赤ちゃん 歯磨き

赤ちゃんの歯はいつ生える?虫歯予防と歯磨きのはじめ方




赤ちゃんの歯はいつ生えてくるの?うちの子、歯がなかなか生えないけど大丈夫?などと心配しているお母さんも多いことでしょう。

赤ちゃんの乳歯は通常、下の前歯から生え始めます。しかし、なかなか生えてこなかったり、生える順番が違ったりすると不安になるものです。

歯の生え方や時期には個人差が大きいので、よほどのことがない限りは、他の赤ちゃんと比べる必要はありません。ここでは、そんな赤ちゃんの歯が生え揃うまでについてや、赤ちゃんの虫歯予防や歯磨きのはじめ方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯が生える時期は?

いつ歯が生えてくるかということは個人差があります。一般的には生後3ヶ月から生後9ヶ月ころに生えてくるといわれていますが、中には出産時に既に一本の歯が生えていたという赤ちゃんもいれば1歳半になっても一本目も生えてこないという赤ちゃんもいます。

それだけ時期に幅があるので、他の赤ちゃんと比べてみてもあまり意味がないかもしれません。もし1歳半を過ぎても生えてくる兆しもないということで心配ならば、専門の小児歯科医を受診して、ちゃんとこれから生えてくるかというチェックをしてもらうようにしましょう。

しかし、早く生えてくることによって、母乳育児をしているお母さんなどは授乳の際に歯が乳首に当たって出血したりするので、赤ちゃんの歯を丸めてもらうなどの処置をする必要がある場合もありますし、早く生えることで虫歯のリスクも上がります。ゆっくり焦らず歯が生えるのを楽しみに待ちましょう。

赤ちゃんの歯の生える順番

乳歯は全部で何本あるかご存知ですか?乳歯は全部で20本、どの歯も小さくてかわいいです。基本的な生える順番と時期ですが、生後6ヶ月~生後9ヶ月で下前歯2本から生えてくるのが一般的です。

そして生後9ヶ月~生後10ヶ月頃に上前歯2本が生えてきます。そして、生後11ヶ月~生後12ヶ月頃に上下の歯が4本ずつになり、1歳半頃に奥歯(第一乳臼歯)が生えてきます。2歳頃までには犬歯が生え、2歳半頃に奥歯(第二乳臼歯)が生えてきます。

これは一般的なパターンですので、これよりも早くても遅くてもあまり心配する必要はありません。

3歳を過ぎてもなかなか生え揃わない場合もよくありますが、3歳半頃に生え揃えば問題ないと考えましょう。

歯が生えてくる時の赤ちゃんの変化

歯が生えてくると歯ぐきがむずむずして気になる赤ちゃんが多いです。そのため、いつもと違って頻繁にぐずって機嫌が悪かったり、夜泣きが激しくなる場合があります

特に体調が悪いわけでもないのに、赤ちゃんの機嫌が悪いというようなことがあれば、歯が生え始めるサインなのかもしれません。また、歯ぐきがむずむずして何だかかゆいような感じがするために、口に色々なものを入れて遊ぶようになります。

最近では、歯が生えかけてきて口に何でも入れて遊びたがる赤ちゃんのために、口の中に入れても様々な感触を楽しめるグッズが販売されていますので試してみるのも良いでしょう。

乳歯の虫歯は大人の責任

歯が生えてくるというのは成長の証でとても嬉しいことなのですが、虫歯のリスクが発生します。歯はその子供が生きていく上で非常に重要な役割を果たします。

将来生えてくる永久歯のためにも最初の乳歯の一本から大切にケアする必要があります。いずれ永久歯が生えてくるのだから乳歯は虫歯でもいい!というようなことは絶対にありません。歯が虫歯になるか、ならないかというのは、完全にお母さんを始め、回りの大人がどれだけその赤ちゃんの歯のことを考えて大切にしてあげたかの結果です。そのことをまず肝に銘じましょう。

乳歯ケアは基本的な注意事項を守って生活していけば、虫歯だらけの歯になる心配はありませんので安心してください。

赤ちゃんに虫歯菌をうつさない

生まれたての赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。ですから、口の中にも虫歯の原因になる菌は生まれた時には持っていません。それにも関わらず、なぜお菓子も食べていない赤ちゃんに虫歯菌が移るのかと言うと、虫歯菌を持っているパパやママがキスしたり、虫歯菌が付いているスプーンを赤ちゃんが舐めたりすることで移ってしまうのです。

ですから、虫歯がある周りの大人はまず歯科を受診してしっかり虫歯を治すということが大切です。我が子のためにまず自分の虫歯を治すように心がけましょう。

>>妊娠中でも歯医者に行くべき?妊婦さんの虫歯予防と治療

特に、妊娠している人は虫歯になりやすいので、出産するまでの間にきちんとメンテナンスしておきましょう。また、歯磨きもしっかり丁寧にしましょう。

乳歯と永久歯の関係

大人の歯である永久歯は、赤ちゃんの頃は生えている乳歯の下でずっと眠っています。既に乳歯の下に永久歯があるということは、乳歯がなんらかの原因で虫歯に冒されると虫歯菌が永久歯にも感染すると考えておきましょう。

美しい歯並びになるためにも乳歯の存在が美しいということが大前提です。ですから、いずれ乳歯は抜けて永久歯に生え変わるので虫歯になってもいい、歯並びも影響ないという考え方はやめましょう。乳歯と永久歯は非常に関係深いものなのです。

歯磨きのはじめ方

虫歯にしないためにも歯磨きは大切な習慣です。小さい時からしっかり歯磨きをして口の中を清潔にするという習慣をつけることは、今後のためにも非常に大切です。

乳歯が生えてきた段階で、歯ブラシで歯を磨く練習を始めます。

始めは、お家の人の真似をするように歯ブラシに慣れさせることで十分です。歯磨きする時は必ずお家の人が赤ちゃんをしっかり見て、安全であることを常に確認してください。ちょっと目を離した隙に歯ブラシを喉に詰まらすという事故が起こりかねませんので注意しましょう。

歯ブラシは喉の奥に入らないように安全性のあるものが販売されていますので、そのようなグッズを使ってみるのも良いでしょう。始めは上手に出来ないのが当たり前ですが、食べたら磨く、飲んだら磨くという習慣というものが大切です。

最初は口に入れて遊んでいるだけですが、そばで見守りながら、歯磨きが終わるのを待ちましょう。そして、お家の人が赤ちゃんが使っている歯ブラシをもって仕上げ磨きを必ずしてあげるようにしましょう。

自分で磨く歯磨きの後に、仕上げ磨きをしてもらうという一連の流れを習慣付けることが出来れば大成功です。

味に変化を

自分でゴシゴシする習慣をつけるには、やはり子供が美味しいと感じるものを使うのが効果的です。

イチゴやバナナなど、さまざまな味付きの歯磨き粉があるので、お子さんにあったものをチョイスしていましょう。

徹底的に虫歯菌を撃退するなら、こういった商品を使ってみるのもおすすめです。子供が大好きな「イチゴヨーグルト味」なので、すすんで歯磨きしてくれます。>>日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合子供用歯磨き粉【ブリアン】

甘い飲み物は虫歯に注意しましょう

乳歯が生えてきた赤ちゃんでも、まだまだ離乳食などが進んでいない時や、水分を摂らせたりする場合に、お茶や水以外にリンゴジュースを与えたり、甘いスポーツ飲料を飲ませることもあるでしょう。

ジュース類やスポーツ飲料には砂糖が入っていたり、果糖が含まれている場合が多いのですが、ついついご飯やおやつを食べているわけではないので歯磨きを忘れてしまっている場合が多くあります。飲ませているものに何が入っているのかということを良く確認して、糖分などが含まれてる場合は後でしっかり歯磨きをすることが大切です。

また、哺乳瓶で与えると上前歯などの裏に汚れが溜まりやすくなるのでなるべく哺乳瓶から甘い飲み物を飲ませることは控えて、飲ませる場合はマグなどから飲み物を飲む練習をして、徐々にコップで飲ませるようにしましょう。

飲ませるものそのものを、甘いものからお茶など虫歯の原因にならないようなものに変えることも虫歯予防に繋がります。

歯並びのために、あごも鍛えましょう

虫歯を防ぐためにも歯並びは大切です。また歯並びが悪いと噛みあわせが上手くいかないので体のあちこちに支障が出てくると言われています。歯並びを良くするためにはあごが発達していることが大前提です。

今の子供は柔らかいものを好んで食べる習慣があるので、噛む練習をしてあごを鍛えましょう。赤ちゃんの段階では、口の周りの筋肉を発達させるためにもおっぱいをしっかり飲ませましょう。

哺乳瓶を使う赤ちゃんは、あごや舌をしっかり使わないと飲むことのできない乳首を選ぶとあごの発達に繋がります。

離乳食がはじまったら、食べ物をしっかり何度も噛むという習慣もつけさせてあげましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる