赤ちゃんが便秘になる原因と解消法まとめ

赤ちゃんが便秘になる原因と解消法まとめ




「赤ちゃんは便秘にならない」と聞いたことはありませんか?しかしそんなことはありません。赤ちゃんだって便秘になるんです。

たしかに母乳やミルクだけの新生児期~乳幼児のときは便秘になることは少ないのですが、生後5~6ヶ月ぐらいで離乳食を食べるようになると、食習慣や生活習慣などの要因から便秘になることは珍しくありません。

そこで今回は、

・赤ちゃんが便秘になるのはどうして?
・赤ちゃんの月齢によって便秘になる原因は違うの?
・赤ちゃんの便秘解消法が知りたい

といった方に、お母さんにとって深刻な問題である赤ちゃんの便秘を改善できるよう、その月齢別の原因と解消法を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

新生児期~乳幼児期の赤ちゃんの便秘

新生児期~乳幼児期の赤ちゃんの便秘

母乳やミルクで栄養をとっている新生児期から乳幼児期、この頃の栄養はすべて水分ですから便秘とはあまり縁がありません。ウンチも水分たっぷりのゆるゆるウンチで、一日に何回も出ることでしょう。

また、数日間ウンチが出なかったとしても、母乳やミルクの吸収率がよく、残りカスとして出てくる量が少ないだけですから、出てきたウンチが硬くなく赤ちゃんが元気であれば大丈夫です。

とはいえ昨日まで1日に何回もウンチをしていた赤ちゃんが急にウンチをしなくなったら、お母さんが心配するのも無理はありません。では、新生児期~乳幼児期の赤ちゃんの便秘、その原因を探ってみましょう。

原因1、赤ちゃんの排便ペースの変化

産まれてすぐの赤ちゃんのお腹は、まだ便を溜める機能ができ上がっていないので、母乳やミルクを飲めば反射的に排便する仕組みになっています。

それが2~3ヶ月ごろになると少しずつ便を溜められるように腸の機能も発達し、発達することで排便ペースも変わってきます。これは「生理的便秘」といわれるもので、赤ちゃんが成長していくために必要な過程です。

なかには2~3日ウンチをしなくなる赤ちゃんもいますが、ウンチの量や硬さがそれまでと同じであれば順調に成長しているのだと思ってください。

原因2、母乳の量は足りていますか

母乳の場合はミルクと違い、どのくらいの量を飲んだのかわかりづらいこともしばしば。母乳の量が足りないと体重も増えず、ウンチの回数や量も少なくなって、便秘がちになってしまうことがあります。

赤ちゃんの体重が順調に増えているか・飲んだあと機嫌がいいか・時間を空けずすぐにおっぱいを欲しがっていないか・コクコクと飲んでいる音をさせているか・泣き声は元気か・1回の授乳に30分以上かかってないか・授乳がおわっても離すのを嫌がらないかなど、お母さんの母乳が不足していないかチェックしてみましょう。

もし体重が増えていなかったり、すぐにおっぱいを欲しがって泣くようなら母乳が不足しているかもしれません。母乳だけで育てることにあまりこだわらず、ミルクをプラスするなどして調整してみましょう。

原因3、ミルクは母乳よりも便秘になりやすい

母乳には赤ちゃんの腸内環境を整える効果があり消化もいいため、ウンチの回数が多く便秘にもなりにくいのですが、母乳の出が少なくてミルクをプラスしたり、ミルクだけになると、消化に時間がかかって便秘になりやすいといわれています。

赤ちゃんの胃腸は未発達ですから、母乳からミルクへと変化してもすぐには対応できないのです。またミルクにはカルシウムが含まれているため、必要量以上に飲ませてしまうと便秘になるといわれています。

ミルクを飲ませたことで便秘になったときは、もう一度量を確認して守ることと水分を補ってあげることが大切です。

この時期の赤ちゃんの水分補給には、一度沸騰させたお湯を常温に冷ました「湯冷まし(白湯)」がいいのですが、新生児期から飲ませることができるお茶や赤ちゃん用のイオン水なども売っていますので、そちらを利用してもいいでしょう。

原因4、赤ちゃんの運動不足にも気をつけましょう

新生児期の赤ちゃんが運動不足といってもピンとこないかもしれませんが、赤ちゃんが毎日りっぱなウンチをするためには体を動かしてあげることも必要です。

体を動かすことは腸の刺激につながりスムーズな排便の手助けをしてくれます。またウンチをきばるときに必要な腹筋も鍛えることにもなります。

赤ちゃん自身はまだそれほど動けませんので、お母さんが赤ちゃんの足を曲げ伸ばしをしてあげるなど、意識して運動させてあげてください。

オムツを替えるときや沐浴するときにちょっと体をひねったり足を屈伸したり、それだけでもいい運動になります。

原因5、母乳の質が良くないかもしれません

お母さんが食べたものは母乳となって赤ちゃんに直に影響します。お母さんが赤ちゃんの体にいいものを摂取していればいいのですが、ダイエット目的や脂質の摂りすぎで栄養が偏ると、母乳はドロドロの状態になってしまいます。

ドロドロの母乳では赤ちゃんが飲みやすいはずもなく、授乳に時間がかかり赤ちゃんも体力をつかいます。さらに水分が少ない母乳なので水分不足となり、消化機能を低下させてしまい便秘を引き起こしてしまうのです。

また、お母さんの体の冷えも母乳の質を下げる原因になります。お母さんの体が冷えると母乳自体の温度も冷え、その冷えた母乳を飲んだ赤ちゃんの体も冷えて、腸が活発に活動できなくなってしまうからです。

母乳を飲ませているお母さんは、脂質を控えた和食中心の食事で栄養を摂り、体を動かすことで基礎代謝を上げてダイエットをしましょう。そして赤ちゃんに栄養たっぷりの上質な母乳をあげてください。

原因6、身体的な理由や先天性の病気

たいへん珍しい例ではありますが、便秘以外にもお腹が大きく膨らんだり、嘔吐や体重の減少がともなう場合は病気の可能性もあります。たとえばヒルシュスプルング病という先天性の病気の最大の特徴は便秘です。

他にも、ウンチを出すときに痛がったり泣いたりする・肛門が切れている又は出血している・風邪をひいていないのに熱がある・肛門のまわりやオムツにいつも少量のウンチがついているなどの症状があれば、病院で診てもらったほうがいいかもしれません。

赤ちゃんはどこかが痛くても訴えることができませんので、日頃から赤ちゃんがウンチをする様子を観察して、いつもと違うことがないか注意しましょう。

離乳食を始めた頃の赤ちゃん(生後5ヶ月~8ヶ月頃)の便秘、原因は水分不足

離乳食を始めた頃の赤ちゃん(生後5ヶ月~8ヶ月頃)の便秘、原因は水分不足

生後5ヶ月ころになるとそろそろ離乳食をはじめるお母さんも多いのではないでしょうか。それにともなって母乳やミルクを飲ませる量も少なくなってくることでしょう。

これまでは母乳やミルクといった、水分のみから栄養を摂取していた赤ちゃんも、離乳食を食べるようになると水分量が減ってきて便秘が起こりやすくなってきます。

また、赤ちゃんの腸内細菌にも変化が起きてきます。腸のなかで便が溜められるようになるため、新生児期や乳幼児期に比べるとウンチの回数が減ります。

ですが、たとえ2~3日出ないようでもスムーズに排便できていれば問題ありませんので、痛がらずに排便しているかウンチが硬くなっていないかなどを毎回チェックしましょう。

離乳食を始めた頃の赤ちゃん(生後5ヶ月~8ヶ月頃)の便秘、解消法は水分補給

離乳食を始めた頃の赤ちゃん(生後5ヶ月~8ヶ月頃)の便秘、解消法は水分補給

赤ちゃんの水分補給に一番いいのは母乳やミルクです。しかし、母乳やミルクをあげてしまうとお腹がいっぱいになって離乳食を食べてくれなくなることもあります。

離乳食をしっかり食べてほしいなら、離乳食といっしょに湯冷ましや赤ちゃん用の麦茶や赤ちゃん用のイオン水などを飲ませてあげましょう。

そのあとで母乳やミルクをあげれば、栄養面でも水分補給の意味でも問題ありません。ウンチの様子を見て水分補給しながら離乳食をすすめてください。

また最近では月齢に応じた赤ちゃん用ジュースもたくさんありますが、あまり味の濃いものばかりを早い段階で飲ませていると、離乳食の薄い味付けを嫌がるようになることもありますので注意が必要です。

離乳食がすすんできた赤ちゃん(生後9ヶ月~1歳頃)の便秘、原因は食事の内容

離乳食がすすんできた赤ちゃん(生後9ヶ月~1歳頃)の便秘、原因は食事の内容

離乳食がすすんでくると母乳やミルクの量も減り、赤ちゃんの食事は離乳食が中心になります。そのためお母さんも栄養バランスを考えた離乳食を作らなければと、さらに神経を使ってらっしゃることでしょう。

それでも赤ちゃんが便秘になってしまったら、なかには自分が作った離乳食が悪かったのかと自信をなくしてしまうお母さんもいるようですが、お母さんのせいではありません。

母乳とミルクの量が減ったことでどうしても水分が不足するため便秘になるのです。

また食物繊維が不足していることも考えられますが、工夫しだいで便秘は解消できます。食事の内容や量、水分の量に気をつけて、あまり神経質にならないよう離乳食をすすめていきましょう。

離乳食がすすんできた赤ちゃん(生後9ヶ月~1歳頃)の便秘、解消法は食事内容の改善

離乳食がすすんできた赤ちゃん(生後9ヶ月~1歳頃)の便秘、解消法は食事内容の改善

離乳食後期の赤ちゃんの便秘は、食物繊維と水分を摂ることで改善されます。食物繊維を多く含んでいるサツマイモやカボチャやきのこ類をもっと取り入れていきましょう。

サツマイモには腸内環境を整える効果もあり、カボチャにはビタミンEやカロテンなど栄養も豊富です。

きのこ類にも食物繊維がたくさん含まれています。スープやおかゆにしてあげれば水分補給にもなって一石二鳥です。柔らかい部分を細かく刻んで煮込んであげましょう。

また、ひじきやわかめなどの海藻類も便秘を解消するためには有効な食材です。すりつぶしておかゆや汁物に入れるのもいいでしょう。そして便秘には適度な油分も効果的です。

腸が活発に動くように働きかけて便秘を解消してくれますので、薄い味付けのひじき煮をすりつぶしておかゆに入れるなどしてみてはいかがでしょうか。

腸内環境を整えるには、乳酸菌を多く含むヨーグルトが必須です。無糖のプレーンタイプのものを選んで積極的に取り入れましょう。

加えて、食物繊維が豊富で甘くて柔らかいバナナや、水溶性食物繊維やビタミンCが豊富なミカンなどを、ぜひヨーグルトと混ぜて一緒に食べさせてあげてください。

新生児期からできる便秘解消マッサージ

新生児期からできる便秘解消マッサージ

赤ちゃんが便秘にならないために、日頃からマッサージをしてあげましょう。お風呂で体を洗うときやオムツを替えるとき、いつでも気軽にできる方法です。

赤ちゃんのお腹に手のひらを当てて、手のひら全体でお腹を撫でるように、時計回りにやさしく「の」の字にマッサージしましょう。

お風呂の中であれば石鹸をつけたほうがやりやすいです。オムツを替えるときなら、そのまま腹ばいにして反時計周りにもマッサージしてあげましょう。この方法には、便が腸の出口へ移動するように促す効果があります。

また、仰向けに寝た赤ちゃんの上体を両手で支えて、右に左にとゆらゆら揺らしてあげるマッサージも効果的です。

便秘気味の赤ちゃんは、便だけでなくガスも一緒に溜まっていることがよくあります。この方法は脇腹から背中にかけて刺激することで、ガスを出して排便をスムーズにする効果があります。

新生児期からできる便秘解消エクササイズ

新生児期からできる便秘解消エクササイズ

赤ちゃんがまだ自分では動くことができない時期は、お母さんが赤ちゃんの手や足を動かしてあげてください。

まず赤ちゃんが仰向けに寝ているときに、自転車こぎの要領で赤ちゃんの足を動かします。このとき赤ちゃんの両足首を持って、ペダルをこぐようにやさしく屈伸させてあげてください。腹筋を動かして腸を刺激する効果があります。

また、赤ちゃんが起きているときに腹ばいにするエクササイズもあります。この方法では腹筋や背筋が鍛えられますので、これを毎日少しずつするだけで便秘が解消されることもあります。

ただしこのエクササイズをする場合は、必ずお母さんは目を離さないようにしてください。そして窒息防止のために固めの布団やマットレス、座布団の上などで行いましょう。

どうしても出ない、頑固な便秘の解消法「綿棒浣腸」

どうしても出ない、頑固な便秘の解消法「綿棒浣腸

離乳食の食材にも気をつけて水分補給もして、いろいろな方法を試してみてもどうしてもウンチが出ない。

そんな頑固な便秘の最後の解消法には、赤ちゃんの腸に直に刺激を加える「綿棒浣腸」があります。すぐにでも便秘を解消してあげられる方法で、確実性と即効性が高いのでオススメです。

まず大人用の綿棒を少しほぐして柔らかくします。次に、滑りをよくするためにベビーオイルやオリーブオイルをたっぷりつけて綿棒浣腸を作ります。

そして、赤ちゃんを仰向けに寝かせて足を広げ、赤ちゃんの肛門に綿棒浣腸を当てて、ゆっくりと円を描くように入れていきます。

綿棒の頭が入ったくらいになれば、円を描くように刺激しながらお腹をさすったり軽くつかんだりしてみましょう。

なお、この綿棒浣腸には即効性がありますので、抜いたとたんに数日分のウンチが出てくることもあります。あらかじめ新聞紙や紙オムツを敷いておくことを忘れないでください。

また、綿棒浣腸を行なうのは、腸の動きが活発になっている食後30分くらいが一番効果があります。

赤ちゃんに浣腸をすることに抵抗を感じるお母さんもいるでしょうが、正しい方法やタイミングで行えば痛いことも危ないこともありません。それよりも、赤ちゃんを一刻も早く便秘の苦しみから解放してあげることが大事です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる