塗りしてもOKです。秋冬など外が乾燥する期間、夏場ならエアコンの効いた室内などが特に乾燥しやすい環境ですから、いつでもケアできるように赤ちゃんのために準備しておきましょう。

お風呂後や外出時の他にも、汗やよだれを拭きとった後、口の周りを拭いた後、おむつ替えの時などにも保湿を忘れずに行いましょう。

冬場でも皮脂分泌が多いのは鼻まわりで、水分が多いのはおむつに覆われているお尻などですが、それ以外の場所は逆に乾きやすいとも考えられます。

赤ちゃん用のスキンケア製品を使おう

赤ちゃん用のスキンケアは低刺激かつ無添加のものを選んであげましょう。

大人が使っている基礎化粧品には、赤ちゃんの肌に刺激の強い成分が含まれているのでおすすめはできません。

肌のバリア機能が完全ではない赤ちゃんは、大人の刺激的なスキンケアアイテムを使うと途端に肌荒れを起こしたり、肌が赤くなるなどのトラブルを引き起こします。

ここでは、ココマガおすすめの赤ちゃん用のスキンケア用品ご紹介しますので、乾燥肌の赤ちゃんに使ってあげましょう。

フォーファムボディクリーム

7806-1463765390-3

赤ちゃんから大人まで家族全員で使えるボディクリームです。

森貴美子さん、藤本美貴さん、杉浦太陽さんといった小さなお子様がいるモデルさんや芸能人も愛用しているボディクリームです。

世界基準のオーガニック認証も受けているので、オーガニックにこだわるママも安心して利用できます。

5種類のセラミドなどを贅沢に配合し、低刺激で高保湿なので敏感肌や乾燥肌の赤ちゃんにこそ使ってあげたいボディクリームです。

300gと大容量なので、コスパも優れたアイテムなので、ママも赤ちゃんも一緒に使ってみましょう。

・1本2,900円(300g)
・2本セット5,220円

公式サイト>>プルミーミルキーローション

環境も大切

肌を清潔に保ち、スキンケアをまめに行うことが乾燥から赤ちゃんを守ってくれます。しかしそれ以外にも、衣類や部屋の環境を整えてあげることも、乾燥から守る方法です。

特に室内の温度と湿度に注意し、エアコンのかけすぎで乾燥しすぎないよう、また湿度を上げるために加湿器などを利用して、50%以上の湿度を保つよう心がけましょう。

また、赤ちゃんの肌だけでなく、産後のママのお肌もデリケートです。時間がなくても諦めないで!赤ちゃんとママの簡単肌ケアの記事を参考に、赤ちゃんもママのお肌も一緒にこまめなケアをしましょう。

photo credit: Amari Elizabeth – 10-29-12 via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる