プールデビュー!赤ちゃんと一緒に安全に遊べるプール施設

プールデビュー!赤ちゃんが安心して遊べるプール施設の選び方




夏が近づいてくると、そろそろ赤ちゃんと一緒にプールで遊びたいと思うものです。

しかし、自宅で使用しているビニールプールや、公園などでの水遊びとは違い、赤ちゃんと一緒に遊べる公共プール施設選びでは、いくつか注意した方がよいことがあります。

せっかくのプール遊びを安全で快適に楽しめるためには、何に気をつけたらよいのでしょうか。

そこで今回は、

・何カ月になったらプール遊びして良いの?
・深さはどれくらいまでなら安心して遊ばせられる?
・塩素消毒してあるけど、赤ちゃんには大丈夫?
・赤ちゃん用浮き輪、気を付ける点を教えてほしい!

といった方に、プールデビューする目安の月齢や、肌が弱く体温調節が上手にできない赤ちゃんの気を付ける点、赤ちゃん用浮き輪を使用する時の注意点など、赤ちゃんが一緒でも安心して遊べるプール施設の選び方について、いくつかのポイントを絞ってご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんのプールデビューはいつから?

赤ちゃんのプールデビューはいつから

赤ちゃんが自宅のビニールプールを使用して水遊びをする際には、近くの大人の方が安全をしっかり見守っていることはもちろんのこと、首や腰がしっかりすわっていることも大切です。

赤ちゃんの腰は、個人差もありますが、約生後7カ月頃にすわってきますので、早くてもそのころがデビュー時期だといえます。

プール施設へのお出かけは、施設によって利用できる年齢が異なるので事前の確認が必要になりますが、おむつが外れていないと入れない場合が多いので、2~3歳頃が目安になります。

なかには、赤ちゃん用のスイミングパンツを着用することで、入水できるプールもあるのでよく確認しましょう。

プール施設で遊ぶ赤ちゃんの安心・安全のために

プール施設で遊ぶ赤ちゃんの安心・安全のために

よく「鼻の高さがあれば、溺れることがある」といわれますが、赤ちゃんとのプール遊びをする際には、決して赤ちゃんから目を離してはいけません

プール施設には、利用上の注意や年齢制限などの規定が、必ず定められています。利用する前には、必ずチェックしておきましょう。また、水深やプールの大きさ、大人が一緒に入れるか否かも確認しましょう。

赤ちゃんとプール遊び、感染症対策は?

赤ちゃんと一緒にプール遊びをして、1番に心配なことは、感染症対策ではないでしょうか。

赤ちゃんはおむつが完全に取れている子や、まだまだおむつが必要な子に分かれますが、いくらプール用のおむつをしていても、うんち対策にはなるものの、おしっこは流れてしまうこともあります。

プール熱などの感染症は、感染している人の体液や便などの排泄物から移ることが多くなります。プール施設を選ぶ際には、プール用おむつ使用の可・不可や、完全におむつが取れていないと利用できないのか、などの確認が必要です。

また、塩素消毒などの衛生面の管理がしっかりしているのはもちろんのこと、おむつ替えの施設の充実やシャワーなど、必要な施設の充実もチェックしましょう。

また、1人で立っていられない赤ちゃんは、更衣室内でそのまましゃがんでしまうことも多くなります。清掃が生き届かない施設や水はけの悪い施設ですと不衛生になりかねません。注意したいポイントです。

プールの水温や水質の管理は?

免疫力の低い赤ちゃんと一緒にプールで遊ぶ際には、水温や水質も注意して選びたいものです。

赤ちゃんはまだまだ体温調節機能が未熟ですので、水温によっては急激に体温が下がり、風邪などの原因になりかねません。また、肌も弱い赤ちゃんですので、感染症対策の意味でも、水質にも注意が必要です。

塩素は強ければ強い程良いというものではありません。法律によって塩素濃度は定められていますので、休憩時などの一定時間にきちんと管理している施設なのかどうかも選ぶポイントといえます。

プールで赤ちゃん用浮き輪が使用できる?

赤ちゃんと一緒にプールに行く際、水に入っている時には、決して目を離すことはできませんが、赤ちゃん用の浮き輪やアームヘルパーの使用の有無は、チェックしたいポイントの1つです。

浮き輪の使用の可・不可は施設によって異なりますので、事前に確認しておくことをおススメします。

赤ちゃん用の浮き輪にはいくつかのタイプがありますが、3つご紹介します。

アームリング(アームヘルパー)

“アームリング(アームヘルパー)”は、腕に付けるタイプの浮き輪で、小さな赤ちゃんでも使用できるように、さまざまなサイズが用意されています。空気を入れすぎると腕がキツクなり痛いので気を付けましょう。

ドーナツ型の浮き輪

一般的な浮き輪のイメージと同じような“ドーナツ型の浮き輪”は、からだのサイズに合っていれば便利なものですが、大きなものを選んでしまうと、浮き輪から体がすり抜けてしまい事故になりかねませんので、注意が必要です。

足を入れるタイプ

“足を入れるタイプの浮き輪”は、バランスを崩してしまうこともあるといった報告も多々あります。赤ちゃんが自分自身で大勢を戻すことは難しいので、注意して使用しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる