赤ちゃんの生活リズムを整えよう!月齢に応じた生活環境作り

赤ちゃんの生活リズムを整えよう!月齢に応じた生活環境作り




生まれたばかりの赤ちゃんにはまだ生活のリズムというものがありません。これから少しずつ、大きくなるにつれて自然とでき上がっていくものです。

ですが、赤ちゃんの体と心が健康であるためには、健全な生活リズムを整えることが大事です。そのためには、パパとママが赤ちゃんの手助けをしてあげることが必要となります。

そこで今回は、

・赤ちゃんにとって睡眠とは?
・赤ちゃんの生活リズムを整えるにはどうすればいいの?
・赤ちゃんにとってお昼寝は必要?

といった方に、赤ちゃんの生活リズムを整えるにはどうすればいいのか、何に気をつければいいのかを、詳しくご説明します。

関連記事
>>新生児〜赤ちゃんの夜泣きの原因と対策
>>2歳児が夜泣きする原因と対策まとめ
>>赤ちゃんの夜泣きに良いカモミールティーの効果効能まとめ
>>赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方
>>月齢別!赤ちゃんの成長の目安について知っておこう!

スポンサードリンク

質の良い睡眠は赤ちゃんが発達していくうえで重要

質の良い睡眠は赤ちゃんが発達していくうえで重要

脳をはじめとする身体の発達には質の良い睡眠が不可欠です。赤ちゃんのときは、情報集めをする時期で、大人以上にたくさんの情報を吸収しています。

そして、集められたさまざまな情報は、大脳が整理をして記憶として形成されていきます。それが潤滑に行われるには、質の良い睡眠が必要不可欠です。

ぐっすり眠ることで、成長ホルモンが分泌され、細胞分裂が活発になります。活発に細胞分裂を行うことで、神経系の回路は、整えられて脳が成熟していくからです。

成長ホルモンは、骨や筋肉の成長にも大きく影響しますので、分泌量が少なくならないよう、充分な睡眠をとらせてあげましょう。

赤ちゃんの生活リズムは睡眠から作られる?

人間の体は、朝には体を活動させるためのホルモンが、日が沈む頃には、身体をリラックス状態にして、眠りに誘うためのホルモンが分泌され、それぞれのホルモンは自律神経に働きかけます。

そして、人間が本来活動するべき時間帯に活動できるように「早寝早起き」の習慣づけをしていれば、大人になって生活リズムが乱れることがあっても、自律神経がちゃんと働いて、元のリズムに戻してくれます。

そのためには、赤ちゃんのときから「昼間は活動して夜はしっかり眠る」という習慣をつけて、生活リズムの基礎を作っておくことです。

この生活リズムができていないと、ホルモンの分泌量が少なくなり発達不全や睡眠障害、集中力の低下などの支障が起こることも考えられます。

生活リズムを整える基本行動

生活リズムを整える基本行動

規則正しい生活リズムを作るには、日々の行動がポイントとなってきます。とくに毎日行う行動「睡眠・お風呂・授乳や食事・排尿や排便・お散歩」には、赤ちゃんの月齢によって、その時期に応じた配慮や習慣づけが必要です。

夜にしっかり眠ってくれるようになれば、朝はなるべく同じ時間に起こす、お昼寝もお昼過ぎなどの早い時間にして、一定の時間が経ったら起こすようにする。

また、ママやパパとお風呂に入るようになったら、夕方以降の同じ時間に入浴する。トイレトレーニングが始まったら決まった時間にトイレに連れて行くようにするなど、赤ちゃんの生活リズムが整いやすい生活環境を作ってあげましょう。

0~1ヶ月の赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃんには、昼と夜の区別がありません。寝ては起きて、授乳のあとはまた寝て、起きたらまた授乳、このくり返しとなるので、睡眠時間は16~20時間ほどにもなります。

授乳をする間隔も2~3時間おきで回数も多いため、この段階での生活リズムは、赤ちゃんに任せるしかありません。とはいえ、この時期の赤ちゃんでも、周囲の明るさや騒がしさは認識できます。

朝になったらカーテンを開けて、明るくして陽の光を入れ、赤ちゃんの情操教育にいいといわれる、クラッシック音楽をかけてあげましょう。ただしあまり大きな音はいけません。

夜には部屋を暗くして、物音を立てないように静かにし、眠りやすい環境を作ってあげましょう。朝と夜で違う環境づくりをすることで、赤ちゃんはだんだんと朝と夜の違いが、区別できるようになっていきます。

関連記事>>赤ちゃんのおねんねに最適な環境作りと寝具の選び方

2~4ヶ月の赤ちゃん

この頃には徐々に授乳間隔が定まってきます。赤ちゃんが1度に眠る時間も長くなってきて、寝ている時間と起きている時間のリズムが少しずつ整っていきます。

天気がいい日は、お散歩に連れて行ってあげたり、起きているときは遊んであげたりと、昼間はスキンシップをたっぷりとりましょう。

そして、夜になったら早目に部屋の明かりを消して眠る準備をします。このメリハリで、昼と夜の違いがより分かりやすくなります。

5~6ヶ月の赤ちゃん

授乳の間隔が規則的になってくる時期ですので、そろそろ離乳食をスタートしてもいい頃です。最初は1日に1回から始めて、毎日同じ時間にあげましょう。

詳しくは、離乳食のはじめ方と月齢別の進め方の記事を参考にしてください。

夜にしっかり眠るようになったら、朝はなるべく同じ時間に起こすようにします。1日の始まりである起床時間が決まれば、そのあとの授乳の時間やお昼寝の時間なども、自然に定まってきます。

お昼寝も1~2時間で起こしてあげましょう。長時間寝てしまうと夜に眠れなくなり、せっかく整いつつある生活リズムが乱れてしまいます。お昼寝は午前中に1回、午後から1回、それぞれ1~2時間までが望ましいです。

また、入浴時間にも気をつけましょう。我が子可愛さから帰宅時間が遅くても、一緒にお風呂に入れたがるパパが多いのですが、赤ちゃんの入浴時間が遅くなれば寝る時間も遅くなってしまいます。

会社から帰ってくるのが遅いパパは、お休みの日だけ赤ちゃんと入るようにしてもらって、普段はママが同じ時間に赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。

7~8ヶ月の赤ちゃん

ハイハイができるようになると運動量も増えてきます。日中は部屋の中を元気に動き回るため、よく食べるようになって夜もぐっすり眠ってくれるようになります。

離乳食が1日2回に増えますが、2回とも毎日決まった時間にあげましょう。また、そろそろ乳歯が生えてくる時期ですので、離乳食のあとやオヤツを食べたあとには、歯磨きをする習慣も忘れずに。

なかには夜泣きが始まって、夜にしっかり眠れなくなる赤ちゃんもいます。夜中に赤ちゃんが泣くため、ママも眠れなくなり、母子で睡眠不足になる場合があります。

ですが、朝はしっかり起こしてあげないと、1日の生活の流れがことごとく狂ってきます。寝不足でつらいママは、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしましょう。

しかし、お昼寝の時間が長すぎてもいけません。赤ちゃんのお昼寝は午前で1回と午後で1回、それぞれ1時間~1時間半ぐらいがベストです。

午後のお昼寝はなるべく早い時間にして、遊び疲れた赤ちゃんが、夕方の遅い時間に寝てしまわないよう注意が必要です。

たとえ、夜泣きが続いて赤ちゃんが睡眠不足であっても、お昼寝をはじめる時間を早めるようにして、起こす時間はいつも通りに、また、朝も毎日同じ時間に起こすようにしてあげましょう。

参考記事>>赤ちゃんの夜泣きに良いカモミールティーの効果効能まとめ

9~11ヶ月の赤ちゃん

ハイハイだけでなく、つかまり立ちや伝い歩きができるようになってきます。日中の運動量がさらに増えて活発になるので、夜の寝つきがよくなり夜泣きもおさまって、朝までぐっすり眠る赤ちゃんが多くなります。

離乳食が3回になり食べられる食材も増えてくるため、さまざまな味を覚えて、食事が楽しくなってくる頃です。

お昼寝は1回になり寝る時間が減りますが、その分夜にまとめて、しっかり眠ってくれるようになります。

夜は8時ごろまでに寝かしつけるようにして、朝の7~8時に起きるという睡眠リズムが定着するように、昼間は外でたっぷり体を動かすようにしましょう。

毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝る習慣がつけば、食事や入浴などの生活リズムもおのずと整ってきます。

たとえ連休などで1日中外出していたとしても、翌朝はいつも通りに起こして、いつも通りの流れを作っていけば、リセットするのは難しくありません。

また、まだ家の中だけでも充分に遊べる時期ですが、外に出て色んなものを見聞きすることが刺激になります。新しいものを見ることや聞くこと、匂ったり触ったりすることが、赤ちゃんにいい刺激を与えるのです。

体を動かすことだけでなく、さまざまな刺激を受けることも、赤ちゃんに心地よい疲れを与えてくれて、夜もぐっすり眠ってくれることでしょう。

1歳~1歳半の赤ちゃん

この頃になると、お散歩に行ってもベビーカーではなく、自分の足でしっかり歩く赤ちゃんもいます。行動範囲はますます広がっていき、公園に行っても、目を離せなくなります。

外で遊ぶのがますます楽しくなっていく時期です。お天気のいい日はなるべく、お散歩に連れて行き、いつも同じ公園ではなく、新しい場所を開拓して、赤ちゃんの好奇心を満たしてあげましょう。

新しい発見はいい刺激となり、いい刺激は赤ちゃんの成長に欠かせないものです。日中たっぷり遊んで、好奇心が満たされた赤ちゃんは、夜にはぐっすり眠ってくれます。

夜にしっかり眠ってもらうためには、遊び疲れからでも、夕方の遅い時間にお昼寝しないよう気を付けましょう。ママが夕食の準備をしている時間帯は、赤ちゃんが疲れて眠くなる時間帯でもあります。

料理に集中している隙に、赤ちゃんが寝ないよう気を付けましょう。パパが家にいるときは、遊んでもらうようにすればOKです。

お昼寝は1日に1回で2時間ほどで充分です。2時間たっても起きないようであれば起こしてください。それ以上寝かせてしまうと、夜の寝つきが悪くなってしまいます。

夜は9時までには寝かしつけられるよう、食事の時間やお風呂の時間を調整しましょう。パパの帰宅時間によっては、難しいかもしれませんが、まずは、赤ちゃんの生活リズムを作ることを優先しましょう。

関連記事>>赤ちゃんの成長に応じたお出かけを!外出先の選び方と注意点

1歳7ヶ月~1歳11ヶ月の赤ちゃん

生活リズムが、安定してくる時期です。赤ちゃんも「赤ちゃん」と呼べなくなるほど、しっかりしてきます。

体力もついてくるので、これまでのように、お散歩だけでは疲れなくなり、もっと遊びたい・パパが帰るまで待ってるなど、夜遅くまで起きていたがる赤ちゃんもいます。

ですが、ここで譲ってしまうとせっかく作ってきた生活リズムが崩れてしまうので、どんなに起きていたがっても「時間になったら布団に入る」ことを徹底しましょう。

だからといって、ヒステリックに「もう寝なさい」などと声を荒げてはいけません。あくまでも自然に、生活の当然の流れとして教えましょう。

お風呂に入ったらパジャマに着替える、パジャマに着替えたらお布団に入る、お布団に入ったらママが絵本を読んでくれるなど、生活の中のリズムとして、寝る前の行動をパターン化させれば寝かしつけるのも楽になります。

また、この頃からトイレトレーニングも始めましょう。排尿や排便は自然現象なのでタイミングが難しいのですが、朝起きたら、とりあえずトイレに連れて行くことを基本として、まずはこまめにトイレに連れて行きます。

そして、尿や便が出やすい時間帯がなんとなく把握できたら、毎日その時間の前後に、トイレに連れて行くようにしましょう。

2歳児

両親の生活リズムに合わせて、夜遅くまで眠れない子どもが増えています。子どもが健やかに成長できるように、子どもに合った生活リズムを作ってあげましょう。

まずは早寝早起きを徹底することです。そのためには、夜にしっかり寝て、質の良い充分な睡眠をとらせてあげることが大事です。

日中たくさん遊んで体を使うことも必要ですが、寝る前によけいな刺激を受けないような配慮も必要です。大きくなっていくにつれて、テレビやビデオなどに興味を持ちはじめますが、寝る直前まで見せてはいけません。

昼間の明るいうちや、せめて夕方までにして、夜はなるべくテレビを消すようにしておきたいものです。また、この頃になるとお昼寝の時間も短くなり、お昼寝をしない子どももいます。

夜の寝つきが良ければお昼寝をしなくてもいいのでしょうが、夕方になって眠ってしまうようでは困ります。お昼寝が必要なのか必要でないのかは、夜の寝つきをみて判断しましょう。

たとえば、午後に1~2時間ほどお昼寝をしても、夜にしっかり眠ってくれるようなら、そのままの生活リズムで大丈夫です。

しかし、お昼寝をすると夜の寝つきが悪いとなれば、お昼寝の時間を短くするか、ためしにお昼寝ナシにして様子をみるのも一つの方法です。

ただし、お昼寝をしないことで機嫌が悪くなってしまうようでも困ります。その場合は、お昼寝する時間を早くしてみましょう。

トイレトレーニングも生活リズムを作るには重要な要素です。毎日の排便は健康であるために必要なもので、規則正しい排便リズムは健康かどうかのバロメーターになります。

たとえ出なくても、毎日同じ時間帯にトイレに連れて行き、排便リズムが習慣づけられるように徹底しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる