ベビーサイン

赤ちゃんとのコミュニケーションにベビーサインを使ってみよう!




しゃべれない赤ちゃんが訴えるベビーサインは、赤ちゃんとのコミュニケーションがスムーズにとれるようになるボディーランゲージです。

ベビーサインを知っているだけで赤ちゃんが何を訴えているのかだけでなく、育児の不安やイライラも軽減することができ、育児も今よりもっと楽しく、楽にすることもできます。

今回は、ベビーサインについて、ベビーサインとは?どんなサインがあるの?など、基本的なことからご紹介していきます。赤ちゃんとサインを使って円滑なコミュニケーションを取れれば、これまで以上に育児が楽しくなることでしょう。

スポンサードリンク

ベビーサインとは

ベビーサインは日本ではまだ一般的ではないものの、アメリカでは90年代中ごろから始まっており、まだ言葉を話すことができない赤ちゃんとコミュニケーションをとる育児方法です。手話のように手を使ってジェスチャーすることで言葉を発することができない赤ちゃんの気持ちや要求したいことを知るためのサインです。

ジェスチャーもとても簡単なものなので、マスターして育児の不安やストレスの解消に役立てましょう。

ベビーサインを用いる意味は?

・親子のコミュニケーションをスムーズにし、育児ストレスの解消
・親子の絆づくり
・コミュニケーション能力の育成
・豊かな心を作る

ベビーサインの用いる意味は、ママや赤ちゃんが伝えたい気持ちや要求を伝えるサインと同時にコミュニケーション能力の育成と心豊かな人に育てることができます。

ベビーサインを用いるメリット

スムーズに互いの気持ちを伝えることができ、親子のストレスを解消できる

「どうして泣いているの?」おっぱいもあげたし、おむつも変えたのに・・・

こういった状況はよくあることですが、ママにとってはとても不安になります。ベビーサインがあれば、赤ちゃんの思いが伝わり、ママの不安やストレスも解消できます。

親子の絆が深まる

互いにサインを交わしていくことで親子のきずなも深まり、より愛おしく思える瞬間が増えていきます。「バイバイ」で手を振る、「ありがとう」でぺこりと頭を下げるなど、とても簡単なサインですが、それだけでママもまわりも笑顔になります。

ベビーサインによってこうした瞬間が増えていき、よりわが子に愛おしさと幸せを実感できます。

サインを知ることで赤ちゃんの変化を察知できる

お座りができるようになる頃から赤ちゃんの行動範囲もどんどん広がっていきます。危ない、痛い、などベビーサインで伝えることで、子供の安全を確保できると共に、見えない部分の痛みなど赤ちゃんの変化を知ることができます。

脳の発達につながる

ベビーサインによって両手を動かす、体をつかうことで脳の刺激を刺激し、脳の発達につながります。とある研究によると、ベビーサインを育児に取り入れた子供と採り入れなかった子供ではIQが平均で12ポイントも差が出たと言われています。

言葉の発達につながる

ベビーサインは手や体を使って意思の疎通を図るものなので、言葉の発達が遅れるのではないかと心配になりますが、そんなことは全くありません。そもそも、ベビーサインは、言葉を発しながらジェスチャーで伝える育児法になるため、ママが言葉を発しながら伝えることで、サインと言葉が結び付き、言葉が遅れるどころか、発達に役立つ行為なのです。

コミュニケーション能力の発達につながる

ママに伝えたい気持ちをベビーサインで伝えることで、「気持ちが伝わる」ということは、子供にとってとても自信につながります。自信がつくことでますます自分の意思を伝えることに喜びを感じるようになり、人とコミュニケーションをとることを楽しめる子供に育ちます。

噛みついたり、押したり、子供によっては乱暴をすることで自分の意思を伝えようとする子もいますが、ベビーサインで小さいころから自分の意思を伝える能力が身についている子供は、気持ちの伝え方を知っているため、暴力で解決するということはなくなります。

ベビーサインはいつから始めるの?

本格的に始めるのは、お座りができるようになる頃の6か月から8か月頃と言われています。この頃になると、両手ももっと自由に動かすことができるようになり、お座りをすることでお母さんとの目線も合わせやすくなるからです。

ただ、赤ちゃんの成長には個人差があるので、時期に関しては一概には言えません。お座りができるようになった頃を、ベビーサインを本格的に始める時期の目安としましょう。

とはいえ、ベビーサインは早めに行った方が育児もスムーズになるため、生活リズムがだんだん整ってくる3,4か月頃からママ方から徐々にサインを出していってみましょう。

何から始めたらいい?

ベビーサインといっても、堅苦しく考える必要はありません。生活の中で自然に覚えていくのがベビーサインです。例えば、3,4か月の赤ちゃんなら、おっぱいを赤ちゃんにあげるとき、「おっぱいを飲もうね。」など声掛けをしながら赤ちゃんの手をママのおっぱいに充てるのもいいでしょう。1日の中でおっぱいをあげるときに同じサインを繰り返すことで、徐々に慣らしていくことができます。

ベビーサインにはどんなものがある?

ベビーサインは、もともとアメリカで生まれたものでアメリカの手話をベースに作られており、種類は全部で60〜70あると言われていますが、全部を覚える必要はありません。ここでは、生活の中で使って便利、赤ちゃんの欲求を伝えることができる簡単なベビーサインをご紹介していきましょう。

おっぱい

手の平を閉じたり開いたり、グーパーさせる動きです。1日の中で最も使うベビーサインですし、赤ちゃんが覚えやすい動きのため、早くからできるようになるサインです。

おむつ

腰のあたりをトントンと叩きます。おむつ外しの時にも役立つサインです。

もっと

両手の指先をすぼめてツンツン合わせます。「もっと○○してほしい?」など声掛けしながら行うことで、ジェスチャーを覚えられるようになります。赤ちゃんにとってもママにとっても便利なサインです。

食べる

指先をすぼめた片手を口に持って行きます。これからやってくる離乳食の時期などに役立つサインです。

痛い

両手の人差し指をチョンっと軽く重ねる動作です。行動範囲が広くなってくる時期の怪我や風邪を引いた時に喉が痛いとかお腹が痛いなど症状を知ることもできるサインです。

ベビーサインが上手くできない?

例えば、「いただきます。」の時、手のひらを合わせて合掌をしますよね。それと同じようなことでベビーサインも、簡単なジェスチャーの毎日の積み重ねが大切です。とはいえ、ベビーサインの始めのころは、赤ちゃんの反応もなく、くじけそうになることもあるでしょう。けれども、続けていくことで徐々に反応をしてくれるようになり、ベビーサインに救われることも出てきます。

ジェスチャーを赤ちゃんに覚えさせることが優先になってはいけませんし、押しつけては絶対にいけません。普段の動作から自然に楽しくママと赤ちゃんの気持ちを伝えあうのが、ベビーサインということを覚えておきましょう。

ベビーサインはアレンジも必要

ベビーサインはママと赤ちゃんの意思の疎通がスムーズにすることに意味がある動作です。基本のジェスチャーはあるものの、赤ちゃんの様子を見ながらお子さんがやりやすいように、ママがアレンジを加えるなど親子で楽しんで行うことを優先させましょう。親子だからわかるオリジナルのベビーサインを作るというのもお勧めです。

ベビーサインについてもっと知りたいという方は、こちらの本がおすすめです。

アマゾンで見る>>わかる!話せる!らくらくベビーサイン [ベビーサイン公式キット]

photo credit: Free Sweet Baby Kisses Family Love Creative Commons by D Sharon Pruitt via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる