冬の布団は暑い?赤ちゃんが布団を蹴ってしまう原因と注意する点

冬の布団は暑い?赤ちゃんが布団を蹴ってしまう原因と注意する点




寒い冬は、布団も冬仕様です。寝ている間に身体を冷やさない、風邪を引かない必要な対策です。しかし、赤ちゃんにそれをやると布団を蹴られることがあります。

ママにしてみれば寒くないように、と赤ちゃんに布団をかけてあげているのに、目を離した隙に布団がはだけていることは珍しくありません。

しかも、布団から出ている小さな足は冷たくなっていて、夏はともかく冬は風邪を引かないか心配になります。

そこで今回は、

・赤ちゃんに冬布団は掛けない方がいいの?
・寒くならないように厚着をさせた方がいいの?
・ベビー布団のメリットを教えてほしい!

といった方に、赤ちゃんがお布団を蹴ってしまう原因と気を付けること、赤ちゃんにどんな対応してあげるのがベストなのかを詳しくご説明します。

関連記事
>>エアコンを上手に使おう!新生児の赤ちゃんが快適な室温は?
>>赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方

スポンサードリンク

赤ちゃんが布団を蹴ってしまうのはなぜ?

赤ちゃんが布団を蹴ってしまうのはなぜ

寒いにも関わらず、布団をかけた傍から蹴ってしまうこともある赤ちゃん。実は、暑いからなんです。赤ちゃんは大人に比べると新陳代謝が良く、体温も高めです。

そのため、とても汗っかきなので、大人にはちょうど良い温かさでも、赤ちゃんには暑いくらいになってしまいます。

つまり、冬の寒さに合わせて重ねてかけていたお布団も、赤ちゃんにしてみれば暑苦しいのです。

また、布団を蹴ってしまう原因には布団以外に、服装の場合も考えられます。赤ちゃんが布団を蹴ってしまうようなら、布団のかけ過ぎか服の着せ過ぎ、どちらかになることがほとんどです。

赤ちゃんに布団をかけないのはダメ!

布団を蹴ってしまうのなら無理にかけなくても、と思うママもいるかもしれませんが、それもNGです。

赤ちゃんが暑がりで汗っかきなのは先に触れた通りですが、いってしまえば赤ちゃんは体温調節機能がまだまだ未熟で、自分で調節することができません。

つまり、季節や少しの温度差に振り回されっ放しなのです。

そのため、「赤ちゃんにとってのちょうど良い温かさ」というのは、ママが環境を整えてあげることが大切です。布団を蹴ってしまっても、ママはめげずに小まめに布団を調節してあげましょう。

赤ちゃんの冬の布団、どうするべき?

布団をかけないのはダメ、しかし布団をかけても蹴ってしまう赤ちゃん。ママも迷ってしまいがちですが、大人と同じ枚数のお布団では基本的に赤ちゃんは暑がります。

目安として、冬の布団はお昼寝であれば綿毛布、もしくはタオルケット、夜寝る時は綿毛布かタオルケットにかけ布団を1枚つけるのが良いです。

これで様子を見て、寒そうにしているのか、暑そうにしているののかを判断して調整してあげましょう。

赤ちゃんの布団と一緒に気を付けたいこと

赤ちゃんの布団と一緒に気を付けたいこと

布団を蹴ってしまう赤ちゃんを見ると、布団で調節しようと躍起になってしまいますが実は、冬の赤ちゃんの布団は、赤ちゃんの服装や環境にも左右されます。

つまり、布団だけ気を付けていても、赤ちゃんが布団を蹴ってしまう可能性があります。特に生後2ヶ月くらいまでは体温調節が未熟なので、布団と合わせて服装や暖房設定といった環境には気を付けてあげましょう。

布団と一緒に気を付けたい服装などの目安は、以下の通りになります。

服装の目安

赤ちゃんの冬の服装の目安としては、生後2ヶ月くらいまでなら大人と同じ枚数、体温調節機能が発達し始める生後3ヶ月以降であれば、大人より1枚少ないくらいが良いとされています。

布団と合わせる時は、前述の枚数で布団をかけてあげると良いですが、この他に薄着で布団をかける、厚着で薄い布団をかける合わせ方もあります。

参考までに挙げると、やり方は次の通りになります。どれが正しいというわけではないので、赤ちゃんが過ごしやすい合わせ方を見つけてあげましょう。

薄着+お布団

綿のパジャマやカバーオールと、綿の肌着などの組み合わせに靴下なしで、合計2枚くらいを赤ちゃんに着せた後に、ママのお布団に赤ちゃんも一緒に入る方法です。

薄着にしているので、赤ちゃんが布団を蹴ってしまうことも少なく、またママと一緒に寝ているので身体が冷える心配もありません。薄着にしているので、暑さを調節しやすいというのもポイントです。

ただし、赤ちゃんが布団から出てしまった時用に、枕元に軽い素材のひざ掛けなどを2~3枚程準備しておく必要があります。

赤ちゃんと一緒に寝るので、ママ自身があまり寝返りを打てない、動けないというデメリットがあります。

厚着+お布団

服装は温かいパジャマ、キルティング生地の冬用肌着など温かい服装で、3枚ほどを赤ちゃんに着せて、布団はフリースのひざ掛け程度の薄いものをかけるという合わせ方になります。

これは、ママが見てないうちに赤ちゃんが布団を蹴っ飛ばしても、寒くない合わせ方ですが、厚着にしているので、赤ちゃんが暑がっていても自力で脱げないというデメリットがあります。

よって、ママが時々暑くないか、様子を見てあげることが大切です。

暖房の目安

赤ちゃんが寒くないように暖房をつけているママもいますが、赤ちゃんは寝る前に眠りやすいように体温を下げます。

そのため、暖房をつけたままでいると、たとえ布団がちょうど良くても、上手く体温が下がらず汗をかいて暑がります。

機嫌を悪くして、上手く眠れなくなることも考えられますから、赤ちゃんが寝る時は暖房は消す、もしくは心配ならば少し肌寒いと感じる21~23℃くらいに暖房は設定しておきましょう。

低いように感じますが、個人差はあれ赤ちゃんにとって快適に過ごせる温度とされています。

スリーパーを合わせる

布団や服装、暖房も寝ている時は切ってあげるなど、赤ちゃんが過ごしやすい環境を心掛けていても、布団を蹴ってしまう時はあります。

これは、その日の気温や赤ちゃんの体温の関係もありますので、小まめに調節をしていくしかないのですが、ママもずっと見ていられない時もあります。そんな時に良いのがスリーパーです。

長いベストのような形をしている物なのですが、赤ちゃんが寝ていても着ることができ、綿毛布などの代わりにもなります。

そのため、毛布などを1枚かける代わりにスリーパーを布団と合わせるママも多いです。

仮に赤ちゃんが布団を蹴ってもスリーパーがあるので、ひとまずは身体を冷やす心配が少なく、幼児期まで使用できるので1枚持っておくと便利です。

赤ちゃんの寝冷えに注意!

赤ちゃんの寝冷えに注意

赤ちゃんにかける布団の枚数を見てみると、寒そうなイメージがあり、ママにしてみれば、寝冷えも心配になってくる枚数かもしれません。

そのため、布団を赤ちゃんが蹴ってもきちんとかけ直したり、寒くないようにパジャマの上にスリーパーを着せて脱げないようにするママもいます。

しかし、何度もいうように赤ちゃんが布団を蹴ってしまうのは暑いというサイン。むしろ、暑いのにも関わらず調節されていない布団をかけ直されて、体温を下げようと赤ちゃんは汗をかいてしまいます。

その結果から、寝冷えを招きやすいとされています。大人よりも薄い布団で調節することを心掛けてあげましょう。

参考記事
>>新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法

乳児突然死症候群の原因にも

寝冷えと共に注意したいのが、SIDSとも呼ばれる乳児突然死症候群です。布団をかけ過ぎてしまうことで、赤ちゃんの体内にうつ熱が溜まることが原因の1つです。

乳児突然死症候群については、乳幼児の心肺停止の原因と予防策!年齢別の心臓マッサージの記事にてにて詳しくご紹介しています。

基本的に赤ちゃんは、布団を蹴ったりして暑いことをアピールしますが、赤ちゃんの中には布団を上手く蹴れなかったり、暑いのを我慢してしまう赤ちゃんもいます。

また、寒くないように服を重ね着し過ぎて、赤ちゃんが暑くても脱げないというケースもあります。

もちろん、この症候群の原因は喫煙やうつぶせ寝も挙げられ、布団のかけ過ぎだけが原因ではないのですが、ママも注意してあげることが大切です。

手足が出てしまう分には問題ない?

熱が篭ってしまうのは良くないとはいえ、見ただけでは暑いのか寒いのかママにはわかりません。

また、布団をかけて手足をぱっと出しているのを見ると、きちんとかけてあげたくなってしまうのが親心です。

しかし、実際には手足を出している分には問題はないです。むしろ、手足で体温調節をしていることもあります。

それよりも、気にしなければいけないのは背中です。背中を確認して、汗ばんでいたり湿っている時は赤ちゃんが暑がっている証拠です。

つまり、背中が冷たい場合には反対に寒いということです。赤ちゃんが寝ている時に確認して、布団を調節してあげましょう。

靴下を履かせる必要はないですが、赤ちゃんによっては、手が冷えることでぐずります。その場合には赤ちゃん用のミトンを使用したり、袖ありのスリーパーで手先を温めましょう。もしくは、ママが掌で包んであげるだけでも赤ちゃんは安心して眠ります。

ベビー布団を揃えるという意見も

ベビー布団を揃えるという意見も

家にあるタオルケットや布団を使用して、赤ちゃんの寝る環境を整えるのも1つの方法ですが、赤ちゃん専用のお布団―ベビー布団を揃えておくのも対策になります。

むしろ、1日のほとんどを眠っている赤ちゃんのことを考えると、睡眠環境を整える上でベビー布団を揃えてあげる方が良いという意見もあります。

実際、ベビー布団には一般的な布団にはないメリットがたくさんあります。そのメリットについては以下の通りです。メリットを踏まえた上で、パートナーと検討してみましょう。

参考記事
>>赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方

ベビー布団は手入れが楽

赤ちゃんは、新陳代謝が活発で平熱が37℃台ということから、大人に比べると暑がりです。

汗を大量にかくということは、その分布団も蒸れやすいです。湿気てしまった布団をそのままにするのは、雑菌を増殖させる原因になるので、小まめに干さなくてはいけません。

時には背中にバスタオルなどを敷いて、湿ってきたら交換する必要も出てきます。ベビー布団はその点、赤ちゃん用なのでお手入れがとても楽です。

また、通気性が良い素材で作られているので、赤ちゃんが汗をかいても一般的な布団より蒸れにくいです。

赤ちゃんに優しい肌触り

通気性の他、ベビー布団を選ぶメリットとして挙げられるのが、赤ちゃんの肌に優しく作られていることです。赤ちゃんは汗っかきなだけでなく、お肌も敏感です。

普通の布団では使用されている素材によっては、刺激を感じて肌が荒れてしまうこともあります。

ベビー布団は、その点も考慮して基本的に赤ちゃんの肌に優しいコットンなどの素材で作られていることが多く、さらに肌荒れ防止としてガーゼ素材の専用シーツ、カバーも付いているので安心です。

硬めな作りでママも安心

ベビー布団は、大人よりも硬めにできているのもメリットの1つです。

赤ちゃんの身体は、大人と異なり関節や骨、首がすわっていないなどの理由から、羽毛など大人にとってちょうど良い柔らかさの布団を使用すると、身体が沈むことがあります。

最悪の場合、そのまま使用し続けることで関節が外れたり、骨が変な形で固まる可能性があります。また、うつぶせや横向きになった時に窒息する危険性もあります。

同様の理由で、かけ布団は軽めに作られており、万が一、口や鼻に毛布がきても、塞がる心配のない軽さになってることがベビー布団のメリットです。

また、生後5ヶ月を過ぎると赤ちゃんも寝返りを始めます。この時、あまり柔らかい布団にしてしまうと、赤ちゃんが寝がえりをする際に邪魔になってしまいます。

先にも触れたように、羽毛や低反発など、大人にとって良い柔らかさの布団は窒息の危険を招きます。これは寝返りを上手くできず、うつ伏せから向きを赤ちゃんが変えられなかったケースも含まれています。

ベビー布団は、赤ちゃんの寝がえりを妨げない作りになっているので、その点も心配ありません。

しかし、ベビー布団を揃えるとなるとコストもかかってきます。ベビー布団で問題が必ず解消されるわけではありませんので、あくまで1つの選択肢と考えておきましょう。

暑すぎない快適な冬を

暑すぎない快適な冬を

体温調節がままならない赤ちゃんのことを考えると、冬の季節は寒くないようにママも色々頭を悩ませます。

しかし、赤ちゃんの体温を考えて、上手く布団を調節してあげることが大切です。

風邪やインフルエンザなど、心配になってくるものが多い冬の布団事情ですが、布団をかけ過ぎず、暑苦しくない快適な冬を赤ちゃんに過ごしてもらいたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる