赤ちゃんにもニキビができる!?新生児ニキビのケアについて

赤ちゃんにもニキビができる!?新生児ニキビのケアについて




もちもちスベスベの赤ちゃんのお肌は、大人の女性が憧れる綺麗な肌です。ママも、その触り心地の良さから頬ずりしてしまう人もいるのではないでしょうか?

そんな赤ちゃんの肌は、肌トラブルと無縁のような気がしてきますが大間違い。むしろ、刺激に弱くちょっとのことで、すぐに肌が荒れてしまうのです。

実際、生後すぐに赤ちゃんの肌に赤いポツポツができてしまって慌てるママは多く、珍しいことではないことがわかっています。

その肌トラブルの1つに挙げられるのがニキビです。

そこで今回は、

・赤ちゃんにニキビができるのはなぜ?
・赤ちゃんにニキビができたらどうすればいい?

といった方に、赤ちゃんのニキビについて詳しくご説明します。

関連記事
>>赤ちゃんがアトピーかも!?アトピーの基礎知識とケア方法
>>赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方

スポンサードリンク

赤ちゃんにできるニキビって何?

赤ちゃんにできるニキビって何

生後2週間から3ヶ月頃までの赤ちゃんを新生児と呼ぶのですが、この時期の赤ちゃんは肌トラブルを起こしやすいといわれています。

この時期に起こる肌トラブルは、乳児湿疹と総称され、起こりやすい症状がいくつかあります。

その中でも、赤ちゃんの肌にポツポツとしたニキビができてしまうことを、新生児ニキビと呼びます。

新生児ニキビはできてからの進行が早いのが特徴で、1つできると、そこからあっという間に広がってしまうことから驚いてしまうママも多くいます。

どうして赤ちゃんにニキビができるの?

どうして赤ちゃんにニキビができるの

思春期や大人ならまだしも、赤ちゃんにニキビというのはあまりイメージが湧きませんが、できるからには必ず原因があります。

思春期や大人の場合には、皮脂の毛穴詰まりやアクネ菌などの雑菌が肌に繁殖してしまう、などの原因が挙げられますが、赤ちゃんの場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか。

原因がわからなければ対策を取りようがないので、ママはもしもの時のために知っておくことが大切です。赤ちゃんにニキビが出来てしまう原因については、以下の通りになります。

毛穴詰まり、外部の刺激

先に触れたように、毛穴に皮脂が詰まってしまったり、雑菌などが肌に繁殖してしまうなどを原因に、肌に炎症が起きてしまうのが思春期や大人のニキビの代表的な原因に挙げられますが、新生児ニキビにも同様のことがいえます。

むしろ、赤ちゃんは新陳代謝が良いので汗をかいてしまいやすく、また、大人より長く眠りますから皮脂で毛穴詰まりしやすく、ニキビができやすいです。

更に、赤ちゃんの肌は大人に比べてすごくデリケートで、肌に触れる素材や汚れ、少し擦っただけでも敏感に反応してしまいます。

その外部からの刺激も、新生児ニキビの原因に挙げられます。

ママのホルモンの影響

新生児ニキビの一番の原因に挙げられるのが、お腹にいる時に受け継いだママのホルモンの影響です。

受け継いだホルモンというのは、男性ホルモンのことなのですが、このホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあります。

赤ちゃんの肌が弱いというのは前述でも述べましたが、同時に赤ちゃんは毛穴も未発達の状態です。

そのため、受け継いだホルモンに対応できず、皮脂や汚れを毛穴に停滞させてしまうことがわかっています。

つまり、毛穴詰まりを起こしやすく、それが皮脂腺を刺激してニキビになってしまいます。

新生児ニキビの症状について

新生児ニキビの症状について

新生児ニキビの症状として挙げられるのが、1つできると広がるスピードが速いということです。

これは、赤ちゃんの新陳代謝が早いというのが理由に挙げられます。

ただし、新生児ニキビの場合、数が増えるといっても顔が中心で、頬やおでこ、頭皮にまで広がる以外にはあまりできません。

また、赤いブツブツ、白い芯があるもの、膿を持ったものなど、痒そうな見た目に反して、赤ちゃん本人が痒がらない、むずがらないことも特徴に挙げられます。

新生児ニキビは自然に治まる

新生児ニキビは自然に治まる

ニキビと聞くと、頑固で治りにくいイメージがありますが、新生児ニキビに関してはママのホルモン遺伝が原因である場合が多いことから、生後3ヶ月以降には治まっていることがほとんどです。

これは、遺伝したホルモンが少しずつ薄まってくるという理由や、身体が発達してくると共にホルモンに順応できるようになることが挙げられます。

ただし、新生児ニキビの原因は、寝具など肌に触れる物の汚れといった、ホルモンの影響だけではありません。

他に原因があれば治っても再発してしまう可能性もありますので気を付けましょう。

新生児ニキビでないことも

生後3ヶ月までの間は、新生児ニキビだけでなく、乳児湿疹や脂漏性湿疹など他の皮膚炎になってしまう可能性も十分に考えられます。

見分けるのは難しいですが、生後3ヶ月を過ぎても治る様子がなかったり、顔以外に湿疹の症状、赤ちゃんが痒がる、水泡ができているなど、新生児ニキビの特徴に見られない症状があるようなら、新生児ニキビ以外の症状も疑いましょう。

また、新生児ニキビでできた傷口から菌が侵入して、他の症状を誘発する恐れもあるので注意して下さい。

赤ちゃんのニキビに市販薬の使用はNG?

赤ちゃんのニキビに市販薬の使用はNG

赤ちゃんが痒がってはいないにしても、見ているママとしては何とかしてあげたいと思ってしまうのが親心です。

だからといって、市販で販売されているニキビ用の外用薬や、汗疹用の塗り薬などを赤ちゃんに使用するのは絶対に止めましょう

汗疹用は、まず使用する症状からして違います。そして、何よりこういった市販薬は新生児用に作られていませんので、赤ちゃんに使用してはいけない成分が含まれていることが多いからです。

また、成分が強すぎて皮膚に異常が出てしまう恐れもありますので、くれぐれも自己判断で使用しないようにしましょう。

新生児ニキビをケアするには

新生児ニキビをケアするには

基本的に新生児ニキビは、できたばかりの白い状態であるうちは、痒みはほとんど感じないといわれていますが、膿がでてきたり、赤く腫れてくるなど悪化してくると、赤ちゃんも痒みを感じてしまいます。

また、新生児ニキビから他の皮膚炎を併発してしまう可能性も高くなります。そのため、生後3ヶ月もすれば自然に治まってくるといわれている新生児ニキビですが、ニキビができてしまった時点で、症状が悪化する前に改善してあげることが大切です。

自宅でもできる、新生児ニキビのケアは以下の通りになります。

汗を小まめに拭く

赤ちゃんは大人に比べて、かなり汗っかきです。これは新陳代謝が良い他、汗を出す汗腺の数が大人とほとんど変わらないことが理由に挙げられます。

大人と変わらない数の汗腺が小さい身体に詰まっているわけですから、汗の量もすごいわけです。

実は、この汗を放置していると肌に雑菌を繁殖させ、ニキビを作る原因になります。

また、すでにニキビができている場合には、拭かないでいると悪化してしまいますので、新生児用の汗ふきシートなど赤ちゃんの肌に優しいものを使用して、小まめに汗を拭くようにしてあげて下さい。

沐浴で汚れを落とす

原因でも触れたように、新生児の時期は男性ホルモンの影響などから皮脂の分泌が多く、毛穴詰まりをしやすいといわれています。

そのため、沐浴時に赤ちゃん石鹸を1日に1回は使用して綺麗に身体を洗い、皮脂を取り除いてあげることが大切です。

特に、首や耳の裏、手首や首などのシワが深い部分、新生児ニキビができやすい顔には皮脂が沢山分泌されますので、意識して洗ってあげるようにしましょう。

沐浴できちんと皮脂を洗い流してあげることで、新生児ニキビの予防にもなります。

参考記事
>>新生児の沐浴の方法と沐浴後のケアの仕方
>>敏感肌のママや赤ちゃんに使える優しさいっぱいのソープハーブ

沐浴をする時の注意

赤ちゃんの肌は、大人に比べて皮膚が1/10ほど薄いといわれていますので、しっかり皮脂や汚れを落とそうと強くこすり過ぎると、ニキビが悪化してしまう恐れがあります。

沐浴を行う際には、しっかりと石鹸を泡立てた上で、優しく洗ってあげるようにして下さい。泡立てる方が、汚れの吸収率も良く、泡立てないで擦るよりも汚れが落ちやすいといわれています。

また、石鹸を洗い流す際にも洗い残しのないように流してあげることが大切です。

石鹸を流し損ねると、そこから雑菌が繁殖してしまいニキビが酷くなってしまう可能性があるので注意して下さい。

沐浴後は保湿!

沐浴後、拭き残しのないように柔らかいタオルで拭いてあげたら、大人のように赤ちゃんの肌にも保湿ケアをしてあげるのも、新生児ニキビの対策になります。

保湿しないでいると、今度は皮脂が不足してしまい、肌を乾燥させる原因になってしまいますので注意が必要です。

大人が使用している保湿化粧品では赤ちゃんの肌に刺激が強すぎるので、低刺激のクリームやベビーローションを使ってあげるようにして下さい。

塗る際には、沐浴の時と同様に擦り過ぎず、手で温めて、赤ちゃんの肌を刺激しない程度におさえるようにして塗ってあげましょう。

清潔な環境を心掛ける

赤ちゃんが触れる機会が多い物が汚れているのも、ニキビを悪化させてしまう原因になります。

最悪の場合には膿ができてしまい、それを引っ掻いてニキビが飛び火してしまうこともあります。

そのため、赤ちゃんがいる環境を清潔に保つことも新生児ニキビの対策になります。

特に赤ちゃんの触れる機会が多い布団などの寝具や、靴下を含む服、口元を拭ったりする際に使用するガーゼなどは小まめに取り替え、清潔に保つようにしましょう。

かさぶたを剥がさない

新生児ニキビは治まってくると、かさぶたになっていきます。そういうのを見ると、ついとってしまいたくなるところですが、かさぶたは自然に剥がれるのを待つのが大切です。

ニキビだけでなく、どんな傷でもそうですが無理にかさぶたを取ろうとすると、まだできていない新しい皮膚がかさぶたに引っ張られて、更にニキビが悪化してしまう可能性があります。

赤ちゃんの皮膚は大人に比べて弱くて薄いので、これ以上、患部が酷くならないよう自然に取れるまでそっとしておいて下さい。

赤ちゃんの身の回りのお手入れ

赤ちゃんの身の回りをお手入れしてあげることも、新生児ニキビには良いといわれています。

その1つが、爪です。悪化する前に対策をとれば痒くないとされる新生児ニキビですが、やはり何かの拍子に赤ちゃんがニキビを引っ掻いてしまうことがあります。

そのため、患部を傷付けることがないように、爪は常に短く切っておくことが大切です。

また、赤ちゃんが顔を良く触ってしまうようなら、柔らかく肌にも優しいミトンで手をカバーするのもポイントです。

ただし、ミトンを使用する際には、涎などで汚れてきてしまいますので、小まめに取り替えてあげて下さい。

赤ちゃんの髪が豊富な場合には、ニキビに髪が触れてしまうのも良くないので、短くカットしてあげましょう。

ママの身の回りも整えよう

赤ちゃんだけでなく、ママも身の回りには気を遣う必要があります。

赤ちゃんと同様に爪の長さはもちろんのこと、髪も長いようであれば、赤ちゃんを抱っこしたり授乳したりする前に、髪が邪魔にならないように束ねることが大切です。

また、着用する服の素材も気を付ける必要があります。授乳の際など、赤ちゃんも触れる機会が多いからです。少しの刺激で肌が荒れてしまう赤ちゃんのことを考えて、肌に刺激の少ない素材を選び、身の回りを清潔に保ちましょう。

赤ちゃんのニキビ、病院に行っても良い?

赤ちゃんのニキビ、病院に行っても良い

基本的に新生児ニキビは、上記のような対策をきちんと行っていれば、それほど症状も悪化することがないといわれています。

そのため、ニキビが赤ちゃんにできてしまったとしても、自宅でケアをしてあげることが大切になるのですが、生後3ヶ月以降も治る気配がない、膿が出ていたり赤く爛れてしまっているなど症状に悪化の傾向が見られる場合であれば、他の皮膚炎になっている可能性も高いので、皮膚科か小児科を受診するようにしましょう。

症状によっては、薬に頼らない方向で、ケアを中心にしながら経過観察をすることになりますが、酷い場合には薬も処方してもらえます。

赤ちゃんにニキビができているのを見てしまうと、焦ってしまうママも多いですが、新生児ニキビに赤ちゃんがなってしまうことは珍しくありません。

これ以上、悪化することのないように、きちんと対策をとるようにすれば、自然に治っていく場合がほとんどなので、焦らずに自宅でできる対策を小まめに実践していきましょう。

ただし、効果には個人差があります。対策をとっていれば絶対に治るというわけではありませんので、症状が酷い場合や治りが遅いようであれば、病院を受診するようにして下さい。

あまり神経質になり過ぎないように、ニキビケアを行っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる