アレルギーについて

赤ちゃんのアレルギー|様々な原因と注意が必要なもの




赤ちゃんの肌に赤みやかさつきがあったり、かゆそうにしたりしている様子に「アレルギーかも?」と思うことがあります。赤ちゃんのアレルギーはどのようなものなのでしょうか?また、毎日のケアで気をつけられることはあるのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの気になるアレルギーとその原因などにも触れてみましょう。

スポンサードリンク

アレルギーって何?

私たちの体には免疫機能があり、外部からの異物を排除しようと働きます。そのため、細菌やウイルスの侵入や感染から守ってくれています。アレルギーは、体に入って来た異物に対して起こる反応のことです。体に入って来た異物に対して「抗体」を作り、再度侵入して来た異物に備えています。この抗体は、「Ig抗体」と言われます。しかし、この抗体が体の免疫機能に過剰に反応し、不利に働くことがアレルギー反応なのです。

アレルギー反応は様々な症状として現れます。皮膚に慢性的な湿疹ができる「アトピー性皮膚炎」、鼻水やくしゃみがとまらない「花粉症」や「アレルギー性鼻炎」も、このアレルギー反応の一種です。

赤ちゃんの体は、消化機能や皮膚のバリア機能など、様々なところがまだまだ未発達ですので、様々なものに過剰に反応しやすくなっていますので、できるかぎり注意してあげましょう。

アレルギー物質は、どこにあるの?

アレルギーを発症する原因となるアレルゲンは、家の中にも外にも、身の回りの食品の中にもあります。近年では、住宅事情や生活環境も変わり、住宅の気密性も向上している上に、換気を行なう時間が短い上に、様々なペットを室内で飼っている家庭も増えていますので、ペットの毛やダニ、ゴキブリ、ハウスダストなど、たくさんの要因がどこにでも潜んでいます。毎日の掃除や換気などで、原因物質を減らすことも可能です。

また、早期にアレルゲンを知るためには、赤ちゃんの様子を常に観察することと、かかりつけ医との連携、適切な検査などが欠かせません。

食物アレルギー

現代社会では、様々なアレルギーを持っている子どもの数は多くなっていますが、食物アレルギーがある赤ちゃんの数も年々増加し、10人に1人の割合であるとも言われています。

食物アレルギーの反応は様々ですが、

  • 肌のかさつき
  • かゆみ
  • 発疹
  • 腹痛
  • おう吐

などの症状が多く表れます。食物アレルギーの場合には、一般的に食品に含まれるたんぱく質が、アレルゲンとなることが多いようです。食物アレルギーでは、何と言っても、アレルゲンとなる食べ物の適切な除去を行うことです。

アレルギーが出やすい食品というと「卵、牛乳、大豆、小麦、魚類」などですが、他にも数え切れないくらいの食品が挙げられます。キウイやメロンなどの果物にアレルギー反応が出る赤ちゃんもいます。しかし、食物アレルギーだと思っていても、実際には別の要因がある場合もあります。例えば、牛乳を飲んだ後に腹痛が起こる場合には、牛乳に含まれるたんぱく質の一種「乳糖」を分解する酵素が不足している「乳糖不耐症」の疑いがあります。専門医に相談し、適切な判断が必要です。

まずは3大アレルゲンに注意しよう

アレルギーになりやすい3大アレルゲンは、「卵、乳製品、小麦」です。特に卵は、赤ちゃんのアレルギーでも、最も反応の出やすいものになっています。卵白に含まれる「オボムコイド」がアレルゲンになることが多いため、卵白には配慮が必要になります。

果物でもアレルギーになる

果物にも、アレルゲンとなるものがあります。キウイバナナモモなど、食べた時に喉の奥がかゆくなったりくちびるが腫れたり、また、おなかが痛くなる人もいます。

赤ちゃんの場合、離乳食が始まった頃、果汁を与え始めますので、その頃から気付くことが多くなります。キウイの場合、グリーンのキウイに反応が出る場合でも、ゴールデンキウイには反応が出ない場合もあります。キウイの成分であるアクチニジンの量が異なるからです。

その他、果物のアレルギーには、ゴムや植物の花粉アレルギーを持つ人には特に注意が必要です。交差抗原性が認められているからです。また、モモにアレルギー反応が出た場合にはバラ科の果物に注意が必要なように、同じ科目の果物にもアレルギー反応が出ることもありますので、注意が必要でしょう。

同じ果物でも、ジャムなど過熱をすることによって、アレルギー反応が出ない場合もあります。酵素が分解されるからと言われています。

少量でも激しい反応が出ることも

食品の中にはそばやピーナッツなどのように、少量でも激しい反応が出るものもあります。最悪の場合、少量でアナフィラキシーショックを起こすこともありますので、初めて与える場合には気を付けましょう。

食物アレルギーは治らないの?

食物アレルギーは、一度なってしまうと治ることはないのでしょうか?赤ちゃんは成長するにつれて、胃の消化能力や腸粘膜の機能も発達してきます。食べられる食品が増えると共に、発覚するアレルゲンも増えることがありますが、一方で、赤ちゃんの時にはアレルゲンとされていた原因の食物を、成長した後には食べられるようになることもあります

しかし、食品によっては症状が悪化したり、アナフィラキシーショックになり、意識を失ったり呼吸困難になってしまうこともあります。しかし、きちんと検査をせずに憶測で除去してしまうことには、問題もあります。食べられる食品に、勝手に制限を加えてしまうことになるからです。

自己判断はせずに、アレルギー検査を受け、専門医の適切な判断を仰ぐようにしましょう。

食物アレルギーの治療方法

食物アレルギーの場合、アレルゲンを確認することが必要になってきますが、一般的には「血液検査」を行ないます。まずは、主なアレルゲンを調べたり、実際に日常に口にした食品で反応が出ると疑わしいものを抽出したりして検査しますが、身の回りの全ての食品を、1回の血液検査で調べることはほとんど不可能です。

除去食療法

食品が疑わしい場合には、食事の調理の段階から気を付けるようにしなければなりません。食物アレルギーの場合には、原因食物を除去する「除去食療法」で改善していくことが一般的です。アレルゲンとなっている食物を口にしないことで、随分症状が改善されます。しかし、その際にも注意しなければならないことがあります。アレルギーがひどくなると、実際にはアレルゲンとなっている食べ物そのものを口にしなくても、同じゆで汁を使ったり、一緒の食器を使ったりすることでアレルゲンが混入してしまい、アレルギー反応が出てしまうこともありますので、注意が必要です。

花粉症は、春だけではありません

花粉症というと、スギ花粉があまりにも有名で、いかにも春だけのアレルギーかと思われがちですが、ヒノキやカモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど四季折々様々な草木の花粉がアレルゲンになり得ます。春ではなくても、赤ちゃんが目や鼻を良くこすったり、鼻があまりにも詰まりやすかったりするような感じがある場合には、花粉症を疑ってみても良いのかもしれません。

両親にアレルギーがある場合には、残念ながら赤ちゃんにも遺伝しやすくなっています。

アレルギーマーチを知ってる?

アレルギーを持っている人が、いくつものアレルギーを連鎖的に発症することを「アレルギーマーチ」と言います。アレルギーが次から次へと移り変わり、年齢と共にアレルゲンが移り変わったり、気管支ぜんそくを発症したりする子もいます。

生活習慣の改善でも緩和されます

日常生活のちょっとした改善で、アレルギーの発症を抑えることが出来るものもあります。アトピー性皮膚炎など、皮膚に症状が出ている場合には、常に肌の保湿を心がけることで、症状が緩和されることもあります。

特に、入浴の際にはぬるめのお湯にし、体をタオルなどであまり擦らないようにすることや、入浴後の保湿をしっかり行なうことでも効果はあります。肌への刺激を極力減らすためには、合成石鹸や、洋服に使用されている化学繊維なども控えると良いでしょう。生活にかかるストレスを減らすことも大切です。

photo credit: Day 73: Wonder via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる