赤ちゃん

ママとの会話が大切!赤ちゃんの言葉の発育と成長の目安




かわいい赤ちゃんが「お語り」を始める頃、ますます可愛らしさが増してきます。

赤ちゃんの言葉の発育は、とても個人差が大きいと言われていますが、どのように言葉を習得していくのでしょうか?また、ママや周りの語りかけで、赤ちゃんの反応や発育が変わるとも言われることがありますが、本当なのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの言葉の発育や、月齢別の発育の目安、まだお話しのできない赤ちゃんとママの言葉でのコミュニケーションのとり方について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの言葉の発育

赤ちゃんの言葉は、成長とともに増え始め、あっという間におしゃべりをするようになってきます。アメリカの赤ちゃんが英語を自然に覚えるように、日本の赤ちゃんは日本語を話すようになりますし、普段赤ちゃん自身を取り巻く日常の生活の中で話されている言葉を、自然に習得していくのです。

まだ言葉を話せない赤ちゃんだからといって、話しかけないのではなく、きれいな言葉を、たくさん話しかけてあげることが大切です

言葉は、「言霊(ことだま)」と言われることもありますが、赤ちゃんにとって身近な人の肉声は、心にも届いているはずです。CDなど機械的なものではなく、顔を見合わせて丁寧に言葉をかけてあげることで、コミュニケーションが深まりますし、言葉の発育と共に、心の発育にもつながっていくのです。

月齢別言葉の発達の目安

赤ちゃんの言葉は、月齢によっても大きく異なってきます。それぞれの月齢に応じた一般的な発達を、参考までに見てみましょう。

生後2ヶ月~生後4ヶ月頃

赤ちゃんの初めての言葉らしきものは、「あーあ」や「まんま」でしょう。ママにとっても意味の分からない言葉のように感じてしまいますが、赤ちゃんはご機嫌が良い時に発している「プレジャーサイン」であることが多くなっています。このプレジャーサインは言葉かけのチャンスです。サインを見逃すことなく、顔を見て目を合わせながら、どうぞたくさん話しかけてみましょう。

1つ1つの楽しいママとの対話の体験は、赤ちゃんにとっても嬉しい体験の積み重ねとなり、ますます言葉が発達していく手助けとなります。

生後4ヶ月~生後5ヶ月頃

この頃になると、喃語(なんご)が活発に出始めてきます。初めのうちは聞きとりにくい言葉に感じますが、次第にはっきりと聞き取りやすい母音に変わっていきます。その後、「ぶー」や「ばー」などのような子音も増えてきます。

喃語(なんご)とは、赤ちゃんが発する意味のない言葉を指します。

生後6ヶ月~生後7ヶ月頃

この頃になると、喃語がつながり「まんままんま」や「ぶーぶぶーぶ」などと言えるようになってきます。しかし、まだまだ各器官は未発達ですし、口や声帯の使い方を習得していませんので、聞き取りにくくもあります。この時期には、離乳食も徐々に始まりますが、離乳食を食べることで咀嚼(そしゃく)が増えますので、言葉を発することに関連する器官の成長も助長していきます。

生後8ヶ月~生後10ヶ月頃

この頃になると、子音や撥音もしっかり出せるようになってきますので、聞き取りやすくもなります。「わんわん」「みゃーみゃー」などの反復音も上手に言えるようになってきます。

生後10ヶ月~

この頃になると喃語の数も減り、しっかりと目的を持った言葉を発せられるようになってきます。自分の意思も徐々に表現できるようになる頃ですので、少しずつではありますが、コミュニケーションもとれるようになってきます。聴力の発達と共に、周囲の音にも反応した言葉を発せられるようになってきます。

一般的には、女の子の方が男の子に比べて、言葉の発達が早いと言われています。この時期は、言葉の発育にも徐々に個人差が生じてきます。

他所の赤ちゃんが話せるからといって我が子と比較し、不安に思うのではなく、赤ちゃんの反応を確認しながら、言葉かけを続けていきましょう。

2才は言葉の爆発期?

2才にもなると、こんなに小さな赤ちゃんのどこに、こんなにもたくさんの言葉が詰まっていたのかと驚くほど、毎日たくさんの言葉が次々に飛び出してくるようになります。時には、あれほど早くおしゃべりして欲しいと思っていたにも関わらず、にぎやか過ぎると感じてしまうほどです。

この頃になると、言葉の響きやそれに対する周りの反応を感じ取り、ある意味で、言葉で遊ぶことを始めます。間違った言葉の使い方をしていることも多くなります。

遊びの一環として大らかに捉え、あまり叱らず、丁寧に正しい言葉遣いを教えてあげましょう。

赤ちゃんとの言葉のコミュニケーション

赤ちゃんの言葉の発達には、「身近な人の語りかけ」が大きく影響すると言われています。赤ちゃんが何かを声にした時や、注目した時に、まずはきちんと聞いて、そして、反応し丁寧に声掛けをしてあげることが大切です。小さいながら赤ちゃんにも、自分に反応し声をかけてくれる人の存在や、感覚、感情は伝わっています。

丁寧に1つ1つ対応していくことで、赤ちゃんにとっても、コミュニケーションをとることが喜びになっていきます。次第に、こちらからの一方通行の声掛けにも、赤ちゃんが反応し応えてくるようになってきます。

挨拶は小さな時から始めよう

また、食事や外出の際にも、赤ちゃんが話せないからといってあいさつをしないのではなく、例え赤ちゃんと2人きりであっても、「いってきます」や「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」などに基本的なあいさつから声に出していくことが大切になってきます。

たくさん語りかけてあげよう

「あーあー」や「まんま」などの他に、なかなか言葉が単語にならないこともあります。ママやご家族の方は、少しでも早くおしゃべりして欲しいと思いますし、健診などで会った周りの赤ちゃんと比べて、言葉の発育についても心配になることがあるでしょう。

1才を過ぎるようになってくると、何よりも、「人に伝えたい気持ち」を持っていることが大切です。また、お母さんや周囲の人の言うことに興味や関心を持ち、反応することが何より大切なのです。赤ちゃんは言葉が出なくても、指差しなどをして、気持ちを伝えようとしていることも多いはずです。この時期には周囲の人が、1つ1つの行動や反応、様子などを丁寧な言葉でたくさん語りかけてあげましょう。

赤ちゃんの気持ちを言葉にしてあげよう

小さな赤ちゃん欲求に対しては、「~したいのね」や、「~欲しいのね」などというように、赤ちゃんの気持ちを言葉にして言い変えてみましょう。声掛けしているうちに、赤ちゃんも自分の気持ちや行動と言葉が、徐々につながっていくようになってきます。そうすることで、少しずつではありますが、気持ちを表現できるようになってくるのです。この時期は、いつかおしゃべりを始める時に備えて、たくさんの言葉を蓄えている時期なのです。

言葉の発達と心の発達の関係

赤ちゃんは言葉を習得すると共に、心も大きく成長していきます。気持ちを言葉に乗せて発するようになってきますし、体の部分や、周囲の様子にも意識が広がっていくようになります。

赤ちゃんはよく自分の手の指さえ分からず、口に持っていって確認をしているとも言われます。赤ちゃんによっては、足の指も、器用に口に持っていって舐める子もいます。体の各所を確認した後には、意識が周囲にも向いていきますが、周囲の音にも敏感になってくるのです。言葉が広がると共に、赤ちゃんの生活や意識、興味の範囲も広がっていきます。

心配なケース

赤ちゃんの言葉の発育には個人差がありますので、早ければ優秀という訳では決してありません。赤ちゃんの発育には目安はあるものの、正解はないのです。

しかし、2才の健診を過ぎた頃になっても、周囲の人の声掛けにも反応が薄く、言葉を発しないようでしたら、言葉だけではなく、耳の聞こえ方が影響している場合もあります。その場合は、一度専門医に相談した方が良いかもしれません。

photo credit: Halloween 2012 via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる