新生児の服の基礎知識!!ベビーウェアの種類と選び方とは?

新生児の服の基礎知識!!ベビーウェアの種類と選び方とは?




赤ちゃんが生まれると、お祝いでベビーウェアをもらうことも多いですよね。でも「サイズが合わなかった」「季節が合わなかった」ということも少なくないはず。

頂き物で、かわいくて着せたかったのに残念・・・ということもあります。逆に1日に何度も着替える肌着は「もっとあってもよかった」「全然足りなかった」ということも。

新生児には何を着せたらいいのか、どんな種類の肌着やウェアがあるのか、新米ママではわからないこともたくさんあります。

そこで今回は、

・どんなベビーウェアを揃えればいいの?
・カバーオールとロンパースの違いとは?
・赤ちゃんに靴下は必要?

といった方に、新生児の洋服について詳しくご紹介します。お祝いとしてベビーウェアを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

関連記事
>>エアコンを上手に使おう!新生児の赤ちゃんが快適な室温は?
>>新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法

スポンサードリンク

ベビーウェアってどんな種類があるの?

ベビーウェアってどんな種類があるの

ベビーウェアには大きく分けて「汗取り用の肌着」・「温度調整用の肌着」・「一番外側に着るウェア」の3種類があります。

そして、この順番で着せていくのが基本です。温度調節用の肌着は丈の長さや形によって種類もたくさんあります。

赤ちゃんの肌着の種類

赤ちゃんの肌着の種類

まずは汗取り用のものや温度調整用といった、主にインナーの機能を持った赤ちゃん用の肌着の種類をご紹介します。

短肌着

短肌着とは、赤ちゃんの体にぴったりとフィットして汗を吸い取るための肌着です。着替えしやすいように、前紐で結ぶものが多いです。

赤ちゃんの肌に直接触れますので、素材にこだわりましょう。洗い替えも含めて3〜5枚あると安心です。

長肌着

長肌着は短肌着の上に重ねて着ます。足の先までおおう着物型で、おむつ替えの回数の多い新生児期向きの肌着です。

着物型なので、足をバタバタと動かすようになれば裾ははだけやすくなります。1~2枚あれば十分です。

コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着のすそが二股に分かれたタイプのものです。足の動きがもっと活発になってくる2〜3カ月頃から重宝されます。

生まれたばかりの赤ちゃんの足の形に沿うラインになっていて、すその内側はスナップ止めではだけにくい仕様です。おむつ替えもスムーズに行えます。

ボディスーツ

ボディスーツは、Tシャツのように頭からかぶせて着せるタイプの肌着です。肩口が大きく開くので慣れてくればすばやく着せられ便利です。

デザインもかわいいものが多く、夏はウェアなしでこれ1枚でも大丈夫です。

前開きのボディスーツ

ボディスーツでも足さばきの良い前開きのタイプは、体にほどよくフィットし、上からウェアを重ね着してももたつきがありません。

股下はスナップ止めになっていて、寝かせたまま着せ替えできるので低月齢の赤ちゃんにも着せられます。

ショートオール

ショートオールは、丈が短めで、股周りが立体的になっているのが特長です。フィット感もあり、カバーオールなどの足が分かれるウェアのインナーとしても使い勝手が良いです。

赤ちゃん着のアウターの種類

赤ちゃん着のアウターの種類

新生児や月齢が若い間は、上下が一体となった「つなぎタイプ」が主流になります。

赤ちゃんの動きを妨げず、お母さんは着せ替えや抱っこが楽にできます。つかまり立ちや歩き出す1歳頃からは上下はセパレートでも良いです。

ツーウェイドレス

ツーウェイドレスは名前の通り、使い方が2通りあります。まずは、ボトムス部分のスナップを留め替えて、筒型のドレススタイルとして着せる方法です。

もう一つは、足が分かれるようにスナップを留めるカバーオールスタイルです。新生児から6カ月頃まで使えるので、ベビーウェアの中でも経済的なウェアです。

肩から足先までのスナップを外せば、身ごろが大きく開くので寝かせたままでの着せ替えも楽にできます。

カバーオール

カバーオールは、Tシャツとパンツが一体になったようなつなぎ型のウェアです。ツーウェイドレスに比べると、シルエットは細身です。おでかけや抱っこにも適しています。

ボトムス部分のスナップを外せば寝かせたままでのおむつ替えもできて便利。カバーオールはサイズが細かく設定されているので、着せる時期や赤ちゃんの成長具合に合わせて選ぶようにします。

足つきカバーオール

カバーオールにソックスがついたものです。つま先まですっぽりと覆うタイプになるので、温かいです。寒い日のおでかけにおススメです。

ロンパース

ロンパースは足が覆われていないことが多いタイプです。股周りはスナップで留めます。夏は一枚で着ることもできますが、肌着として使う場面が多いのが特徴です。

ボディスーツ

ボディスーツは夏場に着ます。サイズは70~のものが多く、着せたい時期にサイズが合わないということが多いので注意が必要です。

シルエットがゆったりしたものでも、中には短肌着を着せて汗取りを忘れないようにしましょう。

セパレート

セパレートは、Tシャツとショートパンツ、サロペットなどを合わせることをいいます。歩き出す頃にはセパレートウェアがおすすめです。

上下で着替えができれば、こぼしたりおもらししたりしても、汚れた方だけ着替えれば良いので、外出先での着替えが便利です。

ベビーウェアの定番は?カバーオール?ロンパース?

カバーオールとロンパースの違いって

アウターの2つ目に紹介した「カバーオール」ですが、ベビーウェアといえば、このカバーオールを想像する方が多いです。

お祝いで贈るのも、洋服ならカバーオールが多いのではないでしょうか。そして、カバーオールと同じくらいよく聞くのが「ロンパース」です。

どちらも似たイメージがありますが、用途や着せ始めの時期などは異なります。ベビーウェアの中から、この2つを取り上げて詳しくご紹介します。

カバーオールとロンパースの違いって?

カバーオールとロンパースの違いって

ベビーウェアも種類がたくさんあって、新米ママや贈り物として選ぶときには混乱してしまいます。しかも、メーカーによって表記が違うケースもあり、よりわからなくなってしまいます。

カバーオールもロンパースもそれぞれ特徴がありますので、覚えておきましょう。

カバーオールの用途

カバーオールとは「Tシャツ+パンツ」など、上下が1枚でつながっているつなぎ型のウェアです。シルエットは細身なので、赤ちゃんの体にフィットするようにデザインされています。

そして、ロンパースとの一番の違いは「肌着の上に洋服として着る服」であること。

長袖・半袖・ノースリーブと袖の種類はさまざまです。股周りは足首まで覆われるタイプが主流です。肌着の上から洋服として着る物なので、素材もしっかりした生地で作られていることが多いです。

頭からすっぽりかぶせるタイプか、ボタンで留めるタイプのものがほとんです。

カバーオールは「ウェア」であることが一番の特徴で、肌着ではないということが見分けるポイントになります。

いつからいつまで着る?

オムツ交換も多い新生児から3ヶ月頃までは、裾がそのままで良いツーウェイドレスなどが使いやすくて便利です。

3ヶ月を過ぎて、足をバタバタと動かしたり動きが活発になってくると、裾がはだけてしまうウェアではなくカバーオールを着せた方が便利です。そのため、着せ始めは3〜4ヶ月頃となります。

カバーオールはデザインも豊富でスッキリしているものが多く、裾がはだけない分ツーウェイドレスよりも赤ちゃんが動きやすい作りになっています。

よく動く赤ちゃんであれば、動きの妨げにならないように、早めにツーウェイドレスからカバーオールに移行してみましょう。

カバーオールはサイズが細かく設定されていますので、赤ちゃんの成長に合わせたものを選んでください。また着せる季節のことも考慮して選ぶとより賢明です。

いつまでカバーオールを着せるかについては、赤ちゃんの性格によるものも大きいです。お母さんの考え方にもよりますが、元気でよく動く活発な赤ちゃんだと、スナップで留めなければいけないカバーオールではオムツ交換が大変です。

そういう赤ちゃんの場合は、セパレートにした方が断然服の着脱が早くて簡単ですし、お母さんは楽です。

あとは、実用性の面だけでなく、もっとかわいいベビーウェアを着せたいということであれば、お座りができるようになった時点で、カバーオールからセパレートに移行するというお母さんもいらっしゃいます。

カバーオールは「赤ちゃんらしさ」を楽しめる服でもあるので、逆に1歳を過ぎても着せたいというお母さんもいます。絶対着せてはいけない、反対に、絶対着なくてはいけない、という決まりはありませんので、赤ちゃんの成長に合わせて判断しましょう。

ロンパースの用途

ロンパースも「ウェア」ですが、夏は一枚で着ることもできます。そのため「肌着として」使う場面が多いのが特徴です。

暑いときはロンパース1枚、寒いときは肌着としてウェアの中に着せる、という汎用性の高いウェアです。足首や足先まで覆われていないことが多く、股周りをスナップで留めるタイプです。

長袖タイプもありますが、主流は半袖かノースリーブです。肌着として着ることもあるため、素材は綿素材や着心地が良いものが多いです。頭からかぶるタイプが大半で、ボタンタイプのものは珍しいです。

ロンパースは「ウェア」というより「肌着」としての使い道の方が多いです。

いつからいつまで着せる?

ボタンタイプのロンパースであれば、生後1ヶ月から着せることはできます。しっかり留まりはだけにくいので、短肌着よりも使いやすいと感じるお母さんも多く、長く着せる方もいらっしゃいます。

ロンパースの中でも頭からかぶせるタイプのものは、お座りが完成してからの方が着せやすいです。よって、前開きのロンパースなら生後1ヶ月から、かぶせるタイプであればお座り完成後から着せます。

ロンパースは股下にあるスナップでしっかり留めるので、赤ちゃんのお腹が出てしまわないのがメリットの一つです。

1〜2歳までの赤ちゃんだとすでに活発に動き回り、お腹が出てしまう心配や抱っこの場面でもお腹が出てしまうことはよくあります。ロンパースならお腹が出る心配はないので、安心して抱き上げたり遊ばせたりできるため、2歳まで使用するお母さんも大勢います。

しかし、トイレのトレーニングを早めにスタートさせたい場合や、活発すぎてオムツ交換のときに股下スナップを留めるのが大変だと感じる場合は、セパレートタイプに移行することが多いです。

ベビーウェアの選び方

ベビーウェアの選び方

では、ベビーウェアの選び方のポイントをご紹介します。まずは、着心地のよさが優先です。赤ちゃんの敏感な肌にも優しい素材であること、他にも縫製が気にならないかどうかなどをチェックします。

特に肌着は頻繁に着替えて何度も洗濯するので、丈夫なものを選ぶとのがポイントです。

赤ちゃんの成長は早いので、サイズと季節が合わず、せっかく用意したのに着せられなかった、ということもあります。季節ごとの月齢、サイズを確かめて肌着、ウェアを準備するように注意しましょう。

ベビーウェアの素材

肌着はであれば「綿100%」が基本です。製品によって生地の編み方・厚さ・手触り・伸縮性などは違います。

汗を吸いやすく、重ね着しやすいよう薄手の素材を中心にそろえていきましょう。近頃はアレルギーを気にするお母さんも多いので、多少値段は高くはなりますが、低刺激なオアーガニックコットンなどを選ぶのも良いです。

ベビーウェアのサイズ

赤ちゃんは生まれて最初の1ヶ月だけでも著しく成長します。ベビーウェアのサイズ表示が10センチ刻みになっているのは、この頃の子供の成長があまりにも早いからです。

ちなみに、1番小さい新生児用は一般的には50センチです。メーカーやデザインによって若干異なります。

サイズと基本寸法の目安としては、

サイズ50 身長50センチ 体重3キロ 月齢新生児
サイズ60 身長60センチ 体重6キロ 月齢3ヶ月
サイズ70 身長70センチ 体重9キロ 月齢6ヶ月
サイズ80 身長80センチ 体重11キロ 月齢12〜18ヶ月

を参考に選びましょう。

ベビーウェアのデザインタイプ

新生児の頃は着替えやオムツ交換のしやすい前合わせのタイプが良く、動きが活発になってくる3カ月頃からは体にフィットするタイプがおススメです。

赤ちゃんの成長に合わせてデザインを選んでいくことが大切です。まだまだ小さい間は、襟やリボンなどの装飾が肌に触れることで刺激になってしまう場合もあります。

お母さんはかわいいベビーウェアを着せたいと思いますが、なるべくシンプルなデザインのものを選ぶように心がけましょう。

着替えしやすいかどうか

新生児〜お座りができるようになるまでは、寝かせたまま着替えさせるので、スナップやひもで肩から足先まで大きく開くタイプが便利です。

首がすわり、体を起こせるようになったら肩あきのシャツ、つかまり立ちができるようになると、パンツなどもすばやく着せ替えできた方が便利です。

赤ちゃんの体型にもよっても着せやすいタイプは違ってくるので、お母さんの好みと併せていろいろなウェアで試してみるのがおすすめです。

赤ちゃんの靴下選びについて

赤ちゃんの靴下選びについて

洋服はなんとなく選び方もわかりますが、靴下はどうでしょう。そもそも赤ちゃんに靴下は必要なのでしょうか。

赤ちゃんの靴下は、新生児サイズから市販されていて、新生児期から使っても問題はありません。特に生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が苦手なので、靴下での温度調節もしてあげましょう。

しかし、靴下は足を暖かく保温する役割と、吸汗、足の皮膚の保護などの役割を持つ衣類なので、そういった意味では、生まれたばかりの新生児期の赤ちゃんは通常寝ていて、いつも布団に包まれているので、基本的に室内で靴下をはかせる必要はありません。

靴下が必要になるのは、赤ちゃんが歩けるようになり靴を履くタイミングです。赤ちゃんの皮膚は柔らかく傷つきやすく、靴擦れを起こしやすいため、靴下を履かせることで靴下の吸汗機能や足の皮膚を保護する役割により、足が守られます。

赤ちゃんに取っての快適な気温は、夏場は26~28℃、冬場は22~23℃です。この気温よりも寒い場合は靴下を履かせることで保温できます。

反対に、この温度よりも暑いときに靴下を履かしてしまうと、赤ちゃんの足に熱がこもって体温が上がり過ぎるため、うつ熱や脱水症状、突然呼吸が止まるような症状が出る可能性があるので、靴下は使わない方がいいです。

寒い冬場のお出かけでない限りは、靴下は必要ありませんが、外出先でクーラーなどの冷えすぎが心配な場合には、通気性の良い薄手の素材の靴下を持ち歩き、寒いと感じるときのみ履かせてあげようにしましょう。

赤ちゃんの靴下は体温を守ることが重視されるので、ファッションよりも利便性で選んであげましょう。

月齢と靴下のサイズの目安は、

新生児:7~9cm
0~3ヶ月:8~11cm
3~6ヶ月:9~12cm
6ヶ月~1歳:12~13cm

となります。

参考記事>>新生児の手足が冷たい!?赤ちゃんの手足の冷えの原因と対処法

まとめ

ベビーウェアといってもたくさんの種類があり、用途もさまざまです。

カバーオールやロンパースが着られる、赤ちゃんらしい時代はこの時期しかありませんが、かわいいからという理由だけではなく、お母さんの育児が少しでも楽になるよう、実用性も組み込んだ上でおしゃれを楽しみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる