新生児の血液型は病院で調べないの?検査の必要性とタイミング

新生児の血液型は病院で調べないの?検査の必要性とタイミング




もうすぐ出産という頃には、生まれてくる赤ちゃんの名前を考えたり、ママ似かパパ似かなど気になることも増えてきます。その中で血液型も気になることの一つではないでしょうか。

ですが、誕生したときに教えてもらえると思っていたら、実は検査されていなかった・・・ということがあります。

昔は赤ちゃんが生まれた直後に、血液型の検査をするのが主流でしたが、現在では血液型の検査を行なっていない産院の方が多いです。

「一人目の出産のときは検査してくれた」ということがあっても、二人目も同じように検査があるとは限りません。出生時に検査をしなかったことで、大人になっても血液型を知らないという人も増えています。

そこで今回は、

・赤ちゃんの血液型は必ず教えて貰える?
・生まれたら赤ちゃんの血液型はいつ調べて貰えばいいの?
・パパとママの血液型から赤ちゃんの血液型の想定できる?

といった方に、新生児の血液型の検査方法や、検査の必要性と受けるタイミングについて詳しくご説明します。

関連記事>>新生児の一ヶ月健診!赤ちゃんとのお出かけに必要なものは?

スポンサードリンク

赤ちゃんの血液型を調べなくなったのはなぜ?

赤ちゃんの血液型を調べなくなったのはなぜ

30年ほど前までは、出生時に新生児の血液型検査を行うことが大半でしたが、最近では検査を行う産院は少ないです。なぜ赤ちゃんの血液型を調べなくなったのでしょうか。

以前の血液型の種類は「RH+」「RH-」、型は「A型・B型・O型・AB型」の種類に分かれていました。しかし、現代の日本では、血液型の種類もより複雑になり、厳密には血清学的方法により多くの型に分類されます。

昭和50年代には、先天性の病気を調べるために、赤ちゃんのかかとに小さな針を刺して、血液を採取する方法での検査が全国的に導入されており、産院ではそのときに血液型も調べてくれていました。

ところが、採血にて調べる血液型は、3歳くらいまで正確に判定できないものであり、生まれたばかりの赤ちゃんの血液型を検査しても正しくない可能性が高かったのです。

このような背景から、たとえ新生児の血液型を調べても、後々トラブルとなることが多いと判断され、現代では血液型検査を導入していない産院が大半となりました。

赤ちゃんの血液型はどうやって調べるの?

新生児の血液型を調べる方法には、ABO血液型検査というのを行うのが一般的です。ABO血液型検査の方法は、血液を採取し、赤血球上のA型抗原とB型抗原、血漿側(けっしょうがわ)に含まれる抗A抗体、抗B型抗体の有無を測定します。

それぞれにオモテ試験、ウラ試験があり、双方の結果が一致して初めて判定されます。ですが、新生児の場合、血漿内の抗A抗体と抗B型抗体がまだ作られていないため、検査ができないのです。

仮に検査を行ったとしても、ママから移った抗体の影響で正確な結果が出ないこともあります。さらに、新生児の赤血球側のA抗原・B抗原の反応が非常に弱いため、検査結果が正確であるとはいえないのです。

この赤血球側の反応は、新生児は成人の1/3程度なので、赤ちゃんが2~4歳になってようやく成人並みになるといわれています。

血清側の反応は、血清中の抗A抗体と抗B抗体の量に関係しますので、抗体を生産し始めるのは生後3~6ヵ月からで、生後1年でほぼ全ての児に抗体が産生されるといわれています。

子供のときに親から聞いていた血液型が、献血や採血時に違うといわれた、または血液型が変わったという経験をした方がいるかもしれませんが、それは新生児のときに調べた血液型では正確な結果が出ていなかったためです。

一般的に、1歳未満の乳幼児のABO血液型検査において、オモテ試験とウラ試験の一致率は約50%といわれているため、子供の頃に調べた血液型が「変わる」ということはあり得る話です。

すべての産院で血液型検査を廃止したわけではありませんが、新生児や1歳未満の乳幼児のABO血液型の検査結果は、オモテ試験の結果のみの条件付きにて報告がなされたりしており、正確なものである確証はないとして伝えることが多いです。

赤ちゃんの血液型がわかるのはいつ?

赤血球側のA抗原とB抗原が、しっかりと判定できるようになるまでには約1年ほどかかり、血漿内の抗A抗体と抗B抗体が体内でできあがるまでには、約2~4年かかるといわれています。

ですので、赤ちゃんの血液型を確実に知るためには、血液型検査は4歳以降に行う必要があります。

血液型はどこで調べてもらえるの?

一般的な血液型検査であるABO式血液型検査も、Rh式血液型検査のどちらも、小児科や内科で調べてもらうことが可能です。

ただし、この検査は病気治療を目的とした検査ではありませんので、保険の適用外で全額自己負担となります。自己負担といっても費用自体は1,000~5,000円前後です。

それほど費用の高い検査ではありませんが、医療機関によって検査料は若干異なります。検査を受ける前には、念のため検査を実施しているかどうかや、費用について病院へ問い合わせておく方が安心です。

血液型検査は必要?不要?

一昔前はお産の際に産院が調べてくれていたために、こちらが希望していなくてもわかるものでした。そのため「血液型は知っていて当然」という認識があったかもしれませんが、いわば産院側のサービスだったのです。

血液型検査は任意検査となるため、実は調べなくても構いません。そうなると、生まれた赤ちゃんの血液型をわざわざ調べる必要があるかどうか気になります。

血液型検査を受けるべきかどうかについては、その家庭によって考え方が異なります。血液型を知っておく必要があるシチュエーションで思いつくのは、病気や怪我などで手術しなければならないときなどです。

しかし、治療や輸血などで医師が患者の血液型を知る必要があるときには、必ず病院側で事前に検査を行います。たとえ問診票に家族がその人の血液型を記載していたとしても、検査は改めて行われます。

緊急のときには、直前に検査を行うことになっているため、ママが日常的に赤ちゃんの血液型を認識しておく必要は、実はありません。

血液型検査を受けるタイミング

血液型検査を受けるタイミング

絶対に知っておかなければいけないものではありませんが、調べておいて損はありません。早めに知りたい場合には、少なくとも出生1ヶ月以上経ってから検査を受けるようにしましょう。

受けるタイミングとしては、血液型検査だけを受けに行くのではなく「ついでの受診」が賢い方法です。

アレルギー検査と一緒に

せっかく採血して調べるのであれば、アレルギー検査も一緒に受けてみましょう。今後、子供を保育園や幼稚園に入れる予定があれば、入園時の調査表に血液型を記入する場合もあります。

記載義務はありませんが、受け入れ側としては記載欄に漏れがないようにと指摘されるかもしれません。万が一の時には治療前に調べてくれるとはいえ、大切な我が子を園に託しているので、把握している方がママも安心です。

調べてみると、実は珍しい血液型である場合などは、あらかじめ知っておければ心理的にも落ち着きます。

ちなみに、この血液型検査は乳児医療費の助成対象となっている家庭でも、自費診療となり助成の対象外となりますので、注意しましょう。

しかし、ここでご紹介しているようにアレルギー検査と一緒に行うなど、他の検査のついでに血液型検査を行う場合には、差額料金のみで検査が可能になる場合もあります。

検査費用については、それぞれ検査費がかかるかどうか、直接病院へ問い合わせて確認しておきましょう。

何度も注射する必要がないように

血液型検査は採血での検査です。ただでさえ痛い注射を何度も行うよりは、別の検査と一緒に行ってしまう方が一度に済むために、ママも赤ちゃんも楽になります。

病院で大泣きするのは、子供にとってもママにとっても少ない回数で済ませたいものです。

子供が成長してから自分で検査

今すぐ知っておく必要はないものなので、気の長いママであれば、子供が成長してから自分で調べさせるというのもアリです。病院での採血でも検査できますが、献血で調べてもらうという方法もあります。

子供が大きくなって、血液型を気にするようであれば、ママから検査をすすめてあげるのも良いかもしれません。年頃になると、好きな人との占いなどで自分の血液型が知りたくなるようなこともあるでしょう。

子供が自分からいいだすまで、楽しみとして取っておくのも一つの考え方です。

血液型を調べないデメリットはある?

血液型を調べないことでのデメリットは、基本的にはありません。輸血などが必要なときでも、必ず事前に調べてくれるために、赤ちゃんの血液型を知らないことで問題になることはありません。

血管が細かったり、繊細だったりして採血に苦労する体質の子もいますので、まだ小さい子供の体に負担をかけてまで調べるよりも、必要なときに調べてもらう方がベターです。

実際に、赤ちゃんの血液型を調べなかったというママからは、「特に困ったことはない」という声が大半で、わざわざお金をかけてまで調べなくても問題ありません。

いろいろな考え方や声があるかもしれませんが、子供が何かのタイミングで採血する機会あるのであれば、そのときに調べてもらうのが良さそうです。

基本的には、赤ちゃんの血液型を知りたいのはママ・パパの方なので、親の「知りたい」という気持ちで子供に痛い思いをさせるのは、確かにかわいそうな気がします。

もし気になるようであれば、ママだけの意見ではなく、パパの考え方も聞いてから、検査を受けるかどうか決めてみるようにしましょう。

赤ちゃんの血液型を予想する

赤ちゃんの血液型を予想する

生物の授業で勉強した記憶があるかもしれませんが、ABO式血液型であれば、血液型は大まかに予想することができます。A型を例にして考えてみましょう。

「A型」は、正確には「AA型」と「AO型」の2種類に分類されます。「AO型」とは、半分が「A」でもう半分が「O」の血液型です。

このような場合「A」の方が強く反映されるため、血液型としては「A型」と判断されます。もし「AO型」のパパと「AO型」のママとの間に生まれた赤ちゃんがいるとしたら、その赤ちゃんの血液型はどうなるでしょう。

その場合、赤ちゃんの血液型の型は3種類に分類されて、以下のような割合になります。

・AA型:1
・A0型:2
・00型:1

「AA型」と「AO型」は「A型」で、「OO型」のみが「O型」となるため、赤ちゃんの血液型は確率は以下の確率になります。

・「A型」:3 →A型の確率75%
・「O型」:1 →O型の確率25%

このように、ママとパパの血液型から、生まれてくる赤ちゃんの血液型は大まかに予想することはできます。

ただし、血液型が「A型」とまでは分かっていても、自分が「AA型」なのか「AO型」なのかまではわからない方は多いです。

より正確に予想するには、自身の両親の血液型まで考慮すると、より高い確率で血液型を予想することができるようになります。

ABO式血液型の組み合わせは、一般的には以下の6種類です。
・A型・・・AA型、AO型(2種類)
・B型・・・BB型、BO型(2種類)
・O型・・・OO型(1種類)
・AB型・・・AB型(1種類)

この6種類の血液型を元に、ママ、パパ、それぞれの両親の血液型を組み合わせることで、高確率で赤ちゃんの血液型を予想することが可能です。

あくまで確率で予想していることなので、病院で調べる検査結果とは違う可能性はありますが、検査できるまでの間に予想しておくという楽しみ方はできます。

顔立ちから血液型を予想する

血液型は地域や人種によってタイプが分かれます。統計的には以下の3種に分類されます。

・A型:欧米、ポリネシア、オセアニアに多いタイプ
・B型:アジアに多いタイプ、東北アジアにも多い
・O型:欧米、アフリカに多いタイプ

このタイプ別の統計によってわかるのは、顔の特徴です。B型はアジア圏に多いという傾向から考えると、B型の人には一重瞼が多く、多少のっぺりとした顔立ちであるといえます。

欧米の中でも、ポルトガル、スペイン、ノルウェーなど西に行くほどA型が多いことを踏まえると、A型はより白人的な顔立ちが多くなります。

O型についていえば、A型よりもさらにB型の顔立ちとは遠ざかるといえます。そのため、顔から血液型を推測する場合には、B型を基本にして目鼻立などから予想すると面白いかもしれません。

他にも芸能人や著名人を血液型別に分けて、顔の傾向を探るのも楽しいでしょう。もちろん顔から予想する血液型に根拠はありませんので、正しい血液型を知りたい場合には検査を受けましょう。

血液型を想像して楽しむ

血液型を想像して楽しむ

とっても気になるものの、必ずしも受ける必要がないだけに、検査するかどうか迷うのが血液型検査。ただ、新生児のうちは正確な判断ができないので、1歳未満の場合には確定できないからと、病院から断られることも多いです。

オモテ試験・ウラ試験の結果が正確に一致するのは4歳を過ぎてからなので、子供が注射に耐えられるくらい成長してからの検査でも、遅くはありません。

とはいっても、赤ちゃんの血液型はやっぱり気になるものです。

検査すると決めて、アレルギー検査と一緒に行っても良いでしょう。もしくは、検査をするまでは、赤ちゃんの性格や顔つき、ママ似・パパ似ということを踏まえ血液型を想像して、楽しむだけでもいいのかもしれませんね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる