新生児がうなり始めたら?考えられる原因とママにできる対処法とは

新生児がうなり始めたら?考えられる原因とママにできる対処法とは




初めての育児は、赤ちゃんの動作1つ1つにドキドキ、ハラハラの連続です。特に「大丈夫?」と思わず心配になってしまうのが、新生児がうなる時です。

突然、顔を真っ赤にしてウンウンうなり始める姿は、ママが見ていてとても苦しそうに映りますが、あまりにも急なことで何が原因かわからず、何をしてあげたら良いのかわからないママも多くなります。

そこで今回は、

・うなっている時は、赤ちゃんは苦しいの?
・赤ちゃんがうなった時の対処法を教えてほしい!
・赤ちゃんのうなりは、いつまで続くの?

といった方に、赤ちゃんのうなる原因やその対処法について詳しくご説明します。

スポンサードリンク

赤ちゃんがうなり始めるのっていつから?

赤ちゃんがうなり始めるのっていつから

新生児がうなったり、いきみ始めたりするのは生まれてすぐ、つまり生後0~3ヶ月くらいにしていても珍しくありません。

さっきまでスヤスヤ寝ていたと思ったら、急に顔が真っ赤になって「ウーウー」うなり始めたり、寝返りをしそうな勢いで身体をよじるなど顔をしかめていきむことがあります。

酷い場合にはうなった後に、泣き始めてしまう赤ちゃんもいます。

新生児がうなってしまう原因とは?

新生児がうなってしまう原因とは

ママが心配になってしまうのは赤ちゃんの苦しそうな様子に加え、うなっている原因がわからないことです。赤ちゃんがうなったり、いきんだりしていても、何を訴えているのかわからないと対処のしようがありません。

新生児がうなってしまう原因については、さまざまですが主な原因として以下の点を挙げることができます。うなる原因を知って、自分の赤ちゃんがなぜうなっているのかを知るのに役立てましょう。

便秘でお腹が苦しい

新生児は便秘になりやすいとされています。

特に、母乳からミルクに変えたり、もしくは母乳とミルクを混合にすることでお腹がはりやすくなり、うんちが上手く出なくなってしまい、苦しさからうなってしまうのです。

種類にもよりますが、特に粉ミルクを飲む赤ちゃんは便秘になりやすいとされています。理由としては母乳に比べてカスが多いことが挙げられ、母乳を飲むよりもうんちの量も増えやすいからです。

また、母乳よりミルクの割合が多くても便秘になる可能性は高くなります。

母乳などの飲み過ぎ

生まれたての赤ちゃんが満腹感を自覚できるようになるのは生後3ヶ月を過ぎた後とされています。

ちょうど赤ちゃんがうなってしまう時期は、お腹いっぱいという意味をわかっていません。このことから、新生児がうなってしまう原因としてミルクの飲み過ぎも原因の1つに挙げられます。

満腹中枢が発達していないことにより、この時期はミルクを与えられれば、与えられた分だけ飲んでしまい、結果、お腹が苦しくなってうなってしまうのです。

赤ちゃんがうなっていると、ミルクが足りなかったかなと思うママが多いと思いますが、実は反対です。赤ちゃんは苦しくても、与えられれば飲んでしまう可能性が高いのでママが注意してあげましょう。

げっぷやおならが出ない

おならやゲップを出せないことによる、ガス溜まりも新生児がうなってしまう原因の1つです。

これは、満腹中枢が発達していないのと同様に、赤ちゃんの消化器官が未発達なのが理由として挙げられます。また、母乳やミルクと一緒に空気をたくさん飲み込んでしまうことで、胃や腸に空気をため込んでしまうことも理由の1つです。

大人でもそうですが、おならを我慢するとお腹が膨れたようになり、気持ち悪くなったりします。赤ちゃんと大人の違うところは、おならやゲップを上手く出せないことです。

ガスがお腹から抜けないことによる苦しさから、赤ちゃんはうなってしまうといえます。

うんちを出したい!

新生児がうなり始めると、顔を真っ赤にしているのをよく見るようになります。その様子は、何だかうんちをする時のようにいきんでいるようにも見えます。

実際に赤ちゃんがうなる原因として、うんちを出そうとしている時も挙げれます。うんちを出すだけでそんな大げさな、と思うかもしれませんが赤ちゃんは「うんちをする」という行為自体に慣れていません。

また、新生児の身体はまだまだ未発達な部分が多く、うんちを出すときに使う腹筋がまだあまり発達していないのもその中の1つ。そんな中でうんちを出そうとしているので、うなってしまうのも仕方のないことなのです。

暑がっている可能性も

顔を赤くしてうなっている場合、うんちを出そうと頑張っている他に暑がっていることも考えられます。服を多く着せられて、暑苦しく感じていることをママに訴えるように、うなるというわけです。

肌寒い日などは、赤ちゃんの身体を冷やさないように厚着にしてしまうこともありますが、赤ちゃんは大人よりも体温は高めです。

また、体温調節も上手くできないので、服を着せる際には簡単に脱ぎ着できるものを活用するなど注意してあげましょう。

いくつか原因を挙げてみましたが、赤ちゃんがうなる原因が全て当てはまるわけではありません。上記のように何か不調を訴えているわけではなく、ただ単にお話しているだけという場合もあります。急にうなり始めるので、ママも慌ててしまうと思いますが、赤ちゃんの様子を見て、原因をきちんと読み取ってあげられるようにしていきましょう。

赤ちゃんのうなり、どんな対処をしてあげるべき?

赤ちゃんのうなり、どんな対処をしてあげるべき

新生児がうなってしまう原因にはさまざまな理由があることがわかりましたが、原因がわかったところで、それを解消してあげないことには赤ちゃんのうなりは治まりません。

では、急に赤ちゃんがうなり始めてしまった場合に、ママはどんな対処をしてあげるのが良いのかいくつかご紹介します。

新生児にできる運動を行う

ガスがお腹の中に溜まってしまっている場合や、便秘気味の時におススメの対処法です。

激しい運動ではなく、赤ちゃんの身体を横向きにしてあげたり、足首を持って自転車こぎのように片足ずつ膝の曲げ伸ばしを行うなど軽い運動で構いません。

新生児はあまり動くことがないので軽い運動をするだけでもガスが抜けやすいです。縦抱きをしてあげるのも良いので、赤ちゃんの機嫌が良い時に食後の1時間程度やってみてあげましょう。

ゲップを出してあげる

ミルクや母乳を飲むのと一緒に、赤ちゃんは空気を飲み込んでしまっていることが多いので、授乳した後は必ずゲップを出してあげることも対処法の1つです。

また、赤ちゃんはゲップを出したとしても不十分な時があるので、ゲップをした後でも5分ほどは縦に抱っこしてあげましょう。

もし、ゲップが出なかったとしても無理矢理出させようとする必要や「出さなきゃ!」と神経質になることもありませんが、その時は吐き戻しても良いように顔を横にして寝かせてあげることも大切です。

うなり始めた時は原因にもよりますが、抱っこしてゲップを出してあげると落ち着くことがあります。

ゲップの出し方としては赤ちゃんを縦抱きにして、背中を優しくトントンと叩いてあげたり、同じ抱き方で背中を下から上にさすってあげると良いとされています。ゲップを出す際には試してみて下さい。

お腹を優しくマッサージ

お腹を優しくマッサージをしてあげることは、溜まってしまった空気を出すのに有効な対処法です。「のの字マッサージ」と呼ばれるもので、おへそを中心に「の」を描くようにマッサージする方法です。

ちょっとお腹に圧をかける位の力加減で行うことがポイントで、行うことで飲み込んで溜まってしまった空気を出し、うんちやおならも促す効果が期待できます。

このマッサージの他、お腹を時計回りにゆっくり優しく円を描くようにマッサージしてあげるのも良いとされています。ゲップを出すのとは異なり食後の時間は避け、起床後やお風呂上りにしてあげましょう。

お尻の周りを刺激する

肛門刺激と呼ばれるもので、新生児の肛門にベビーオイルなどをつけた綿棒を1~2cmほど入れてこちょこちょするなど、ゆっくり動かして肛門を刺激することで、うんちが出るとされています。

便秘やオナラを上手く出せない場合に、試して欲しい対処法です。ただし、綿棒を肛門の中に入れる時は中の方へ入れすぎないこと、綿棒に使用するオイルも消毒のためとはいえ赤ちゃんの肌に刺激にならないものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの訴えを理解する

原因でも少し触れましたが、新生児がうなるのは、ゲップが上手く出せないなどの苦しさから来るものだけとは限りません。

言葉遊びとしてうなっていることもあります。さらに、食事など何らかの理由で乳質が低下し、母乳が美味しくないということをママに伝えるためにうなることもあります。

状況にもよりますが、赤ちゃんにうなられた時は母乳やミルクを飲んでいる時か、苦しそうにしていないかを確認し、何を訴えているのかママが理解してあげるのも、赤ちゃんのうなりを少なくする対処法といえるでしょう。

赤ちゃんはいつまでうなっているの?

赤ちゃんはいつまでうなっているの

新生児のうなりは、ずっと続くわけではありません。個人差はあるものの基本的には生後4~6ヶ月に入ったあたりから落ち着いてくるとされています。

ちょうど、この時期になると赤ちゃん自身も自分で寝返りを打つようになるなど身体を動かすようになり、運動量が増えてくるからです。

苦しそうにしていると、心配になりますが成長の過程だと思って、原因に合った対処をしてあげましょう。

逆にママが神経質になり過ぎると赤ちゃんにも伝わり、それがストレスになって悪影響を与えてしまいます。気にし過ぎないことも大切です。

うなっている内に泣き出してしまったら?

最初はうなっているだけのようですが、苦しさがピークに達すると泣き出してしまうこともあります。

この状態が続くと、生後4ヶ月頃までは泣いたりいきんだりしてお腹に力が入ってしまうことで出べそ(臍ヘルニア)になりやすくなります。

赤ちゃんの身体に影響はないですが、抑えて引っ込ませても、また赤ちゃんが泣いたりすることで、また出てきてしまいます。出べそにならないように抱っこをしたり落ち着かせてあげることが大切です。

先に挙げた対処法を実践しても泣き止まない場合には、小児科などに相談してみましょう。

これって病気?うなりながら吐いてしまったら

泣いてしまうだけでなく、新生児の中にはうなりながら吐き戻しをしてしまう赤ちゃんもいます。

病気の心配をするママも多いと思いますが、赤ちゃんは胃の構造上、吐いてしまうのは珍しくないのでほとんどの場合、心配する必要はないとされています。

例えば、ミルクや母乳を飲んでいる時に吐いてしまっていたり、1日数回に分けて少量吐いてしまうようであれば、ミルクなどの飲み過ぎの可能性が高いです。

ただし、ミルクなどの吐き方によっては病気の恐れも否定できませんので、吐いた前後の赤ちゃんの様子や、それこそ顔をしかめながら吐いているようであれば、自己判断をせずに病院を受診するようにして下さい。

うなりっぱなしで寝ないけど大丈夫?

うなりながら吐いてしまうのと同じくらいママが心配になるのは、寝ていてもうなりっぱなしなことです。

寝ていないわけではないですが、寝ている間中もうなる、いきむ、大きな声を出している赤ちゃんもいるようで、十分に睡眠が取れているのかママとしては見ていて不安です。

実際、新生児の赤ちゃんは生後2ヶ月くらいまで、その状態がよく見られるとされています。

3~4ヶ月もすればうなりが収まってくるのに合わせて、その状態も落ち着いてくるようですが、どうしてそうなってしまうのか原因はさまざまで特定できていません。

もし、眠っている間にうなり始めるようであれば抱っこして背中をさすってあげたり、赤ちゃんの両足を持って優しくお腹をよじるようにクロスさせてあげるようにすると解消されることもあります。

落ち着いてくるといわれる4ヶ月を過ぎても、眠りにくそうであれば、医師に相談することも大切です。

まとめ

まとめ

赤ちゃんの苦しそうな様子に最初は戸惑ってしまうと思いますが、気付いたら終わっていたというママがほとんどです。うなっているのもその時期だけと考えて、原因に合った対処法で赤ちゃんの苦しさを解消してあげましょう。

対処法だけで、落ち着かないようであれば小児科などに相談すると対応をしてくれます。病気の恐れもないとはいえませんから、自己判断をせず、うなりが酷い場合には医師にも相談することは大切です。

突然、始まる新生児のうなり。赤ちゃんがガスやうんちを出そうと頑張っている証拠でもあるので、ママも不安がらずに落ち着くまで、上手にサポートをしてあげて下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる