新生児の冬はレッグウォーマーが便利?メリットと選ぶポイント

新生児の冬はレッグウォーマーが便利?メリットと選ぶポイント




寒い冬の季節、大人であれば重ね着するところでも新生児の赤ちゃんとなるとそうもいきません。

この時期の赤ちゃんは、脳の視床下部にある体温調節中枢と呼ばれる場所が未発達のため、自分で体温をコントロールすることができないからです。

つまり、寒いからと厚着をさせれば、その分だけ体温も上昇してしまいますし、だからといって薄着にし過ぎると体温も低くなってしまいます。

そんな時に大活躍するのがレッグウォーマーです。

そこで今回は、

・赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?
・レッグウォーマーの便利な使い方を知りたい!
・赤ちゃん用レッグウォーマーを選ぶポイントは?

といった方に、赤ちゃんのレッグウォーマーについて詳しくご紹介します。新生児期から生後8ヶ月頃までは注意が必要な赤ちゃんの冬は、レッグウォーマーを取り入れて乗り切りましょう!

関連記事
>>新生児の服の基礎知識!!ベビーウェアの種類と選び方とは?
>>新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法
>>エアコンを上手に使おう!新生児の赤ちゃんが快適な室温は?

スポンサードリンク

レッグウォーマーって何?

レッグウォーマーって何

足先からかかとまで、もしくは足先から足首以上を保温するのが靴下であれば、レッグウォーマーは足首から膝までを保温する靴下の一種です。

大人でも愛用している人は多く、靴下とレッグウォーマーを合わせる人もいます。
新生児を含め赤ちゃんが使用できるように作られた物もあり、それはベビーレッグウォーマーと呼ばれています。

さまざまな素材で作られているので、冬だけでなく他の季節でも使用することができますし、着脱も簡単にできることから幅広い年代から重宝されています。

レッグウォーマーのメリット

レッグウォーマーのメリット

レッグウォーマーは色々な素材でできた物が販売されており、1年中使用することができることから、新生児用のレッグウォーマーを何足か持っているママは多くいます。

素材別に夏は薄手の綿素材、冬は毛糸などの温かい素材と使い分けているママもいます。そんなレッグウォーマーがママに重宝されるメリットは、素材の幅広さだけではありません。

レッグウォーマーが、体温調節の難しい新生児期の冬に大活躍する理由は以下の通りです。レッグウォーマーのメリットを知って、購入を検討してみましょう。

防寒対策にピッタリ

足首から膝までを保温するレッグウォーマーは、新生児の赤ちゃんの防寒対策にピッタリなアイテムです。

毛糸など温かい素材を選べば、ズボンの代わりにそのまま履かせてしまっても良いですし、それでも寒そうであればズボンやスカートの下に履かせることも可能です。

ルーズソックスのように足首まで下げてしまえば、靴下のように足下の寒さにも対応することができます。

また、足だけで使用する物という決まりはありませんので、赤ちゃんの手元が寒そうであればアームウォーマーとして利用することもできます

赤ちゃんの膝のサポーターになる

新生児期を含め、赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そのため、布の素材やちょっと触れただけでもかぶれてしまったり、肌が荒れてしまうこともあります。

冬になると空気も乾燥してしまいますから、肌も荒れやすくなってしまいます。そんな時、レッグウォーマーを赤ちゃんに履かせておくと防寒だけでなく、足首から膝を守るサポーターにもなります。

肌に優しい素材を選べば、赤ちゃんの肌をちょっとした刺激から守ってくれます。これは赤ちゃんがハイハイするようになっても有効なので、とても便利です。

レッグウォーマーは長く使える

新生児から、長くても赤ちゃんがハイハイし始めるまでの使用を考えると、購入に悩むママも多いはずです。

しかし、レッグウォーマーは赤ちゃんが使用を終えても、まだ使い道があります。それが、抱っこ紐のカバーです。

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこするとわかりますが、赤ちゃんはストラップの部分をよく舐めてしまいます。

そのため、ストラップの部分が涎でビショビショになってしまうことが多いです。こんな時にレッグウォーマーを使用すると、赤ちゃんの涎からストラップをカバーしてくれます。

また、レッグウォーマーは洗うことができるので、涎で汚れても清潔に保つことができます。

参考記事>>赤ちゃんとのお出かけ必需品と抱っこ紐とベビーカーの使い分け

靴下ではダメなの?

靴下ではダメなの
レッグウォーマーをわざわざ購入しなくても靴下で良いような気がしてきますが、新生児期を含む体温調節が上手くできない時期は、赤ちゃんに靴下を履かない方が良いとされています。

理由としては、体温調節が未発達の赤ちゃんは、手のひらや足の裏で熱を放出することで体温を調節しているからで、靴下で覆ってしまうと、放熱が阻害されてしまい体調を崩しやすくなってしまうからです。

これは寝る時も同様で、足下を温かくするつもりが靴下の中で汗をかいてしまって、足を冷やしてしまうとされているので注意しましょう。

参考記事>>新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法

レッグウォーマーは出産前に準備しよう!

レッグウォーマーは出産前に準備しよう

新生児は生まれてから28日間の時期を指すので、赤ちゃんが冬生まれであったり、早急に防寒対策が必要な場合には、出産前から準備しておきましょう。

ただし、購入時期に関してはあくまでも目安なので、絶対に出産前までに準備しなければいけないわけではありません。

大半のママは赤ちゃんがずりばいなど動き始めてから使い始めることが多いです。購入してみたけど使わなかった、というのが一番悲しいので、ママが必要だと思ったタイミングで購入をして下さい。

レッグウォーマーを選ぶ時に注目したいポイント

レッグウォーマーを選ぶ時に注目したいポイント

大人でもそうですが、服なら着られれば何でも良いというわけではありません。少なからず、好みや素材などこだわりがあるはずです。

新生児期を含め、赤ちゃんにはまだ好みなどしっかりした主張はありませんが、だからこそ適当に選ぶのではなく、ママがしっかり見極めてあげる必要があります。

そんなレッグウォーマーを選ぶ時に注目したいポイントは以下の通りです。赤ちゃんに快適な冬を過ごしてもらうためにも、ポイントを参考に赤ちゃんに合った物を選んであげましょう。

サイズは赤ちゃんに合ったものを

ベビーレッグウォーマーのように、赤ちゃん専用の物であればサイズを気にする必要はないような気がしてきますが、赤ちゃんにも個人差があります。

特に赤ちゃんのサイズを確認せずに月齢で選んでしまうと、赤ちゃんの成長によってはサイズが合わない場合もあります。

サイズが合わないレッグウォーマーを選んでしまうと、大きければ脱げて落としてしまうこともありますし、逆にきつくなると赤ちゃんの肌にゴムが食い込んでしまい、内出血の原因になります。

また、きつすぎると後々赤ちゃんが動くようになった時に、動き難くなってしまいます。

そのため、選ぶ時は試着できるようであれば試着をして、フィット感の確認、試着が無理そうであれば赤ちゃんのサイズを確認してから選ぶようにして下さい。

レッグウォーマーの素材にも注目!

レッグウォーマーにはさまざまな素材が使用されています。素材によってガーゼ素材など、夏に適しているもの、フリースや毛糸など冬に適しているものがあります。

また、赤ちゃんによっては肌に合わず、触れてしまうだけで発疹といった、肌が荒れてしまう素材もあります。

特に冬は乾燥肌になりやすいので、素材には注意が必要です。そのため、選ぶ時のポイントとして、何の素材が使用されているか確認することも大切になります。

ベビーレッグウォーマーはどこで購入することができるの?

ベビーレッグウォーマーはどこで購入することができるの

赤ちゃん用のレッグウォーマーであれば、基本的にベビー服専門店でも購入することができます。

近くにそういったお店がないという場合には、通販でも購入することができます。

最近ではインターネットが急速に普及していることもあり、ベビー用品専門の通販サイトが数多くあり、デザインも豊富なので、新生児の時期、外出が難しいママにとって、通販は活用しやすいです。

ただし、通販の場合、専門店と異なり直接見て触れないというデメリットもあるので、購入する際にはよく考えて選ぶようにしましょう。

レッグウォーマーの種類

レッグウォーマーの種類

レッグウォーマーを購入しようにも、種類が多いと選ぶのも大変です。値段は安いもので400円台の物から1500円以上の物とさまざまですが、できるのであれば赤ちゃんにぴったりのデザインを選びたいところ。

レッグウォーマーにはどのような種類があるのでしょうか。参考までにいくつか挙げると、レッグウォーマーの種類は次の通りです。

もちろん、紹介したものだけが全てではありませんので、気になるママは自分でも先輩ママの口コミなどを参考に通販サイトなどを覗いてみて下さい。

デザインタイプ

もっとも種類が豊富にあるタイプが、デザインに凝ったレッグウォーマーです。

男の子用、女の子用と色分けされているデザインや、男の子でも女の子でも使用できるベーシックなデザインもあります。

女の子のデザインになると、フリルやリボンをあしらった可愛らしいデザインのレッグウォーマーもあります。

お値段は使用していている素材やデザインによって異なりますが、カラーバリエーションも豊富なので、ママも選んでいて楽しくなります。ママのお気に入りを見つけてみましょう。

オーガニック素材

新生児の赤ちゃんのお肌はデリケートです。そのため、使用している素材によってはレッグウォーマーでも赤ちゃんの肌が赤くなってしまったり、かぶれてしまう恐れがあります。

そんな時に良いのがオーガニック素材のレッグウォーマーです。素材にこだわって作られているので、赤ちゃんの肌に優しいだけでなく、触り心地が良いのも特徴です。

その分、値段も1000円以上と少し高めになりますが、素材を重視するママは1度手に取ってみるのもおススメです。

綿100%

コットンとも呼ばれる綿100%のレッグウォーマーもあります。綿は肌触りが良く、通気性、吸水性も良いので、夏でも涼しく着用できるのが特徴です。

そのため、綿素材のレッグウォーマーは夏用というイメージが強いのですが、綿は冬にも適した素材です。

保温性に優れているので冬に履いても温かいのです。夏でも冬でも最適な素材なので、1年中使用できるレッグウォーマーを探しているようであれば、綿100%の種類を検討してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの肌が気になるようであれば、オーガニックコットンを選んでみましょう。

レッグウォーマーのサイズ

レッグウォーマーのサイズ

レッグウォーマーにもサイズがあります。そのため、赤ちゃんの成長に合わせて買い直す必要があるわけですが、経済的にそれも難しいという場合もあります。

そんなママのために、レッグウォーマーにもフリーサイズという種類があります。デザインにもよりますが、長く使用できるもので、新生児から4歳頃まで使えるものもあります。

長さもありますので、季節や服装に合わせて臨機応変に使えるのもポイント。最低でも1つ位持っておくと便利な種類ではないでしょうか。

レッグウォーマーを手作りするという方法も

レッグウォーマーを手作りするという方法

レッグウォーマーは購入するだけでなく手作りをすることもできます。準備する物は子供用の靴下のみです。

やはりレッグウォーマーを購入するからには、サイズや素材も大事ですが、デザインも赤ちゃんに似合うものを選びたいもの。

それほど難しい工程ではないので、ピンとくるものが無ければ、気分転換も兼ねて赤ちゃんのためにオリジナルのレッグウォーマーを作ってみてはいがかでしょうか。

作り方に関しては、以下のような手順になります。

1.子供用のハイソックス(購入でも使い古しでも可)を準備します。

2.用意したハイソックスを、好みの長さに切って下さい。

3.切り終わったら、ハイソックスを裏返します。

4.切った下側を三つ折りにします。この中にゴムを入れるので、幅にゴムが入るくらいの余裕を持たせましょう。

5.三つ折りにしたら、ゴムが入れられるように縫っていきます。最後にゴムが入れられるように、入口と出口を残しておいて下さい。

6.縫い終わったら、その中にゴムを通して完成です。

まとめ

まとめ

いくつかレッグウォーマーの種類を紹介しましたが、紹介されたものが全ての赤ちゃんに合うというわけではありません。

使いやすさは人によって違いますし、オーガニック使用など、素材にこだわっていても赤ちゃんの肌に合わなければ荒れてしまうことはあるので注意することが大切です。

選ぶ時のポイントを踏まえ、素敵なレッグウォーマーを見つけて下さい。

新生児の時期は、室内でも室外でも赤ちゃんの体温調節に四苦八苦する時期です。レッグウォーマーといった応用の利くアイテムをいくつか持っておくと、育児が少し楽になります。

ただし、便利とはいえ絶対に購入しなくてはいけない物ではありません。出産前から準備すると良いとはお伝えしましたが、先輩ママの中には赤ちゃんが活発に動くようになってから購入したというママもいます。

ママが必要だな、と思った時に購入を検討してみて下さい。赤ちゃんに合った素材、サイズを選んで赤ちゃんに快適な冬を過ごさせてあげましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる