かわいらしいえくぼ!新生児のえくぼはどうしてできるの?

かわいらしいえくぼ!新生児のえくぼはどうしてできるの?




素敵な大人の女性や男性のみならず、新生児の赤ちゃんにも、かわいらしさにさらに磨きをかけるような愛らしい“えくぼ”が多くみられます。

チャームポイントの代名詞にもなっている“えくぼ”。笑うと頬にできるえくぼには、人を魅了するかわいらしさがありますが、新生児の“えくぼ”とはどのようなものなのでしょうか?

そこで今回は、

・どうして、えくぼってできるの?
・赤ちゃんの時にあったえくぼって大人になるとなくなるの?
・ほっぺにえくぼを作りたい!

といった方に、人に印象付ける“えくぼ”の魅力について、えくぼのでき方や言い伝えなど、いろいろな角度からご説明します。

関連記事
>>赤ちゃん(新生児)のしゃっくりの原因としゃっくりの止め方
>>赤ちゃんの頭がへこんでる?頭のへこみや変型の原因と対処法

スポンサードリンク

えくぼは何故できるの?

えくぼは何故できるの

顔には小頬骨筋や大頬骨筋、頬筋、笑筋、咬筋、口輪筋など、たくさんの筋肉がありますが、えくぼは、筋肉と脂肪が深く関わってできるものとされています。

顔の表情が変わる時には、知らず知らずのうちに、顔のあらゆる筋肉を動かしています。

とくに口角を上げる場合、大頬骨筋などが収縮しますが、普段から皮下脂肪が少ないすき間の部分に皮膚の筋肉がくっついて、つられるような感じになる状態で、えくぼができます。

つまり、えくぼは皮下脂肪などの、皮下組織の発達が不十分なすき間の部分にできるのです。えくぼは、一説によると、皮下組織が未発達の部分にできることから、ある意味で発達障害の1つだと考える人もいます。

しかし、えくぼがあるからこそ、魅力的な表情が作られていると思うと、何とも不思議です。

表情をつくる筋肉の働き

顔にはたくさんに筋肉があり、それが重なり合って複雑な表情を作ってます。

私たちのからだは、たくさんの骨や筋肉でできていますが、手や足などにある筋肉は、骨と骨をつなぐ役割を担っており、伸びたり縮んだりしながら関節を動かしています。

それに対して、顔にあるさまざまな筋肉の中には、骨と骨を単につないでいるのではなく、筋肉を覆っている薄い膜(筋膜)と皮膚をつなぐ役割をしているものもあります。

そのために、ロボットのようにぎこちない動きではなく、まばたきやほほえみ、しかめっ面などのように、繊細で細かな表情の1つ1つを作ることができるのです。

赤ちゃんにもえくぼがあるの?

産まれて間もない赤ちゃんの肌はみずみずしく、とても張りがあり、羨ましいほどつややかです。えくぼは、脂肪が少ない部分のすき間にできますが、みずみずしく張りのあるお肌の赤ちゃんにも、えくぼはできるのでしょうか。

ある一説によると、産まれて間もない赤ちゃんには、ほとんどの場合にえくぼができるとされています。そのえくぼは、成長すると共に次第に消えていきます。もちろん、大きくなってもしっかりと残ったままの赤ちゃんもいます。

これは、赤ちゃんは皮下脂肪などの皮下組織が未発達なために、産まれて間もないほとんどの赤ちゃんに、えくぼができるのだと考えられます。

えくぼができるかどうかは、頬の皮下脂肪の量によって異なります。頬の脂肪がまんべんなく多くなっている場合には、ふっくらとした頬のままですので、えくぼができることは少なくなります。

しかし、赤ちゃんの場合にはまだまだ未発達な部分も多いために、部分的に未発達であることも多く、かわいらしいえくぼができるわけです。

また、赤ちゃんのえくぼには、口角のすぐわきの部分にできるものや、頬の上の部分にできるもの、頬骨の脇の部分にできるものなど、できる場所もさまざまです。

その後、成長と共に皮下脂肪も増えてくると、産まれた時にあったかわいらしいえくぼも、徐々に薄くなり自然に消えて、気付かなくなってしまう赤ちゃんも多くなります。

えくぼは、頬にできるだけじゃない

えくぼは、頬の左右対称にできるものだけではなく、片側だけにできる“片えくぼ”の方もいますし、ほかの部分にできる方もいます。えくぼができる方の中で約3割の方は、片えくぼになっているという報告もあります。

えくぼは頬にだけできるものなのでしょうか。“えくぼの定義”をみてみると諸説あり、もちろん“顔面にできる皮膚のくぼんだところ”というものもあります。

しかし、他の説によると、“えくぼは、顔面に限らず、からだのさまざまな場所に自然にできる、皮膚のくぼみ”となっているものもあります。

もしかしたら、私たちの思い浮かべるえくぼではないのかもしませんが、産まれたばかりの赤ちゃんに見られる“えくぼ”は、他にもたくさんあります。

産まれたばかりの赤ちゃんは、小さな手を一生懸命ぎゅっと握っていますが、その愛らしい様子といったら言葉では言い尽くすことはできません。

小さな愛らしい手を見てみると、ぷっくりした手の指の付け根の部分に、小さなえくぼのようなくぼみを見つけることができるでしょう。

その手の“えくぼ”も、大きくなるにつれて徐々に薄らいでいきます。もちろん、大人になっても消えない方もいますが、新生児の赤ちゃんならではのかわいい“えくぼ”の1つです。

ほかにも、世界的にも知られている“えくぼ”があります

世界に目を向けてみると、ほかにも“えくぼ”といえるものがいくつかあります。なかでも、有名なものの1つに、“ウェヌスのえくぼ”という言葉があります。

“ウェヌスのえくぼ”とは、お尻のちょっと上の腰の部分にできる、通称“ヴィーナスのえくぼ”ともいわれる、天使の羽のようなくぼみのことです。

“ウェヌス”は、古典のラテン語でいう“Venus”のことで、ローマ神話でいう“愛と美の女神”のことです。

このウェヌスのえくぼも、大臀筋と脊柱起立筋の境目にできる、筋肉同士の境目にできるくぼみのことですが、ローマ神話でいう美の女神であるウェヌスに由来するもので、美しさの象徴とされています。

女性らしいくびれた腰にできるこの“えくぼ”は、色々な絵画にも描かれています。“えくぼ”とは、頬にできるえくぼに限ったものではなく、からだの違う部分にできているえくぼであっても、どれも愛される存在です。

えくぼは遺伝するの?

えくぼは遺伝するの

両親から赤ちゃんへの遺伝を考えると、さまざまなものが、親から子へと受け継がれています。

なかには、遺伝の要素の強い“優性遺伝子”と比較的に弱い“劣性遺伝子”がありますが、わずかでも優性遺伝子の要素があれば、遺伝しやすくなるとされています。

生活を共にすることで似てくる後天的な遺伝要素ではなく、先天的に遺伝するものも多くあります。では、えくぼは遺伝するものなのでしょうか。

顔の特徴や目鼻立ち、体型など、両親のどちらかの優性遺伝子を引き継ぎ、類似しているものも多く、えくぼが遺伝する割合は、非常に高くなります。

ある報告によると、両親のどちらにもえくぼがある場合には、赤ちゃんの約70~75%、どちらか一方の親にえくぼがある場合には、約40%~50%の赤ちゃんが、えくぼを持って産まれてきます。

しかも、両親にえくぼのない赤ちゃんよりも、えくぼのある両親から産まれた赤ちゃんの方が、成長後にもえくぼが残ることが多いです。

どうして“えくぼ”っていうの?えくぼにまつわる言い伝えは?

もともとえくぼの“え”は、“笑う”という意味で、笑顔の“笑”、えくぼの“くぼ”は、“窪む(くぼむ)”を意味しています。漢字で表記すると、“笑窪”“靨”とも書き、古くは、“笑窪(えみくぼ)”ともいわれました。

また、世界に目を向けてみると、中国にはえくぼのまつわる素敵な伝説があります。中国では、人は亡くなった後に黄泉(よみ)の国に行く際には、氷のように冷たい川である“忘川河”にかかった“奈河橋”を渡らなければなりません。

その橋にいる“孟婆”という女性の番人が、橋を渡ろうとしている人に、お手製のスープをごちそうします。

このスープは“忘情水”とよばれるスープで、これを飲むことで、愛する家族や友人など、浮世の全ての人を忘れ、心安らかに来世に行けます。しかし、橋を通る人の中には、スープを飲むことをためらう人もいます。

もしも、愛する人との思い出を忘れずに、来世でも再会したいからと、孟婆が勧めるスープを飲むことを拒んだ場合には、橋を通ることが許されず、その場で“忘川河”に身を投じなけなければならないのです。

忘川河は氷のように冷たい川で、しかも、その水の中で、1000年もの年月を過ごさなければならないという、過酷な試練にも耐えなければなりません。

“愛する人を忘れることはできない…”という一心で、冷たい水の中で、ただひたすらに愛する人たちを思い続けるのです。

その後1000年もの間、その過酷な試練に耐え忍んだ人には、その後も前世の記憶を忘れずに持ち続けられる権利が与えられ、その目印として、孟婆が頬に“えくぼ”を付けるという言い伝えです。

えくぼは、愛する人たちを思う一心から、そんな過酷な試練にも耐えた人に付けられた印だからこそ、愛らしく思え、みんなを魅了し続けられるのかもしれません。

また、その他にも、待望の赤ちゃんが産まれた時には、お祝いに産飯(うぶめし)を炊き、茶碗に高くもって、てっぺんを箸でくぼませて枕元に置くと、“赤ちゃんにかわいらしいえくぼが備わる”という言い伝えもあります。

えくぼにまつわることわざ

日本でえくぼを使ったことわざでは、「あばたもえくぼ」があります。

「好きになった人であれば、あばた(伝染病の天然痘の後に残った小さな痕)であっても、かわいらしいえくぼのように、ひいき目に見て、欠点さえ長所に思える」ということを例えていいます。

ことわざの中でも、えくぼは“長所”として用いられています。

人の印象って“顔”の割合も大きい?

人の印象って“顔”の割合も大きい
人は外見で判断してはいけないとはいうものの、どうしても、パッと見た瞬間の第一印象は、“顔”の持つ印象が大きくなってしまうものです。

ある調査によると、人を判断する第一印象の約70%が、容姿や表情から受ける印象、約18%が声や話し方から受ける印象とのデータもあります。

声や話し方などから受ける印象もさることながら、容姿や表情から受ける印象が、とても大きい割合であることが分かります。

いつも表情豊かで、愛らしい笑顔が印象付けられていると、相手に対しては、やさしく、より良い印象を与えているといっても過言ではありません。そこに、えくぼが見えたりすると、なおのことかわいらしく思うこと間違いないでしょう。

かわいらしいえくぼを残す方法はあるの?

赤ちゃんの時や幼い子どもの頃にはえくぼがあっても、大人になるにつれて徐々に薄らぎ、いつしかえくぼが消えてしまう方もいます。大人になっても、えくぼを残す方法はあるのでしょうか。

日頃から、えくぼの位置をツボ押し棒などで押しながらマッサージをすると、えくぼを大人になっても残すことができるともされています。

また、頬を思いっきり膨らませた後つぼめ、頬がくぼんだままで少しの時間キープすることを繰り返すことで、頬の柔軟性が保たれ、えくぼが残りやすいです。

人工的にえくぼを作ることもできるの?

人に印象を与えるえくぼを作りたいと思う女性の中には、美容整形外科に相談して、えくぼを作る手術を受ける方もいます。

手術自体は簡単で、頬に口の内側から手術用の糸を通し、えくぼを作りたいところを縫い止めるものです。

もちろん、切開手術ではありませんので、傷跡などの心配も少なく、施術時間も余りかからない簡単なものです。もちろん、個人個人の筋肉の状態なども異なりますので、気になる方は専門の医師に相談してみましょう。

片方だけの“えくぼ”

人の顔は、左右対称であるように見えて、全く左右が同じようになっている人はほとんどいません。

片側だけにできるえくぼも、もしかしたら、顔の歪みや、顎関節症などの病気からきている場合があるかもしれないので、心配であれば一度病院で相談してみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる