赤ちゃんの夜泣きに良いカモミールティーの効果効能まとめ

赤ちゃんの夜泣きに良いカモミールティーの効果効能まとめ




赤ちゃんは泣くのが仕事、とはいっても夜泣きはママにとってツライものです。

おっぱいをあげてもオムツを替えても寝てくれない、抱っこで寝てくれたから下ろすとまた泣き出す、いつまでもぐずって眠ってくれなかったりするとママも参ってしまいます。

そんな時にはカモミールティーを試してみてはいかがでしょうか。海外では赤ちゃんの夜泣きに効果があると重宝されていて、多くの家庭が常備しています。

そこで今回は、

・カモミールティって体にいいって聞くけど、赤ちゃんに飲ませても大丈夫?
・カモミールティの効能を知りたい!どんな風にいいの?
・アレルギーは気にしないで良いの?

といった方に、カモミールティーの効果や効能をご紹介します。カモミールティーを飲んで、赤ちゃんもママも少しでもリラックスしましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの夜泣きにはカモミールティー、ヨーロッパでは常識

赤ちゃんの夜泣きにはカモミールティー、ヨーロッパでは常識

夜泣きをする赤ちゃんにはカモミールティーを飲ませるのがいい、これはもうヨーロッパでは常識で、ドイツなどでは新生児のころから与えています。

またフランスでも、生後4ヶ月頃からハーブティーを飲ませます。あの有名なピーターラビットも、お腹をこわしたときに絵本の中でカモミールティーを飲まされていました。

もちろん、ヨーロッパのカモミールティーと日本のカモミールティーの成分がまったく同じだというわけではないので、日本でも同じように新生児期から飲ませていいというわけではありません。

まずはカモミールティーのことを知り、赤ちゃんに与えていい時期や飲ませ方などを知る必要があります。

カモミールとはどんなハーブ?

カモミールとはどんなハーブ

カモミールは、今から4,000年以上も前から薬草として使用されていたというほど歴史も効果もある万能薬で、クレオパトラが安眠するための薬として利用していたという言い伝えもあります。

ドイツのハーブの効能に関する公的評価委員会「コミッションE」でも承認された安心で安全なハーブです。

春から夏にかけてマーガレットのような小さい花をつける、とても可憐でかわいいキク科の植物で、リンゴのような甘い香りがします。

また「マザーリーフ(母の薬草)」とも呼ばれており、その名前のとおり「母親のように優しい」効能をもっています。効き目が穏やかなことから子どもにも適しているといわれています。

カモミールはヨーロッパの原産ですが、現在では世界中のあらゆる場所で栽培されています。もちろん日本でも簡単に育てられます。温暖な地域では野生でも育つほどで雑草にも負けない逞しさをもっており、その繁殖する力にも凄まじいものがあります。

謙虚さや忍耐の象徴とされているカモミールは、踏みつけられるほどよく育つとされていて、花言葉は「逆境に負けない」、母の優しさと強さを備え持つところも母の薬草といわれる所以なのかもしれません。

病気にかかった植物の近くにカモミールを植えるとその植物が元気になるといわれることから、「植物のお医者さん」という別名ももっています。

カモミールの種類

カモミールには多くの種類があるのですが、その中でも私たちがハーブとして取り入れているのは、優れた効能をもつ「ジャーマンカモミール(一年草)」と「ローマンカモミール(多年草)」の2種類です。

どちらも性質は似ているのですが、香りはそれぞれで少し違います。

またハーブティーにしたとき、ローマンカモミールには少々苦味があるため、ジャーマンカモミールのほうが主流です。

ですから、普段から耳にするカモミールティーとはジャーマンカモミールを使ったカモミールティーがほとんどです。

ジャーマンカモミールの特徴

ジャーマンカモミールの主要成分は「カマズレン(アズレン)」という成分で、精油はとてもキレイな濃い青色をしていることから「カモミール・ブルー」「アズレンブルー」とも呼ばれています。

カマズレンには炎症を抑える働きがあるため、精油はスキンケア用品にも利用されています。また花粉症の人用の目薬にも使われている成分です。

日本ではジャーマンカモミールのことを「カミツレ」とも呼んでいますので、カミツレエキスという名前の製品を見かけたことがある人も多いでしょう。

カモミールティーの効能と効果は?

カモミールティーの効能と効果は

カモミールには「神経を鎮めてリラックス効果をあたえる薬草」と呼ばれるほど心身ともにリラックスさせる効果があります。

眠りを誘う催眠作用もあり、赤ちゃんがぐずっている時や眠る前に飲ませるとよく眠ってくれます。

しかも緑茶や紅茶と違ってノンカフェインなので安心です。消化を促す働きにも優れていますので、赤ちゃんの便秘解消にも効果的です。

カモミールティーを飲むことで夜泣きが改善されるだけではありません。他にもたくさんの嬉しい効果が得られます。

リラックス効果と不眠症の改善

カモミールティーといえば一番に思いつくのがリラックス効果です。ハーブやアロマに詳しい人なら「神経を鎮めてリラックス効果をあたえる薬草」や「ハーブの女王」という有名な通り名もご存知でしょう。

カモミールは、緊張感や不安感、イライラやヒステリーをおさめてくれます。また、頭痛や偏頭痛の症状を和らげたり不眠症の改善にも効果があるとされています。

仕事で疲れたとき、気持ちを鎮めたいとき、ちょっと一息いれたいときなど、リラックスしたいときに飲むのがオススメです。

安眠のためには寝る1時間ほど前に飲むのが効果的だといわれていますので、お風呂に入る前に温かいカモミールティーを飲むのもおススメです。

心も体もゆったりとして入浴すれば、いい眠りにつくことができて疲れも取れやすくなります。赤ちゃんに与える場合は、水分補給にもなるお風呂上がりがおススメです。

炎症やアレルギーを抑えて痛みも和らげてくれる

カモミールティーには炎症やアレルギーを抑える働きに優れたカマズレンという成分が含まれていますが、これはジャーマンカモミールにしか含まれていません。

同じく、白血球の生産を促して免疫力を高める作用もジャーマンカモミールだけがもっている効能です。そのため、風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも効果があります。

また、天然の抗炎症剤ともいわれる「アピゲニン」という成分も含まれており、その炎症を抑えて痛みを和らげる作用は「非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)」と同様の働きを持つとされています。

ジャーマンカモミールがもつこれらの働きによって、神経痛や腰痛やリウマチの治療・喘息や湿疹・花粉症の症状の緩和、アレルギーの代表ともいえるアトピーにも優れた効果を発揮してくれます。

さらに平滑筋(血管や気管、臓器の壁となっている筋肉の一種)を鎮めて、ストレスからくる胃痛・腹痛・胃けいれん・生理痛などの痛みも和らげる効果もあります。

とくに急性の胃痛や胃もたれには即効性があり、短期の服用で症状がなくなるケースも多くあります。

また、カモミールティーの蒸気を吸入すれば花粉症や鼻づまりが楽になり、カモミールティーを染み込ませたコットンを患部にあてると傷や火傷の回復が早くなります。

カモミールは、抗炎症作用や抗菌作用を持ちながら皮膚にはとても優しいため、スキンケア用品や日焼け用のクリームとしても幅広く使われています。

胃腸の調子を整えてくれる

主要成分であるカマズレンには胃の粘膜を補修して丈夫にする力もあるため、効果がゆるやかながら、現在でも胃炎や胃潰瘍の治療に使われています。

また消化を活発にする働きから胃腸の調子を整えて消化機能を正常な状態に保ってくれます。吐き気や食べ過ぎ、食欲不振やストレス性の下痢に悩まされている人には朗報ではないでしょうか。

カモミールティーを食前に飲めば、食事によって血糖値が急激に上がるのも抑えてくれおススメです。

抗酸化と抗糖化の作用でアンチエイジング

カモミールに含まれている「アピゲニン」というポリフェノールには抗酸化作用もあり、アンチエイジングやガン予防にも効果的だと期待されています。

そして最近では、同じくカモミールに含まれている「カマメロサイド」というポリフェノールに、抗酸化作用に加えて「抗糖化作用」もあることが報告されて注目を集めています。

活性酸素による酸化が、さまざまな病気を引き起こす大きな要因になることは世間でも広く知られています。しかし最近の研究で、人は酸化の状態になる前に「糖化」という状態が起きるということがわかったのです。

糖化とは、食べ物に含まれている「糖」が血管内に多く存在している状態(高血糖の状態)が長く続くことで、糖はタンパク質と直接結びついてしまい、タンパク質が硬く脆(もろ)くなってしまう状態のことです。

この糖化が起きると、命にかかわるような重篤な病気も引き起こされてしまうのですが、人間が生きていく以上、糖化すること自体は避けられません。

ですが糖化が進行しはじめると、改善させるのは難しいといわれています。つまり、糖化しないためには高血糖の状態を長引かせないように予防するぐらいしかないということです。

たとえば食事の内容や食べる順番に気をつけて血糖値の上昇を抑える、といった方法が一般的に知られているもっとも手軽な予防といえます。

しかし、ここでカモミールティーの出番です。実は最近になって、カモミールを摂取すればもっと簡単に糖化を予防できることがわかりました。

カモミールに含まれている「カマメロサイド」に、糖化の一部を予防する効能があることが判明したのです。糖化が予防できれば酸化を防ぐことにもつながります。カモミールティーを飲むだけでアンチエイジングができるのは嬉しいかぎりです。

女性特有のお悩みも解消してくれる

カモミールティーには体を芯から温めてくれる働きもあります。その効能から血行が良くなって冷えが改善され、女性特有の生理痛や月経前症候群(PMS)などを和らげてくれます。

海外では子どもの風邪予防として与えています。もちろん大人の場合でも、風邪をひいたかなと思った時に飲むことで本格的な風邪をひかずにすみます。下痢をしたときなども、体を温めることで改善されます。

また、カモミールティーにはホルモンバランスを整える作用もあるため、生理不順や更年期などのホルモンが影響する症状にも効果があるとされています。

歯肉炎や口臭予防、その他の効果

カモミールティーに含まれるカマズレンは、消化器系の炎症を抑える働きも優れているので、歯肉炎や口臭予防などにも十分な効果を発揮してくれます。カモミールティーを飲むだけでなく、冷ましてうがいに利用する人もいます。

また、カモミールティーを化粧水として利用している人や、リンスとして使っている人もたくさんいます。カモミールには肌や髪にツヤを出すといった作用もあるためです。

そして赤ちゃんの沐浴に使うことで、おむつかぶれやあせも、湿疹やアトピー性皮膚炎も緩和されます。

さらに、カモミールには鎮静作用があるため、ヒステリーなどさまざまな神経系の改善にも使われており、自律神経失調症や躁うつ病などにも効果があるとされています。

赤ちゃんにカモミールティーを飲ませるときは

赤ちゃんにカモミールティーを飲ませるときは

赤ちゃんの夜泣きを改善したいとカモミールティーを飲ませる場合、必ず離乳食を始めてからにしましょう。それから大人用に作ったものをごく薄くしてあげましょう

赤ちゃんでも飲めるカモミールティーならなお良しです。ただし、他のものがブレンドされていない純粋なカモミールのものがいいでしょう。

もし味が気に入らなくて飲みにくいようであれば、赤ちゃんにも安全なオリゴ糖などを少し足してあげるのもおススメです。

カモミールは安心安全なハーブで、夜泣きの改善だけでなく、便秘や風邪の予防にもなります。カモミールティーをお風呂に入れて使うのも肌の保湿やしっしんの改善、冷えなどに効果的です。

授乳中のママがカモミールティーを飲めば母子ともにリラックス

授乳中のママがカモミールティーを飲めば母子ともにリラックス

カモミールティーは、母乳で育てているママには特に飲んでほしいハーブティーです。

ママがカモミールティーを飲めば赤ちゃんにも母乳として届くことになるので、おっぱいしか飲まない赤ちゃんでも結果的にはカモミールティーを飲んでいることになります。

赤ちゃんにカモミールの優しい成分が届くだけでなく、ママも育児のストレスや疲れを癒すことができます。赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるようにと思ったら、赤ちゃんが夜寝る前の授乳を与える少し前に飲んでおきましょう。

ただ、カモミールティーには眠りを誘う催眠作用があるといわれていますので、車の運転など集中力が必要なときは飲まないよう気を付けましょう。

ママの眠りのために飲む場合は、お風呂に入る前や寝る前がいいでしょう。ホットミルクを足してミルクティーにすると、牛乳との相乗効果でより安眠できます。

おすすめのカモミールティー

ここでは、ココマガおすすめのカモミールティーをご紹介します。

すやねむカモミール

赤ちゃんとママのことを考え抜いて作られた、香料、着色料、カフェインゼロのカモミールティーです。

オーガニックにこだわり、品質管理も徹底されているので、授乳中のママも、赤ちゃんも安心して飲むことができます。

ただし、赤ちゃんに直接与える場合は、3倍に薄めてからあげるようにしましょう。

10日間の返金保障もあるので、味や効果に不安を感じているママでも安心して試すことができます。

単品購入だと、3,980円ですが、定期購入だと、初回980円と大変お得になります。

また、定期購入だと、2回目以降のお値段が2,980円となります。

定期購入でも、10日前までに連絡すれば、いつでも休止・解約できるので、単品購入よりお得といえます。

赤ちゃんの夜泣き対策はもちろん、ご紹介したカモミールのさまざまな効果を体感したい方は、ぜひ試してみましょう。

公式サイトはこちら>>すやねむカモミール

カモミールティーを飲んではいけない人もいます

カモミールティーを飲んではいけない人もいます

カモミールティーには子宮を収縮させる作用があります。妊娠初期のママは飲むのを控えましょう

また、カモミールはブタクサと同じキク科です。ブタクサ・ヨモギなどによる花粉症の症状がある人は注意してください。アレルギーが発症することもあります。

菊のアレルギーを持っている人は絶対に飲んではいけません。アナフィラキシーショックで死亡した例も報告されていますのでくれぐれも注意してください。

そして、医薬品と併用する場合は必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる