気になる新生児の産毛と抜け毛!何か対策をしたほうがいいの?

気になる新生児の産毛と抜け毛!何か対策をしたほうがいいの?




出産してからの赤ちゃんとの初めての対面はママにとって嬉しいものです。しかし、嬉しさが込み上げてくると同時に赤ちゃんの産毛に驚いてしまうママも多くみられます。

赤ちゃんの産毛は知っていても、想像以上の濃さと多さで、特に女の子を出産したママは「大丈夫なのかな?」と心配になるほどです。また、あれだけ濃かった産毛がたくさん抜け始めるのを見てさらに心配するママもたくさんいます。

新生児の赤ちゃんの産毛や抜け毛が多いのには理由があるのでしょうか?

そこで今回は、

・赤ちゃんの産毛が濃いけど、大丈夫なの?
・将来が心配、剃った方が良いの?
・赤ちゃんの抜け毛が心配

といった方に、赤ちゃんの産毛と抜け毛について詳しくご説明します。

関連記事
>>赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方
>>赤ちゃんのよだれが多くて気になるママ必見!新生児のよだれ

スポンサードリンク

新生児は毛深い

新生児は毛深い

生まれたての赤ちゃん=新生児というと、女性も憧れるスベスベでツルツルした肌のイメージが強いため、産毛が多いのを見ると「私の赤ちゃんだけ!?」と悩むママもいます。

しかし、実際には新生児が毛深いのは珍しくなく、髪の生え際と産毛の境がわからなかったり、腕や腰のあたりが髭のようにフサフサ。生まれたての赤ちゃんを見ると子ザルのように全身が濃い産毛に包まれていることも多いです。

産毛の濃さや多さには個人差がありますが、新生児の赤ちゃんであれば性別関係なく生えていることが多いため、たとえ口周りにできていたとしても、そこまで深く悩む必要はありません。

産毛が濃い理由

産毛が濃い理由

珍しくないこととはいえ、どうして新生児は産毛が濃かったり多くなったりしてしまうのでしょうか?考えられる理由としては次のようなことが挙げられます。

胎児の頃の名残としての産毛

新生児の産毛が濃くなる主な理由として挙げられるのが胎児の頃の名残、胎毛であるということです。

胎毛とは呼んで字のごとく、赤ちゃんが胎児だった時に身体に生えていた毛のことで、ママのお腹の中にいる時に肌の弱い赤ちゃんを胎脂(お腹の赤ちゃんを包むクリーム状の脂のこと)の刺激から守ってくれる役割があります。

だからといって、胎脂は悪いものではなく赤ちゃんの肌を覆い、皮膚細胞などを守ってくれる役割のある大切な脂です。胎毛があるのは、その胎脂が簡単に赤ちゃんから剥がれてしまわないように絡めとる働きもしてくれます。

胎毛は、妊娠後期に入る頃には赤ちゃんの肌も強くなるので、薄くなりますが産毛になって残ります。個人差はありますが、赤ちゃんの産毛の濃さや多さはこの胎毛によるものが大きいといえます。

産毛の濃さは遺伝によるもの?

両親ともに毛深いとなると、遺伝による影響と考えがちですが、それは可能性の話なので、絶対に遺伝が原因とは言い切れません。

パパママのどちらかが毛深くてもそれが赤ちゃんにそのまま遺伝することはありません。

実際に、兄弟姉妹で見てみると上の子は気にならなかったけど、下の子は産毛が気になる、ということも当たり前のようにあります。遺伝はほとんど関係ないので、あくまで可能性の1つとして考えておきましょう。

ホルモンバランスの関係による産毛の濃さ

遺伝と同じくもう1つの可能性として挙げられるのが、ホルモンバランスの影響です。一般の女性でも、男性ホルモンが増えてしまい毛が濃くなったという話を聞いたことはないでしょうか。

新生児も同様に産毛の濃さ、毛深さはホルモンバランスの崩れが影響しています。特に女の子の原因としては卵巣、下垂体が病気など何らかの異常によって男性ホルモンを過剰分泌してしまう場合があります。

新生児のうちは遺伝よりも理由としては弱いですが、成長する過程で尚、産毛が残り毛深さも気になるようであれば小児科への相談を検討することをオススメします。

薬の影響による産毛

アトピーなどの治療でステロイド剤を使用している場合も、産毛が濃くなることがあります。薬を使用していて、また産毛が濃くなってきたと感じた場合にはステロイド剤の副作用が原因かもしれません。

ステロイド剤は小児科、もしくは皮膚科で処方されるものなので、気になる場合には受診した科に行って相談をしてみましょう。

4つほど考えられる理由を挙げましたが、新生児の産毛に関しては最初に挙げた胎毛の名残であることがほとんどです。成長していくうちに、産毛がまだ気になるようであれば、胎毛以外の可能性も視野に入れてみましょう。

産毛の心配な点

産毛の心配な点

赤ちゃんの産毛が濃い理由を挙げましたが、やはり産毛は気になるところです。いつまで産毛は生えているのか、成長しても毛深いままなのか、処理してもいいのかといった点についてご説明します。

産毛はいつまで生えてるの?

生まれたての赤ちゃんの産毛がフサフサな理由が理解できたところで、気になってくるのが、いつまで産毛は生えているのかということ。

個人差があるので一概には言い切れませんが、目安としては4~6ヶ月頃に産毛は抜け始めるとされています。意外にも産毛は抱っこの時にこすれたり、また着替えの最中に服とすれるだけでも抜け落ちてしまうのです。

抜け落ちてもまた生えて、それを繰り返すことで少しずつ薄くなっていきます。抜け始めの時期はちょうど寝返りするので、早い子では1歳頃、遅くても3歳頃までには産毛は落ち着きます。

しかし、前述にもあるように産毛の抜ける時期は新生児によってさまざまで、極端な例では生後1ヶ月で抜けてしまう赤ちゃんもいます。逆に遅い子もいて個人差があるのであまり気にしないで大丈夫です。

産毛が多い赤ちゃんは大人になると毛深くなる?

産毛が濃かったり、多かったりするといつまで生えているのか気になると同時に、大人になった時に毛深くなってしまうのか、と赤ちゃんの将来に悩んでしまうママもいます。

しかし、成長するにつれて産毛も抜け落ち、髪質にも変化が現れますから産毛の濃さ=毛深くなるとは限りません。女の子になってくると、女性ホルモンの関係もあるので毛深くなることは少ないとされています。

パパママの毛髪量が普通であれば赤ちゃんも似たようなボリュームになります。ただし、毛深さに関してはパパママの遺伝も関わってきますので、どちらも毛深い場合には産毛関係なしに赤ちゃんもその可能性は高まるとされています。

赤ちゃんから幼児になるまで

新生児の産毛は胎毛の名残だけではありません。胎毛以外の理由であった場合を考え、どれくらいの時期で判断すれば良いのかも心配なところです。

産毛が抜け落ちる目安からもわかるように、他の理由と判断する時期に関してははっきりと決まっていないのが現状です。

ただし、スピード差はあれ通常であれば成長するにつれて産毛は抜け落ちていくので、気になる気持ちは理解できますが、そこは焦らずに新生児から幼児になる間は様子を見ることが大切です。

産毛は処理しても大丈夫?

産毛がある理由が理解できても、何とかしてあげたいと思うのが親心。パパママの中には、産毛を処理してあげようと考えた人もいるのではないでしょうか。

実際、お風呂に赤ちゃんを入れた時にガーゼなどで擦ってみるというパパママもいます。

しかし、赤ちゃんの肌は胎毛が必要なくなったとはいえ、まだまだデリケート。ガーゼでこするだけでも、刺激になってしまい良くありません。大人が使用する除毛クリーム、カミソリなどの使用、毛抜きで抜くのもNGです。

むしろ、そうして産毛の処理をすることで肌トラブルの原因になる恐れがあるので、自然に抜けていくものだと思って、処理はしないようにしましょう。

髪の毛も産毛!?

新生児の産毛と聞くと、どうしても濃い・多いというイメージが強くなってしまうのですが、産毛が抜け始めると同時期に髪の毛が抜けてくる赤ちゃんも出てきます。

抜け方は少量の場合もあれば一気に大量に抜けてしまうなどさまざまで、生後3ヶ月頃から、早い子では生後2~3週間頃には抜け毛が目立ってきます。

「これって抜け毛?」と産毛の濃さに続き驚いてしまいそうですが、実はパパママたちが髪の毛と思っていたものも産毛になります。

これは新生児生理的脱毛と呼ばれ、産毛が抜け始めることで頭部の前部分から頭頂部にかけてほとんど髪の毛が抜けてしまう症状で、髪の毛が薄くなって見えてしまう赤ちゃんもいるほどです。

しかし、この後にきちんと髪の毛が生えてくるので、遅くても生後半年ほどで落ち着くとされています。遺伝でもない限り産毛が大量に抜けてしまうことで将来、薄毛になってしまう心配はありません。

新生児の抜け毛、別の原因がある場合も…

新生児の抜け毛、別の原因がある場合も

大半の新生児の抜け毛は、産毛に関係していますが産毛が濃く見えてしまうのと同様に別の理由が考えられることもあります。

一部分にかかる圧力による赤ちゃんの抜け毛

考えられる理由としては外的刺激で、主に寝返りが上手くできない赤ちゃんが同じ姿勢で寝続けることが原因です。頭部の一方に圧力がかかりっぱなしになってしまい、その部分だけ枕との摩擦が起きてしまいます。

タイプとしては、仰向けに寝ることの多い新生児の後頭部の産毛の薄さが目立つ乳児期後頭部脱毛で、一部だけハゲたようになります。

寝返りができるようになれば一部分だけの摩擦も減るので、自然と落ち着いてきます。基本的には抜けてしまったとしても頭皮に問題がなく、赤ちゃん本人が元気であれば大丈夫です。抜け毛の可能性の1つとして覚えておきましょう。

皮脂の影響による赤ちゃんの抜け毛

圧力などの外的刺激だけでなく肌トラブルも、新生児の抜け毛が目立つ原因です。これは脂濡性湿疹(しろうせいしっしん)と呼ばれ、生後数週間から生後4ヶ月くらいに起こる症状とされています。

女性ホルモンの影響が強く出てしまっていたり、赤ちゃんの新陳代謝が活発なことから皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まって、雑菌が繁殖し肌荒れが起きます。

そのため、赤ちゃんは頭をかいたり、枕に頭など痒いところをこすりつけるようになるので、抜け毛が目立ってしまいます。

参考記事
>>赤ちゃんのカサカサ肌対策|新生児からの正しいスキンケアの仕方
>>赤ちゃんがアトピーかも!?アトピーの基礎知識とケア方法

赤ちゃんの抜け毛対策はしてあげるべき?

赤ちゃんの抜け毛対策はしてあげるべき

以上の理由からもわかるように、新生児の抜け毛は産毛であり赤ちゃんであれば誰でも起こる自然現象のため、抜け毛が目立ち始めても、特に産毛に対処する必要はありません

産毛の濃さなどと同じようにそういう時期であること、赤ちゃんによって個人差があるとゆったりと構えていることが大切です。

ただし、脂濡性湿疹の場合には皮脂の過剰分泌が原因でもあるので、お風呂の際にフワフワに泡立てた泡で頭皮などをしっかり吸着させて、しっかり洗い流してあげましょう。

また、夏など暑い時期に頭皮がベタベタしているようであれば小まめにシャワーで頭皮を含めた肌を清潔に保つことが大切です。だいたい生後3~4ヶ月で落ち着くとはされていますが、症状が辛そうな場合には病院へ相談してみましょう。

赤ちゃんの産毛を記念に保存する人も

赤ちゃんの産毛を記念に保存する人も

想像以上に濃かったり多かったりで毛深さが気になったり、髪の毛ともども一気に抜けて将来の薄毛が心配になったりと、新生児の産毛には振り回されっぱなしですが、そんな産毛を記念に残すこともできます。方法としては次の通りです。

赤ちゃんの産毛を毛筆に

胎毛筆、もしくは赤ちゃん筆と呼ばれるものです。通常であれば髪の毛でするそうですが、フサフサの産毛が伸びたものであれば使用できます。

実際、胎毛筆は中国や日本でも、頭が良くなるように、元気に育つようにといった祈願を兼ねた伝統文化であり、筆という形から字が上手くなるように、という願いも込められています。

扱うお店にもよりますが、本当に筆にしか見えないものから、ストラップタイプもあるので詳しい事も含めてチェックしてみましょう。

赤ちゃんの産毛をオブジェにする

写真たてのように飾ることもできるオブジェに加工する方法です。アクリル樹脂やガラスなどに産毛を閉じ込め、さまざまな形に加工をすることができます。

扱っている工房によって変わりますが、アクリル以外にも材質から選ぶことができる場所もあります。

赤ちゃんの産毛をアクセサリーに

ヘアジュエリーと呼ばれる、新生児の産毛をジュエリーに加工したものです。ペンダントなどにすることができ、中世ヨーロッパの貴族の間で流行していました。

普段でも身に付けられるということで記念に作るパパママも多くいます。見た目も、産毛が入っているように見えないのもポイント。ただし、扱う店舗によって変わるものの値段は高めなので、よく考えて選びましょう。

赤ちゃんの産毛や抜け毛は自然なこと

産毛を記念に残す方法を3つほど挙げてみましたが、これ以外にもアルバムに入れたりケースに大切に保管したりと、残し方はさまざまです。

専門のお店に頼まず手作りで残す人もいるので、自分が残したいと思う形を選びましょう。最初はびっくりしてしまう新生児の産毛ですが、慣れてくるといつの間にか産毛がなくなっていたという場合がほとんどです。

もちろん個人差はありますので抜ける時期に差はありますが、赤ちゃんの産毛であまり神経質にならず、のんびりと見守ってあげて下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる